はずかしくないシャフト選び⑥フジクラシャフト「スピーダー」の特徴と選び方

ゴルフギア選び

PGA選手の使用率が高く、国内女子ツアーにおいても使用率1位の『フジクラシャフト』。

アマゴルファーさんも、気になるシャフトとしてチェックしてる方が多い人気のシャフトメーカーです。

人気アイテムのことはいち早く勉強して、周りの”一般”ゴルファーさんとの会話にサラリと使うためにも、むずかしい事はヌキにして3分でザックリわかる『フジクラシャフト』をご紹介。

スポンサーリンク

フジクラシャフトとは?

日本で最初にゴム引布(ゴムを布に貼り合せたゴムと布織物の複合材料)を開発し、現在は工業用ゴム製品や電気絶縁材料など、市場に流通している多くの商品に受け継がれています。2019年4月1日より「藤倉コンポジット株式会社」に社名変更され、スポーツ事業の中に『フジクラシャフト』があります。

1973年カーボンシャフトの開発を開始。1980年代はリシャフトブームの火付け役として人気になり、1990年代「スピーダー」シリーズが圧倒的な加速感と飛距離性能で話題となり爆発的ヒットに。
国内女子ツアー、USPGAツアーで人気のシャフトメーカーです。

国内女子ツアー使用率1位!

2017年LPGA賞金ランク上位
フジクラシャフト使用プロ
3位テレサ・ルーMotore Speeder569 S
46インチ(2013年モデル)
5位申ジエSpeeder EVOLUTION 569 S
44.75インチ
19位藤本麻子Speeder EVOLUTION-Ⅲ 569 R
45インチ
21位堀琴音Speeder EVOLUTION 569 S
45.75インチ
24位菊地絵理香Speeder EVOLUTION-3 569 S
45インチ
25位吉田弓美子Speeder EVOLUTION-2 569 S
45インチ
26位岡山絵里Speeder EVOLUTION-2 661 S
45インチ
30位福田真未Speeder EVOLUTION-4 569 S
45インチ
2018年LPGA賞金ランク上位
フジクラシャフト使用プロ
2位申ジエSpeeder EVOLUTION 569 S
44.75インチ
6位黄アルムSpeeder EVOLUTION-4 569 SR
45.5インチ
7位菊地絵理香Speeder EVOLUTION-4 569 SR
10位岡山絵里Speeder EVOLUTION-2 661 S
45インチ
11位松田鈴英Speeder EVOLUTION-4 569 S
45.5インチ
12位永峰咲希Speeder EVOLUTION-4 661 S
45.75インチ
20位福田真未Speeder EVOLUTION-4 569 SR
30位酒井美紀Speeder EVOLUTION-3 661 SR
45.5インチ
2019年LPGA賞金ランク上位
フジクラシャフト使用プロ
2位渋野日向子Speeder EVOLUTION-6 569 SR
44.75インチ
3位申ジエSpeeder EVOLUTION-4 569 S
44.75インチ
4位ペ・ソンウSpeeder EVOLUTION-6 569 R
6位河本結Speeder EVOLUTION-4 569 S
45インチ
12位岡山絵里Speeder EVOLUTION-2 661 S
19位高橋彩華Speeder EVOLUTION-4 569
S45.5インチ

※当サイト調べ。賞金ランク20位までのスペック。

2015年までは「EVOLUTION」「Motore」「ROMBAX」と、シリーズが分散されていましたが、「Motore」「ROMBAX」が廃番になり、2016年以降はさまざまな特徴がラインナップされた「SPEEDER EVOLUTION」シリーズの使用率が高まってます。

フジクラ ドライバー用シャフトマップ

高弾道
低弾道
つかまりやすい
つかまりづらい
 
Speeder

Evolution4

Speeder

Evolution5

Speeder

Evolution6

Speeder

Evolution7

Speeder

NX

※EVO2以降~。
※・テスター3人(HS43m/s~48m/s ローハンデ)による当サイトの試打基準で作成しています。

Speeder EVOLUTION

Speeder EVOLUTIONコンセプト

「より遠くへ、ハジキ、飛ばす」をコンセプトに掲げ、弾き系シャフトの代名詞『Speeder』

これまで発売されていた「Speeder」シリーズの弾き感をさらに追求し、2014年発売の初代『Speeder EVOLUTION』からその意思は引き継がれ、それぞれ異なる弾きと飛距離性能の高さが魅力のシャフトです。


ツアープロの使用率が高く、市販モデルに標準カスタムとして装着されている大人気シャフトで、『Speeder EVOLUTION』シリーズ

2014年から発売された「EVOLUTION」シリーズは、『Speeder』の核となるシリーズになり純正カスタムにラインナップされる事が多いシャフトです。

「EVOLUTION」シリーズ以外にも、パワーを余すことなく引き出す「Speeder TR(生産完了)」、Speederの振り心地はそのままに短尺仕様でミート率を向上させた「Speeder SLK」、他にも軽量シャフト「Air Speeder(生産完了)」など、個性的なラインナップを充実させています。

【生産完了】走る先端と鋭い弾き感 Speeder EVOLUTION

Speeder EVOLUTION
発売
2014/09
重量
SPD474/SPD569/SPD661/SPD757
トルク
3.7(SPD661-S)
調子
先中
Speeder EVOLUTION

ゴルフシャフトとしては世界初、「はやぶさ」などの人工衛星に採用されている「50トン高弾性3軸織物技術」を採用し、東レにより開発された高強度高弾性カーボン「T1100G」と、使用用途において弾性と強度を両立させられるマトリクス樹脂技術を採用。
これまでの「高打ち出し→スピン増」という常識をくつがえし、「高打ち出し、低スピン」を実現させ、圧倒的ハジキと安定感のある振りを両立した、飛ぶシャフトの最高峰として仕上げられた初代『Speeder EVOLUTION』。

Speeder EVOLUTION
Speeder EVOLUTION 振り感

Speeder 661 EVOLUTION (S) 【弾き系】先中調子

飛距離
飛ばない
1
2
3
4
5
飛ぶ
方向性
悪い
1
2
3
4
5
良い
スピン量
少ない
1
2
3
4
5
多い
弾き感
弱い
1
2
3
4
5
強い
やさしさ
ムズイ
1
2
3
4
5
やさしい

Speeder 661 EVOLUTION (S) 弾道イメージ

つかまり
打ち出し
Speeder 661 EVOLUTION (S)のフィーリング

青いコスメの先中調子『Speeder EVOLUTION』

先中調子の先端側はグニャグニャする柔らかいしなりではなく、手元と中間の剛性が高い中に、スピーディーなしなり戻りをする先端の動きが特徴です。

手元のしなりは硬めで、動きすぎない硬めの中間部からシャキッとスピーディーに大きくしなり戻り、先端の弾き感でボールのつかまりもよく、先端側の動きがつかめれば、高弾道の飛距離性能を狙えるシャフトです。

切り返しが早めでコックをキープする打ち方と相性がよく、軽く振っても飛距離性能の高さが魅力ですが、叩くヒッター系の方が打つとやや弾道がバラける所もあり、インパクトゾーンから加速させ、振り抜くスインガータイプは好印象のシャフト。

Speeder EVOLUTION おすすめタイプ

・飛距離が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・つかまりの良いシャフトを探してる。
・先端の弾き感を優先したい。
・スピード感のあるシャフトが好み。

Speeder EVOLUTIONを1回検討してみる

・方向性が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・手元のしなりを感じたい。
・なめらかな動きのシャフトが好み。

【生産完了】
フジクラ Speeder EVOLUTION 装着クラブ
※新品ヘッドは完売。中古の購入がお得です。

【生産完了】ストレート系 剛性の高い力強い弾き感 Speeder EVOLUTIONⅡ

Speeder EVOLUTION 2
発売
2015/09
重量
SPD474/SPD569/SPD661/SPD757
トルク
3.8(SPD661-S)
調子
Speeder EVOLUTIONⅡ

飛びの限界に挑戦し、前作を超えるべく“シャフト全体の操作性を向上”。初級者から上級者まで幅広い層にとってタイミングが取りやすく適正をスピン量を生み出すシャフトに進化。
高強度高弾性カーボン「T1100G」、最大級の加速感とインパクトの強さで、高いボール初速を実現する「超高弾性90tカーボン」などEVO1の弾きを受け継ぎ、金属をコンポジットするフジクラ独自のテクノロジー「MCT(金属コンポジット)」をグリップ下に採用され、手元側に重量感を持たせスイング中の手元の浮きを制御しています。

Speeder EVOLUTIONⅡ
Speeder EVOLUTIONⅡ 振り感

Speeder 661 EVOLUTION 2 (S) 【弾き&粘り】中調子