【図解】2019年から新ゴルフルールに大幅変更!セルフプレーで役立つ覚えておきたい新ルールがこちら!

2019年からは、ゴルフのルールが大幅に改正されます。

改正点の大きな特徴として、複雑なルールを簡素化させ、プレー時間の短縮と、これからゴルフを始める方も理解しやすくする事で、ゴルフ人口の拡大につなげる狙いがあるようです。

今回のルール改正はかなり革新的で、今後アマゴルファーさんが、プライベートなゴルフをより楽しむために、最低限おさせておきたい2019年ルール改正の要所を、JGA(日本ゴルフ協会)のホームページから分かりやすく、”サクッ”とご紹介させていただきます。

※競技などは、各大会のローカルルールをご確認ください。
※マッチプレー(各ホールごとの勝敗を競う)や、ストロークプレー(全ホールの合計打数)では、ルールが異なります。
※分かりやすく表記するために、ルールブックの表記とは文章が異なります。

目次

これまでにないゴルフルール改正

世界のゴルフルールを統括しているR&A(英国ゴルフ協会)と、USGA(全米ゴルフ協会)は、2017年3月1日に「ゴルフ規則を近代化するための変更案」を発表。

ざっくり要約すると「ゴルフルールをより分かりやすく、すべてのゴルファーに適用しやすいルール作り」を目的とすることで、ゴルフ人口の減少に歯止めをかけることや、プレー時間の短縮につなげ、みんなが分かりやすく楽しくサクッとプレーできるように、ゴルフ規則の条項数も、現行の34条から24条に減らされ、これまでにない革新的なルール改正が行われます。

ゴルフルールの改正は、4年に1度オリンピックの年に変更され、前回のルール改正は2016年。

本来なら、2020年の東京オリンピックの年に施行されますが、今回の変更は1984年以降に行われる、初めての根本的なルール見直しとなり、2020年東京オリンピックを見据え、新ルールは2019年1月1日から施行されます。

コースの名称が一部変更

変更しない名称
バンカー
パッティンググリーン
変更される名称
ティーインググラウンド → ティーイングエリア
ウォーターハザード → ペナルティエリア
スルーザグリーン → ジェネラルエリア

ゴルフコースのエリア名は、3ヶ所変更されます。

チェックポイント!

「ティーイングエリア」「バンカー」「ペナルティエリア」「パッティンググリーン」4つの特定エリア以外を「ジェネラルエリア」と呼びます。

これまでと大きく呼び方が変更されるのは、ウォーターハザードという用語が無くなり「ペナルティエリア」に変わります。

ティーイングエリアの主なルール

各ホールでティーショットを打つ場所が「ティーイングエリア」です。

ティーイングエリアの範囲

ティーショットを打つ範囲は現行のルールと変わらず、2個のティーマーカーを結ぶ直線から後方に、2クラブレングス以内(クラブ2本分)の範囲が「ティーイングエリア」になります。

ティーイングエリアでは、ティーを挿しても挿さなくてもボールを打つことができます。

チェックポイント!

ティーイングエリアの外から球が出ていたら?

2打罰。

ティーイングエリアの外からプレーされた球はインプレーにはなりません。
実際のストロークはカウントされないので、次は3打目です。ティーイングエリアの仮想線上にボールがあれば、スタンスがティーイングエリアから出ていても無罰です。

打順は?

【2019新ルール】

ティーショットに限らず、全てのプレーでレディーゴルフ(準備ができたプレーヤーから打つ)が推奨されます。

基本的には、従来通り前ホールのグロススコアの良い人からティーショットを打ち、2打目以降は遠方先打になります。本来打つべき人が、まだ打つ準備ができてない時は、打つ準備ができて打つ意思のある人が先に打てます。

周りの安全を必ず確認して、同伴者の了解を得るのがマナーです。

OBや紛失球 新ローカルルール

ティーイングエリアから、ホールの1打目となるティーショットを打ちますが、OBや紛失球などさまざまなトラブルもあります。

ティーショットで球がOB方向へ OBの処置

アウトオブバウンズ(OB)は、プレー可能区域外になり、白杭で表示されています。
ティーショットがOB方向に飛んで行ったら?

