ピン史上最大MOIで飛距離を追求!G425 ドライバー、FW、ハイブリッドが2020年9月18日に発売!

注目新製品

ピンゴルフジャパン(株)は、ピン史上最大MOIで飛距離を追求する『G425 ドライバー』、2つの新テクノロジーでこれまでにない飛びを実現した『G425 フェアウェイウッド』、ミスヒットに強いピン史上最大の飛び『G425 ハイブリッド』を2020年9月18日に発売します。

アイアンは、強弾道で狙える『G425 クロスオーバー』、キャビティを超えた飛びとパフォーマンス『G425 アイアン』2モデルを、2020年10月16日に発売。

スポンサーリンク
プロゴルファーも愛用者多数!気になる足の匂いを撃退する人気商品「グランズレメディ」!

G425 ドライバー

ドライバー3モデル共通・標準シャフト
・ALTA J CB SLATE
・PING TOUR 173-55
・PING TOUR 173-65
・PING TOUR 173-75
・ALTA DISTANZA
・Speeder EVOLUTION VII
・TENSEI CK Pro Orange
・カスタム対応

今回発売されるドライバーは、Gシリーズ史上最大MOIを誇る『G425 MAX』低スピンで飛ばす『G425 LST (ロー・スピン・テクノロジー)』ヒール寄りの重心設計でつかまる『G425 SFT (ストレート・フライト・テクノロジー)』の3モデルで、ヘッドサイズは『G425 MAX』と『G425 SFT』が460cc『G425 LST』が445ccの小ぶりヘッドになっています。

前モデルG410ドライバーは、「G410 PLUS (455cc)」「G410 LST (450cc)」「G410 SFT (455cc)」でしたが、G425ではPLUSがなくなりMAXがラインナップされています。
カラーリングもG410ドライバーよりもマットブラック感が強くなり、重厚なデザインになっています。

G425 ドライバー テクノロジー

ピンのGシリーズドライバーは、新しいモデルになるほど高MOI(慣性モーメント)になりヘッドのブレづらさをアピールしていますが、ピンは上下MOIと左右MOIを高めることで、どの打点に当たってもミスヒットが出づらい設計をしています。

とくに『G425 MAX』ドライバーは上下左右MOIの合計値が「9700g・cm2」を越えた、ピン史上最大のMOIでヘッドがブレずらい特徴を推してます。

ピンは創業以来、独自の開発でゴルフクラブのやさしさを追求してきたメーカーです。大MOIでブレずに飛ばせる前モデル「G410」が人気になりましたが、さらにやさしさと飛距離を追求したモデルが『G425』ドライバーになります。

ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー

トンボの羽からヒントを得た、極薄で強靭な『ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー』により、前モデル「G410」より約4%深く低い重心設計になり、インパクト時のリアルロフトが増え、低ロフトでも高打ち出し&低スピンを可能にしています。

タービュレーター

空気抵抗を抑制する6本の『タービュレーター』で、インパクト時の空気抵抗を極限まで抑えています。

「G410」ドライバーのタービュレーターから形状がやや変更になり、「G400 MAX」のタービュレーターに近い形状になっています。

PING独自のフォージドフェース

フェース素材は「G410」と同じ、PING独自の熱処理で生まれた高強度・極薄の反発素材「FORGED T9S+チタン」フェースを採用。

たわみ効果により、最大初速と最大飛距離を可能にしています。

3つのヘッドタイプ&ポジション

『G425 MAX』『G425 LST』には可変式弾道調整ウェイト機能が搭載され、ドロー/スタンダード/フェードの3ポジションから、自分のスイングに合う弾道設定が可能です。

『G425 SFT』はウェイトがドローポジションに固定され、つかまりを重視した設定になっています。

ウェイト重量も「G410」は11gでしたが『G425』は26gになり、ウェイトの調整幅が狭くなったことで、ウェイト調整してもMOIの数値が下がらず左右のブレ幅の少ない力強い弾道を打ちやすくしています。

