恥ずかしくないシャフト選び⑤USTマミヤATTAS

ゴルフギア選び

今回は、“ぶっ飛び”で大人気「USTマミヤ」のシャフト情報の暗記の時間です。

一般アマチュアゴルファーさんよりも多くの情報を持ち、より自分に合うギアを見つけ分からない方には親切に教えてあげることも、アマゴルファーさんのミッションのひとつです。

スポンサーリンク

株式会社シャフトラボ UST Mamiya

「Quality(品質)」「Preformance(性能)」「Feel(感性)」を最も大切に考えています。
世界で戦うツアープロ達。彼等に最高の品質と性能、そして感性を提供し続けること。それを多くのゴルファーに体感してもらうこと。私たちが最も大切に考えていることを実現するためにUST Mamiyaは誕生しました。
USTマミヤより一部抜粋。

国内外のツアーで、多くの勝利実績を挙げているUSTマミヤのシャフト。

ウッド系シャフトの主要ラインナップでは、『ATTAS(アッタス)』と『proforce(プロフォース)』ブランドがあり、ここ数年ツアーで人気のシャフトが『ATTAS』シリーズになります。

今回は、『ATTAS』シリーズを、細かいことはナシでザックリ分かりやすくご紹介させていただきます。

ATTASシリーズ

『ATTAS』の語源は、ツアープロの用語「アッタース(ありがとうございます)」と言う言葉からきています。

『ATTAS』のコンセプト
自分のポテンシャルを最大限に引きだすために開発されたシャフト『ATTAS』

『ATTAS』はアマゴルファーさんにとって”そそる”コンセプトをもち、今よりも飛距離を伸ばしたい人に人気のブランドです。

初代「ATTAS (2009年)」、2代目「ATTAS T2 (20010年)」、3代目「ATTAS³ (2011年)」、4代目「ATTAS 4U (2012年)」は生産完了になり、初代ATTASをやさしくした5代目「ATTAS 5GOGO (2013年)」~現在のモデルまでが主要ラインナップになっています。

『ATTAS』シリーズは、ユニークなネーミングなので暗記しやすいのも特徴です。

ゆったり動く特徴的なしなり感 ATTAS 5GOGO(ゴーゴーゴー)


シリーズ5代目になるオレンジ色のシャフト『ATTAS 5GOGO(ゴーゴーゴー)』と、さらに勢いをつけたい願いを込めたネーミング。

ATTAS5-radar-chart
 
 

ATTAS 5GOGO 6 (S)
発売
2013/09
重量
67g
トルク
3.1
調子
東レ(株)の「ナノアロイ テクノロジー」を使った新素材を全長に採用。これまでのATTASシリーズと比べ、最もクセがなく心地いい弾き感と抜群のフィーリングが特徴の『ATTAS 5GOGO(ゴーゴーゴー)』

・中弾道
・ストレート~フェード系

50g/60g/70g/80g台がラインナップ。

ATTAS 5GOGO 6 (S)
【粘り系】中調子
ATTAS 5GOGO 6 (S) 振り感
ATTAS 5GOGO おすすめタイプ
・方向性が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・ほどよいつかまりの良いシャフトを探してる。
・手元のやわらかいシャフトが好み。
・なめらかでゆったくり動くシャフトが好み。
ATTAS 5GOGOを1回検討してみる
・飛距離が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・剛性の高いシャフトが好み。
・スピード感のあるシャフトが好み。
前モデル「ATTAS4U」よりも手元のしなり感があり、中間部のやわらかさと走りすぎないゆっくりめのしなりから、やや硬めの先端でタイミングよくボールを叩き方向性を出しやすい『ATTAS 5GOGO(ゴーゴーゴー)』

切り返しからあまりタメを作らない方や切り返しがゆっくりな方で、腕とクラブの一体感でスイングしながら、オートマチックなしなりでインパクトに集中しながらしっかり叩きたい方におすすめのシャフトです。

強めに叩きにいってもボールがつかまりすぎないのでフック系の方も扱いやすく、ゆっくり目にしなり戻るタイミングをつかみ、叩ける感覚が分かると飛距離も伸びてきますが、ボールがやや上がりづらい感じもあるので、弾道を上げたい方は低重心のヘッドと組む方がよさそうです。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 6(S)軽めなら5(S)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)

ATTAS 5GOGO 装着クラブ
※2013年発売モデルのため、最近のヘッドと組む時はカスタムになります。
狙い目は中古市場 1万5千円前後~。

素直なシャフトで高弾道を狙う ATTAS 6☆(ロックスター)


