地味ながら効果あり!?今こそ自宅で上達のチャンス!おすすめゴルフ練習器具特集!

小物&ファッション

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各地の自治体が不要不急の外出自粛を呼びかけ、自宅で過ごす時間が多くなったアマゴルファーさんも多いと思います。

屋外で楽しむスポーツとはいえ、周囲の方の安全や自分の身を守るためにも「今は自粛すっか!」という声も多く、世界中で「#Stay Home」が呼びかけられる流れを受け、今回はアマゴルファーさんが自宅や近所の公園で、手頃な価格でスキルアップするのにおすすめな『ゴルフ練習器具&用品』をご紹介します。

スポンサーリンク

正しいスイングを取得ならコチラ!

スイング用の練習器具は、周囲の人や物に注意してください。

リンクス FURELOOP(フレループ)

平均売価:14,800円(税込み)

曲線形状のシャフトが特徴的な、プロの使用者も多く正しいスイングプレーンをマスターできる『FURELOOP(フレループ)』。

ゴルフクラブはローテーションが小さいので、スイングプレーンからズレていてもスイングできてしまいますが、曲がったシャフトでローテーションが大きい『フレループ』は、遠心力で慣性モーメントが多く発生するので、スイングプレーンからズレると負荷が掛かり違和感を感じる練習器具です。

脱力して大きめに連続素振りをしてみると、肩の回し方、腕の上げ方、手首の使い方が分かり、違和感なく連足素振りができれば、正しいスイングプレーンでスイングできています。

長さ:40インチ
総重量:525g
シャフトカーブ:800r(半径80cmの曲線)

ピンクバージョンの「FURELOOP for Ladies (長さ:40インチ 重量:525g)」、さらに室内練習に向いたシャフトが短い「FURELOOP SHORT (長さ:32インチ 重量:580g)」も発売されています。

・練習に飽きて、背中のツボ押しとして使わないように気をつけましょう。
・スイング時に負荷がかかります。必ず脱力してムリせず使用するのがおすすめです。
リンクス FURELOOP(フレループ)

エリートグリップ ワンスピード

平均売価:9,800円(税込み)

両側にグリップがあり、シールが貼付けてある方に重りが内蔵され、シャフトのしなり・タイミング・ヘッドスピードアップ・体幹トレーニングができる『1SPEED(ワンスピード)』。

軽い方を持ってスイングした時は、先端の重さを感じながらゆっくり振って、切り返しのしなりやリズムを覚えられ、重い方を持ってスイングする時は、インパクト以降で音が出るように連続素振りをすことで、効率のよいクラブスピードの上げ方や体幹をトレーニングできるヒット商品です。練習場ではアライメントスティックとして使用するのも便利な使い方です。

ワンスピード

どれもドライバーぐらいの長さがあるので、素振りをする時には注意が必要です。長さが短いモデルは「White」になります。

ワンスピード ヘビーヒッター

従来の”ワンスピード”に比べ、より体幹トレーニング効果が期待できる重たい仕様になってます。長さが短いモデルは「Green」「Red」になります。

・練習に飽きて、布団たたきにならないように気をつけましょう。
エリートグリップ ワンスピード

ダイヤ ダイヤスイング467

平均売価:7,500円(税込み)

腕やグリップの力みが強いことで、リストターンがうまくできない方におすすめの練習器具『ダイヤスイング467』

一般的な練習器具は先端が真っすぐですが、『ダイヤスイング467』はゴルフクラブのように先端が曲がってるので、より自然なリストターンを覚えやすい商品です。

正しいリストターンでスイングができると、インパクト付近で「カチッ」と音でお知らせしてくれ、ヘッド部分にある1~5のダイヤルを回すことで、ヘッドスピード20~45m/に合わせた練習ができます。

アプローチはリストターンをあまり使わないので、ダイヤルを音が鳴りやすい1や2に設定して、「カチッ」と音がでないようにゆっくりスイングするのも効果的です。

長さ:70cm
総重量:505g

・練習に飽きて、肩たたきとして使わないように気をつけましょう。

朝日ゴルフ 学ヒンジ-MANA HINGE-

平均売価:2,300円(税込み)

スイング系の練習器具と合わせて使うのにおすすめなのが、分かりやすいレッスンでおなじみ、中井学プロ考案“ヒンジ・コック”のメカニズムを体感できる『学ヒンジ-MANA HINGE-』。

正しいコックができる方には必要ありませんが、とくに初心者の時に間違えたコッキングを覚え、知らずにクセが付いてしまってる方には新しい発見もあり、「学ヒンジ-MANA HINGE-」を使用することで、トップのポジションやタメのあるハンドファーストインパクト、ボールコントロールをしっかり覚えられ、コスパもふくめおすすめの商品です。

サイズ (グローブサイズを目安にお選びください。)
S:20~23cm
M:22~25cm
L:24~27cm

スイングの基本を覚えたい方は、腕を使わないスイングが身につく「学ベルト-MANA BELT-」も発売されています。

全てのスイング練習器具

アプローチ用練習器具

アプローチ用の練習器具は、周囲の人や物、床などに注意してください。

ダイヤ アプローチセット462

平均売価:5,580円(税込み)

ショットマットと一体型になったスタンスマット、ボールターゲットミニ、練習用ボール(12個)の3アイテムがセットになり、スタンス幅とボール位置をチェックできる『アプローチセット462』。

ショットマットの裏面には、滑り止め加工がされているのでズレにくく、アシストラインに合わせてスタンスとフェースを開いてのロブショットや、スタンスとフェースを閉じてランニングショットの練習などができ、ボールターゲットは折りたたんで収納できる、低価格ながらポイントをおさえたアプローチ練習器具です。

ショットマットを持っている方は、単品でボールターゲットミニ(TR-407)も発売されています。

・練習に飽きて、洗濯カゴやゴミ箱にならないように気をつけましょう。

ダイヤ ターゲットアプローチTR-464

平均売価:7,480円(税込み)

アプローチショットで、弾道高さに磨きをかけたい方は、大小6つのターゲットがある『ターゲットアプローチTR-464』。

こちらは、同梱されている突っ張り棒(幅:70~115cm)とS字フック(3本)を使用して、廊下やカーテンレールに取り付けて使用できるアプローチ練習器で、スタンスマット、ボールターゲット、練習用ボール(12個)がセットになっています。

弾道高さを打ち分けして、距離感やショットイメージをマスターできるように、マットにスタンスとボールポジションが色分けで印され、打ちたい弾道のポジションにセットアップする習慣が身につきます。ボールターゲットには1~18の番号が記され、番号順に入れていくことで、超ミニミニアプローチコースを周る感覚で楽しめます。
・練習に飽きて、ボールターゲットが小物入れにならないように気をつけましょう。
ダイヤ ターゲットアプローチTR-464

全てのアプローチ練習器具