【戦う武器】復活!石川遼!RIZAP KBC 2016優勝セッテイング

2016年2月上旬から、腰痛と左の股関節痛で米国PGAツアーから離脱していた石川遼選手でしたが、国内ツアーの復帰2戦目「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント(2016/08/25~08/28)」 にて、今季初優勝を飾りました。

ツアープロにとってケガは選手生命にもかかわることなので、応援するファンの方も心配していたことと思いますが、優勝のニュースを聞いてホッとしたことでしょう。

そして、優勝を手にした石川遼選手は新しいギアも手にしていました。

2016年RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント
石川遼使用ギア

GDO

キャロウェイ 
ドライバー
シャフト
XR16 SUB ZERO ドライバー(ロフト9.5度)
グラファイトデザイン:ツアーAD TP-6 X(45.5インチ)
3W XR フェアウェイウッド
5W ビッグバーサ アルファ 816
アイアン
シャフト
X FORGED アイアン(3~PW)
日本シャフト:N.S.PRO MODUS システム3プラス プロトタイプ
ウェッジ X FORGEDウェッジ ニュー・ビンテージ(50度)
MACK DADDY 2 ツアーグラインド ウェッジ(58度)
パター オデッセイ #9 プロトタイプ
ボール クロムツアー ボール

今回の優勝セッテイングで大幅に変更になったギアはドライバーで、やや変更した箇所はアイアンのシャフトのようです。

2016年RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント
石川遼使用ドライバー


ヘッド キャロウェイ:XR16 SUB ZERO

xr-pro-sub-zero
2015年後半から2016年前半までは、キャロウェイ Big Bertha Alpha 816♦♦を使用ししていましたが、7月の日本プロからキャロウェイ XR16 SUB ZERO(日本未発売)を使用しています。

国内で発売しているXR16PRO(450cc)は、ソール後方にウェイトが装備されていますが、XR 16 SUB ZEROドライバー(440cc)はソールにある交換可能な二つのウェイト(2gと10g)が特徴です。10gのウェイトをヘッド前方にセットすると低スピンで低めの弾道になり、ヘッド後方に取り付けたときはやや高めの弾道でミスへの許容範囲を高めま、弾道調整で自分好みのドライバーに仕上げたい人や、小ぶりのヘッドが好みの人におすすめです。2016シーズン米国PGAツアーではフィル・ミケルソンが使用しています。

シャフト グラファイトデザイン:ツアーAD TP-6 X(45.5インチ)

tp-6-7-8golfwrx
これまでは、ツアーAD-DI 9 Xや、ツアーAD DI-7 Xを使用していましたが、優勝をした今大会ではシャフトをツアーAD TP-6 Xに変更。

2016秋に発売予定のTPシリーズは"TOUR PROVEN"の略で「ツアーで実証された」という意味合い。早速、石川遼選手が実証してくれたTPシリーズの特性は、ハードな弾き系DIに近く、中間部がややしなるのでハード過ぎずしっかり弾けるシャフトのようです。


キャロウェイ:XR16 SUB ZERO
XR16 SUB ZEROは国内未発売で、購入の際はUS並行になります。
USキャロウェイからカスタムシャフトも発売されています。

xr-sub-zero-shaft

あまり日本では見かけない”ALDILA”は、現在三菱グループ傘下にあるアメリカのシャフトメーカーです。
ジョーダンスピース他、米国PGAツアーで使用率が高く、パワー系ハードヒッターは”Rogue”、アベレージヒッターでしなりを感じながら高弾道を狙うなら”Blue”、しっかりと叩くイメージの人は”Green”になります。

※オークションでの購入は推奨していません。

2016年RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント
石川遼使用アイアン


ヘッド X FORGED アイアン(3~PW)

ishikawa-2016-iron
アイアンは継続してX FORGED アイアンを使用。

S20C(軟鉄)を使用したトップブレードが薄めで小ぶりなヘッドはシャープな顔つきです。打感は柔らかい中にややソリッドな手ごたえがり、フェースのどこに当たってるかが分かるヘッド。溝の本数が多いのが特徴でスピン量を多くしたい中~上級者におすすめです。

シャフト N.S.PRO MODUS³ SYSTEM3 TOUR125プロトタイプ X

modus125
※画像は製品版です。石川遼選手が使用しているものとは異なります。
これまでのアイアンのシャフトはDynamic Gold Tour Issue X100を使用していましたが、今回実戦で初投入した日本シャフト社”N.S.PRO MODUS³ SYSTEM3 TOUR125プロトタイプ”で優勝。

世界のツアーでも”N.S.PRO MODUS3”を使用している選手が多くなり、”TOUR125”では重量感を好む上級者に合う、操作性、打感、粘り感のかで元調子の振りやすいシャフトに仕上がっています。


X FORGED アイアン
X FORGED アイアンは2013年モデルのため、新品での購入は完売しております。

日本正規販売のシャフト。
・Dynamic Gold(S-200)
・M10 DB(SR)
・N.S.PRO 950 GH(S)
・Tour AD AD85(S)

PGAツアーへの復帰を期待!

復帰2戦目で優勝をしたのでPGAツアーへの復帰も気になるところです。体の心配もあるのでかんたんに「頑張って」とは言えませんが、世界で戦える実力を持つ石川遼選手が世界の難コースを相手にダイナミックに攻めるゴルフが好きなファンは多いと思います。

現在、石川遼選手は10月から本格的にPGAツアーへ復帰する予定で、初戦はセーフウェイ・オープン(10月13~16日)から戦いの舞台は米国に移るようです。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?