はずかしくないシャフト選び3 グラファイトデザイン

ゴルフギア選び

アマゴルファーさんの戦う武器『ゴルフクラブ』。

その性能を最大限に発揮するには、自信のレベルに合うヘッドとシャフトの使いこなしです。

あわよくば自分2、ゴルフクラブ8の割合で、ゴルフクラブにがんばってもらいたいところですが、そのような夢のクラブはありません。

その辺を自分とゴルフクラブの割合5:5で、どちらも良いバランスで最高の結果を求められるように、自分のスイングに合うヘッドとシャフト選びの重要度が増してきます。

今回は、シャフト選びに悩むアマゴルファーさんの強い味方になってくれるシャフトメーカーさん、『グラファイトデザイン』をご紹介。

スポンサーリンク

GRAPHITE DESIGN社

『GRAPHITE DESIGN グラファイトデザイン』社は、1989年に設立された埼玉に本社がある日本のメーカーです。

グラファイトデザインでは、世界のトッププロが使うシャフトもアマチュア向けに市販される商品も、まったく同じ工程で同じようにつくっています。これは、「ツアープロが使うシャフトは、アマチュアにとっても武器になる」という哲学によるものです。
GRAPHITE DESIGNより一部抜粋

『グラファイトデザイン』社は、アマゴルファーさんの武器になるシャフトを製造してくれる哲学をもち、国内男子ツアー使用率1位のシャフトメーカーさんです。

Tour AD

『グラファイトデザイン』社のシャフトは、「Tour AD」ブランドで統一され、ウッド用以外にも約80種類のラインナップをそろえています。

徹底した生産管理・製品管理はもちろん、日本男子ツアー使用率NO.1ならではの品質が『グラファイトデザイン Tour AD』

ウッド系 主要シャフトラインナップ

高弾道
低弾道
つかまりやすい
つかまりづらい
Tour AD

DI

Tour AD

DJ

Tour AD

BB

Tour AD

GT

Tour AD

MT

Tour AD

MJ

Tour AD

GP

Tour AD

TP

Tour AD

IZ

Tour AD

VR

Tour AD

XC

Tour AD

HD

Tour AD

UB

Tour AD

CQ

・テスター3人(HS43m/s~48m/s ローハンデ)による当サイトのMAPです。

グラファイトデザインの主要シャフト代表格は、DI/DJ/BB/GT/MT/MJ/GP/TP/IZ/VR/XC/HD/UB/QCシリーズ。

今回はグラファイトデザインの主要シャフトをご紹介。シャフトのウンチクはよく使うので、暗記しておくと何かとゴルフネタにも使えます。

しっかり叩ける名シャフトTour-AD DI

Tour AD DI
発売 2009/10
重量 DI-5/DI-6/DI-7/DI-8
トルク 3.3 (DI-6-S)
調子
メーカーコンセプト

先端部に独自のナノテクノロジーを駆使し、全体のしなりを重視しながら先端剛性を高めブレをおさえた『Tour AD DI』。スイング中のシャフト全体のしなりが持続しやすいシャフトで、インパクトでボールを押すイメージをだし、コントロール性を向上させやすい特徴です。

Tour AD DI
Tour AD DI 振り感

Tour AD DI-6 (S)【粘り系】中調子

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tour-ad-di-furikan-001.png

飛距離
飛ばない
1
2
3
4
5
飛ぶ
方向性
悪い
1
2
3
4
5
良い
スピン量
少ない
1
2
3
4
5
多い
弾き感
弱い
1
2
3
4
5
強い
やさしさ
ムズい
1
2
3
4
5
やさしい

Tour AD DI-6 (S)弾道イメージ

つかまり
打ち出し
Tour AD DIのフィーリング

一般的に手元が硬いとされる中調子ですが、手元側のしなりを感じながら、中間部、先端部へとシャフト全体がしなやかにしなる『Tour AD DI』。シャフトの剛性が高くしなりも小さいので、パワー系の方やヒッター系の方と相性が良く、ヘッドスピードよりもミート率の高い方がしっかり叩ければ、芯のある深く厚いインパクトができます。
鋭く動くシャフトではないのでヘッドのコントロールをしやすく、タイミングを合わせやすい粘りと手応えのある弾きとマイルドな打感、方向性を狙うには安定感の高い名シャフトです。
50g台になるとハードさがなくなるので、方向性にこだわるアベレージの方はワンスペック落とせば扱いやすく、使い込むほどに安定感が増してくるシャフト。

Tour AD DI おすすめタイプ

・方向性が最重要課題。
・弾道を少し高くしたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・しっかり叩きたい。
・なめらかな動きのシャフトが好み。

Tour AD DIを1回検討してみる

・飛距離が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまりの良いシャフトを探してる。
・弾き感を優先したい。
・先端の動きがよいシャフトが好み。

Tour-AD DI装着クラブ
松山英樹選手はじめ、長年愛用しているツアープロも多い人気のシャフトです。
Tour-AD DI スリーブ付きシャフト
【新品/中古】ヘッドに合う適合スリーブを選んで下さい。

先端のしなり感で飛距離アップ!Tour-AD DJ

Tour AD DJ
発売 2010/10
重量 DJ-5/DJ-6/DJ-7/DJ-8
トルク 3.1 (DJ-6-S)
調子
メーカーコンセプト

先端部にナノテクノロジーを駆使し、独自の先端剛性と高弾性樹脂を採用した『Tour AD DJ』。シャフト先端部の