ゴルフクラブの重視距離と重心深度ってなに?重心を制して買い替え”負”のスパイラルから脱出しよう!

ゴルフギア選び

ゴルフクラブを選ぶ時、飛ぶドライバーや狙えるアイアンなど、”そそられる”キャッチコピーの商品やネットのレビューを参考にするアマゴルファーさんも多いと思います。

実際に使用してみて「飛ぶと評判だったのに、それほどでもないかな?」「むずかしかった」など、そんな経験のある方は、根本的に自分のスイングとクラブの『重心』が合ってない可能性があります。

スイングと『重心』が合ってないゴルフクラブは、「振りづらい打ちづらい=力んで飛ばない、右や左へ飛んで行く」ナイスショットの確立が低く、合わないから買い替えと「ゴルフクラブ買い替え”負”のスパイラル」に入り、何が自分に合うのかが分からなくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

今回はざっくりですが、ゴルフクラブの『重心』をポイントに、自分に合いそうなゴルフクラブを見つけるヒントを見つけていただければと思います。

スポンサーリンク

ゴルフクラブはむずかしい?

例えば、野球のバットテニスラケットは、シャフト軸の延長線上に「重心」や「スイートスポット(芯)」があるので、感覚的にボールを捉えやすいスポーツです。

ゴルフクラブはL字型の特殊な構造で、シャフト軸の延長線上から外れた位置に「重心」や「スイートスポット(芯)」があります。

クラブも長く重心から離れたグリップを握ってスイングするので、打点のコントロールもしづらく、道具を使うスポーツの中でもゴルフは難しいシャンルと言われています。

重心がずれたゴルフクラブを効率よくスイングすることが、ゴルフクラブを上手に使うポイントです。スイングは千差万別なので、自分のスイングに合わないゴルフクラブは、”飛ぶ”と評判のゴルフクラブでも合わない結果になり、クラブ選びの”沼”にハマりやすくなります。
ゴルフクラブの重心は、自分が気持ちよく振れるモデルを選べれば、スコアアップにも大きなアドバンテージになります。

現在は、ひと昔前のゴルフクラブと比べ、低重心化や大MOI設計などヘッドの思想も変化し、それに伴いスイング理論も変化している転換期でもあります。

MOI
MOI=慣性モーメントは、回転のしにくさを表す数値。ざっくり物体が回転しようとする時、止まろうとする時に必要な力。
小MOIは回転しやすく大MOIは回転しにくい。

重心距離とは?

重心距離
フェース面に垂直なシャフト軸から、フェース面の重心(スイートスポット)までの距離。
この距離が短いか?長いかで?ヘッドの操作性や飛距離に影響してきます。

重心距離の違い

重心距離短い
重心距離が短いヘッドは、ヘッドがターンしやすい特徴があります。ヘッドの返りがよいのでスライスを防ぎやすいですが、素早いリストワークでボールをつかまえたり、ボールを操作したい方に向いています。
重心距離長い
重心距離が長いモデルはヘッドがゆっくり大きくターンする特徴があります。ヘッドが安定しやすく、ボディーターンでヘッドのエネルギーをしっかりボールに伝えると、飛距離を伸ばしやすい。
最近のヘッドは、ミスヒットに強くヘッドのパワーを出せる重心距離の長いヘッドが多くなってます。重心距離の長いヘッドはヘッドが返りづらいのでフェースが戻りきらず、右方向のミスが出やすい傾向もあります。
重心距離の短いヘッドを使ってた方が、重心距離の長いヘッドでスイングすると、振りにくいと違和感を感じる方が多いようです。トップからダウンスイングにかけて、開いたフェースをボディーターンで軽く円運動させるとフェースは簡単に閉じてくるので、ボディーターンの度合いを多く取り入れてみるのもおすすめです。
切り返しからクラブヘッドを背中側に大きく倒すシャロースイングの動作も、インサイドからクラブが入りボールをしっかりつかまえられ、クラブの進化と共にこの辺の理論も今後注目されてきますので、要チェックのポイントです。

重心深度とは?

重心深度
重心から引いた垂線とフェースのリーディングエッジまでの距離。
この距離が浅いか?深いかで?打ち出し角やスピン量に影響してきます。

重心深度の違い

重心深度浅い
重心が前方にある重心深度が浅いヘッドは、インパクトでロフトが立ちやすく、低い打ち出しでスピン量が少なくなりやすい。
重心深度深い
重心が後方にある重心深度が深いヘッドは、インパクトでヘッドが後ろに押されづらくロフトも安定しやすいので、打ち出し角とスピン量を確保しやすい。
ウッド系を参考にすると、一般的に重心深度が浅いクラブはヘッドの厚みがあり投影面積が小さく、重心深度が深いクラブはヘッドが薄く投影面積が大きくなっています。
ヘッドスピードの速い方は、吹け上がりを抑える重心深度浅めで、ヘッドスピードの遅い方や弾道が上がりづらい方は重心深度深めがおすすめです。

重心角とは?

重心角
ヘッドを宙に垂らしたとき、フェース面が上を向く角度。ボールのつかまりに影響。
フェースが横方向を向いていれば重心角小さい、上方向を向いていれば重心角が大きいヘッド。
重心角小さい
重心角が小さいとヘッドが返りづらく、ヒッカケを抑えやすくなります。
重心角大きい
重心角が大きいとオートマチックにヘッドが返りやすく、スライスを抑えやすくなります。

重心距離と重心深度の組み合わせ

重心距離短め×重心深度浅め

ヘッドがターンしやすい「重心距離短め」と、低い打ち出しで低スピンの「重心深度浅め」のヘッド。

ヘッドの操作性が良く、低スピン弾道でさまざまな球筋を打ち分けやすい特徴があります。

おすすめタイプ
・ヘッドスピードのある方。
・スピンが多くボールが吹け上がってしまう方。
・ヘッドの操作性が高いモデルを好む方。

重心距離短め×重心深度深め

ヘッドがターンしやすい「重心距離短め」と、打ち出し角とスピン量を確保しやすい「重心深度深め」のヘッド。

ヘッドの操作性がよく、弾道も上がりやすいのでミスヒットに強い特性があります。

おすすめタイプ
・打点が安定しない方。
・操作性の高いモデルを好む方。
・フックが多い方。(重心角小さい)
・プッシュアウトやスライスが多い方。(重心角大きい)

重心距離長め×重心深度浅め

ゆっくりヘッドがターンする「重心距離長め」と、低い打ち出しで低スピンの「重心深度浅め」のヘッド。

ゆっくりヘッドがターンすることでヘッドのエネルギーが伝わりやすく、ヘッドスピードのある方が低スピンの弾道で、飛距離性能を求めやすい特徴があります。

おすすめタイプ
・ヘッドスピードが速い方。
・スピンが多くボールが吹け上がってしまう方。
・ボールをしっかり叩きたい方。
・ヘッドを返しすぎて左への引っかけが多い方。

重心距離長め×重心深度深め

ゆっくりヘッドがターンする「重心距離長め」と、打ち出し角とスピン量を確保しやすい「重心深度深め」のヘッド。

しっかり叩いても左へのミスを抑えやすく、パワーのない方も高弾道を打ちやすい特徴があります。

おすすめタイプ
・ヘッドスピードが遅めの方。(重心角大きい)
・プッシュアウトやスライスが多い方。(重心角大きい)
・ヘッドスピードが速めの方。(重心角小さい)
・つかまり過ぎを抑えたい方。(重心角小さい)
・打点が安定しない方。
・やさしいドライバーが好み。

まずは振りやすいクラブかをとことんチェック

ゴルフスイングとクラブは千差万別なので、「合う人も居れば、合わない人も居る」という事は分かっていますが、自分のスイングに合う『重心』のクラブなら、コースでのミスショットも減り、とくに練習量があまりとれない方は要チェックポイントです。

重心距離などのスペックを公表していないメーカーも多いですが、何をどうやってもミスショットの出る確率が高い方は、素振りをした時に自分のスイングに合うヘッドの返り方をしているか?など、重心ポイントを意識して再チェックしてみるのもおすすめです。

ゴルフギア選び
スポンサーリンク
amagoruをフォローする
この記事にガッテンしていただけたでしょうか?
最新情報をお届けします。
Amagoru
タイトルとURLをコピーしました