1打罰を加えて、3打目として暫定球を打つ。

プレーの進行が遅れてる時や、暫定球を打ってない時は、新しいローカルルールを適用できます。

【2019新ルール】
トーナメントやアマチュア競技では採用されませんが、プライベートなラウンドで、ティーショットがOBをした場合、2019新ルールからは、2打罰を加えて4打目は以下の対処がとれます。

1、球がOBの境界線を横切ったと推定されるA地点を決める。
2、ホールに近づかず、最も近いフェアウェイB地点を見つける。
3、A地点B地点を結んだ中の範囲と、B地点から外側に2クラブレングス以内の範囲にドロップします。

そのコースのローカルルールとして、ティーショットがOBの時は、日本特有の「前進4打」があるコースも多くあります。

プライベートなゴルフでは、プレーを円滑に進めるためにも、この辺はコースのローカルルールを優先しながら、「前進4打がないホールは2019ルールを適応」など、仲間内で決めておく方がよいでしょう。

2打目以降で球がOB方向へ OBの処置

これまでは、2打目以降にOBをした時は、元の場所からの打ち直しでしたが、2019年からは新しいローカルルールが採用されます。

2打目以降にOBをした場合も、ティーショットをOBした時と同じように、2つの処置がとれます。

2打目や3打目がOBになったら?

1打罰を加えて、直前のストロークが行われた場所から暫定球を打つ。

プレーの進行が遅れてる時や、暫定球を打ってない時は、新しいローカルルールを適用できます。

【2019新ルール】
プライベートなラウンドで、2打目以降でOBをした場合、2019新ルールからは、2打罰を加え以下の対処がとれます。

1、球がOBの境界線を横切ったと推定されるA地点を決める。
2、ホールに近づかず、最も近いフェアウェイB地点を見つける。
3、A地点B地点を結んだ中の範囲と、B地点から外側に2クラブレングス以内の範囲にドロップします。

チェックポイント!

プライベートなゴルフでは、ティーショットも2打目以降も、OBの可能性がある時やOBを打ってしまった時は、直前のストロークが行われた場所から「1打罰で打ち直し」か、OBの境界線を横切った地点から「2打罰を加えA,Bの地点を決めてその範囲から打つ」2つの選択ができます。

球が見つからない!?球を捜す時間は3分

球が林やヤブの中に入り、同伴者や自分の球が見つからないケースはよくあります。
球を捜せる時間は?

【2019新ルール】
球を捜す時間は、現在の5分間から3分間に短縮されます。

捜索中にうっかり球を蹴飛ばしてしまったら?

【2019新ルール】
ヤブの中などで、球を偶然に動かしても無罰です。元の箇所にその球をリプレースしましょう。

また、自分の球かどうか?確認のために拾い上げること(球を回すことを含む)もできますが、球の箇所にマークしてから拾い上げます。球を確認するのに、必要以上に拭くのはNGです。マーク忘れや、必要以上に球を拭いた場合は1打罰になります。

チェックポイント!

一緒にプレーしている組の全員で、打球の行方を見るように心掛けましょう。

同伴者がボールを探してる時に、自分のボールを探したいからと、これから打つ人への前方へ出たり、どんどんカートを先に進める事や、ビギナーの人に走ってボールを捜しに行かせる事は、思わぬ打球事故につながります。

自分のボールの行方も気になりますが、極力、順番に一緒に探し合うことがマナーです。

【2019新ルール】
安全が確保されれば「準備ができたプレーヤーから打つ」、レディーゴルフがストロークプレーで肯定的に奨励されています。

あまりにも、ボールを捜索してる人と自分のボール位置が遠い場合、安全を確認してから先に打ち、その後、同伴者のボールを探しに行くなど、状況を判断しながら行動しましょう。

結局、球は見つからなかった。紛失球の処置

3分間ボールを探したが、球が見つからなかった場合は、紛失球(ロストボール)の扱いになります。
紛失球(ロストボール)の対処は?

【2019新ルール】

ボールを紛失した時は、2019新ルールから、2打罰を加えて以下の対処をとります。

A、球が紛失されたと推定されるA地点を決める。
B、ホールに近づかず、最も近いフェアウェイをB地点を決める。
C、ホールからA地点を通る直線とその線の外側2クラブレングス、B地点を通る直線とその外側の2クラブレングスまでの、ジェネラルエリアすべてがドロップエリアになります。A地点とB地点を結んだ中の範囲と、A地点とB地点から外側に2クラブレングス以内の範囲にドロップします。

チェックポイント!

OBや紛失球(ペナルティーエリアをのぞく)の時、球が無くなった付近から打つ時は、「2打罰」と覚えておくと便利です。

ルール上のクラブレングスとは、ラウンド中にプレーヤーが持っている 14本(またはそれ以下)のクラブのうち、パター以外で最も長いクラブの長さになります。救済処置によって短いクラブで計測はできません。

プライベートなラウンドでは、きっちり2クラブレングスで計測する必要はないと思いますが、ドロップの方法が変更になっています。

ドロップの方法が変更

OBや紛失球になった場合の対処時や、ペナルティーエリア(旧:ウォーターハザード)、修理地にボールが入った場合、アンプレヤブルになった場合は、ルールに従ってボールを拾い上げ救済エリアに球をドロップします。
新しいドロップの方法

【2019新ルール】

1、ドロップはプレーヤー自身がしなければなりません。
2、ドロップはヒザの高さから、自分や用具に振れないように真下にドロップします。
3、球は救済エリアにドロップしなければなりません。

ドロップするとき、その救済エリアの中、または外に立つことができます。

チェックポイント!

これまでの肩の高さより、低い所からドロップすることで、球が大きく転がることを防ぎ、プレーの遅延を防ぎます。

間違えた方法でドロップをして、救済エリアから打ってしまった場合は1打罰。救済エリアの外からのプレーや、ドロップしなければならないのに、プレース(ボールを置いた)した場合は2打罰になります。

再ドロップの要件

新しい規則では、それぞれの救済処置に救済エリアを設けています。ドロップした球はこの救済エリアに落ち、そしてこの救済エリアに止まらなければなりません。ドロップした球がこの救済エリアの外に出た場合は再ドロップとなります。
チェックポイント!

プライベートなゴルフで、救済処置を受けるために、わざわざドライバーをカートまで取りに行くと、時間が掛かってしまいます。その辺は前もって準備をしておくか、プレー前に「クラブレングスは持ってるクラブでOK」など、決めておくのも良いと思います。

ペナルティーエリア

2019年新ルールからは、ウォーターハザードという概念はなくなり、ペナルティーエリアと呼びます。

ペナルティーエリアは水域でない区域にも設定されるので、球を捜すことが困難で、見つかったとしてもプレーすることができない、ブッシュや崖などの区域もペナルティーエリアとして設定されます。

赤杭か赤線で示される「レッド・ペナルティーエリア(旧:ラテラル・ウォーターハザード)」と、黄抗か黄色線で示される「イエロー・ペナルティーエリア(旧:ウォーターハザード)」に分かれます。

レッド・ペナルティーエリア

水域以外にも球を捜すことが困難な場所は、レッド・ペナルティーエリアとして設定されます。
球がレッド・ペナルティーエリアの境界線を超えたら?

選択1、打った地点から1打罰で打ち直しができます。
選択2、ペナルティーエリア内の球を、そのまま打てれば無罰で打てます。

【2019新ルール】

選択3、ペナルティーエリア内で球が見つかり、「ちょっと打つのが厳しいかな?」という場合は、球が境界線を横切った地点とホールを結ぶ線上に、左右1クラブレングス以内にドロップして1打罰で打てます。
選択4、池ポチャなど、ペナルティーエリア内に球があることが「分かっている、または事実上確実」の場合、境界線を最後に横切った地点から、2クラブレングス以内で、ホールに近づかないペナルティーエリアの外側にドロップして、1打罰で打てます。

※これまでは、対岸からの処置もできましたが、2019年の新ローカルルールでは、対岸地点に救済を受けることはできません。

プライベートなラウンドでは、球がレッド・ペナルティーエリアの区域に入った場合、選択1の打ち直しよりも、同伴者や全体のプレーの進行を進めるためにも、選択2~4の3つの中から、状況に応じた対処をするのが良いと思います。

コースのローカルルールによっては、黄抗か黄色線で示される「イエロー・ペナルティーエリア(旧:ウォーターハザード)」に球が入った場合、選択4の処置はできませんので注意が必要です。

ペナルティーエリア規則の緩和

2019新ルールからは、ペナルティーエリア規則が緩和されます。
クラブを地面につけたり、ルースインペディメント(小石や落ち葉など地面に固定されていない障害物)を取りのぞいても無罰です。
チェックポイント!

コース上のどこででも(バンカーを含む)、プレーヤーは罰なしにルースインペディメントを取り除くことができます。

その方法(例えば、手、足、クラブ、その他の用具を使用する)も問われませんが、ルースインペディメントを取り除いたことが、自分の球を動かす原因となった場合は、1打罰になり元の位置にリプレースします。

バンカーからの救済を受けたい時の主なルール

バンカーは砂地から球をプレーする、プレーヤーの能力をテストするために、特別に作られた区域です。
2019新ルールからは、バンカー内でルースインペディメントと、動かせる障害物を取り除くこともできますが、クラブをソールすると2打罰になります。

バンカー内の球に対するアンプレヤブルの新しい選択

どうしてもバンカーが苦手な人や打てない状況の時は、アンプレヤブル(ショットが困難な状態)の球に対する救済の選択ができます。
バンカーでのアンプレヤブルとは?

通常の救済(1罰打)
選択1、プレーした元の位置に戻る。
選択2、ホールと球を結んだ延長線上のバンカー内で、1クラブレングス以内にドロップ。

【2019新ルール】追加の救済の選択肢(2罰打)
選択3、ホールを結ぶ線上で、そのバンカー外の後方に基点を決め、その基点から1クラブレングス以内で、ホールに近づかない救済エリアに球をドロップする処置が追加。

チェックポイント!

バンカーに球が入り、打てない状況の時は、これまで通り1打罰で通常の救済が受けられます。プレーの進行を遅らせないためにも、選択1よりは、選択2の救済を受ける方が良いかと思います。

2019新ルールからは、後方線上の救済として2罰打で、バンカーから球を出して打つことができるようになりました。

パッティンググリーンの主な新ルール

パッティンググリーンは、球を地面の上で転がしてプレーするために、特別に作られています。各パッティンググリーンのホールには旗竿(ピン)があり、他のコースエリアとは違った、特定の規則が適用されます。

パッティンググリーン上の損傷箇所

これまでグリーン上の修復は、ボールマークや古いホール(カップ)の埋め跡のみでしたが、2019新ルールからは、自然な欠陥を除いて、ほとんどの損傷が修復可能になります。
チェックポイント!

パッティンググリーン全体の状態を管理するためのエアレーションの穴や、散水、雨などで生じる損傷は修復できません。違反をすると2打罰になります。

パッティンググリーンのプレーの線に触れる

これまでは、プレーの線(仮想のライン)に触れると2打罰でしたが、2019新ルールからは、プレーヤーやキャディーは手、足、または持っている物で、転がっていくと推定するプレーの線に触れても、その状態を改善することがなければ罰はありません。

パッティンググリーン上で球やボールマーカーが動いた

球やボールマーカーが、パッティンググリーン上で動いた時は、2つの特別な規則があります。
球が「偶然動いたか?」、風や水など「自然の力で動いたか?」で、処置の仕方が少し変わります。

【2019新ルール】
1、偶然球を動かしてしまっても無罰です。
 ・球を元の箇所にリプレース。
2、自然の力によって球が動いても無罰です。
 ・球を拾い上げてリプレースした後であれば、元の場所にリプレースできます。
 ・拾い上げてなかった時は、動いた場所からあるががままにプレーします。

旗竿(ピン)を立てたままプレーできます

2019新ルールからは、ホールに旗竿を立てたままパットをして、その球が旗竿に当たっても罰はありません。ロングパットを残したプレーヤーは、旗竿に付き添うってもらう事が少なくなったり、ショートパットも、旗竿を抜かずそのままタップインできるので、全体のプレー時間短縮に期待できます。
チェックポイント!

パットを打つ人は、ストロークを行う前に、旗竿を抜くのか?抜かないのか?を、決定しておきます。

プレーヤーとそのキャディーは、プレーヤーの動いている球が止まるかもしれない場所に、影響を及ぼすように、旗竿を故意に動かしたり取り除くことはできません。
そうした場合、そのプレーヤーは2打罰になるので注意が必要です。

これまで通り、誰かを旗竿に付き添わせ、球がプレーされた後で、旗竿を取り除いてもらうことも可能です。

砲台グリーンなどは、旗竿が立っているとグリーンが空いていると勘違いをして、後続組が打ちこんでくる可能性もあるので、グリーン上の組は後続の進行状況なども、チェックしておきたいところです。

その他、2019新ルールの主な変更点

地面に食い込んだ球

球がジェネラルエリアにくい込んだ場合、罰なしに救済を受けることができます。例えば、球がラフの中の地面にくい込んだ場合も、罰なしの救済を受けることができます。一方、委員会はこの救済をフェアウェイの区域にのみ限定するローカルルールを制定することもできます。

ストロークした球が偶然に何かに当たる

ストロークした球が偶然、自分自身、自分のキャディー、用具に当たっても罰はありません。偶然に共用のカートに当たっても罰はありません。

ストローク中に複数回球を打つ

偶然、2度打ちをしても罰はありません。そのストロークを1回と数えます。

球の取り替え

規則に基づいて救済を受ける場合は、球を別の球に取り替えることができます。カート道路、修理地、水溜まり、地面にくい込んだ球など、罰なしの救済の場合であっても球を取り替えられます。

距離計測機

原則として距離計測機器の使用をすることができます。一方、委員会はローカルルールで距離計測機器の使用を禁止することができます。

距離計測機器で計測できるのは2点間の距離だけで、高低差その他のプレーに影響する状況を計測することはできません。いろいろな機能が搭載した計測機でも、2点間の距離を計測する機能以外のものを使用しなければ違反とはなりません。

プレーのスピード化と最大スコア

2019年新ルールは、ゴルフゲームをより分かりやすく簡単にプレーすることで、これまで複雑だったルールの簡素化と、プレーのスピードアップを図るのも大きな目的です。

レディーゴルフ(安全を確認して、準備ができたプレーヤーから打つ)や、ボールの捜索時間に加え、ストロークの時間もスピード化が推奨されています。

ストロークは40秒以内が推奨

各ストローク40秒以内が推奨されています。
チェックポイント!

プレーのスピード化が推奨されていますが、安全を確認しながらプレーをするのが鉄則です。

とくに、プライベートなゴルフのスピードアップは、ティーイングエリアやパッティンググリーンで発揮したいところです。

2番目3番目に打つ人は、打順が来てから状況やラインを読まず、打順が来たらすぐアドレスに入れるよう前もって準備したり、先にカップインした人は、旗竿を持ってあげたり、クラブやパターカバーの置き忘れがないか?のチェックをお互いにしていきましょう。

レディーゴルフを活かして、全員がテンポよくパッティンググリーンを終えるだけでも、各ホール1分以上は短縮できるので、これまでよりも、トータル20分弱は時間を縮められると思います。

最大スコアの設定

ローカルルールですが、これまでのように球をカップインさせてホールアウトするのではなく、最大ストローク数を設定して(例えば、パーの2 倍など)、スコアが最大スコアに到達した場合に、そのホールを終了できます。最大スコアを超えたとしても、そのプレーヤーのスコアは最大スコアまでになります。
チェックポイント!

2019年以降、最大スコアを設定した競技も行われるようですが、プライベートなゴルフでビギナーさんが入る場合は、大叩きの"トラウマ"がなくなるので、大いに活用してあげると、ゴルフを楽しく感じてもらえると思います。

スマートなプレーをするのに役立つラウンドアイテム

ゴルフボールケース

2019新ルールからは、救済(罰なしの場合も)の時に球の交換ができます。OBやロストボールの時に打ち直しをする時も、替えの球を取りにカートに戻らず、サクッとボールを取り出せるゴルファー必須アイテムです。
チェックポイント!

替えの球を持ってプレーするのがマナーですが、ポケットに入れてラウンドするよりは、ボールケースがある方がスマートです。3個入るタイプなども発売されていますが、重くなるので1~2個入りがおすすめです。

ゴルフボールケース

グリーンフォーク

2019新ルールからは、グリーン上のほとんどの損傷が修復可能になりました。ディボット跡を直す事は、JGAからも推奨されているエチケットマナー。コースでプレーするなら、持っているのが当たり前のアイテムです。

グリーンフォーク

距離計測機器

2019新ルールからは、原則として距離計測機器の使用ができます。
チェックポイント!

コース上で時間が掛かるのが、ホールまでの残り距離やコースレイアウトの確認作業です。競技では2点間の距離だけ計測できますが、プライベートなゴルフでは、高低差やハザード表示など、さまざまな機能があるモデルもありますので、スピーディーなプレーには便利なアイテムです。
※距離計測機器の使用が禁止の競技もございます。詳細は各競技の委員会にお問い合わせください。

距離計測機器

ゴルフをより分かりやすく、簡単、迅速にプレー


2019年新ルール改正により、深刻な「ゴルフ離れ」に歯止めをかける狙いは、ゴルフ関係者の願いでもあります。特に日本は、ルール変更だけでは根本的な改善にはつながらない部分もあり、むずかしい面もあるかと思われます。

ですが、経験豊富なアマゴルファーさん方が、身近なビギナーアマゴルファーさんへ「ゴルフの楽しさ」を伝えていける"ゴル友"を、一人一人が大事にしていくことで、ルール改正以上のゴルフ人口減少へ歯止めをかけられます。

第1回日本オープンをアマチュアで優勝した、赤星六郎の残した名言で「コースからスコアだけを持ち帰る者とは友人になれない」という言葉があります。

受け止め方はさまざまですが、自己追求のゴルフではなく、迅速にプレーをしながらも周りに気が向けられるゴルフをしてみると、周囲の状況も見えて、意外と良い結果がついてくるかもしれませんね。

ゴルフルールブック
※電子書籍版も含まれています。

参照:JGA
2019年1月1日現在のルールです。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする