はずかしくないシャフト選び2これで完璧スチールシャフト!違いの分かるスペック編

ゴルフギア選び

前回の「はずかしくないシャフトの選び方 1 まずはおさえるアイアンシャフトの種類と違いの基礎知識」で、何となくアイアンのシャフトタイプを頭に入れたら、次は製品ごとのアイアンシャフトの特徴を暗記する時間です。

ムズカシイことはなしで、明日から使えるざっくりマニアック風な感じでご紹介。

まずは、日本市場におけるアイアンシャフトの2大巨頭です。

スポンサーリンク

トゥルーテンパー社

米国で100年以上の歴史をもつシャフトメーカーの老舗トゥルーテンパー社。日本市場ではダイナミック・ゴールド「DG-S200(スチールシャフト)」のシェアが高く、発売から40年以上経っても愛用者の多いキング・オブ・スチールシャフト。

日本シャフト社

横浜市金沢区に本社がある日本シャフト社。1959年(昭和34年)に設立された50年以上の歴史をもつ企業。アイアン用軽量スチールシャフト「N.S.PRO 950GH」は、発売から20年を迎え累計4.000万本を超えるヒット商品です。 日本シャフト駒ヶ根工場で製造される「Made in Japan」のシャフト。

これまで日本市場では、トゥルー・テンパー社「DG-S200」と、日本シャフト社「N.S.PRO 950GH」が、メーカー標準シャフトとして装着されてる商品が多く、世間のアマチュアゴルファーさんはスチールシャフトの使用率が高いことがうかがえます。

アイアンシャフト選び DG-S200とN.S.PRO 950GH

シャフトのスペックは、さまざまな数値から確認する方法がありますが、ざっくり「どんなスペックをおさえておけばよいのか?」を3つのポイントでご紹介。

参考シャフトとして「DG-S200」「N.S.PRO 950GH」のスペックを見てみましょう。

メーカー 製品名 重量(g) フレックス 調子
トゥルー・テンパー >DG-S200 129 S
日本シャフト NS PRO 950GH 98.0 S
重量 ※カット前重量の参考数値。
「DG-S200」が129gで「N.S.PRO 950GH」が98.0g。Mサイズのたまご約5個分の違いになります。「DG-S200」「DG-S300」や「N.S.PRO 850」「N.S.PRO 950GH」など、数字が大きくなるとシャフト重量が重くなる表記が一般的で、シャフト重量やクラブ総重量を含め「やや重いかな?」と感じる重量感がおすすめです。
フレックス
シャフトの硬さ。
どちらもSですが、フレックスの硬さに決まった基準がなく重量も違うので「DG-S200」と「N.S.PRO 950GH」では、おなじ「フレックス S」でも硬さは別物になります。Sよりも軟らかいフレックスがRで、Sよりも硬いフレックスがXになります。
調子
その日の自分の調子に左右されるかではなく、シャフトのしなりやすいポイントが”手元側”にあるか”真ん中”にあるかの違い。

元調子は手元側(グリップ下付近)でしなりを感じやすく、先端側が硬いのでブレにくく弾道を低くおさえやすい特徴があります。

手元と先端が硬い中調子は、シャフト全体がしなるように感じ、あまりゴルファーのタイプを選ばず、元調子よりも先端の動きがあり、ボールが上がりやすい特徴があります。

アイアン用シャフトやウッド系シャフトを選ぶ時、おさえておきたい3つのスペックです。ちょっとした重さやシャフトメーカーによるフレックスの違い、スイングが確立してくると”しなり”のポイントが感覚的に分かってきますので、より自分のスイングに合うシャフトを絞りこめるようになってきます。

トルクとは?
表記されてない製品もありますが、トルクはシャフトの「ねじれ」の大きさ。トルクが大きいとインパクト手前からヘッドが元の状態に戻りやすく、小さいと戻りづらいですがヘッドの操作性を上げやすくなります。

スチールシャフトのトルク幅は狭く素材も均一なので、「トルク」のスペックは弾道に大きな影響を与えないので、とくに気にしなくても大丈夫です。

DG-S200とNS PRO 950GHの特徴
DG-S200 NS PRO 950GH
特徴
重量感がある 軽快に振れる
弾道
中高弾道 高弾道
飛距離
安定させたい 飛ばしたい