シリーズ6代目になる『ATTAS 6☆(ロックスター)』。このシャフトで誰もがスターになれるコンセプトをもっています。

ATTAS 6-radar-chart
 
 

ATTAS 6☆ 6 (S)
発売
2014/09
重量
64g
トルク
3.3
調子
東レ(株)の「ナノアロイ(R)テクノロジー」を使った新素材を全長に採用。樹脂同士の密着を高め新素材を使用することで、設計自由度が高まり最適なしなりを感じられ、ねじれとインパクト時のブレを抑えることが可能になりました。

シャフトの中間部から先端部にかけ、剛性の平準化を実現した『ATTAS 6☆(ロックスター)』

・高弾道
・ストレート~ドロー系

40g/50g/60g/70g台がラインナップ。

ATTAS 6☆ 6 (S)
【粘り系】中調子
ATTAS 6☆ 6 (S) 振り感
ATTAS 6☆ おすすめタイプ
・飛距離が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・ほどよいつかまりの良いシャフトを探してる。
・なめらかな動きをするシャフトが好み。
・中間部の粘りと先端の弾き感があるシャフトが好み。
ATTAS 6☆を1回検討してみる
・方向性が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・剛性の高いシャフトが好み。
・スピード感のあるシャフトが好み。
ムダな動きのないしなやかで太い柔らかさで、シャフト全体がゆるやかに大きくしなりながら、先端の走りで弾き感もある『ATTAS 6☆(ロックスター)』

手元のしなりは前モデル「ATTAS 5GOGO」よりやや硬めで、切り返しからはほどよいタメを作る方や、トップからの切り返しが早めの方と相性がよく、シャフト全体がゆるやかにしなりながら、インパクトゾーンでは中間から先端のゆっくりめに加速にタイミングを合わせて、長いインパクトゾーンの中で弾き感を感じながらしっかり叩きたい方におすすめのシャフトです。

先端の動きは柔らかめではありますが、素直な動きで剛性も高く当たり負けしないので、ほどよいボールのつかまりで高弾道と飛距離を伸ばしやすく、インパクトで、”ビシッ”とパワーを爆発させるイメージで打つと強弾道です。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 6(S)軽めなら5(S)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)

ATTAS 6☆ 装着クラブ
※2014年発売モデルのため狙いめは中古市場です。

しなりを使い高弾道で飛距離アップ ATTAS G7(ジーセブン)


シリーズ7代目になる『ATTAS G7(ジーセブン)』。「先進主要7か国(G7)」を“頂点に立つシャフト”のイメージと、UST Mamiya社の営業所が銀座7丁目にある2つの意味合いが込められてるようです。

ATTAS G7-radar-chart
 
 

ATTAS G7 6 (S)
発売
2015/09
重量
65g
トルク
3.8
調子
東レ(株)の「ナノアロイ(R)テクノロジー」を使った新素材を全長に採用。

理想の弾き感をもたらし、飛距離アップに必要なつかまりとヘッドの走りで、ヘッドを選ばず圧巻の飛びを実現する『ATTAS G7(ジーセブン)』

・高弾道
・ストレート~ドロー系

40g/50g/60g/70g台がラインナップ。

ATTAS G7 6 (S)
【弾き系】中調子
ATTAS G7 6 (S) 振り感
ATTAS G7 おすすめタイプ
・飛距離が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・つかまりの良いシャフトを探してる。
・なめらかな動きと先端の弾き感が好み。
・しっかり振りきるスインガータイプ。
ATTAS G7を1回検討してみる
・方向性が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・剛性の高いシャフトが好み。
・しっかり叩くヒッタータイプ。
飛距離アップに必要なつかまりとヘッドの走りで、ヘッドを選ばず圧巻の飛びを実現する『ATTAS G7(ジーセブン)』

「ATTAS 5」「ATTAS 6」より手元がやわらかく中間部が硬めになり、全体がしなやかに大きく動きながらも、スピーディーなしなり戻りをする剛性の高い先端で弾き打てるダブルキック系のシャフトです。

手元の柔らかさとスムーズな中間の動きは、タイミングを合わせやすい粘りとオートマチックなしなりを作りやすく、トップからの切り返しではタメをあまり作らない方、切り返しがゆっくりな方で、インパクトゾーンはスピード感のある先端で弾き打つ方におすすめです。

ボールのつかまりがよく、高弾道で飛距離性能も高く引っかけも出にくいシャフトですが、左を警戒する方がつかまるヘッドで叩いてしまうと、つかまり過ぎを感じる面もあるので、狙いたい弾道をヘッドでしっかり決めて、しなりのタイミングをつかんで振りきるとパワーのない人でも大きな飛距離が望めます。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 6(S)軽めなら5(S)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)

