【戦う武器】2018マスターズ優勝!契約フリーの覇者パトリック・リードのクラブセッテイング!

PGAツアー第23戦 2018マスターズ/ジョージア州 オーガスタ・ナショナルGC

今季メジャー第1戦のマスターズでは、メジャー初制覇を目指すパトリック・リードと、キャリアグランドスラムのかかったロリー・マキロイが最終組でラウンドし、追い上げてくるリッキー・ファウラーやジョーダン・スピースを振り切り、最終日は4バーディ3ボギーの71でプレーし、通算15アンダーでメジャー初制覇を達成しました。

3年ぶりにマスターズに出場したタイガー・ウッズは32位、松山英樹は4バーディ/1ボギーの19位、初出場の小平智は通算イーブンパーの28位で大会を終えました。

パトリック・リード

PHOTO GDO: 昨年覇者のガルシアからグリーンジャケットを着せてもらうパトリック・リード

パトリック・リード(27)
国籍 アメリカ合衆国 プロ転向 2011年
身長 182.0cm 体重 90.0kg
小さい時からタイガー・ウッズに憧れ、タイガーと同じ赤いシャツと黒いパンツで最終日をプレーするスタイル。学生時代はアメリカ学生の頂点であるオールアメリカンに2度選出され2011年にプロ転向。

2013年「ウィンダム選手権」でPGAツアー初優勝を飾り、2014年は世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-キャデラック選手権」で、史上最年少(23歳7か月)という若さでビッグタイトルを獲得。

2016年8月の「ザ・バークレイズ」以降、優勝からは遠ざかっていましたが、安定感の高いゴルフはツアーでも上位フィニッシュが多く、米国選抜と欧州選抜選手による対抗戦「ライダーカップ2016」のメンバーに選出され、2018年の「マスターズ」でメジャー初制覇を達成し、トッププレーヤーの仲間入りを果たしました。

米国 6勝
メジャー 1勝

2018年世界ランク 11位
2018年FedEXランク 3位

2018/4/9現在

パトリック・リード 2018マスターズクラブセッテイング

2013年の途中までナイキゴルフと契約し、その後キャロウェイに契約を変更。2018年の初めにキャロウェイとの契約を終了し、その後用具契約フリーに。

最近では、用具契約フリー選手のメジャー勝利は、2017年「全米オープン」優勝のブルックス・ケプカと、今大会優勝のパトリック・リードになり、二人とも元ナイキゴルフと契約していたプロがメジャー優勝をしています。

ウェアはナイキと契約し、2018マスターズではナイキからの意向もあり、タイガー以外の選手はピンク色になったようです。

パトリック・リード クラブセッテイング
1W ピン G400 LST(10°)
シャフト:アルディラ Rogue Silver 70X
3W ナイキ VR Pro Ltd. Edition (15°)
シャフト:アルディラ Rogue Silver 80X
3I タイトリスト 716 T-MB
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold 120 X100
4I キャロウェイ X-Forged-2013
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
5I~PW キャロウェイ X-Forged-MB1
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ウエッジ Artisan (51°/56°)
タイトリスト Vokey SM5(61°)
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue S400
パター オデッセイ
White Hot Pro #3
グリップ:イオミック Standard Red Pistol
ボール タイトリスト Pro V1

パトリック・リード
2018マスターズ使用ドライバー


1W ピン G400 LST(10°)
シャフト:アルディラ Rogue Silver125MSI 70X
ここがポイント!

2017年はキャロウェイ「Epic Sub Zero(9°)」、2018年1月はテーラーメイド「M3 460 (8.5°)」を使用していましたが、2月のウェイストマネジメント フェニックスオープンから、2017年7月に国内発売されたピン「G400 LST(10°)」を使用。シャフトはツアー用のアルディラ「Rogue Silver 125MSI」を使用し、1インチのチップカットで長さ44.5インチに、ロフト9.2度で仕上げています。

ピンG400シリーズは、ミスに強いブレないヘッドで、前モデルより空気抵抗を約15%軽減させ、約16%たわむ新フェースを採用した、安定性と飛距離性能の高さが特徴のドライバーです。

シリーズは3モデル発売され、重心がいちばん長くて深い「G400」はやさしさ重視のモデルで、ヘッドがターンしやすくつかまりを重視し右へのミスを低減させやすい直進性モデル「G400 SFC」に、パトリック・リードが使用する「G400 LST」は、ゆるやかにヘッドがターンしながら極限までスピンを抑えた低スピンモデルで、すべて445ccと小ぶりですが、どれもボール初速の速い強い弾道で伸びがあり、「G400 LST」はパワーのあるフェード系の方におすすめのヘッドです。

460ccヘッドが好みの方は、もっとブレずに飛ばせる第4のヘッドとして「G400 MAX」が、2018年3月8日に発売されています。

G400 LST 国内仕様スペック
・ヘッド体積 445cc
・ロフト角 8.5°/10.0°
・ライ角 58.0°

ピン G400シリーズ

パトリック・リード
2018マスターズ使用フェアウェイウッド


3W ナイキ VR Pro Ltd. Edition (15°)
シャフト:アルディラ Rogue Silver 80X
ナイキ VR Pro リミテッドエディション
※国内発売は2012年2月の為、新品在庫は完売しています。

パトリック・リード
2018マスターズ使用アイアン

4I キャロウェイ X-Forged-2013
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
5I~PW キャロウェイ X-Forged-MB1
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100

パトリック・リード
2018マスターズ使用ウエッジ

ウエッジ Artisan (51°/56°)
タイトリスト Vokey SM5(61°)
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue S400
ここがポイント!

61°は2014年2月に国内発売された、タイトリスト「Vokey SM5」を使用していますが、51°と56°に使用しているウエッジ「Artisan(アルチザン)」は、ナイキゴルフ時代にタイガー・ウッズ専用のクラフトマンだった、マイク・テーラー氏が、テキサス州で設立したウエッジとパターのメーカーです。

パトリック・リードが2013年までナイキと契約していた時に、テーラー氏と親交があったようで、使用するウエッジの製作にも何本もテストを重ね、ロフト差5度でセッテイングを組む、こだわりのウエッジが完成したようです。

国内では販売されていませんが、マスターズチャンピオンがこだわったウエッジは、どんな製品なのか気になる所です。

パトリック・リード
2018マスターズ使用パター

パター オデッセイ
White Hot Pro #3
グリップ:イオミック Standard Red Pistol
ボール タイトリスト Pro V1
ここがポイント!

パトリック・リードは、「White Hot RX #2」や「PT カスタム」などオデッセイのパターを使用し、2018年シーズンは5年以上使っている「White Hot Pro #3」を使用し、今大会も同パターでオーガスタの高速グリーンを制しました。

「White Hot Pro #3」は、国内2013年3月発売のモデルで、世界のツアープレーヤーに絶大なる人気のWHITE HOTインサートを装着し、柔らかいフィーリングと静かな打音は、繊細なタッチを出しやすくボールの転がりも良いインサートで、遮光性に優れたガンメタルPVD仕上げが特徴のパターです。

「White Hot Pro」は12モデル発売され、パトリック・リードが使用する「White Hot Pro #3」は、ボールを体のセンター寄りに置き、イントゥ・インでストロークする方におすすめのパターです。

2016年1月に発売された、WHITE HOTインサートを装着しリーズナブルな価格になった、ステンレススチールの「White Hot Pro 2.0」も発売になっています。

オデッセイ White Hot Pro
※White Hot Pro #3は、国内発売2013年の為、新品在庫は完売しています。

次のメジャーは全米オープン

PHOTO GDO: 初のメジャー優勝をオーガスタで決めたパトリック・リード

メジャー大会であるマスターズを初制覇し、トッププレーヤーの仲間入りを果たしたパトリック・リード。

マスターズがメジャーになって以降、年間4大会行われるメジャー大会を、1年で達成する年間グランドスラムの偉業を成し遂げた人はいないので、2018年メジャー初戦を制したパトリック・リードだけが、年間グランドスラムを制覇する権利があります。

契約フリーのまま自分好みのセッテイングで戦うのか?新たな契約メーカーが決まるのかは分かりませんが、次のメジャーは、2018年06月14日から行われる全米プロになります。

パトリック・リードがどんなクラブで戦うのかも見所のひとつです。

PHOTO WRX

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする