2020年注目ドライバー!ミスに強くやさしく打てるキャロウェイ「MAVRIKマーベリック」発売!

新製品

キャロウェイゴルフ(株)から、2020年の主力商品となる『MAVRIK(マーベリック)』シリーズが発表され、ドライバー/フェアウェイウッド/ユーティリティ/アイアンが、2月7日より順次発売されます。

『MAVRIK(マーベリック)』は、“型破りな”という意味の英単語「Maverick」から付けられたネーミングで、『飛んで曲がらない』がコンセプトのシリーズです。

スポンサーリンク
マスクの価格が下落中!今のうち備えておくのがおすすめです!
※楽天・ヤフーが購入しやすくなっています。

キャロウェイ マーベリックシリーズ

今回発売される『MAVRIK(マーベリック)』は、2018年2月に発売された「ローグ」シリーズの後継モデルになります。

キャロウェイ マーベリックシリーズ
ドライバー
発売日
4月発売予定
2月7日発売
2月7日発売
モデル
MAVRIK MAX
MAVRIK
MAVRIK
SUB ZERO
ロフト
9.0°/10.5°
9.0°/10.5°/12.0°
9.0°/10.5°
体積
460cc
460cc
450cc
フェアウェイウッド
発売日
4月発売予定
2月7日発売
2月7日発売
モデル
MAVRIK MAX FW
MAVRIK FW
MAVRIK
SUB ZERO FW
番手
#3/#5/#7/#9
#3/#5/#7
#3+/#3/#5
3W体積
197cc
174cc
171cc
ユーティリティ
発売日
4月発売予定
2月7日発売
2月7日発売
モデル
MAVRIK MAX UT
MAVRIK UT
MAVRIK PRO UT
番手
4H/5H/6H
3H/4H/5H/6H
2H/3H/4H
アイアン
発売日
4月発売予定
2月7日発売
2月7日発売
モデル
MAVRIK MAX
MAVRIK
MAVRIK PRO
#7ロフト
30°
27°
30.5°

マーベリックドライバー テクノロジー

1、高初速エリアが拡大した「新FLASHフェース」

ゴルフクラブの開発で初めてAI(人工知能)が導入され、通常34年もの膨大な時間を要する多くのデザイン解析を可能にし、ボール初速の最大化と耐久性の確保を達成した独特な形状のフェースで、2019年発売「エピックフラッシュ」に採用されたテクノロジーです。

『マーベリック』ドライバーでは、スーパーコンピュータへのさらなる投資を実施しさらにアップグレードした処理能力で、ボール初速と耐久性に加え高初速エリアをさらに最大化/最適化した新フェース『FLASHフェース SS20』が搭載されています。

フェアウェイウッドとユーティリティにも『FLASHフェース SS20』が搭載され、アイアンはキャロウェイが長年培ってきた360°カップフェース構造と、AIの技術が組み合わされた「FLASHフェースカップ」が採用されています。

モデル別設計の「FLASHフェース SS20」

『マーベリック』シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティには、モデル別設計/番手別設計で『FLASHフェース SS20』が採用され細部の作り込みも特徴です。ターゲットであるクラブを使用するあらゆるレベルのゴルファーが、もっとも安定して高いボールスピードを生み出しやすいよう設計されています。

フェースの設計だけでなくボディの解析もAIが行い、モデル別に最適化されています。もっともわかりやすく表れている部分がサウンドリブ設計で、プレーヤーが心地良い打球音とフィーリングを得られるよう、ヘッド内部の形状をつくりだしています。

2、フェース素材には強く軽量な「FS2Sチタン」を使用

フェース素材では、「ローグ」ドライバーは「α+βチタン」、「エピックフラッシュ」ドライバーには「鍛造6-4チタン」が使用されどちらも強度があります。『マーベリック』ドライバーのフェース素材には、強く軽量な「FS2Sチタン」が使用されています。

強く軽量な「FS2Sチタン」を使用することで、インパクトの強大なエネルギーを受けても強度が長く持続するだけでなく、エネルギーロスを減少させ効率よくボールスピードにつなげています。

※FW/UTには違う素材が使用されています。

3、2本の柱「JAILBREAK テクノロジー」

「エピック」「ローグ」「エピックフラッシュ」と、3代にわたって培ってきた『JAILBREAK テクノロジー』が、『マーベリック』シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティにも採用されています。


「FLASHフェース SS20」
の裏側には、ボールスピードを向上させる2本の柱『JAILBREAK テクノロジー』で、インパクト時のクラウンとソールがたわむことによるエネルギーロスを抑制し、フェースの反発力、ボール初速の最大化を図っています。

4、スタンダードモデル「マーベリック」ドライバーは空力も特徴

3モデルのドライバーの中で、スタンダードモデルの「マーベリック」ドライバーは、独特なサイクロン形状も特徴で、クラウンはフラットでソールが後方に向かって高くなっていくシェイプです。ヘッドの空気抵抗は大きく減少しヘッドスピードを高め、ボールスピードが+1.5MPH上がりやすくなることに貢献しています。

MAXは重心を深くするために、サブゼロは低重心化を図るためシャローバック形状になっています。

「マーベリック」シリーズの主なテクノロジー
「FLASHフェース SS20」
・高初速エリア拡大。モデル別設計で安定した高いボールスピード。
「FS2Sチタン」
・エネルギーロスを減少。効率よくボールスピードアップ。
「AI解析の進化」
・初速や飛距離だけではなく、打感/打音などプレーヤーが心地良いフィーリングを得られるよう、ヘッド内部の形状も解析。
「JAILBREAK テクノロジー」
・フェースの反発力、ボール初速の最大化。 
「サイクロンヘッドシェイプ」
・ヘッドの空気抵抗を大きく減少し、ヘッドスピード/ボールスピードを高める。

※「サイクロンヘッドシェイプ」はマーベリックドライバーのみ。

やさしく打ててミスヒットに強い「マーベリック」シリーズ!

これまでの「ローグ」シリーズのやさしと、「エピックフラッシュ」シリーズの飛距離を底上げし、さらに「やさしさく飛んで曲がらない」を高めたモデルが『マーベリック』シリーズになります。

とくに、アマゴルファーの方が魅力と感じられる最大の特徴は、『オフセンターヒットに強い』特徴のクラブです。

3代にわたって培ってきたフェース裏側の2本の柱、『JAILBREAK テクノロジー』の飛距離性能の高さは実証されてますが、「2本の柱内で打てないと飛ばない」ような噂が広まり、今モデルのAIフェースはオフセンターに強いフェースに仕上がっています。

契約プロの試打データでは、ヒール側やトゥ側の打点でも旧モデルより飛距離性能が上がり、「やさしさ」「飛距離」「ミスヒットに強い」など、そそられる大きな性能の進化を感じられる2020年要注目のシリーズです。

マーベリック MAXドライバー

2020年4月発売予定

「エピック」「ローグ」「エピックフラッシュ」には、スターというラインナップがありましたが『マーベリック』シリーズでは、スターに変わる位置づけが「MAX」になりました。

ソール後方とヒール側に2つのウェイトを装備した『マーベリック MAX』。投影面積が大きくつかまりもよく、ミスへの寛容性と直進性を追求しています。
スライサーやシニアの方が、安定した高いボールスピードで打てるように高初速エリアが広い設計になり、低スピンと高初速の力強いドロー系弾道が特徴で、今モデルから弾道調整機能も搭載されています。
マーベリック MAXドライバースペック
ロフト角
9.0°/10.5°
ライ角
59°
体積
460cc
長さ
Diamana 40 for Callaway (R)
45.75インチ
Diamana 40 for Callaway (SR)
Diamana 40 for Callaway (S)
重量
Diamana 40 for Callaway (R)
約287g
Diamana 40 for Callaway (SR)
約288g
Diamana 40 for Callaway (S)
約290g
キックポイント
Diamana 40 for Callaway (R)
中元調子
Diamana 40 for Callaway (SR)
Diamana 40 for Callaway (S)

※ロフト9.0° Diamana 40 for Callaway (R/SR)は受注生産。

マーベリック MAXドライバー 
本体価格 ¥77,000+税 標準シャフト

キャロウェイ マーベリックシリーズ ドライバー

マーベリック ドライバー

ドライバー3モデルの中で、スタンダードなモデルの『マーベリック』。

ソール後方にウェイトが1つ装備され、投影面積がやや大きくヘッド後方が上がった独特な形状で、空気抵抗を軽減させている『マーベリック』。
適度なつかまりで、幅広いゴルファーが安定した高いボールスピードを生み出しやすい設計です。標準カスタムシャフトも3モデルラインナップされています。
マーベリック ドライバースペック
ロフト角
9.0°/10.5°/12.0°
ライ角
59°
体積
460cc
長さ
Diamana 50 for Callaway (S)
45.75インチ
Tour AD XC-6 (S)
45.5インチ
EVOLUTION VI 661 (S)
Diamana ZF 60 (S)
重量
Diamana 50 for Callaway (S)
約299g
Tour AD XC-6 (S)
約317g
EVOLUTION VI 661 (S)
約319g
Diamana ZF 60 (S)
約316g
キックポイント
Diamana 50 for Callaway (S)
中調子
Tour AD XC-6 (S)
中元調子
EVOLUTION VI 661 (S)
中調子
Diamana ZF 60 (S)
中元調子

※ロフト9.0° Diamana 50 for Callaway (R/SR)は受注生産。
※ロフト12.0は全て受注生産。

マーベリック ドライバー 
本体価格 ¥77,000+税 標準シャフト
本体価格 ¥94,000+税 標準カスタムシャフト

キャロウェイ マーベリックシリーズ ドライバー

マーベリック SUBZEROドライバー

ヘッド体積450ccで、やや小ぶりの数量限定販売モデル『マーベリック SUBZERO』。

前方に14g、後方に2gのウェイトを装備し、前後の重量を替える事で重心位置が変わり、打ち出し角やバックスピン量に変化を与えられる『マーベリックSUBZERO』。
やや小ぶりで操作性の高いヘッドで、中上級者に多いヒール寄りのヒットにも強く、安定したボールスピードを高める設計になっています。2つのモデルよりもライ角がフラットになり、つかまりを抑えしっかり叩いても低スピンの突き抜ける弾道を特徴とした、ヘッドスピードの速い方におすすめのヘッド。
マーベリックSUBZERO ドライバースペック
ロフト角
9.0°/10.5°
ライ角
56°
体積
450cc
長さ
Tour AD SZ-5 Type II (S)
45.75インチ
Tour AD XC-6 (S)
45.5インチ
EVOLUTION VI 661 (S)
Diamana ZF 60 (S)
TENSEI ORANGE CK PRO 60 (S)
重量
Tour AD SZ-5 Type II (S)
約309g
Tour AD XC-6 (S)
約320g
EVOLUTION VI 661 (S)
約321g
Diamana ZF 60 (S)
約319g
TENSEI ORANGE CK PRO 60 (S)
約320g
キックポイント
Tour AD SZ-5 Type II (S)
中調子
Tour AD XC-6 (S)
中元調子
EVOLUTION VI 661 (S)
中調子
Diamana ZF 60 (S)
中元調子
TENSEI ORANGE CK PRO 60 (S)
中元調子

※Tour AD SZ-5 Type II (SR)は受注生産。
※カスタムシャフトでロフト10.5°は全て受注生産。

【数量限定】マーベリック SUBZEROドライバー 
本体価格 ¥77,000+税 標準シャフト
本体価格 ¥94,000+税 標準カスタムシャフト

キャロウェイ マーベリックシリーズ ドライバー

問 キャロウェイゴルフ株式会社
お客様ダイヤル
0120-300-147

高初速でぶっ飛び!今度は空力特性を高めたテーラーメイド「SIM」「SIM MAX」ドライバー
テーラーメイド ゴルフ株式会社は、これまで数多くのツアープロの勝利に大きく貢献してきた『M シリーズ』で培ったマルチマテ
タイトルとURLをコピーしました