これで絞れる「GPSゴルフウオッチ」自分に合う性能とタイプから使えるモデルを厳選チェック

小物&ファッション

ショットに求められる大事なものは「精度」です。

ゴルフは飛距離だけ伸ばしても、方向性の「精度」が悪ければスコアはまとまらず、飛距離と方向性の「精度」が高くても、『正確な距離』を打てなければ結果にコミットしません。

飛距離や方向性は自分に合うギアと練習で磨き、距離感は技術と感性が大事になりますが、正確な残り距離を把握することで、さらにショットの精度を高めることができます。

今回は、正確な残り距離を知るために、一度は試してもらいたい「ゴルフ用GPSウオッチ」についてです。

スポンサーリンク

GPS飛距離計測器の種類

ゴルフ用GPSには種類があり、一般的にはマーカーほどの大きさで音声でお知らせする「ボイスタイプ」、手に持つ「ハンディタイプ」、腕時計型の「ウォッチタイプ」に分かれます。

ボイスタイプ

帽子に取り付けられるほどの小型軽量タイプ。音声ガイドで残り距離などをお知らせしてくれるので、画面操作が苦手な人には便利です。

ゴルフ場の環境によっては、音声が聞き取りづらいこともあります。

ハンディタイプ

スマートフォンほどのサイズで、画面の大きさを活かしたコースレイアウトなど多くの情報が見やすいのが特徴。

サイズによってはポケットにしまいにくく、大きな液晶画面は取扱いに気をつかいます。

ウォッチタイプ

腕時計式なので測定したい時にサクッと画面を見られます。

画面が小さくなるので表示の見やすさや、操作性が重要になります。

非・GPSモデル

飛距離計測器の中には、GPSを使用しないで目標物にレーザーを当てて計測する「レーザー式」もあります。

目標物にレーザーを当てて計測するので、計測器の精度の高さは断トツです。

重量は軽いですがサイズが大きいので、残り距離に特化して精度を求める方は「レーザー式」がおすすめです。
レーザー式 飛距離計測器

どのタイプも特徴がありますが、今回はアマゴルファーさんが「実戦で使いやすいモデル」として、2016年ウォッチタイプの主要4モデルをご紹介。

距離を確認したい時に腕時計感覚で情報が得られるスマートさは、飛距離計測器の中でも使いやすく、何より”置き忘れ”の心配もないので、忘れ物が多いアマゴルファーさんにも最適です。

2016年GPSゴルフウオッチ

メーカー ユピテル 朝日ゴルフ用品 ショットナビ MASA
YG-WatchF-150 EV-616-150 W1-FW-150 GO11-C-150
製品名 YG-WatchF イーグルビジョン watch3 W1-FW ザ・ゴルフウォッチ プレミアム
対応コース 国内99% 国内約2500コース 国内100% 国内99%
充電時間 約3時間 約4時間 約4時間 約3時間
使用時間 約10時間 約8時間 約8時間 約16時間
表示部 ドット液晶 モノクロ液晶 モノクロ液晶 カラーメモリー液晶
防水 IPX7 IPX7 5気圧防水 5気圧防水
重量 63g 48g 75g 53g
時計 あり あり あり あり
※防水
5気圧防水:雨などはまず大丈夫ですが水に浸るのはNG。
IPX7:水深1mのところに30分ほど浸してもOKな基準。
あくまでも目安になります。雨天時に長時間の使用をしないことをおすすめします。

4モデルのスペックでは、コース数や充電時間に大差はありません。電池の持ち時間では「ザ・ゴルフウォッチ プレミアム」が、断トツの持ち時間です。

電池の持ち時間などのスペックで選ぶのもアリですが、アマゴルファーさんは、忙しいプレー中でも”サクッ”とスムーズに使用できるか?実際のコースでの使い勝手はどのような感じになるのか?自分の使い勝手と合わせながら選びたいところです。

まずは、コースの選択や次のホールへの移動時の選択方法。

コース準備編

メーカー ユピテル 朝日ゴルフ用品 ショットナビ MASA
YG-WatchF-150 EV-616-150 W1-FW-150 GO11-C-150
製品名 YG-WatchF イーグルビジョン watch3 W1-FW ザ・ゴルフウォッチ プレミアム
コース選択 自動/手動 自動/手動 自動/手動 自動/手動
ホール移動 自動/手動 自動/手動 自動/手動 自動/手動
※GPSでコースを受信する場合、クラブハウスなど屋内に居る時はうまく受信できません。

コースやホールへの準備段階は、すべてGPSによる「自動選択」が搭載されています。

たまに違うホールを認識することもあるので「手動」も全て対応。

「操作性」や「残り距離表示」は各社違いがでてきますので、機種別に特徴をご紹介。

ユピテル YG-WatchF

操作ボタン

YG-WatchF-gamen
①電源/地点登録/決定

②タッチパネル

業界最薄の11mmは、普段時計を使用しない人でも違和感がありません。

直感的に操作できるタッチパネルが大きな特徴で、最低限の機能と操作性を重視する人にオススメのモデル。

基本操作 地点登録

YG WatchF-touroku
ショットする位置で①ボタンを短押しすると地点登録が行われます。

基本操作 飛距離

YG WatchF-kyori
ボールの落下地点で①ボタンを短押しすると次の地点登録が行われ、表示部をタッチすると下段に飛距離が表示されます。

グリーン表示

YG WatchF-green
グリーンまでの距離は、センターとフロントエッジが表示。

2グリーンにも対応しています。

実戦で使える機能 ハザードモード

YG-WatchF-hazard
画面左下の←ボタンをタッチするとグリーンモードとハザードモードの切り替えができます。

ハザードモード時、画面を上下にフリックすると表示されるハザードを切り替えできます。

タッチパネルのシンプル操作でコースを攻めるなら!ユピテル YG-WatchF

ボタン操作が少なく主な機能もグリーンモードとハザードモードのみなので、とにかく操作性の良さを求めたい人にオススメのモデルです。

カラー:ブラックのみ

朝日ゴルフ イーグルビジョン watch3

操作ボタン

watch3-gamen
①電源/戻る

②アップ/上スクロール
・短押しでホール切替

③決定/地点登録
・短押しで時計/ナビモード切替

④ダウン/下スクロール
・短押しで設定切り替え。

⑤液晶

ゴルフウオッチの中でも、とにかく軽い「48g」の軽量薄型ボディ。オートマチックなシンプルな操作性も特徴です。

カンタンらくらくスタート

EAGLEVISION-start
①ボタンを長押しで電源オン。

あとは、ゴルフ場・コース・ホールが自動で検索され、ティーインググラウンドへ移動すると着いた時点でプレイホールができる『カンタンらくらくスタート』を採用。
※手動切り替えもできます。

基本操作 地点登録

manual.pdf
ティーグランドで③ボタンを押すと打数確認画面になり、もう一度③ボタンを押すと地点登録が行われます。

基本操作 飛距離をみる

manual2.pdf
打ったボールの位置に移動すると、Dstに飛距離とグリーンまでの距離C(センター)とF(フロントエッジ)が表示され、再度、③ボタンを押し地点登録をすると、Dstの飛距離表示が0になります。

グリーン表示

EAGLEVISION-green
グリーンまでの距離C(センター)とF(フロントエッジ)が表示。

2グリーンにも対応しています。

実戦で使える機能 ハザードモード

EAGLEVISION-hazado
グリーン画面から④ボタンを押すとハザード画面に切り替わります。

ハザード情報のスクロールも可能。

実戦で使える機能 高低差

EAGLEVISION-koutei
ハザード画面から④ボタンを押すと高低差画面に切り替わります。

ティーグランドからグリーンの高低差になり、1696コースでカバー率は70%(2016/3現在)

シンプル操作と数字の見やすさでコースを攻めるなら!朝日ゴルフ イーグルビジョン watch3

主な操作は時計右側の3つのボタンを使う、分かりやすい操作性です。

真ん中の③ボタンで”地点登録”をして、上②下④ボタンで「グリーン画面」「ハザード画面」「高低差画面」の切り替えをする、シンプルなボタン操作と大きな数字で、見やすさも重視したい人にオススメのモデル。

カラー:ブラック/ホワイトの2色。

朝日ゴルフ イーグルビジョン watch3

Shot Navi W1-FW

操作ボタン

w1-gamen
①バックライト、電源

②メニュー/戻る、モード変更

③上、スコアカウントアップ

④FWナビ・決定、地点登録

⑤下、スコア確認・編集
⑥液晶