はずかしくないウエッジ選び④ソール幅?バウンス?ウエッジ選び2017

ゴルフギア選び

我々形から入るアマゴルファーのスコアメイクに大きく影響する「ショートゲーム」

アプローチでワンパット圏内に何とか寄せたいですが、グリーン周りでザックリしては”喪失感”があり、トップをしては”やっちまった感”が襲うショートゲームのミスはパット数にも影響をあたえ、いかに、ショートゲームの精度を上げ、ダボがボギーに、ボギーがパーへと、”しのぐ”かで、打数もテンションも大きく変わってきます。

ウエッジ選びでは、「恥ずかしくないウエッジ選び①トッププロのお手本編」や「恥ずかしくないウエッジ選び②いまさら聞けない選び方編」など、ウエッジ選びの”ヒント”をお届けしましたが、今回は、ちょっとした”こだわり”から、自分に合うウエッジ選びのヒントをざっくりご紹介。

中古クラブNO1ショップ♪

スポンサーリンク

自分に合うウエッジ選び バウンスの役割

「バウンス角は大きい方がよいのか?小さい方がよいのか?」

この辺は、前回までのおさらいになりますが、まずは、ウエッジ選びのポイントとしてバウンスの役割をざっくり知っておくことが大事です。

バウンスとは?

ソールの出っ張りに引いた水平ラインと、トレーリングエッジからリーディングエッジに引いたライン間の角度。

バウンス角の効果とは?

ダウンブローに進入してきたヘッド。
インパクト時、ボールに当たる瞬間、同時にソールも地面に接地。
インパクト時に地面に触れたソールが、バウンス効果でヘッドを下に潜らせずヘッドが前進。
インパクトではスイングプレーンの最下点で打つことが基本ですが、ソールはバウンス角が大きいと地面からの抵抗が大きくなり、抵抗力の少ないやわらかいバンカーや地面では、ヘッドが前へ進み地面にもぐりづらく、バウンス角が小さいとソールの抵抗が小さくなり、抵抗力の少ないバンカーや地面ではヘッドがもぐりやすくなります。

一般的なバウンスの大きさとライの相性
バウンス 抵抗力 相性の良いライ 相性の悪いライ
バウンス 小
8°以下
少ない 硬い地面 やわらかい地面
バウンス 中
9°~11°
ふつう ライは選ばない ライは選ばない
バウンス 大
12°以上
大きい やわらかい地面 硬い地面

バウンス角が小さいウエッジでも、フェースを大きく開いて打つことでバウンス効果を利用できますが、バンカーでは砂を薄くとって打つなど技術も必要になり、「バウンス 中」が、ライを選ばないオールラウンドタイプになりますが、もう少しこだわってみると、さらに、自分に合うウエッジを見つけやすくなります。

自分に合うウエッジ選び ウエッジのネック形状

ウエッジやアイアンのネック形状は「ストレートネック」「セミグースネック」、さらにリーディングエッジが右にある「グースネック」があり、アプローチでフェースを少しでも開閉しながら操作するのでしたら「ストレートネック」「セミグースネック」の方が、バリエーションの多いショットが打ちやすくなり、さらに「シャフトの延長線上にリーディングエッジ(刃先)がどの位置にあるか?」で、構えやすさの好みや打ちたいイメージと合わせる方法もあります。

ストレートネック

フォーティーン:RM-22
シャフトの延長線上に、リーディングエッジが揃っているか、少し前に出ているウエッジ。
セミグースネック

フォーティーン:RM-22J.SPEC
シャフトの延長線上より、リーディングエッジがほんの少し右にあるウエッジ。

ウエッジのネック形状による違いは、「イメージの出し方」で選んでみると分かりやすいと思います。

ネック形状 打ちたいイメージ
ストレート ・ネックラインより刃先が出てるモデルが多く、ボールの下にヘッドを入れるイメージで打つ方。
・飛距離よりもボールを高く打つイメージ。
・フェースの開閉を積極的に行い、弾道コントロールをしたい。
セミグース ・ネックラインより刃先が出ないモデルが多く、ボールの上からヘッドを入れるイメージで打つ方。
・ボールの高さをおさえ、飛距離を出すイメージ。
・フェースはあまり開閉しないで、直線的な弾道で打ちたい。

フェースの開閉を活かし弾道の高低で攻めたい方は「ストレートネック」が合いやすく、直線的なイメージやショートしやすい方は、上から打ち込みやすくボールのつかまりがよい「セミグースネック」で、しっかりラインと距離を出せるように改善するなど、ネック形状と打ちたいイメージで合わせる「こだわり」もあります。

自分に合うウエッジ選び ソール幅の関係性

ロブショットをあまり打たないのに、ロブショットが打ちやすいウエッジを持っていたりと、目的に合わないウエッジはミスも多くなりやすく、打ちたい弾道を「ソール幅」から選んでみる「こだわり」もあります。

ソール幅 特徴
せまい リーディングエッジ(刃先)が低く抑えられ、払い打つ”レベルブロー”で「フルショット」や「ロブショット」を打ちやすいソール幅。
硬めのライと相性がよく、あまり丸みを帯びないソール形状にすることで、抜けの良さが向上しやすくなります。
ふつう ソール幅のせまいモデルよりもミスへの許容範囲が広く、ライの影響もあまり受けないので、状況に応じた打ち方で、「フルショット」や「ピッチショット」バウンスを小さくすれば「ロブショット」も打ちやすいソール幅。
ひろい 重心が低くなり打点も安定しやすくソールもすべりやすいので、ミスへの許容範囲は一番広いですが操作性は劣るソール幅。やわらかいライと相性がよくバウンスも効くので、打ち込む”ダウンブロー”で「フルショット」「ピッチ&ラン」バンカーが苦手な方は”ひろめ”でやさしく打てます。

たとえば、徹底的に操作性を求める方は「バウンス小」「ストレートネック」「ソール幅せまい」組み合わせになり、シンプルに打ちたい方は「バウンス大」「セミグースネック」「バウンス中~大」など、ショットの目的に合う組み合わせを探り、状況に応じた打ち方で対応していく方法もあります。

自分に合うウエッジ選び グラインドの関係性

自分に合いそうな「バウンス」「ソール幅」の組み合わせに加え、ソールに「グラインド」と呼ばれる削りを入れることでバウンス効果を調整しています。それぞれのウエッジの特性をさらに発揮するためにも、グラインドの「こだわり」も重要になります。

ここでは、「バウンス」と「ソール幅」の種類が多い「タイトリスト SM6」を例に、ザックリしない為にもざっくり比較しながら、各メーカーの削りの参考にしていただければ、さらなるウエッジ選びのポイントの一つになります。
 

タイトリスト SM6 Mグラインド
バウンス小/ソール幅 せまい

Mグラインド 58°/08°
タイトリスト SM6 Mグラインド
トレーリングエッジ側を大きく削りバウンス効果を抑えています。スクエアに構えてもフェースを開いても、リーディングエッジの浮きが少なく、入射角度に応じてボールをコントロールする操作性モデル。
打ちやすいボール
ヘッドや打点がブレやすいデメリットもありますが、バンカーで使用するよりは、ボールが芝の上で浮いている状況などで、フェースを大きく開いて緩やかな軌道で打つロブショット系が打ちやすいモデル。

タイトリスト SM6 Sグラインド
バウンス中/ソール幅 ふつう


Sグラインド 58°/10°
タイトリスト SM6 Sグラインド
トレーリングエッジ側を少し削り、スクエアに打った時はバウンス効果があり、フェースを開いた時はバウンス効果をやや抑え、操作性とミスへの許容性が高いモデル。
打ちやすいボール
ヘッドや打点がブレづらく、ライの状況にもあまり影響がないオールラウンドタイプ。スクエア時は打ち込め、フェースを開いた時はロブショットなど、状況に応じて多彩なショットバリエーションを求められるモデル。

タイトリスト SM6 Fグラインド
バウンス大/ソール幅 ふつう

Fグラインド 56°/14°
タイトリスト SM6 Fグラインド
グラインドが少ないフラットソールモデルはバウンス効果を発揮しやすく、開くことでリーディングエッジが浮き、バウンス効果をさらに上げられるモデル。
打ちやすいボール
バウンス効果を活かすモデルは、ハンドファーストでダウンブロー気味に打ちながら、フェースの開きでボールの高さをコントロールしたい方と相性がよく、バンカーでも使いやすいモデル。

タイトリスト SM6 Kグラインド
バウンス大/ソール幅 ひろい
 

Kグラインド 58°/12°
タイトリスト SM6 Kグラインド
ソール幅がひろいモデルは、フェースを開かなくてもバウンス効果を発揮でき、丸みのあるソール形状がフェースを開いてもリーディングエッジを浮きづらくさせるモデル。
打ちやすいボール
低重心も特徴になり、打点のバラつきをおさえミスを軽減させ、バンカーが苦手な方もスクエアに構えて打ちやすく、硬いライでなければハンドファーストでダウンブロー気味に打てば、芝の上でソールが滑りやすくピッチ&ランが打ちやすい。

バンカーが苦手な方は「バウンス大」を選ぶことが重要になってきますが、芝の上からのアプローチでは「バウンス」「ソール幅」に「グラインド」の関係をどう組み合わせるかで、ウエッジ選びのバリエーションが広がります。

参考までに、セッテイングのチェックポイントがこちらになります。

なにかとウエッジ選び ウエッジの飛距離とロフト

自分に合う「バウンス」「ソール幅」「グラインド」、さらには「ネック形状」の好みがぼんやり見えてきた方は、自分の打ちたい距離に合うロフト選びになります。

飛距離は個人差があるので、同じロフトでもバラつきがありますが、今回はパワーの違う数名のアマゴルファーの飛距離を、芝の上からフルショットで打ってもらい歩測で計測しましたので、ざっくり参考にして頂ければと思います。

ロフト ドライバー飛距離
220y~230y
平均H.S 38m/s
ドライバー飛距離
240y~250y
平均H.S 42m/s
ドライバー飛距離
260y~270y
平均H.S 46m/s
46° 100y 107y 116y
48° 87y 100y 111y
50° 88y 94y 106y
52° 81y 86y 100
54° 75y 81y 95y
56° 70y 75y 87y
58° 63y 70y 80y
60° 57y 65y 75y

打ち方や使用してるクラブとバウンス(バウンスの大きい方が飛距離は伸びやすい。)も違うので同じ条件ではありませんが、ヘッドスピードの遅い方は100ヤード以内のロフトバリエーションが多く選べ、速い方は飛距離差が大きくなるので、短い距離のロフト選びに気をつけたいところです。

各社、さまざまな”特徴”をもつウエッジが発売され「どう選ぶか?」と、考える時間もゴルフの楽しさです。

スクエアに構えて打ちやすい キャロウェイ MD3 MILLED


ストレートネック

発売 2015年9月 素材/製法 軟鉄/鋳造
仕上げ ・クロムメッキ
・マットブラック仕上げ
打感 硬め←ーーーーー→軟らかめ

シャフト ・Dynamic Gold S-200
・N.S. PRO MODUS3 TOUR 120 (S)
・N.S. PRO 950GH (S)


キャロウェイ MD3 MILLEDのソール形状は3つ。

グラインド ロフト バウンス ソール幅 やさしさ目安
Cグラインド 56° 10° せまい ・レベルブロー5.0
・ややダウンブロー5.0
・ダウンブロー3.0
・バンカー1.0
58° 08°
60° 08°
トゥ・ヒールを削ったソール形状は、有効バウンスを少なくし、硬めのライではスクエアで払い打つイメージに、フェースを開けばロブショット系が打ちやすい「Cグラインド」
Sグラインド 46° 08° ふつう ・レベルブロー4.0
・ややダウンブロー5.0
・ダウンブロー4.0
・バンカー2.5
48° 08°
50° 10°
52° 10°
54° 10°
58° 09°
60° 09°
オーソドックスなソール形状にローバウンスの「Sグラインド」適度にバウンスも効き、スクエアに構えて打ち込むフルショットやピッチショットなど、シンプルに打ちやすいモデル。
Wグラインド 54° 12° ひろい ・レベルブロー1.0
・ややダウンブロー4.0
・ダウンブロー5.0
・バンカー5.0
56° 12°
58° 11°
60° 11°
幅の広いソール形状と有効バウンスが大きい「Wグラインド」バンカーショットでは、MD3 MILLEDの中で一番やさしいモデル。打ち込むフルショットでは打点がブレづらく、アプローチではピッチ&ランと相性がよい。
ここがポイント!  

MACK DADDYシリーズ3代目となる「MD3」

ストレートネックで、ややリーディングエッジ(刃先)が出た形状は、(刃先)をボールの下に入れやすく、ソール背面の4ホールが抜けの良さと高弾道に優れています。軟らかい打感の中にやや弾き感があり、スクエアに構えて打ちやすく、弾道の高さを出したい方と相性のよいウエッジ。フェースを開いて打つロブショット系は”Cグラインド”が打ちやすくなっています。


キャロウェイ MD3
※各サイト、在庫処分で激安になっています。

上級者好みの操作性と打感 キャロウ