恥ずかしくないシャフト選び⑥フジクラシャフト

2010年USPGAツアー勝率1位。最近ではPGA選手の使用率が高く、国内女子ツアーにおいても使用率1位の藤倉ゴム工業。

アマゴルファーさんにも、気になるシャフトとしてひそかに人気のメーカー「フジクラ」

人気アイテムのことはいち早く勉強して、周りの"一般"ゴルファーとの会話にサラリと使いたい所です。

むずかしい事はヌキにして3分でザックリわかる「フジクラ」

ナメられないメーカー
藤倉ゴム工業

商号 藤倉ゴム工業
本社所在地 〒135-0063 東京都江東区有明3丁目5−7

1973年カーボンシャフトの開発を開始。1980年代はリシャフトブームの火付け役として人気になり、1990年代「「スピーダー」シリーズが圧倒的な加速感、飛距離性能が話題となり爆発的ヒットに。ここ数年は、国内女子ツアー、USPGAツアーで人気のシャフトメーカーです。

国内女子ツアー使用率1位!

2015年LPGA主なフジクラシャフト使用プロ
申ジエ Speeder EVOLUTION 569
藤田光里 Speeder EVOLUTION 569
菊地絵理香 Motore Speeder 569
原江里菜 Motore Speeder 569
馬場ゆかり Motore Speeder 569
森田理香子 Motore Speeder 661
李知姫 ROMBAX TYPE-S
黄アルム ROMBAX プレミアム
金ナリ ROMBAX プラチナ 55
堀奈津佳 藤倉プロトタイプ
※2015年6月現在。当サイト調べ。
賞金ランク60位までのスペック。

2017年LPGA賞金ランク上位のフジクラシャフト使用プロ
3位 テレサ・ルー Motore Speeder569 S 46インチ
(2013年モデル)
5位 申ジエ Speeder EVOLUTION 569 S 44.75インチ
19位 藤本麻子 Speeder EVOLUTION-Ⅲ 569 R 45インチ
21位 堀琴音 Speeder EVOLUTION 569 S 45.75インチ
24位 菊地絵理香 Speeder EVOLUTION-3 569 S 45インチ
25位 吉田弓美子 Speeder EVOLUTION-2 569 S 45インチ
26位 岡山絵里 Speeder EVOLUTION-2 661 S 45インチ
30位 福田真未 Speeder EVOLUTION-4 569 S 45インチ
※2017年10月現在 当サイト調べ。
賞金ランク30位までのスペック。

2015年頃は「EVOLUTION」「Motore」「ROMBAX」と、分散された使用率ですが、「Motore」「ROMBAX」は廃番になり、2016年~はさまざまな特徴がラインナップされた「EVOLUTION」シリーズの使用率が高まってきています。

フジクラ
ドライバー用シャフトマップ

フジクラ:ドライバー用シャフトマップ

リシャフト専用モデルとして開発されたシャフトが、軽・硬の特性「PLATINUM Speeder」から、重・軟の特性の「ONYX Speeder」、他にも、飛距離性能を求めフジクラ史上最少トルクの「DIAMOND Speeder」、29.5グラムの超軽量シャフト「ZERO Speeder」、PGAツアーで人気の「SPEEDER EVOLUTION TS」など、個性的なラインナップを充実させながら、ツアープロの使用率が高く、市販モデルに標準カスタムで装着されている大人気シャフトが「SPEEDER EVOLUTION」になります。

今回は、気になっている方も多い「SPEEDER EVOLUTION」を中心にご紹介。

走る先端と鋭い弾き感
Speeder EVOLUTION

Speeder EVOLUTION
青いシャフトのスピーダーエボリューション。

Speeder EVOLUTION-radar-chart



Speeder 661 EVOLUTION (S)
発売 2014/09
重量 66g
トルク 3.7
調子 先中
Speeder 661 EVOLUTION (S)
【弾き系】先中調子
Speeder 661 EVOLUTION (S) 振り感
カッコイイ青色の弾き系「エボ1」

