高初速でぶっ飛び!今度は空力特性を高めたテーラーメイド「SIM」「SIM MAX」ドライバー

新製品

テーラーメイド ゴルフ株式会社は、これまで数多くのツアープロの勝利に大きく貢献してきた『M シリーズ』で培ったマルチマテリアル構造をベースに、新たにスイング中の空気抵抗を可能な限り減らしたヘッドシェイプを実現した『SIM(シム)/SIM MAX(シムマックス)』シリーズを2020年2月7日(金)に発売します。

『SIM』シリーズはドライバー、フェアウェイウッド、『SIMMAX』シリーズはドライバー、フェアウェイウッド、レスキュー、アイアン(レディースあり)、SIMMAXアイアンをより軽くワイドソールで低重心化を促進したSIMMAX OSアイアンがラインナップ。

『SIM』とは、“Shape In Motion”の略。Shape(形状)へのこだわりを打ち出した革新的なテクノロジーです。

スポンサーリンク
マスクの価格が下落中!今のうち備えておくのがおすすめです!
※楽天・ヤフーが購入しやすくなっています。

空気抵抗を低減する新形状のドライバー

風洞実験を重ねた結果、低・深重心を実現するためヘッド後方下部に装着したウェイト「イナーシャ ジェネレーター」が、ヘッドが最も加速していくハーフウェイダウン~インパクトで、空気抵抗を発生させてしまうことが判明。

形状をややトゥ側に傾けた「イナーシャジェネレーター」

「イナーシャ ジェネレーター」の形状をややトゥ側に約20°傾けたアシンメトリーデザインにより、スイングの中の最も重要な局面「ハーフウェイダウン~インパクト」における空気抵抗を低減させ、ヘッドスピードアップを実現しボールスピード向上につなげています。

スピン量を減らし強い弾道を追求すると重心が浅くなり、ミスヒット時のヘッドのブレが大きく寛容性が下がります。寛容性を追求し重心を深くすると、フェースの重心位置が高くなりスピン量が増えてしまいます。

また、空力特性を求めるとヘッド後方を高い位置に設計しますが、重心が高くなりこれもスピン量が増えてしまう問題がでてきます。

テーラーメイドさんの説明では「あちらを立てればこちらが立たず」という問題を、カーボンクラウンに加えヘッド側面もカーボン化しヘッド後方下部に重量を集中させることで、重心を深く低めにした「マルチマテリアル構造」に、「イナーシャ ジェネレーター」で空力特性にも優れたヘッドに仕上げています。

低・深重心と慣性モーメント、さらには空力特性を高めたことで、ヘッドスピード0.5~1m/sアップを期待できるヘッドです。

スピードインジェクテッド ツイストフェース

『SIM/SIMMAX』ドライバーに搭載されている「スピードインジェクティッド ツイストフェース」は、ツアープロだけでなく一般ゴルファーが手にする一本一本のフェースも測定しています。

ルール上最大限に反発性能を高めた画期的なテクノロジーで、フェースの芯を外したミスヒット時でも弾道のバラつきを低減。前モデル「M5/M6」ドライバーに搭載されていたツイストフェースも継承され、飛距離性能と直進性を高いレベルで実現しています。

今回発売される『SIM(シム)/SIM MAX(シムマックス)』は、「M3」「M4」のテクノロジー「ツイストフェース」に、「M5」「M6」のテクノロジー「スピードインジェクション」など、『M』シリーズのテクノロジーを継承しながら、テーラーメイド初となる空力特性を特徴としたドライバーです。

テーラーメイド独自のロフトスリーブ

『SIM/SIM MAX』のスリーブは、表示ロフトを基準に±2°の範囲で12通りのポジションから選択が可能です。

12通りポジションのスリーブ(ドライバー)

M5 DR / M5 Tour DR / M6 DR / ORIGINAL ONE MINI DR / M3 DR(460,440) / M4 DR / M1 DR(‘17)(460,440) / M2 DR(‘17) / R15 DR(460,430) / SLDR DR(460,430) / GLOIRE F DR(’17) / GLOIRE F DR(’15) / GLOIRE DR(’14)

※記載のないモデルもあります。

旧モデルの12通りポジションのスリーブ(ドライバー)でしたら、互換性があるので使用することはできますが、モデルによっては可変域が違う事もあります。テーラーメイドのH.Pじも記載されてますが、破損や事故が起きてもメーカー保証外になり自己責任になりますのでご注意ください。

M5の後継モデル「SIM」ドライバー

M5ドライバーの後継モデル『SIM』ドライバー。

「SIM MAX」ドライバーよりもややしっかりした打感と弾きで、高初速と低スピンを特徴としたヘッドです。

空力効率を高めダウンスイング時のスピードアップが実現され、高い慣性モーメント化を両立させ「速くてやさしいヘッド」に仕上げています。

スライディング・ウェイト・テクノロジー

『SIM』ドライバーに搭載されている「スライディング・ウェイト(10g)」を、弾道傾向に合わせて調整することで、最大40ヤード幅の左右弾道調整が可能になります。

※スライディング・ウェイトは、SIM MAXドライバーには装着されていません。

「スライディング・ウェイト」の凹みのフェース寄りにほんの少し出っ張りをだし、凹みに掛かる空気抵抗をおさえています。

ウェイト関連では、ヘッド後方下部に装着したウェイト「イナーシャ ジェネレーター」に、10gのスチールウェイトが装着されています。

やや洋なし形状の「SIM」ドライバー

左:M5ドライバー 右:SIMドライバー

M5ドライバーに比べ洋なし形状でスクエアに構えやすく、カラーリングもグレーと白のツートンカラーで柔らかい印象になり、投影面積もやや大きくなっています。

「SIM」ドライバーシャフトラインナップ

標準シャフトは三菱ケミカルと共同開発された「TENSEI SILVER TM50」が装着。チップ側に鋼鉄の200倍の強度を持つGRAPHENE(グラフェン)よって強化されたハイブリッドプリプレグが採用され、しっかりと振ることができるブレないシャフトに仕上げています。純正でもかなり剛性の高いシャフトで、フレックスSでもヘッドスピード45m/sは欲しいところです。

「SIM」ドライバースペック

SIM ドライバースペック
ロフト角
9.5°/10.5°
ライ角
56°
体積
460cc
長さ
TENSEI SILVER TM50(S)
45.75インチ
Tour AD XC-6
45.25インチ
661 EVOLUTION VI
Diamana ZF60
重量
TENSEI SILVER TM50(S)
約307g
Tour AD XC-6
約312g
661 EVOLUTION VI
約314g
Diamana ZF60
約312g
キックポイント
TENSEI SILVER TM50(S)
Tour AD XC-6
中元
661 EVOLUTION VI
Diamana ZF60
中元

SIM MAXドライバー 
本体価格 ¥78,000+税 標準シャフト
本体価格 ¥95,000+税~ カスタムシャフト

※テーラーメイドゴルフ会員に登録すると、会員限定クーポン券やキャンペーン情報をメールでお知らせしてくれます。ショップでお買い物する度にポイントを獲得(アウトレットや一部商品を除く)でき、 貯まったポイントは「1ポイント=1円」として、オンラインショップでご利用頂けます。

実際のラウンドで使用してみて使用感に満足いただけない場合、購入金額(税抜)の9割にあたるGDOポイントと交換が可能!くわしくはコチラから。

M6の後継モデル「SIM MAX」ドライバー

M6ドライバーの後継モデル『SIM MAX』ドライバー。

SIMドライバーより柔らかめの打感に仕上げ、スピン量がやや多くつかまりと直進性を高めていますが、前モデルM6よりはスピン量が少なめです。

18gのスチールウェイト

SIMドライバー搭載されている「スライディング・ウェイト」は装着されず、ヒール側に18gのウェイトが搭載されたことで、SIMドライバーよりもやさしく、ややスピン量を上げて直進性と高弾道を生みやすく、ミスヒットに強い寛容性を実現。

少し投影面積が大きい「SIM MAX」

左:SIMドライバー 右:SIM MAXドライバー

「SIM」も「SIM MAX」もヘッド体積は同じ460ccヘッドで外観も似ている感じです。「SIM MAX」の方がほんの少し投影面積が大きくなっています。今回の「SIM」「SIM MAX」ではヘッドの座りが良くなり、旧モデルよりもスクエアに構えやすい特徴があります。

フェースサイズも「SIM MAX」の方が少し大きめ

振り抜きやすい「SIM」ドライバー、やや大き目な「SIM MAX」ドライバーと、モデルごとに異なったフェースサイズで様々なレベルのゴルファーをサポートします。

「SIM MAX」ドライバーシャフトラインナップ

「SIM」ドライバーは「TENSEI SILVER TM50」が装着されていますが、「SIM MAX」ドライバーは『TENSEI BLUE TM50』が装着されています。SILVERよりも滑らかなしなりで、フレックスSでヘッドスピード40m/s辺りが振りやすいと思います。

「SIM MAX」ドライバースペック

SIM MAXドライバースペック
ロフト角
9.5°/10.5°/12°
ライ角
56°
体積
460cc
長さ
TENSEI BLUE TM50(S)
45.75インチ
Tour AD XC-6
45.25インチ
661 EVOLUTION VI
Diamana ZF60
重量
TENSEI BLUE TM50(S)
約298g
Tour AD XC-6
約310g
661 EVOLUTION VI
約312g
Diamana ZF60
約310g
キックポイント
TENSEI SILVER TM50(S)
Tour AD XC-6
中元
661 EVOLUTION VI
Diamana ZF60
中元

松山英樹選手はSIM MAXドライバーをテスト

PHOTO:GDO ソニーオープン in ハワイ

松山英樹選手はSIM MAXドライバーをテスト中。前週行われた「セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ」で、ダスティン・ジョンソン選手が同モデルを使用し、2020年もテーラーメイドのドライバー勝利実績が注目されています。

SIM MAXドライバー 
本体価格 ¥73,000+税 標準シャフト
本体価格 ¥90,000+税~ カスタムシャフト

実際のラウンドで使用してみて使用感に満足いただけない場合、購入金額(税抜)の9割にあたるGDOポイントと交換が可能!くわしくはコチラから。

旧モデルM5/M6ドライバーはプライスダウン!

1月1日よりM5/M6ドライバーが大幅プライスダウン。

M5/M6を狙ってた方は、かなりお得に購入できます。(在庫限りで終了)

テーラーメイド M5/M6ドライバー

問 テーラーメイド ゴルフ(株)
カスタマーサービスコール
TEL.0120-558-562

タイトルとURLをコピーしました