はずかしくないシャフトの選び方 1 まずはおさえるアイアンシャフトの種類と違いの基礎知識

アマゴルファーさんにとって、初心者~上級者までいつでも頭を悩ませるものは「クラブ選び」です。

とくに、アイアンは打つ回数も多く、スイングの土台作りにも欠かせない重要なアイテムです。

・好きなメーカーで選ぶもよし。
・構えやすさや見た目で選ぶも良し。

選ぶ理由はそれぞれ違いますが、自分に合わない武器で戦いに挑んでも勝負は見えています。

ヘッド選びの迷走をする前に、「アイアンシャフト選びを教えて!」というお問い合わせを受け、今回は初心者アマゴルファーさんに向けて、「アイアンシャフト基礎編」をお届けします。

何となくアイアンを購入した方は要注意!

まずは、初心者あるあるとして多いのが、はじめてのアイアンを「とりあえず安いアイアンを買った(中古)」と、何となく購入してしまった方が多いと思います。

中古のクラブや価格が安いアイアンが、決して悪いということではありませんが、今後のアイアン選びは「どれがよいのか?」を、何となく知っておくことで、自分に合うアイアンが見つけやすくなり、今後の上達へのポイントにもなってきます。

アイアンシャフトの種類を知ろう

アイアンを選ぶ時に、ヘッドも大事ですが振りやすさや重量に影響をあたえる「シャフト」の種類を、知っておくのがポイントです。

現在使用中のアイアンシャフトを思い出してみましょう。

スチールシャフト
dg
ピカピカと銀色に光ってるなら「スチールシャフト」と呼ばれるシャフト。
カーボンシャフト
miyazaki
光沢がなく色がついてるシャフトなら「カーボンシャフト」と呼ばれるシャフト。

スチールシャフトとカーボンシャフトでは、それぞれ特徴があります。

シャフトの特徴
種類 特徴
スチール 飛距離と弾道が安定しやすく方向性に優れる。
国内では「トゥルーテンパー社 ダイナミックゴールド」や、「日本シャフト社 N.S.PRO」のシェアが高く、多くの製品がラインナップされています。
カーボン 軽量化しやすく高弾道と飛距離に優れ、腕に伝わる衝撃もやわらかい。
これまでは軽いイメージがカーボンシャフトの印象でしたが、カーボン加工の技術が高まりスチールシャフトに劣らない商品も多く発売されています。

また、一般的にゴルフクラブを選ぶ時は、「振りきれる範囲でやや重く」が基本とされ、「スチール」と「カーボン」を振り比べする機会がありましたら、自分に合う重量感を知っておくと、今後アイアンを替えていく時も選びやすくなります。

ココがポイント!

・正確で安定した球を打ちたいなら「スチール」
・力が弱い方や腕への負担を少なくしたいなら「カーボン」

ウッド系とアイアンを同じ感覚で振れる「振り感」を合わせていく

アイアンに標準で装備されているシャフト重量では、スチールシャフトがおよそ100g~130g前後で、カーボンシャフトは40g台~90g台と、スチールが重く、カーボンが軽い重量設定で発売されているアイアンセットが多くなっています。

現在使用中のアイアンシャフトの種類を確認すると、重いシャフトの部類か、軽いシャフトの部類か分かりますが、ウッド系~アイアンまで、全体の「振り心地」をそろえておくのが理想的です。

ココがポイント!

・ウッド系が軽く、アイアンが重いのはOK
・ウッド系が重く、アイアンが軽いのはNG

ゴルフクラブは「短くなるごとに重くなる」のが鉄則で、ドライバーから徐々に重くする「重量フロー」をそろえることで、振り心地をそろえておきたいところです。

重量の合わないシャフトや重量フローがそろってないとと、上手にもなれない形からも入れないと"ないない"づくしです。

まずはアイアンの重量をチェック

カッコよいゴルファーを目指す上で、アイアンのシャフトタイプが決まったなら、そのアイアンの「重さ」が自分にとってどうか?です。

ココがポイント!

・振り切れる範囲で適度に重さを感じてるか?
・若干重いかな?くらいがベスト。

アイアンはセットで販売されているので、重量フローがすでにできあがってますので、自分に合うアイアンの重量感をベースに、ウッド系やウエッジなど、全体の重量フローをこれから気にしていきたいところです。

重さを感じないでビュンビュン振り回したり、重すぎるクラブで無理をしてスイングをクラブに合わせてしまうのは、スイングを壊し体にも負担を掛けてしまいます。

ムリをして速く振らなくても大丈夫

クラブを速く振る事よりも、ゆっくりでもよいのでやや重さを感じながら、振り切れるくらいが「スイングバランス」「スイングリズム」「軌道」の安定度が高まり、結果、ボールをしっかりとらえる「ミート率」が上がり、よい弾道が生まれやすくなります。

この辺は、現状のミスの症状を見るのもひとつの手です。

合わないシャフトの症状
種類 特徴 球の方向 球の高さ
シャフトが軽い トップ 左に行きやすい 上がり過ぎ
シャフトが重い ダフリ 右に行きやすい 上がらない

これで何となく分かれば今日はOKです。

打ち方の違いもありますが、今回は、現在使用してるアイアンのシャフトの種類や重量感が合ってるかどうか?の再確認です。

基礎編としてのチェックポイント

・アイアンのシャフトはスチールが良いのか?カーボンが良いのか?
・適度な重さのアイアンを使ってるか?

アマゴルファーさんは、自分に合うゴルフクラブ選びをして、最終的にはかっこいいクラブセッティング+スコアアップを目標にしたいところです。

当サイト『Amagoru』は、必要な情報をざっくりと重点におき、細かいスイングの"アレコレ"はありません。

重量感が分かってきましたら、自分に合うアイアンシャフトを、さらに細かく「種類」で絞り込むのが次のステップです。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?