ざっくりこの辺が、「DG-S200」と「N.S.PRO 950GH」の違いになり、この2つのスチールシャフトがこれまで標準シャフトとして多く装着されていましたが、時代も変わりスチールシャフトの種類も増え、より自分のフィーリングに合うシャフト選びができるようになっています。

まずはモデル名の暗記

アイアンシャフト選び 標準装備に多いラインナップ

最近はメーカーさんのおかげで標準シャフトもラインナップが多くなり、アマゴルファーさんのシャフト選びも幅が広がっています。

主要スチールシャフト ラインナップ
トゥルーテンパー社
モデル 重量(g) フレックス 調子
DG 129 S200
DG-120/105 120-118g
105-103g
S200
DG-95/85 95-95g
85-87g
S200 中元
中元
DG-120/95 VSS 120-121g
95-96g
S200
中元
DG-AMT 105~129 S200
AMT TOUR WHITE 105~129 S200
日本シャフト社
製品名 重量(g) フレックス 調子
N.S.PRO 950GH 98.0 S
N.S.PRO 950 neo 98.0 S
N.S.PRO
MODUS3 TOUR105
106.5 S
N.S.PRO
MODUS3 TOUR115
118.5 S
N.S.PRO
MODUS3 TOUR120
114 S 中元
N.S.PRO
MODUS3 SYSTEM3 TOUR125
128.5 S

※カット前重量の参考数値。

どれも似たような商品名なので、初心者の方は覚えづらいと思いますが、商品ごとの「重量」「フレックス」「調子」はおさえておきたいポイントです。

さらに、現在使用しているスチールシャフトから、より自分に合うシャフトを選ぶ目安として、シャフトの『振動数』から硬さを絞ってみるとより選びやすくなると思います。

主要スチールシャフトの振動数

振動数とは?
手元側の硬さの度合いを示す数値。
シャフト振動数計にシャフトの手元側を固定し、1分間にシャフトが何回振動するかを測定した数値(cpm)。柔らかいシャフトは大きな幅で揺れ振動数が少なく、硬いシャフトは小さな幅で揺れ数値が大きくなります。

一般的には、先調子と元調子が同じ数値の時、元調子の方が手元の剛性が高いので硬く感じます。

振動数が少ないシャフトの特徴
・手元側のしなりを感じやすい。
・切り返しで間を作りやすい。
・中調子系が多く弾道高さをだしやすい。
・コックがほどけやすい方と相性がよい。
・力みやすい方と相性がよい。

振動数の数値が小さいシャフトは、手元側のしなりを感じやすいので切り返しの間が作りやすく、コックがほどけやすい方や力みやすい方におすすめです。

振動数が大きいシャフトの特徴
・手元側のしなりはひかえめ。
・打点がブレづらい。
・元調子系が多く弾道高さをおさえる。
・コックをキープできる方と相性がよい。

数値を公表しているメーカーもあれば、していないメーカーもあるので、あくまでも大まかにシャフトの硬さを選ぶ目安になりますが、ご使用しているシャフトを替えたい時に、「重量」や「調子」と一緒に『振動数』なども知っておくとより絞りやすくなります。

例えば、「DG-S200は元調子なのに手元が硬い。」と感じてる方は、手元の『振動数』は硬いので、スイングやパワーに合ってない可能性もあります。

数字が大きいほど硬めのシャフト
主要スチールシャフト 振動数の目安
トゥルーテンパー社
モデル 重量(g) フレックス 振動数 調子
DG 129 S200 338
DG-120/105 120-118g
105-103g
S200 334
320

DG-95/85 95-95g
85-87g
S200 294
290
中元
中元
DG-120/95 VSS 120-121g
95-96g
S200 334
294

中元
DG-AMT 105~129 S200 330
AMT TOUR WHITE 105~129 S200 330
日本シャフト社
製品名 重量(g) フレックス 振動数 調子
N.S.PRO 950GH 98.0 S 323
N.S.PRO 950 neo 98.0 S 329
N.S.PRO
MODUS3 TOUR105
106.5 S 326
N.S.PRO
MODUS3 TOUR115
118.5 S 328
N.S.PRO
MODUS3 TOUR120
114 S 318 中元
N.S.PRO
MODUS3 SYSTEM3 TOUR125
128.5 S 340

※当サイト調べ。7アイアンの参考数値。

『振動数』が大きい(硬め)からヘッドスピードが必要という訳ではないので、しっかりハンドファースト&ボディーターンで打てる方は、『振動数:硬め』でアイアンの精度をさらに高めてみるのもおすすめです。

軽量でもかなり硬いシャフトなどシャフトごとに特性も違うので、最終的には自分のフィーリングに合う『ベストシャフト』を絞っていきましょう。

ここまでのポイント!
・「DG-S200」「NS PRO 950GH」がスチールシャフトの代名詞。
・重量感、硬さ、調子など、振りやすいフィーリングを探る。
・より絞り込む方は、スイングとパワーに合う振動数も目安にできます。
・ほかにもラインナップが増えはじめ、スチールシャフトの選択肢が広がってます。

初心者の方はアイアンのシャフト選びで、「中調子」の方がやさしいと教わることが多いと思います。練習して「ボールをとらえる感覚」や「力の出し方」が分かってくると、弾道が左右に暴れだし「元調子」に替える人も多いので、「中調子」のシャフトで”グニャ”と先端がやわらかく感じた方は、シャフトを替える時期かもしれません。

アイアンシャフト選び 主要シャフトのフィーリング

アマゴルファーさんのシャフト選びは、ヘッドスピードだけで選ばず、自分のスイングに合う「重量」「調子(しなりのポイント)」や、振動数などを含めた、全体の振りやすいフィーリングを選んで、スイングの「調子」を上げていきたいところです。

トゥルー・テンパー社

Dynamic Gold S200

DG-S200

#7参考スペック
振動数:335cpm
元調子
※手元側は元々が硬いので、シャフトのしなりは小さくなります。
振り感
弾き感
弾く
粘り
推奨ヘッドスピード
38
40
42
46
48
50
DG-S200の特徴
シャフト全体がしっかりした剛性の中に、適度な重量感と独特な手元の粘り感があり、先端で感じるソリッドな打感で正確な方向性をだしやすい『DG-S200』

ツアープロ供給品と全く同じロゴを施し、セット間重量公差を±0.5gに設定した「 ダイナミックゴールド ツアーイシュー」も発売されています。

スチールシャフトの中では硬く重いですが、一般的な体力の男性でしたら一度は使用してみるのがおすすめで、この辺を軸にして自分に合うシャフトを絞ってみるのも良いかと思います。

重すぎるとことでコックのタメがほどけてしまう方は、ダフりやすくなるかもしれません。

トップからの切り返しがゆっくりな方や、インパクト手前からハンドファーストでしっかりボールを捕えながら、上からボールをつぶすす感覚で打ちたい方におすすめで、吹け上がりを抑えた強い弾道が出やすくなります。

上昇志向の強い初心者の方でしたら、ボディーターンのスイングやハンドファーストで打つスイングも作りやすいので、最初はハードに感じると思いますが、『DG-S200』は中古でも探しやすので、この重量感からより自分に合うシャフトを探してみるのもおすすめです。

パワーヒッターの方で、やや速い動きが好みでしたら「DG-X100 (振動数344)」をカスタムするのも候補のひとつです。

DG-S200 装着アイアン
【中古】DG-S200 装着アイアン

DG-120/105

これまでも、ダイナミックゴールドの軽量モデルは発売されていましたが、今モデルはより本家「DG-S200」のフィーリングに近づき、国内では元調子の「DG-120/105」、中元調子の「DG-95/85」がラインナップされています。

「DG-120/95」には、振動吸収システム「VSS(バイブレーション・スプレッション・システム)」が搭載された、『DG-120VSS/95PRO VSS』がラインナップされ、ミスヒット時の不快な衝撃・振動を大幅に吸収しています。(衝撃吸収:120VSSは71%、95VSSは56%)

DG-120/105/95の特徴
3年以上の歳月を費やして開発した、ダイナミックゴールドの軽量シリーズ『DG-120/105/95』。素材、熱処理、独自のシャフトの肉厚を複数個所で変えるVWT(バリアブル・ウォール・テクノロジー)や、新たなステップパターンを採用する事で、従来品のダイナミックゴールドと同等のフィーリングとさらなる性能の進化を実現。

DG-85の特徴
『DG-85(S-200)』では、Butt部(グリップ側)が「14.70」と細くなっています(DG-120/105/95:butt部15.25mm S-200)。現在カーボンを使用しているシニアの方で、DGに近いフィーリングでボールが上がって、距離が出せる軽量スチールを探してる方におすすめです。

DG-120 S200

DG-120 S-200

#7参考スペック
振動数:334cpm
元調子
※手元側は元々が硬いので、シャ