今さら聞けないユーティリティの選び方!ウッド型?アイアン型?おさえておきたいヘッド選びの基準!

ゴルフギア選び

今や、キャディーバッグに入れてない方は居ないほど、実用度の高い「ユーティリティ」

ひと昔前は、ウッド系とアイアンの距離を埋めるクラブはロングアイアンでしたが、現在はロングアイアンよりも、ボールが上がり打ちやすい「ユーティリティ」が主流になり、海外メーカーや一部の国内メーカーでは「ハイブリッド」と呼ばれています。

今回は、ユーティリティ選びに迷うアマゴルファーさんに、はずかしくないユーティリティ選びの基本を、ざっくりご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ユーティリティとフェアウェイウッドの違い

ユーティリティやフェアウェイウッドは、ドライバーとアイアンの距離差を埋めるクラブです。

まずは、それぞれの特徴を、ざっくりおさえておきましょう。

ユーティリティとフェアウェイウッドのスペック

ユーティリティ フェアウェイウッド
M4UT : #3 M4FW : #5
ロフト 19° 18°
ヘッド体積 100cc 156cc
※長さ 40インチ 43インチ
※ユーティリティ シャフト:REAX90 JP装着時の長さ。
フェアウェイウッド シャフト:カスタムシャフト装着時の長さ。

UTの特徴
コンパクトなヘッドでシャフトの長さの短いユーティリティは、アイアンに近い特性でロングアイアンに代わるクラブになります。ロングアイアンよりも打ちやすく、ボールにヒットしやすいので、強い弾道で曲がりづらいメリットがあります。
FWの特徴
ヘッドが大きく長さのあるフェアウェイウッドは、大きく丸みのあるソール面が芝の上ですべりやすいので、多少のダフリもカバーしてくれ、ドライバーに近い特性で飛距離性能が高いクラブです。

ロフトの近いFWとUTを並べると、ヘッドの大きさクラブの長さが異なることが分かります。

ユーティリティとフェアウェイウッドの弾道


ヘッドの大きさの違いやクラブ長さの違いで、弾道も変わってきます。

UTの弾道
ヘッドが小さいユーティリティは、重心が浅くなることでフェアウェイウッドよりも弾道が低く、直線的な強い弾道でランもやや多めにでます。
FWの弾道
フェアウェイウッドは重心が深くなることで、ユーティリティよりも飛距離と高弾道に優れ、ランも少なめで止まりやすい特徴があります。

同じロフトでも、飛距離や弾道の高さでは、ヘッドが大きくシャフトが長いフェアウェイウッドが優位になりますが、ユーティリティは高さを抑えた強い弾道で、フェアウェイウッドよりも風の影響を受けにくく、クラブ長さが短いので打ちやすい面があります。

ユーティリティとフェアウェイウッドでは、「どちらがよいか?」というのはありませんが、中弾道で手前から攻めるイメージの方は「ユーティリティ」高弾道で上から攻めるイメージの方は「FW」など、ヘッドの大きさや好みのヘッド形状、クラブの長さや弾道イメージで選ぶのがおすすめです。

今さら聞けないフェアウェイウッド選び!苦手を得意に変えていく今どきFWの選び方!
ティーショットでは精度を高めながら飛距離をだせ、芝の上から打つクラブの中でも、いちばん飛距離を出せるクラブが「フェアウェイウッド=FW」です。 飛距離というワードが重視されるFWを打てるようになると、スコアメイクにおいても大きな武器となりま

ユーティリティの番手目安

※セッテイングの参考イメージです。

同じ番手でも、ヘッドスピードで飛距離は変わってきますが、ユーティリティのセッテイングは、5Wや7Wの下のクラブや3Iや4Iの代わりとして、「U3/U4/U5」辺りで組むのが一般的です。

U3/U4と表記されてる商品が多くありますが、メーカーによりロフトが異なるので、ご使用のフェアウェイウッドとアイアンのロフトを確認しながら、どのロフトで何本入れるのか?をチェックしておきます。

打ち方に合うユーティリティのヘッド形状を選ぶ

入射角に合うヘッド選び


フェアウェイやラフなど、ライによりボールを打つ条件は異なりますが、フェアウェイの上にあるボールを打つ時は、アイアンと同じように「ダウンブロー」で打つことが基本になります。

