ブリヂストン新「B」シリーズドライバー!スイングに合わせつかまえて飛ばす2タイプのヘッド!9月17日発売!

注目新製品

ブリヂストンスポーツ(株)は、これまで蓄積してきたゴルファーのスイングデーターを解析し、「一人ひとりに最適なインパクト」と「一人ひとりに最高の飛び」を追求したゴルフクラブBシリーズから、『B1/B2』ドライバーを9月17日に発売します。

ドライバーに併せ、『B1/B2』フェアウェイウッド『B1/B2』ユーティリティも発売されます。

スポンサーリンク

B1/B2共通テクノロジー

NEW SP-COR(サスペンションコア)

『SP-COR(サスペンションコア)』は、高初速エリアを拡大し安定性を高めるテクノロジーで、2019年「TOUR B JGR」ドライバー、2020年「TOUR B X」ドライバーにも搭載され、『B1/B2』ドライバーでは性能が大きく進化しています。

新しい3つの進化により、従来モデルよりトゥ、ヒールの反発性能を高め、高初速エリアが大幅に拡大し、さらに許容性も向上させ飛距離ロスを追求しています。

ブーストパワーテクノロジー

前モデル「TOUR B X」に搭載されていた、クラウンのねじれを抑え「直進性」「高初速」「高打ち出し」を追求し、クラウン内部に進化した編み込み状の金属弦「ハニカムストリング」に加え、『B1/B2』ドライバーでは、ソールを固めクラウンをたわませる『ブーストパワーテクノロジー』で、さらなる「高初速」「高打ち出し」を追求しています。

パワーミーリング

トゥ、ヒールのミーリングをセンターに対して2倍の粗さにし、オフセンターヒット時のスピンを抑制して直進性を向上させています。

バリアブル アジャストシステム