飛距離を求める叩けるシャフト ATTAS PUNCH(パンチ)


シリーズ8代目になる『ATTAS PUNCH (パンチ)』。8代目の「は」の字を盛りんだ「PUNCH (パンチ)」でボクシングをイメージした叩けるシャフトです。


 
 

ATTAS PUNCH 6 (S)
発売
2016/10
重量
67g
トルク
4.0
調子
先端部の「新Tip Technology」がヘッドのブレを軽減しよりスムーズな軌道を生み出し、長尺化に対応する最適カウンターバランス設計で、ヘッドのポテンシャルを活かすというATTASの基本コンセプトを実現した『ATTAS PUNCH (パンチ)』

手元部~中間部の剛性をややマイルドに設定し、今までにない強いインパクトが特徴です。

・中弾道
・ストレート~フェード系

40g/50g/60g/70g台がラインナップ。

ATTAS PUNCH 6 (S)
【粘り系】中調子
ATTAS PUNCH 6 (S) 振り感
ATTAS PUNCH おすすめタイプ
・飛距離が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・ほどよいつかまりのシャフトを探してる。
・なめらかな動きと手元のしなり感が好み。
・しっかり叩くヒッタータイプ。
ATTAS PUNCHを1回検討してみる
・方向性が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・先端の弾き感が好み。
・しっかり振りきるスインガータイプ。
3代目「ATTAS 3」の後継モデルになり、ゆったりマイルドに手元から中間に感じるしなる元調子系の動きがタイミングを合わせやすく、しなりのパワーをオートマチックにためながら、剛性の高い先端でシャフトのブレが少なく、しっかり叩いてミート率を高め飛距離を狙える『ATTAS PUNCH (パンチ)』

手元のしなりを感じやすく、切り返しであまりタメを作らない方、切り返しがゆっくりな方と相性がよく、粘りを感じるゆったりパワー感のあるしなり戻りでタイミングを合わせ、長いインパクトゾーンの中でしっかり叩いて打てる特徴があります。

カウンターバランス設計なので振りやすく、セミオーマチックなしなり戻りはインパクトに集中でき、しっかり叩いてもほどよいつかまりで、左に行きづらく吹け上がらないシャフトです。

タイミングよく打てるやさしめのシャフトなので、シャフト重量やフレックスを見ながら合わせ腕とクラブの一体感でスイングすれば、パワーがない方で飛距離を求めたい方にもおすすめです。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 6(S)軽めなら5(S)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)

弾き系に叩ける要素をプラスした飛距離系 ATTAS CoooL


シリーズ9代目は9にかけたネーミングで「o」の文字が3つ並ぶ『ATTAS CoooL(クール)』。oの文字が3つ


 
 

ATTAS CoooL 6 (S)
発売
2017/07
重量
66g
トルク
3.6
調子
先中
先端部の「新Tip Technology」がヘッドのブレを軽減しよりスムーズな軌道を生み出し、走り系シャフトにありがちな当たり負けやインパクト時のエネルギーロスを解消。

40g台にSとX、50g台にXがラインナップされ、飛距離を重視したATTAS史上初の「軽硬」を採用した『ATTAS CoooL(クール)』

最適な手元部剛性としなやかな中央部・先端部の剛性差が、かつてない鋭いしなり戻りを再現し、飛距離アップに直結する「ボール初速」と「つかまり」を重視した特徴です。

・高弾道
・ストレート~ドロー系

40g/50g/60g/70g台がラインナップ。

ATTAS COOL 6 (S)
【弾き+粘り】先中調子
ATTAS COOL 6 (S) 振り感
ATTAS COOL おすすめタイプ
・飛距離が最重要課題。
・弾道高さをおさえたい。
・ほどよいつかまりのシャフトを探してる。
・手元のしなりと先端の弾き感を求めたい。
・先端のスピード感を求めたい。
・しっかり振りきるスインガータイプ。
ATTAS COOLを1回検討してみる
・方向性が最重要課題。
・弾道を高くしたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・ゆるやかに動くシャフトが好み。
・しっかり叩くヒッタータイプ。
PGAツアーはじめ「軽硬シャフト」が流行りの中、ホワイトに青文字の軽快なイメージで、ATTASからも史上初の「軽・硬」を採用したシリーズ9代目『ATTAS CoooL(クール)』が登場。