ダウンブローとは?
クラブ軌道の最下点の手前でボールを打ち、ボール前側のターフが自然に取れる打ち方。
上から鋭角にボールを叩くイメージよりは、ゆるやかな軌道で上からボールをとらえるスイングになります。

「払い打ち」と言われる打ち方もありますが、払い打ちはヘッドを地面すれすれに打つ精度の高さも必要になり、少しでもズレるとトップやダフリがでやすい面があります。

ですが、人によってスイングイメージは違うので、「ダウンブロー」を基本とした中で、入射角の浅いレベルブロー系の方は「払い打つイメージに合うヘッド」で、少しでもダウンブロー系で打つ方は「打ち込むイメージに合うヘッド」と、今の自分の打ち方やヘッドスピードに合うヘッド選びが欠かせません。

ユーティリティのヘッド形状は主に3種類!

ユーティリティの形状は、ウッド型とアイアン型に分かれ、ウッド型は1999年前後に発売された、キャスコ「パワートルネード」、アイアン型ではプロギア「Zoom」辺りが、国内ユーティリティの火付け役になり、現在は大きく分類すると3種類に分かれています。

ウッド型

ウッド型
フェアウェイウッドに近いヘッド形状のユーティリティ。スピン量が多いので弾道が上がりやすく、やさしさと方向性の良い形状です。ヘッドスピードが遅めの方や払い打つイメージの方は、フェアウェイウッドからの流れで、セッテイングを組むのがおすすめです。

縦長ウッド型

縦長ウッド型
ややウッド型に近く、横幅が狭く縦長の小ぶりなヘッド形状。スピン量はウッド型より少なく、ボールのつかまるモデルや、つかまらないモデルなど、豊富なラインナップが発売され、打ち込むイメージの方と相性がよいモデル。

アイアン型

アイアン型
アイアンに近いヘッド形状で、重心深度が浅くクラブ長さの短いユーティリティです。ヘッドスピードの速い方がダウンブローでしっかり打ち込み、弾道高さをあえて抑え強い球筋で攻めやすいモデル。ウッド型が苦手で弾道が上がりづらい方は、少しやさしめの中空構造モデルも発売されています。

ヘッドスピードやパワーのある方が、ウッド型を使用するとボールが吹け上がりやすく、ヘッドスピードの遅い方や、ダウンブローで打ち込めない方が、アイアン型を使用すると、ボールがドロップして失速しやすい面もあります。

ウッド系から組む方は「ウッド型ユーティリティ」で、アイアンからの流れで組むなら「縦長ウッド型ユーティリティ」や、パワーがありしっかり打ち込める方で、アイアン形状が好みの方は「アイアン型ユーティリティ」など、どんなユーティリティの形状が合いそうか?を、まずはヘッド形状でざっくり絞ると選びやすくなります。

打ち方に合うネック形状を選ぶ

ウッド系のユーティリティか?アイアン系のユーティリティかは、ざっくり「FP値(フェースプログレッション)」で確認できます。

フェースプログレッション

FP値:フェースプログレッション
シャフトの中心線とリーディングエッジの距離。
FP値が大きいクラブはストレートネックと呼ばれ、FP値が小さいクラブはグースネックと呼ばれてます。
FP値の大きいユーティリティ
ウッドに近い特性のユーティリティが多く、リーディングエッジが出っ張っていることで、ボールを拾いやすく弾道も上がりやすいですが、つかまりが悪くなる傾向があります。

ボール位置を左足寄りに置いて、払い打つイメージの方と相性のよいモデル。

FP値の小さいユーティリティ
アイアンに近い特性のユーティリティが多く、リーディングエッジが引っ込んでいる分、ボールへのコンタクトが遅くつかまりがよいですが、弾道は上がりづらい傾向があります。

ボールを体の中心付近に置いて、打ち込むイメージの方と相性のよいモデル。

フェアウェイウッドの流れで組む方はフェアウェイウッドに近い「FP値」アイアンからの流れで組む方はアイアンに近い「FP値」と、打ち方やクラブ全体の構えやすさを揃えておくのが基本です。

ですが、FP値のスペックはカタログ上には表記されてないので、画像などでリーディングエッジの歯の出具合いや、グースの度合いをざっくりチェックしておきます。ラインナップの多い「縦長ウッド型のユーティリティ」は、見た目はウッド型でもアイアン特性のユーティリティも多くあります。

練習をしながら、「FP値」に合うボールポジションを、探っておくのもポイントです。

ユーティリティのシャフトをチェック


ユーティリティはチップ径(シャフト先端側)の太さが、大きく分類すると3種類あります。

FP値以外にも「ウッドに近い特性か?」「アイアンに近い特性か?」を、ざっくり「シャフトの太さ」でチェックすることもできます。

ユーティリティのチップ径
・8.5mm(335チップ)ドライバー/FW用シャフトのチップ径。
・9.0mm(350チップ)アイアン用スチールシャフトのチップ径。
・9.4mm(370チップ)アイアン/UT用シャフトのチップ径。

※一般的なシャフトチップ径になります。

チップ径が細いと、先端側のしなりが大きくなることで弾道が上がりやすく、太いほど先端側のしなりが小さく硬さがでるので、打ち込みやすく高さを抑えた弾道が出やすくなります。

リシャフトをしない方は、チップ径を細かく調べなくても良いと思いますが、ある程度絞り込んだヘッドのシャフトのラインナップなどを見ると、ウッド系の打ち方で選ぶか?アイアンの打ち方に合うシャフトを選ぶか?をチェックできます。

ユーティリティの主なシャフト
モデル フレックス 重量 チップ径
N.S.PRO 950FW-S 100g 8.5mm
N.S.PRO ZELOS 7-S 77.5g 9.02mm
N.S.PRO 950GH-S 98g 9.02mm
N.S.PRO MODUS3 TOUR105-S 106.5g 9.02mm
AMT TOUR WHITE-S200 105-129g 9.02mm
Tour AD DI-75 HYBRID 78g 9.40mm
KBS TOUR-85 HYBRID PROTO 85g 9.40mm
※カット前の参考数値。

純正カーボンシャフトは、ほとんどのモデルがウッド系と同じシャフトを使用しているいので(一部のユーティリティは、チップ径9.3mmなどもあります。)、ウッド系と同じイメージで打つ方におすすめです。

スチールシャフト「N.S.PRO 950」が、純正シャフトとしてラインナップされているモデルでは、「N.S.PRO 950FW」「N.S.PRO 950GH」など、特性が違うシャフトもあります。

重量をチェック


※セッテイングイメージの一例です。

重量フロー(流れ)
クラブの番手が短くなるごとに、総重量を重くする「重量フロー(流れ)」でセッテイングを組むのが鉄則です。

ユーティリティは単品で購入するクラブなので、重量フローがくずれる事も多く、フェアウェイウッドとアイアンの重量を、チェックしておくのがおすすめです。

最近はシャフトの種類も多くなり、重量フローを細かく合わせられるようになりましたが、厳密に数値をそろえる事よりも「クラブが短くなるごとに重くなる」中で、ウッド系からの振りやすさか?アイアンの流れで組むか?など、シャフト重量や振りやすさと、全体的なバランスを重視しておきたいところです。

クラブのスペックを調べたい方は『GDOカタログ』から調べられます。
※一部記載のないモデルもあります。

ユーティリティ選びのチェックポイント
・打ち方に合うヘッド形状をチェック。
・ウッド系ならストレートネックで払い打つイメージ。
・アイアン系ならグースネックで打ち込むイメージ。
・ウッド系のシャフトか?アイアン系のシャフトか?もチェック。
・振りやさも含めた重量フローをチェック。

各メーカーの主力ユーティリティをチェック

さまざまなゴルファーのニーズに向けて、各社から多様なユーティリティが発売されています。

ほんの一部ですが、各メーカーの主力ユーティリティを、ご紹介させていただきます。

キャスコ

キャスコ ユーティリティの特徴
ボールを拾いやすいFP値の大きさに、安心感を与えるヘッド形状と構えやすさで、1999年のデビュー以来やさしさを重視した、ユーティリティの先駆者となるキャスコ「パワートルネード」

払い打つイメージの方や、軽くダウンブローで打つ方と相性がよく、高弾道でランもあまり出ない止まりやすさと、番手の多さも特徴です。

2017年2月に「パワートルネード ユーティリティ ウェッジ」が発売。当たり負けしない太い径のシャフトで安定感が高まり、よりアイアンのようにピンをデッドに攻められるやさしいユーティリティになっています。

キャスコ ユーティリティ