さらにパワーアップしたスリクソン「ZXシリーズ」!飛びのドライバーと狙えるアイアンが2020年10月17日に発売!

注目新製品

住友ゴムグループの(株)ダンロップスポーツマーケティングは、シリアスゴルファーに向けたスリクソンのフラッグシップモデル『スリクソン ZXシリーズ』を発売します。

今モデルは「Zシリーズ」から「ZXシリーズ」へと改称され、パワーを最大限に伝える革新のテクノロジー「REBOUND FRAME(リバウンドフレーム)」を搭載した『ZX5 ドライバー』『ZX7 ドライバー』『ZXフェアウェイウッド』『ZXハイブリッド』、ボールスピード、マイルドな打感、力強さを兼ね備えた『ZXユーティリティ アイアン』『ZX5 アイアン』『ZX7 アイアン』がラインナップされ、発売日は10月17日予定になります。

スポンサーリンク

ZXシリーズドライバー

今回発売されるドライバーは、大きな飛距離と寛容性が特徴の『ZX5』ドライバーと、大きな飛距離と操作性が特徴の『ZX7』ドライバーの2モデルがラインナップ。

ツアープロとスタッフの力を集結して開発され、新テクノロジー「REBOUND FRAME」で最大級のスピードを生み出し、驚異の飛びとやさしさを実現しています。

星野陸也選手はZX7ドライバーで優勝!

PHOTO:GDO

国内男子ツアーでは、「2020年 フジサンケイクラシック (2020/09/03~06)」で星野陸也選手が『ZX7』ドライバーを使用し優勝を飾っています。

星野陸也選手の使用ギア
・ドライバー:スリクソン ZX7(9.5°)
 シャフト 三菱ケミカル クロカゲXT70X 45インチ
・フェアウェイウッド:スリクソン(#5)
・アイアン:スリクソン Z585(#3)、スリクソン(#4〜PW)
・ウエッジ: クリーブランド
※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、試合によりセッティングは異なります。

松山英樹選手はZX7/ZX5ドライバーを実戦で投入!

PHOTO:GDO

PGAツアー年間王者を決める、米国男子プレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権 (2020/08/27〜08/30)」2日目では、『ZX5 (シャフト:ツアーAD XC)』ドライバーで383ヤードをマーク。試合結果は3位タイの好成績をおさめてます。

第3戦「2020ツアー選手権 (2020/09/04〜09/07)」では『ZX7』ドライバーを投入。

松山英樹選手の使用ギア
・ドライバー:スリクソン ZX5(9.5°)
 シャフト:ツアーAD XC 9TX
・ドライバー:スリクソン ZX7(9.5°)
 シャフト:ツアーAD DI 8TX
※試合により使用ドライバーは異なります。

・フェアウェイウッド:テーラーメイド SIM MAX(15°)
 シャフト:ツアーAD DI Hybrid 115 TX
・ユーティリティー:テーラーメイド UDI UHY (3)
・アイアン:スリクソン ZX (#4)スリクソン Z-Forged (5-PW)
・ウエッジ:クリーブランド RTX Forged
※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、試合によりセッティングは異なります。

ZXシリーズドライバー テクノロジー

前モデル「Zシリーズ」以上に、プロやシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーに満足のいくドライバーとして、飛びの性能と構えた時の形状に徹底的にこだわったモデルが『ZXシリーズ』ドライバーです。

飛びの新設計「REBOUND FRAME」構造の採用により、大きなたわみを生み反発性能をアップさせ、アドレス時の安心な形状から思い切り振りぬけ、大きな飛距離を生み出します。

たわみの4層構造「REBOUND FRAME」

「REBOUND FRAME (リバウンド フレーム)」は剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置した4層構造により、大きなたわみを生み出し反発性能が大幅に向上。

オレンジ色の部分が「柔」の箇所になり、前モデルは「軟・軟・剛・剛」でしたが『ZXシリーズ』は『軟・剛・軟・剛』になり、柔らかい層と硬い層を交互に組んだ構造です。通常ロスしてしまうエネルギーを2つの「FLEX ZONE」のたわみで効率よくボールに伝達させ、高初速と飛距離性能を生み出しています。

2018年モデル「Z585/Z785」ドライバーもヘッド全体がたわみやすく、強い反発力を生み出す「カップフェース構造」の採用で、2016年モデル「Z565/Z765」より高反発エリアを176%拡大させてましたが、『ZX 7/5』ドライバーでは「REBOUND FRAME」構造により「Z585/Z785」に比べさらに高反発エリアを111%拡大させています。

ライトウエイトカーボンクラウン

ヘッドの最適重量配分を可能にする「ライトウエイトカーボンクラウン」は、2018年モデル「Z585/Z785」ドライバーにも搭載されていましたが、『ZX 5/7』ドライバーは従来モデルより、投影面積が大きくなり重心を深くすることで、左右の慣性モーメントが大幅に拡大。寛容性(ミスヒットした際の球のばらつきを軽減するなど)を向上させています。

『ZX 5/7』ドライバーはカーボンクラウン独特の短い残響音で打音が良く、やや弾き感を出しながらも硬すぎない打感に仕上がっています。

構えやすいトップライン

『ZX 5/7』ドライバーは、ターゲットに合わせやすいトップラインやヘッドの座りを向上させ、ヘッドが返りすぎないイメージで、思い切り振り抜ける安心感も追求しています。

ZX5 ドライバー

メーカー希望小売価格
・Diamana ZX50 カーボン ¥66,000+税
・カスタムシャフト対応
※レフトハンド有り(フレックスにより特注。)

ZX5 ドライバー
ロフト
9.5°
10.5°
ヘッド体積
460cc
ライ角
59°

ソール後方中央に8gのウェイトが搭載され、深重心設計で慣性モーメントを高め、直進性の高い弾道でつかまりとやさしさが特徴の『ZX5』ドライバー。

ZX5ドライバーは、別売りのチューニングウェイト(4g/6g/8g/10g/12g、1個1200円 税別)を入れ替えることで、クラブバランスの調整(±2ポイント)ができます。

やさしさをイメージしやすい投影面積の大きな460ccヘッドですが、ネックからフェース部へのラインは洗練されたラインになり、テークバックで真っすぐヘッドを引きやすいように、ヘッド後方がやや尖ったデザインです。しっかりボールがつかまり高弾道と直線的なイメージで、やさしさと飛距離を両立させたドライバーです。
スリクソン ZX5 ドライバー
【GDO 9割保証対象商品】
打って合わなかったら商品金額の9割(税抜)をGDOポイントと交換!くわしくはGDO 9割保証説明ページへ。

ZX7 ドライバー

メーカー希望小売価格
・Diamana ZX60 カーボン ¥68,000+税
・カスタムシャフト対応
※レフトハンド有り(フレックスにより特注。)

ZX7 ドライバー
ロフト
9.5°
10.5°
ヘッド体積
460cc
ライ角
59°

ソール後方のトウ側とヒール付近に異なる重量のウェイトが2つ装着され、操作性の高さと飛距離性能が特徴の『ZX7』ドライバー。

『ZX7』ドライバーは、トゥ側に重いウェイトを設定すると重心位置を長めにでき、ヒール側に重いウェイトを設定すると重心位置を短めに設定でき、ウェイトを入れ替えることでボールのつかまりを調整できます。

「ZX5」ドライバーと同じ460ccヘッドですが、『ZX7』ドライバーの方が投影面積が少なく小ぶりに見え、操作性をだしやすいオーソドックな丸型形状で「ZX5」ドライバーよりも、つかまりと弾道高さを抑えスピン量の少ないモデルです。
スリクソン ZX7 ドライバー
【GDO 9割保証対象商品】
打って合わなかったら商品金額の9割(税抜)をGDOポイントと交換!くわしくはGDO 9割保証説明ページへ。

ZX フェアウェイウッド

メーカー希望小売価格
・Diamana ZX50 カーボン ¥40,000+税
・カスタムシャフト対応
※スリーブ調整機能は非搭載です。
※レフトハンド有り(フレックスにより特注。)

ZX フェアウェイウッド
番手
#3
#5
#7
ロフト
15°
18°
21°
ヘッド体積
214cc
219cc
224cc
ライ角
57.5°
58°
58.5°

前モデル「ZF85」フェアウェイウッドの後継モデル『ZX』フェアウェイウッド。

ZX フェアウェイウッド テクノロジー

『ZX』フェアウェイウッドもドライバーと同じ「REBOUND FRAME(リバウンドフレーム)」が搭載され、大きなたわみを生み出し反発性能を向上させています。

#3には前モデル「ZF85」にも搭載されていた強い反発力を生み出す「カップフェース構造」に加え、ゼクシオにも搭載されている「CANNON SOLE(キャノンソール)」が採用され、低重心化を維持したままボール初速を向上させています。#5、#7にはヘッドのシャロー化による低重心設計とフェースの肉薄化による高い反発力で、より高い弾道と大きな飛びを実現しています。

ボール初速を更に上げて飛ばす(高反発+低重心)設計を実現し、飛距離性能とコントロール性を高めたフェアウェイウッドです。

スリクソン ZX フェアウェイウッド