先中調子の先端側が「柔」の表現になりますが、グニャグニャする柔らかいしなりではなく、全体が硬めの中に、先端部はスピーディーな動きを感じる強い弾き感と、しっかりと叩きつかまりのよい硬さになっています。

手元の硬いシャフトは、トップでタメをしっかり作る方や、トップから切り返しが早い方と相性がよく、動きすぎない硬めの中間部とやや大きくしなる先端は、シャープな動きを好む方におすすめのシャフトです。

Speeder
EVOLUTION
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ タメを作る タメをあまり作らない
インパクト 弾き感と叩き しっかり叩きたい

  • 持ち球はドロー系と相性よし。
  • 反応が速くシャープな動きが好き。
  • 先端のしなりで高弾道を狙いたい。
  • 弾き感も強いですが、しっかり叩いてもブレない。
参考ヘッドスピード/スペック

40~45m/s SPD 661 EVO/60g台(S)

Speeder EVOLUTION 装着クラブ
※生産完了。
※USモデルはSPEEDER57のように数字が2ケタ。

ストレート系 剛性の高い力強い弾き感
Speeder EVOLUTIONⅡ

Speeder EVOLUTION Ⅱ   フジクラシャフト   ゴルフシャフト・リシャフトのフジクラ
オレンジ色のシャフトのSpeeder EVOLUTIONⅡ

Speeder EVOLUTIONⅡ-radar-chart


Speeder 661 EVOLUTION 2 (S)
発売 2015/09
重量 69g
トルク 3.8
調子
Speeder 661 EVOLUTION 2 (S)
【弾き系】中調子
Speeder 661 EVOLUTION 2 (S) 振り感
EVOLUTIONの後継はオレンジ色の「エボ2」

シャープな動きのエボ1と比較して、エボ2はシャフトの剛性が強く全体が大きくしなりながら、先端の動きをおさえながらもパワフルな弾き感と厚いインパクトを感じやすいシャフト。

グリップ下に金属をコンポジットする「MCT」を採用したことで、スイング中に手元が浮いてしまう動きの抑制や、インパクトゾーンで長く球を押すことができ分厚いインパクトを実現しやすくなっています。

「MCT」の感覚は、トップから力まず何度も軽く素振りすると、グリップ側の重さを感じ、インパクトゾーンで手元が安定してくるのが分かります。

ヘッドスピードよりも、トップからダウンスイングにかけてコックのタメをしっかり作る方や、リストターンを意識してスイングする方が、しっかり叩いて飛距離と安定した方向性を求めたい方におすすめのシャフトです。

Speeder
EVOLUTION2
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 方向性が最重要課題の人 飛距離が最重要課題の人
弾道 中高弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ タメを作る タメをあまり作らない
インパクト 分厚いインパクト 弾きに特化したい

  • ドロー、フェードどちらも相性よし。
  • 手元がしっかりしたシャフトが好き。
  • 先端を硬くして、しっかり叩けて弾き感もほしい。
  • 弾道を安定させたい。
Speeder EVOLUTIONⅡ 装着クラブ

1と2の良いとこ取りの振りやすさ
Speeder EVOLUTIONⅢ

speeder-evolution3-01
赤いシャフトのSpeeder EVOLUTIONⅢ

speeder-evolution%e2%85%a2-radar-chart


Speeder 661 EVOLUTION 3 (S)
発売 2016/10
重量 66.5g
トルク 3.8
調子 先中
Speeder 661 EVOLUTION 3 (S)
【弾き系】先中調子
Speeder 661 EVOLUTION 3 (S) 振り感
赤色の3代目EVOLUTIONは "軽快さ"をテーマにした「エボ3」

グリップ側には、エボ2と同じ「MCT」を採用しインパクトゾーンでの手元の動きを安定させています。

「エボ1」の先端側の動きをややゆっくりにして、「エボ2」の剛性をよりしなやかに進化させた「エボ3」。シャフト全体のしなり感はタイミングを合わせやすく、前3シリーズの中では一番やさしさを感じられるシャフトです。