メーカースペックでは、手元の剛性がこれまでのATTASシリーズの中では一番高くなり、中間部、先端部へと柔らかい動きをする先中調子のシャフトです。

6(S)の振り感では手元はそれほど硬くはないので、切り返しからの振り心地もスムーズにつながり、中間部の大きな「タメ」をシャフトが自然に作ってくれるので、無理にシャフトをしならせなくても、インパクト時に集中して叩けるオートマチック性が高い動きをしてくれます。

ボールのつかまりもよく、昨今の大型ヘッドを使用してヘッドを返しきれない方や、振り遅れ気味でボールが右にプッシュアウトしやすい方は、いつものシャフト重量を選択して、ゆったりめに動く挙動を活かしながらタイミングよく叩くと、高弾道のドロー系が打ちやすくなっています。

スピード感のあるスイングで中間部のゆったりした動きが苦手な方は、「4-X(53g)」「5-X(59g)」「6-X(68g)」など、シャフトバリエーションも豊富なので、スイングがしっかりしていてシャフトの飛距離性能を活かしたい方は、シャープな振り心地で初速の速い低スピンと高弾道系のボールがでやすいので、流行の『軽・硬』セッティングを試してみるのもおもしろいかと思います。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 6(S)軽めなら5(X)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)軽めなら6(X)、5(X)がおすすめです。

ATTASシリーズ最高の安定性と飛距離 The ATTAS


シリーズ集大成になる10代目は、粘って走る「ねばしり」をコンセプトにした『The ATTAS(ジ・アッタス)』

2019年モデル  

 
 

The ATTAS 6 (S)
発売
2018/07
重量
63g
トルク
3.6
調子
約4年の開発期間をかけ、82タイプのヘッドでテストを行い「ETC(EI and Torque Culmination)」テクノロジーの開発に成功。滑らかな剛性とねじれすぎないトルクが、あらゆるヘッドのパフォーマンスを最大限引き出す『The ATTAS(ジ・アッタス)』

手元部から先端部までの滑らかな剛性で、切り返しでやや粘りインパクトではしっかり走ってくる、今までにない振り心地を実現。

・中弾道
・ストレート~ドロー系

40g/50g/60g/70g台がラインナップ。

The ATTAS 6 (S)
【弾き+粘り】中調子
The ATTAS 6 (S) 振り感
The ATTAS おすすめタイプ
・飛距離と方向性を求めたい。
・弾道高さをおさえたい。
・ヘッドの特性をしっかりだしたい。
・手元はほどよく硬く先端の弾き感を求めたい。
・先端のスピード感を求めたい。
・オールラウンダータイプ。
・軽・硬を試したい。
The ATTASを1回検討してみる
・弾道を高くしたい。
・つかまり過ぎないシャフトが好み。
・シャフト全体がゆったり動くシャフトが好み。
切り返しでやや粘りインパクトではしっかり走る「粘走り」で、飛距離性能はもちろんATTAS史上最高の振りやすさが特徴の『The ATTAS(ジ・アッタス)』

ほどよくタメを作る方、切り返しがゆっくりな方と相性がよく、手元側はほどよい粘りと硬さからインパクトゾーンに向けて、中間から先端のハリがある無駄のないスピーディーなしなり戻りで、インパクトのタイミングを合わせやすく振り抜きやすい特徴があります。

軽量にしても硬い特性がありますが、一般的なXフレックスよりも少しやわらかめなので、ヘッドスピードの遅い方も「4-S/4-X」などを試しやすく、クセのない振り抜きやすさで、飛距離性能を伸ばしやすいシャフトです。

普段60g台のシャフトを使用する方は、ゆったり振るなら「6-S」、シャープに振るなら「6-X」と、スイングタイプでフレックスを選ぶのもおすすめで、さらに振り抜き重視なら「5-X」など、せっかくなので流行りの「軽・硬」をヘッドの特性を考えながら選んでみるのもアリだと思います。

試打参考ヘッドスピード/スペック
38~44m/s 5(S)軽めなら5(X)がおすすめです。
45~50m/s 7(S)軽めなら6(X)、5(X)がおすすめです。

自分に合うATTASを見つけて飛距離アップ

ATTASシャフトはスイング中のなめらかな動きと、スムーズに振り抜きやすくヘッドの走りがよいことが大きな特徴です。

他のシャフトメーカーさんと比較すると、同じフレックスでも「柔らかいかな?」と感じるかもしれまが、硬めでぶなら「ワンフレックス硬め」を選んでみても良いかな?と思います。

いつもと同じフレックスならボールのつかまりは良くなりやすいので、自分に合う手元の硬さがハマれば、シャフトで飛ばす楽しさが見つかる”ぶっ飛び”系シャフト『ATTAS』

他のシャフトメーカーの暗記なら、

ページが見つかりませんでした – UST Mamiya

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました