はずかしくないパターの選び方 2 パッティングのミスの症状で選ぶパター選び2016

ゴルフギア選び

前回の「はずかしくないパターの選び方 1 いまさら聞けないパター選びの基礎知識!」では、パターの種類と特徴をザックリお届けしましたが、今回はその特徴をふまえ2015-2016年モデルの中から、出やすいミスの症状を軽減しやすいパターをチョイスしました。

ストロークはストレートかイン・トウ・インのどちらで打つのか好きか?ボールの位置など、なんとなく目安にしていただき「あっコレだ!」と、”パッと”ひらめき今よりさらに実戦で使えるパターを見つけていただければと思います。

スポンサーリンク

パットはストレート軌道で打ちたい。

イン・トウ・インの軌道でボールを打つよりも、シンプルにまっすぐ引いてまっすぐ目標方向へ打ちたい人は『ストレートに打ちやすい特性』をもつパター選びが大前提になります。

ストレート軌道は大型ヘッドに多く、アドレスした時の安心感はありますが繊細なタッチがボヤけやすい物もあり、打感とスクェアなアドレスがしやすいアライメン選びがポイントです。

プロギア SILVER-BLADE HV 04cs


SILVER-BLADE HV 04cs-02
SILVER-BLADE HV 04cs
発売日:2016/03
ロフト:3°
長さ:33/34
オフセット:オフセットなし
ボディ・フェース:ステンレス(SUS431)
フェースブレード部:アルミ(A6063)
フェース:削り出し
ボディ:精密鋳造
プロギア SILVER-BLADE HV 04cs
球位置 line-hidari センター
軌道 ストレート line-hidari
打感 軟らか line-hidari2 硬め
弾き 弱い line-hidari 強い
ヘッド重量400gと重めの設定により、直進性と転がりの良さを求めたパター。安定したストロークに定評のあるプロギア『SILVER-BLADE』シリーズの中でも、センターシャフト「04cs」はブレやすいセンターシャフトのデメリットを、計算されたヘッドバランスによりフェースの開閉と打点のバラつきを抑え、打ちやすいセンターシャフトのパターとして歴代話題になっています。

目標に対して真っ直ぐ構えやすく、ストロークを始動しやすいのも特徴です。
パター選びに迷走中の人は、気分を変えて打ちやすいセンターシャフトを試してみると新しい発見が

ここがポイント!  
・テークバックをスムーズに動かしたい。
・ゆっくりストロークしたい。
・しっかりヒットして転がりを求めたい。
・センターシャフトが気になる。
※大型マレットHV-03CSも発売されています。

ピン ケーデンスTR Craz-E-R


ケーデンスTR Craz-E-R-02
ケーデンスTR Craz-E-R
発売日:2015年3月
ロフト:3°
長さ:34
シャフト:ハーフシャフトオフセット
ヘッド: ステンレススチール
フェースインサート:TR溝
青TR:350g
黒TR:383g
ピン ケーデンスTR Craz-E-R
球位置 line-hidari2 センター
軌道 ストレート line-hidari
打感 軟らか line-center 硬め
弾き 弱い line-center 強い
数々の名器を生み出しているピン。定番マレットパター「クレイジー」の初代モデルのデザインを採用した「Craz-E-R」はデザインをさらに立体的にすることで、従来よりもストレートにストロークしやすく狙いやすいモデルに。

ここがポイント!  
ヘッドが重ければショートパットが入る確率は高くなり、重くなるほどロングパットの距離感が悪くなるデータから、どちらの距離も犠牲にしないヘッドの重さを割り出し、パッティングのテンポからヘッド重量の違う「青TR」と「黒TR」の2つのラインナップを用意。

テンポが速い人は「青TR」
ゆっくりストロークする人は「黒TR」

前モデルより溝の深さを1割浅くし反発力を上げ、2パット目のカップイン率が従来比34%増加し転がりを向上させてます。

※シャフトの長さを調整できるタイプも発売されています。

テーラメイド OS SPIDER


OSパター スパイダー02
OSパター スパイダー
発売日:2016/03
ロフト:3.5°
長さ:33/34
シャフト:ダブルベンド
ヘッド:ステンレススチール(304SS)
フェース:アルミニウム
テーラメイド OS SPIDER
球位置 line-hidari センター
軌道 ストレート line-hidari
打感 軟らか line-hidari2 硬め
弾き 弱い line-hidari2 強い
2016年世界ランク1位”ジェイソン・デイ”が使用しているスパイダー(プロトタイプ)シリーズの新型『OS スパイダー』

OSはオーバーサイズの略でミスヒットに強く、赤いラインを目標に合わせ距離感と方向性を高めながら、ストレートにストロークしやすいアライメントになっています。

ここがポイント!  
・アドレス時に大型ヘッドで安心感がほしい。
・アッパー軌道でストロークしたい。
・喰いつくような打感が好き。

オデッセイ ワークス ヴァーサ 2-Ball FANG


VERSA パター 2BALL -02
VERSA パター 2BALL
発売日:2015年2月
ロフト:3°
長さ:33/34/35
シャフト:フルシャフトオフセット
ヘッド: ステンレススチール
フェースインサート:FUSION RXインサート
オデッセイ ワークス ヴァーサ 2-Ball FANG
球位置 line-center センター
軌道 ストレート line-hidari
打感 軟らか line-hidari2 硬め
弾き 弱い line-center 強い
歴代2ボールパターの中で、もっとも正確にカップインできると噂の新型2ボール。打ち出すラインに沿って、ボールとアライメントディスク(2・Ball)を合わせ、ボールが3つ並んでるようにスクエアにセットします。

ボールの転がりを安定させる網目状の「FUSION RXインサート」は芝目に左右されず、大型ヘッドの中でも繊細なタッチを感じやすく、しっかり転がりさらに実戦向きに。
ボールの残像をイメージしながら直線的なストロークとやさしさを求め人におすすめです。

ここがポイント!  
・アライメントをとりやすくしたい。
・軟らかい打感の中にも手ごたえがほしい。
・ストレート軌道とオートマチック性を重視。

オデッセイ ワークス ヴァーサ マークスマン FANG


VERSA MARXMAN -03
VERSA MARXMAN
発売日:2016年2月
ロフト:3°
長さ:33/34/35
シャフト:フルシャフトオフセット
ヘッド: ステンレススチール
フェースインサート:FUSION RXインサート
オデッセイ ワークス ヴァーサ マークスマン FANG
球位置