手元側は硬めですが、中間部がゆったりと動く感覚が強く、タメを作る方はリストターンで強く弾け、切り返しであまりタメを作らない方や、トップから切り返しがゆっくりな方も、適度な粘りが長いインパクトゾーンでしっかり叩いていけるので、オールラウンダーの方におすすめのシャフトです。

コンセプト通り振り抜きやすい"軽快さ"と、ボールのつかまりも良いので、「使ってみたいヘッドがあるけど振りやすいシャフトないかな?」と思われているアベレージヒッターの方も、エボリューションならではの叩ける弾き感を「エボ3」で体感していただければと思います。

Speeder
EVOLUTION3
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 中高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ オールラウンダー リストターンが上手くできない
インパクト オールラウンダー しっかり叩きたい

  • ストレート、ドロー系と相性よし。
  • やさしくしなり、振り抜きの良さを重視したい人。
  • つかまりのよい先中調子。
  • 弾道を高くして飛距離を伸ばしたい。
歴代エボシリーズの中では一番の振り抜きのよさ。
エボ1とエボ2の進化形シャフト。やさしく飛距離を伸ばしやすい今季注目のぶっ飛びシャフト。
Speeder EVOLUTIONⅢ 装着クラブ

歴代スピーダーの中でもっとも叩ける
Speeder EVOLUTION Ⅳ


黒いシャフトのSpeeder EVOLUTION Ⅳ




Speeder 661 EVOLUTION 4 (S)
発売 2017/09
重量 67.5g
トルク 3.7
調子
Speeder 661 EVOLUTION 4 (S)
【弾き系】中調子
Speeder 661 EVOLUTION 4 (S) 振り感
黒色の4代目EVOLUTIONは "叩けるフィーリング"をテーマにした「エボ4」

「エボ2」の進化形とされる「エボ4」は、三菱ケミカル社製の高性能中弾性炭素繊維「パイロフィルMR70」を採用し、「エボ2」「エボ3」同様に、手元の動きを安定させる「MCT」と、つかまりと操作性を向上させる「超高弾性90tカーボン」など、高品質素材を使用しています。

「エボ2」よりも、中間部のしなりを感じやすいですがムダな動きがなく、全体的にスピード感がありクセのないシャフトです。

切り返しからは、手元から中間にかけて小さくしなり、インパクトゾーンでは、シャフトの先端の弾き感とボールを押し込む動きを加え、タイミングよく強く叩いて打つと、つかまりのよいぶっ飛び中弾道ボールがでやすいすが、HS45m/sで「661-S」のスペックですとややハード目で、しなりを感じやすいシャフトではありません。

飛距離性能と方向性が高いので「エボ4」に注目している方も多いと思いますが、昨今流行りの「軽・硬シャフト」のセッテイングで、HS43/msで「569-S」、HS45m/s「569-X」でテストをしてみますと、振りぬきがよくしっかり叩いて打ってもシャフトが暴れず、スイングなりに方向性を意識しながら、吹け上がらない弾道で飛距離もかせぎやすい感覚です。18ホールをムリしないで使用するなら「軽・硬シャフトかな?」といった印象を受けます。

歴代EVOLUTIONシリーズの中ではいちばんクセがなく、タメを作りながらインパクトで叩きたい方と相性がよく、パワーヒッターの方はもちろん、平均的なH.Sでドライバーが安定しない方は「軽・硬シャフト」を、試しやすい仕上がりになっています。

つかまりがよいので、ヘッドとの組み合わせを考えながら選び、弾道調整ができるヘッドでは特性もでやすいので、いろいろ試しながら自分仕様のドライバーに仕上げていくと楽しいと思います。

Speeder
EVOLUTION4
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 飛距離、方向性ともに重視
弾道 中弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ タメをつくる リストターンが上手くできない
インパクト しっかり叩きたい スイングの中で打ちたい

