【戦う武器】最強レフティ!フィル・ミケルソン!キャロウェイROGUEで攻める2018クラブセッテイング!

47歳8ヶ月で世界選手権(WGC-メキシコ選手権2018)を制し、2013年全英オープン以来、5年ぶりのツアー通算43勝目を飾ったフィル・ミケルソン。

マスターズ3勝、全英オープン1勝、全米プロゴルフ選手権1勝と、残すメジャー制覇は全米オープンだけになり、グランドスラムに王手をかけている史上最強レフティのクラブセッテイングをご紹介。

フィル・ミケルソン


フィル・ミケルソン(47)
国籍 アメリカ合衆国 プロ転向 1992年
身長 185.0cm 体重 84.0kg
普段は右利きで、ゴルフでは世界最強レフティーのミケルソンは、子供の頃に父のスイングを正面から見て覚えたため、ゴルフでは左打ちになったようです。

アマチュア時代の1991年に、PGAツアー「ノーザン・テレコム・オープン」で優勝し、プロ転向後も勝利数を重ねてきましたが、メジャー大会ではあと一歩届かず2004年のマスターズで念願のメジャー初制覇を挙げ、その後、2006年/2010年と3度のグリーンジャケットを手にしています。

プレー中も声援に応え、チャリティーなどの社会活動に貢献する姿は国民的スターでもあり、全米オープンに勝てばキャリアグランドスラム達成になる2017年は、娘さんの卒業式に出席するため欠場し、家族思いで愛妻家としても有名です。

1993年から現在までの24年間トップ50以内を守り、2013年7月の全英オープン以来、5年ぶりのツアー優勝を果たした「WGC-メキシコ選手権2018」のミケルソンの姿を見て、同じく2013年8月の「WGC-ブリヂストンインビテーショナル」以来、優勝から遠ざかっているタイガー・ウッズが大きな刺激を受けたようです。

米国 43勝
メジャー 5勝
その他 4勝
2018年世界ランク 18位
2018年FedEXランク 3位

2018/4/3現在

フィル・ミケルソン クラブセッテイング

WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権
2019/3月21~25日

フィル・ミケルソン クラブセッテイング
1W キャロウェイ ROGUE Sub Zero(9°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X HZRDUS T1100
3W キャロウェイ ROGUE Sub Zero 3+(13.5°)
シャフト:三菱ケミカル Fubuki J85 X
UT キャロウェイ ROGUE(19°)
シャフト: KBS Tour Hybrid Prototype 95X
UT キャロウェイ X Forged UT(18°)
シャフト:USTマミヤ iRod 95F5
4I キャロウェイ Epic Pro
シャフト:KBS Tour V 125
5I~7I キャロウェイ X Forged 18
シャフト:KBS Tour V 125
8I~PW キャロウェイ Apex MB
シャフト:KBS Tour V 125
ウエッジ キャロウェイ Mack Daddy PM Grind(56-13/64-10)
キャロウェイ PM Grind 2.0(60-10)
シャフト:KBS Tour V 125
パター オデッセイ
Versa #9 White
グリップ:SuperStroke Slim 3.0
ボール キャロウェイ Chrome Soft X

フィル・ミケルソン
2018使用ドライバー


1W キャロウェイ ROGUE Sub Zero(9°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X HZRDUS T1100
ここがポイント!

2017年は「Epic Sub Zero(9°)」を使用していましたが、2018年は国内で2月に限定発売された「ROGUE(ローグ)Sub Zero ドライバー」を使用し、メキシコチャンピオンシップ大会3日目の12番ホールで394ヤードを飛ばしています。

Epicシリーズは飛距離性能の高さで大ヒットを記録し、パワー系アスリートの方の満足度が高い商品でしたが、ROGUEシリーズはより幅広いゴルファーを対象とした、驚異の飛びとやさしさを持つ、やさしいぶっ飛びドライバーとして人気の高いモデルです。

ROGUEは3モデル発売され、飛距離と安定性でもっともやさしい特性の「ROGUE STAR」に、飛距離とやさしさに加えカスタマイズ機能を搭載させ、もっともニュートラルな特性の「ROGUE(限定発売)」、ミケルソンが使用する「ROGUE Sub Zero(限定発売)」は、もっとも低スピン弾道を実現するアスリート系ヘッドになってます。

「ROGUE SUB ZERO」は、ヘッドスピード50m/s辺りの上級者でやさしく強弾道を求める方におすすめです。

ROGUE Sub Zero 国内仕様スペック
・ヘッド体積 460cc
・ロフト角 9.0°/10.0°
・ライ角 56.0°

キャロウェイ ROGUE ドライバー

フィル・ミケルソン
2018使用フェアウェイウッド


3W キャロウェイ ROGUE Sub Zero 3+(13.5°)
シャフト:三菱ケミカル Fubuki J85 X
ここがポイント!

2017年は「Epic Sub Zero(13.5°)」を使用していましたが、2018年の3Wは国内未発売「ROGUE Sub Zero 3+(13.5°)」を使用しています。

国内で発売されているROGUEフェアウェイウッドは、幅広いゴルファーに向けた「ROGUE STAR」になり、ミケルソンが使用するモデルはパワーアスリート向けの「ROGUE Sub Zero」で、どちらもドライバーに使用されている2本の柱、JAILBREAKテクノロジーをフェアウェイウッドに初めて搭載することで、ボール初速を最大限に高めています。

ここ数年、飛距離性能の高いフェアウェイウッドは、各メーカーからあまり発売されず、キャロウェイでも2013年のX-HOT以来、久々のぶっ飛びフェアウェイウッドが発売され、ヘッドスピード40m/s前後の方でしたら国内モデル「ROGUE STAR FW」は、大きな武器になってくれる注目商品です。

パワー系アスリートの方は、ミケルソンと同じ「ROGUE Sub Zero」がおすすめです。

キャロウェイ ROGUEフェアウェイウッド
※「ROGUE Sub Zero」はUSモデルになります。

フィル・ミケルソン
2018使用ユーティリティ

UT キャロウェイ ROGUE(19°)
シャフト: KBS Tour Hybrid Prototype 95X
ここがポイント!

2017年は「ピン アンサー UT(17°)」を使用してましたが、2018年は「ROGUE UT(19°)」を使用しています。

ドライバーやフェアウェイウッドと同じく、フェース裏側に2本の柱JAILBREAKテクノロジーをユーティリティに搭載させた、飛距離性能と低重心による高弾道が特徴のユーティリティです。

ミケルソンが使用するユーティリティは、国内未発売モデルの「ROGUE」で、日本モデルはよりやさしい「ROGUE STAR」が発売され、これまでキャロウェイのユーティリティは、強い弾きと響く打音の製品が多く発売されていましたが、「ROGUE STAR」は弾き感や打音はひかえめで、アイアンに近い感触を求める方におすすめの飛距離系UTです。

キャロウェイ ROGUEユーティリティ

フィル・ミケルソン
2018使用アイアン

4I キャロウェイ Epic Pro
シャフト:KBS Tour V 125
5I~7I キャロウェイ X Forged 18
シャフト:KBS Tour V 125
8I~PW キャロウェイ Apex MB
シャフト:KBS Tour V 125
ここがポイント!

4アイアンは2017/9月発売の「Epic Pro」、5~7アイアンは2017/10発売「X Forged 18」、8~PWは2017/11発売「Apex MB」と、アイアンは使いやすいモデルでセッテイングしています。

注目モデルは、毎モデル専門家から高い評価を得ている「X Forgedシリーズ」で、ミケルソンが5~7アイアンで使用する「X Forged 18」が、4年ぶりにモデルチェンジした新製品になります。

2013年モデルの“生まれ変わり”と位置づけられた「X Forged 18」は、ヘッドサイズが前モデルX Forged 13より少し拡大され、操作性はそのままに構えやすさと安心感を向上させながら、1ピース軟鉄鍛造(S20C)の肉厚設計は、柔らかい打感と上級者が求めるやさしさがあり、ウェッジに採用されている20Vグルーブをアイアンで初めて採用し、スピン性能の高さなど、上級者の方が実戦で求める性能を発揮させやすいアイアンです。

ミケルソンのシャフトは、KBS社のTourV-125-Xを長く使用し、軽量化されスピン量の減るシャフトでショットのバラつきをおさえる特徴があります。

キャロウェイ X Forged 18

フィル・ミケルソン
2018使用ウェッジ

ウエッジ キャロウェイ Mack Daddy PM Grind(56-13/64-10)
キャロウェイ PM Grind 2.0(60-10)
シャフト:KBS Tour V 125
ここがポイント!

ミケルソン自身が監修したウエッジ「Mack Daddy PM Grind」を使用。

ウエッジ使いの名手ミケルソンは、トラブルな場面であってもあらゆる弾道で攻め、神レベルを超えた仏レベルのイマジネーションと技をもつ選手です。

そんな名手が使用するウエッジは、トゥ側に大きくフェース面を広げ、深いラフやバンカーでもイメージ通りにボールを高くあげやすいハイ・トゥデザインを採用し、スピン性能を向上させるフェース全体のスコアラインや、重心を高めにする背面の4ホールなど、随所にこだわりぬいたウエッジ。

60°で使用している「Mack Daddy PM Grind 2.0」は、後継モデルになるようです。

キャロウェイ Mack Daddy PM Grind
国内モデル純正シャフトは、Dynamic Gold Tour Issue S200 星条旗バージョンになります。

フィル・ミケルソン
2018使用パター

パター オデッセイ
Versa #9 White
グリップ:SuperStroke Slim 3.0
ここがポイント!

2016年からオデッセイ「Versa(ヴァーサ) #9 White」を使用し、2013年の全英オープン時も同じパターを使用優勝しています。

Versaは2カラー発売され、ミケルソンが使用するWHITE(White-Black-White)はヘッドを大きく見せる安心感があり、BLACK(Black-White-Black)はヘッドがコンパクトに見え集中力を高められる垂直のカラーが特徴になっています。

アドレスした時にも、ストライプのカラーが目標方向に対してスクエアに構えられ、世界のツアー選手の使用率の高い、打感が柔らかく静かめの打音のWHITE HOTインサートは、やさしいタッチと転がりのよいヘッドです。

ボールを体の中心よりもやや左にセットして、イントゥインの軌道で打つ方におすすめのパターです。

現在は生産終了し、中古市場でも人気のあるパターです。インサート素材の異なる、ワークスシリーズやメタルXシリーズからもVersaが発売されています。

オデッセイ Versa #9

独創的なセッテイングのフィル・ミケルソン

これまでも、2本のドライバーをバッグに入れホールごとに使い分けマスターズに優勝したり、ドライバーを抜いて全英オープンを優勝したりと、独創的なセッテイングでコースに挑んでいます。

2018年4月5日(木)~4月8日(日)に開催される「2018年マスターズ」では、3年ぶりの参戦となる今季好調のタイガーウッズやロリーマキロイ、初のメジャー制覇に挑む松山英樹との戦いなど、今年も見どころ満載の戦いが予想され、若手層が多くなってきたツアーの中で、47歳フィル・ミケルソンの「技」を活かした戦いぶりに期待が集まっています。

GDO 2018マスターズスコア

PHOTO:WRX

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?