はずかしくないシャフト選び4 三菱ケミカル「Diamana」の特徴と選び方

ゴルフギア選び

前回の恥ずかしくないシャフト選び③グラファイトデザインから数日後、「三菱ケミカル(旧:レイヨン)のかんたんな違いを教えて!」とお便りをいただき、今回は「はずかしくないシャフト選び4三菱ケミカル(旧:レイヨン)編」をざっくりマニアック風にご紹介。

専門的な細かいスペックも大事ですが、アマゴルファーさんは「純正からステップアップして、より自分に合うシャフトはどれか?」を選び、一般ゴルファーさんにナメられないためにもここが勝負のポイントです。

スポンサーリンク

三菱ケミカル(旧:レイヨン)とは?

三菱ケミカルは、最適な材料開発から完璧な成型までを一貫して管理することのできる、世界で唯一のシャフトメーカーです。
その歴史は古く、これまでOEMメーカーとして国内外のクラブメーカーに多くのシャフトを開発・供給してまいりました。
プレミアムゾーンに限れば、世界でもNO.1の供給量を誇ります。
三菱ケミカルより一部抜粋

三菱ケミカルのシャフトは、各ゴルフメーカーの純正シャフト製造から、世界のゴルファーがシャフトに求める、飛距離性能、方向性、フィーリングの全てを、高いクオリティーで実現しているメーカーです。

2017年4月より、連結子会社である三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンの3社を統合し「三菱ケミカル株式会社」に社名変更されてます。

三菱ケミカルの勝利実績では、過去の全英オープンを例に見てみましょう。

2014

  選手名 使用シャフト
優勝
R.マキロイ クロカゲ SILVER 70X
2位
S.ガルシア ディアマナ D103X
2位
R.ファウラー ディアマナ D73X

2015

順位
選手名 使用シャフト
優勝
ザック・ジョンソン ディアマナ B 73X
2位T
L.ウーストハイゼン クロカゲ 70X
4位T
ジェイソン・デイ クロカゲ S TiNi 70X
6位T
ダニー・ウィレット ディアマナ W 60X

2016

順位
選手名 使用シャフト
2位
フィル・ミケルソン フブキ J 60X
5位T
S.ガルシア クロカゲ S XTS TiNi 80X
5位T
ロリー・マキロイ ディアマナ S+ 70X
6位
A・ジョンストン Tensei Blue 60TX

2017

順位
選手名 使用シャフト
2位
マット・クーチャー Tensei CK Blue 60S
4位T
ロリー・マキロイ Tensei Orange 70TX
5位T
ブルックス・ケプカ ディアマナ D+ 70TX

2018

順位
選手名 使用シャフト
優勝
フランチェスコ・モリナリ Tensei CK Pro Blue 70 TX
2位T
ロリー・マキロイ Tensei Orange 70TX
2T
ジャスティン・ローズ Tensei Orange 60TX
6T
タイガー・ウッズ ディアマナ D+ White 70TX

2019

順位 選手名 使用シャフト
優勝
シェーン・ローリー ディアマナ D+ 70X
2位
トミー・フリートウッド クロカゲ 70X
4T
ブルックス・ケプカ ディアマナ D+ 70TX

※国内未発売のモデルも含まれています。
※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、セッティングが異なることがあります。

世界の上位陣の多くが、三菱ケミカル社のシャフトを使用しています。

今後も、三菱ケミカル社のシャフトが標準装着された商品が多く発売されてくるのが予想され、アマゴルファーさんも今のうち三菱ケミカル社のシャフトの暗記をしておくと何かと使えます。

三菱ケミカル 種類と位置づけ

Photo:三菱ケミカル

三菱ケミカルのシャフトはラインナップが多く、2019年には「TENSEI テンセイ」が加わりラインナップはさらに充実しています。

今回は、標準カスタムに装着されることが多い大人気の「Diamana ディアマナ」をご紹介させていただきます。

三菱ケミカル 主要シャフトMAP

高弾道
低弾道
つかまりやすい
つかまりづらい
Diamana

RF

Diamana

BF

Diamana

DF

Diamana
Diamana

ZF

TB

Diamana

PD

Diamana

D-Limited

・第4世代以降~
・テスター3人(HS43m/s~48m/s ローハンデ)による当サイトのMAPです。

Diamana SERIES

Diamana SERIES

2004年Diamana S-series(青マナ)の登場以来、幾多のツアー史に残る激闘を彩ってきた伝説の青・赤・白。ツアーという最高峰の舞台で、トッププレーヤーが求める性能を、そのまま製品化することをコンセプトとしたアスリートブランドです。

Dia : ダイヤモンド mana : ハワイ語で超自然の力

素直なしなりの粘り系 Diamana B

三菱ケミカル Diamana B SERIES

Diamana Bシリーズ
発売
2012/09
重量
B50/B60/B70/B80
トルク
3.6 (B60-S)
調子
中元 (B60-S)
メーカーコンセプト

2004年発売の初代青マナ「ディアマナ S」、2008年発売2代目「ディアマナ kaili」に続き、青マナ系3代目になる『ディアマナ B』。
3 G M.D.I.設計により曲げ剛性分布・ねじれ剛性分布をより精密・最適化させ、超高弾性材料・ダイアリードをバット部(手元側)のフープ層(カーボンシートの繊維方向を、シャフトに対して90°に配置した層)に用いてつぶれ変形を防ぎ、切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングに移行し、クセのない中調子設計が特徴です。

ディアマナB
ディアマナB 振り感

Diamana B60 (S) 【粘り系】中元調子

飛距離
飛ばない
1
2
3
4
5
飛ぶ
方向性
悪い
1
2
3
4
5
良い
スピン量
少ない
1
2
3
4
5
多い
弾き感
弱い
1
2
3
4
5
強い
やさしさ
ムズい
1
2
3
4
5
やさしい
ディアマナBのフィーリング

第2世代青マナ「kaili」の素直なしなりを継承しつつ、手元と中間部分の剛性をやや高め、ダウンスイングからのヘッドの位置を感じやすく、ヘッドの特性を引き出しやすい素直動きが特徴のシャフトです。

ダウンスイングからは中間部が大きくしなり、速めのしなり戻りからしっかりボールを叩き、左方向のミスを軽減させたい方におすすめです。60gのSはアベレージの方から上級者まで幅広い方が扱いやすく、タイミングのとりやすい打ちやすさは、ドライバーに安定感を求める方とも相性がよく、レベルに応じたヘッドを選ぶことでカスタムの幅も広がるシャフトです。

Diamana B おすすめタイプ

・飛距離が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・しっかり叩きたい。

Diamana Bを1回検討してみる

・方向性が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・つかまりの良いシャフトを探してる
・弾き感を優先したい。

製造終了 Diamana B 装着クラブ
 

パワーヒッターと相性がよい Diamana W

Diamana Wシリーズ
発売
2013/09
重量
W50/W60/W70/W80
トルク
3.2 (W60-S)
調子
元 (W60-S)
メーカーコンセプト

初代「ディアマナD」、2代目「ディアマナahina」に続き、通称白マナと呼ばれる系統の、左を怖がらず振りぬくことができる強弾道アスリートモデル『ディアマナ W』。
「ディアマナ B」と同じ超高弾性材料・ダイアリードをバット部(手元側)のフープ層に用いて、つぶれ変形を防ぎ、切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングに移行でき、切り返しでは手元側のしなりでタメを作る元調子系シャフト。
ボールがフェースに乗る厚いインパクトで、低スピンの強弾道と正確なライン出しを可能としています。

Diamana W
ディアマナW 振り感

Diamana W60 (S) 【粘り系】元調子