  • 直進性が高く、つかまるフェード系を狙いたい方。
  • タイミングが合わせやすくしっかり叩いて打ちたい。
  • しなりすぎない素直なシャフトが好き。
  • 軽・硬シャフトを試してみたい

Speeder EVOLUTION Ⅳ 装着クラブ

初代青エボの進化した後継モデル
Speeder EVOLUTION V


スカイブルーのSpeeder EVOLUTION V

2019年モデル




Speeder 661 EVOLUTION 5 (S)
発売 2018/08
重量 66.0g
トルク 3.7
調子 先中
Speeder 661 EVOLUTION 5 (S)
【弾き系】先中調子
Speeder 661 EVOLUTION 5 (S) 振り感
初代エボリューション(青エボ)が廃番になり、その後継モデルになる「エボ5」

エボ2以降採用されている手元の動きを安定させる「MCT」、エボ2、エボ3に採用され加速感と弾き感を実現する東レ社製「T1100G」素材、エボ4で採用されている低樹脂カーボンシート「RC20%プレプレグ」で、動きのムダをなくし素直なしなり戻りの実現など、これまでのエボリューションの技術が凝縮されています。

手元側が硬く切り返しでは中間部が小さくしなり、インパクトにかけて中間から先端への張りのあるしなりと、素直なしなり戻りがタイミングを合わせやすく、先端が少し走りながらボールをつかまえ、打ちだしの高い弾道が打ちやすいシャフトです。

圧倒的な弾き感が特徴の初代青エボは、シャフトを一気に走らせ過ぎるとタイミングが合わせづらかったり、弾道がバラける所もありましたが、「エボ5」は青エボのような弾き感に暴れない安定感がプラスされ、走りすぎず素直でスピーディーな動きと振り抜きやすい振り感があります。

叩いて弾く前モデルエボ4は、中弾道のストレート~フェード系でしたが、「エボ5」はしなり戻りの弾き感でボールをつかまえ高弾道のドロー系がでやすいので、最近の低スピンヘッドで弾道が上がりづらい方にもおすすめです。

Speeder
EVOLUTION5
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 飛距離、方向性ともに重視
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ タメをつくる リストターンが上手くできない。
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい

  • 初代青エボの弾き感をさらに打ちやすく進化。
  • タイミングが合わせやすくしっかり弾いて打ちたい。
  • 先端側がほどよくしなるシャフトが好き。
  • ボールをつかまえ弾道を高くしたい。
  • 軽・硬シャフトを試してみたい

Speeder EVOLUTION V 装着クラブ

ドロー系 シャフトのタメで打つ
Motore Speeder

Motore Speeder
白いシャフトのモトーレ スピーダー

Motore Speeder-radar-chart


Motore Speeder 661 S
発売 2013/09
重量 67.5g
トルク 3.2
調子 先中
【粘り系】Motore Speeder 661 S
Motore Speeder-00
Motore Speeder
手元が硬めで中間が柔らかい、しっかりタメを作るシャフト。

素早くしなり戻り先端が柔らかめなので、しなり戻りのタイミングを利用しながらボールをとらえるとつかまりもよい。

Motore
Speeder
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ ゆっくり振る人 ガンガン振る人
インパクト しっかり叩きたい 弾き感がほしい

  • 持ち球はドロー系と相性よし。
  • タメをしっかり作れる人。
  • つかまりの良い粘り系シャフトで叩いて打つ。

参考ヘッドスピード/スペック

40~43m/s MS 661 /60g台(S)

Motore Speeder 装着クラブ

パワーとコントロール
ROMBAX TYPE-X

ROMBAX TYPE X
ランバックスX

ROMBAX TYPE-X-radar-chart


ROMBAX TYPE-X 65 S
発売 2012/01
重量 65.5g
トルク 3.3
調子
【弾き系】ROMBAX TYPE-X 65 S
Motore Speeder
全体的に硬めで、剛性もしっかりしているシャフト。

手元側のしなりを感じながら、しっかりした弾きを好むパワーヒッターの人におすすめです。

ROMBAX
TYPE-X
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 方向性が最重要課題の人 飛距離が最重要課題の人
弾道 中弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ ゆっくり振る人 ガンガン振る人
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい

  • シャフトでドロー、フェードと打ち分けたい。
  • インパクト時、しっかり叩いても当たり負けしづらい。
  • 吹け上がらないパワーフェードを打ちたい。

参考ヘッドスピード/スペック

43m~48m/s TYPE-X 65/60g台(S)

ROMBAX TYPE-X 装着クラブ
※上級者向き。
※ROMBAX TYPE-Xはカスタムオーダーの為、市場在庫が少ないです。

コントロール系 しっかり叩くなら
ROMBAX TYPE-S

ROMBAX TYPE S
ランバックスS

ROMBAX TYPE-S-radar-chart


ROMBAX TYPE-S 65 S
発売 2012/09
重量 64g
トルク 3.6
調子 先中
【粘り系】ROMBAX TYPE-S 65 S
ROMBAX TYPE-S
TYPE-Xに比べ、全体的にやや柔らかくしなり感があるシャフト。

中間から先端にかけて、ゆっくりしなり戻るので、粘り系を好むパワーヒッターの人におすすめです。

ROMBAX
TYPE-S
相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
飛距離&方向性 方向性が最重要課題の人 飛距離が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ ガンガン振る人 ゆっくり振る人
インパクト しっかり叩きたい 弾き感がほしい

  • シャフトでドロー、フェードと打ち分けたい。
  • インパクト時、しっかり叩いても当たり負けしづらい。
  • パワーのあるドローヒッターの人。

参考ヘッドスピード/スペック

43m~48m/s TYPE-S 65/60g台(S)

ROMBAX TYPE-S 装着クラブ
※中、上級者向き。
※ROMBAX TYPE-Sはカスタムオーダーの為、市場在庫が少ないです。

弾き感と飛距離性能の高さで人気のEVOLUTION

強い弾き感と飛距離性能の高さで人気シャフトSpeeder(スピーダー)『EVOLUTION(エボリューション)』は、現在4モデル(初代青エボは廃番)。

Speeder EVOLUTIONシリーズ
モデル 弾道 調子 タイプ
EVOLUTION 高弾道
ストレート~ドロー
先中 オールラウンダー
EVOLUTION 2 高弾道
ストレート系
中上級者
EVOLUTION 3 中高弾道
ストレート~ドロー
先中 オールラウンダー
EVOLUTION 4 中高弾道
ストレート系
中上級者
EVOLUTION 5 高弾道
ストレート~ドロー
先中 オールラウンダー

弾き感で人気のシャフト「EVOLUTION」は、最近の低スピンのヘッドと相性がよく、大きな飛距離を期待できます。

当サイトでも、実際のコースで弾道の確認や計測などを行いましたが、まさに「ぶっ飛ぶ」と言う言葉にピッタリのシャフトです。

印象的な組み合わせでは、1代目「青エボ」は、新品での購入は完売していますが「ナイキ ヴェイパー スピード(2015年モデル)」との組み合わせ、2代目「エボII」は、こちらも新品は完売ですが「ヤマハ RMX 116」、3代目「赤エボ」では「キャロウェイ GBB エピック サブゼロ」、4代目は「テーラーメイド M1」、5代目は「テーラーメイド M4」「キャロウェイ ローグ スター」あたりがマッチングがよい印象を受けました。

スイングとの相性も、「良いか?悪いか?」が分かりやすく、極力、力まずスイングしながら、なるべくタメとリストターンを使いながら最後まで振り切るイメージで打っていくと、「良いかな?」の方に傾くと思います。

どの『EVOLUTION』にするかは、シャフトの特性とヘッドの組み合わせをイメージしながら楽しんで、大きな飛距離を武器にしていただけたらと思います。

フジクラシャフト:http://www.fujikurashaft.jp/

他のシャフトメーカーの暗記なら、

・当サイトの試打テストによるものです。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?