サウンドリブ搭載

『G425』ドライバーは、ヘッド内部にサウンドリブが搭載され心地良い打球音を実現しています。

その他の特徴
ロフトライ角調整機能は、ロフト±1.5度、ライ角スタンダード/フラットの調整が可能。標準グリップにはラウンド中のショットを自動で記録し、スマホで確認できる「ARCCOS(アーコス)センサー」が搭載されています。
G410シリーズとスリーブの互換性はありますが、G400シリーズのスリーブと互換性はありません。

G425 MAX ドライバー

G425 MAX ドライバー
ロフト
10.5°
12°
ヘッド体積
460cc
ライ角
59.5°

2018年に発売された「G400 MAX」は、上下左右MOIの合計値が「約9700g・cm2」と大きな数値で、「この数値を超えなければ後継モデルは発売されない」とされ、「G410」シリーズにはラインナップされませんでしたが、ついにその数値を超えGシリーズ史上最大MOIを誇るヘッドとして発表された『G425 MAX』ドライバー。

アドレスでは大きな投影面積が安心感を与え、ミスヒットに強い大MOIで曲がり幅が少なく、「G400 MAX」「G410 PLUS」ドライバーと比べると初速の速さが大きく向上し、シャットめにスイングできる方でしたら、やさしくほどよいスピン量で高弾道を打ちやすいヘッドです。「G400 MAX」ドライバーはやや甲高い打音で弾き感が強いヘッドでしたが、『G425 MAX』ドライバーはやや音量が大きめの乾いた落ち着きのある打音と食いつき感のある打感に変わり、あまりパワーがない方でも弾道が上がりやすく、安定感のあるストレート系のビックキャリーを求めたい方におすすめです。

試打平均数値
H.S 48m/s:トータル飛距離 268y

【GDO 9割保証対象商品】
打って合わなかったら商品金額の9割(税抜)をGDOポイントと交換!くわしくはGDO 9割保証説明ページへ。

G425 LST ドライバー

G425 LST ドライバー
ロフト
10.5°
ヘッド体積
445cc
ライ角
58°

445ccのシャープなヘッドで、強弾道と低スピンで飛ばす『G425 LST』ドライバー。

2015年「G30 LSTEC」、2016年「G LSTEC」、2017年「G400 LSTEC」、2019年「G410 LST」と、以前から低スピンモデルが発売されていましたが、前モデル「G410 LST (450cc)」と比べ、ヘッド体積が小ぶりの445ccですがMOIは歴代LSTの中でも一番大きくなり、スピン量も約200回転減少させています。

G425 LST DRIVER ロフト9°

コンパクトな445ccヘッドですが、前モデルよりMOIが大きくなりフェース寄りの重心設計なので、力強い低スピン弾道でぶっ飛びを狙えるヘッドです。『G425 MAX』よりつかまりと弾道高さを抑え、先端硬めのシャフトでハードヒッターの方が、最大飛距離を狙えるポテンシャルをもつ飛び系ヘッド。従来モデルよりも初速が速くなっただけではなく寛容性もが上がり、柔らかめの打感と弾き感のバランスなど感性的な部分も向上し『G425 MAX』よりも打音は小さくなっています。つかまりは「G410 LST」よりつかまる印象で、ねじれない弾道で飛距離とコントロール性を求める方におすすめです。

試打平均数値
H.S 49m/s:トータル飛距離 298y

G425 SFT ドライバー

G425 SFT ドライバー
ロフト
10.5°
ヘッド体積
460cc
ライ角
59.5°

ヒール寄りにウェィトが固定されたドロー設計の『G425 SFT』ドライバー。

前モデル「G410 SFT」ドライバーは455ccヘッドでしたが、『G425 SFT』ドライバーは460ccになりMOIも約5%アップされたことで、よりヘッドの安定感が向上しています。

クラウン部の「タービュレーター」に加え、ソール部にも空気抵抗を軽減させる「VORTEC」と呼ばれる凹みがあり、ダウンスイングの空気抵抗を軽減させ、前モデル「G410 SFT」より約10ヤードつかまり、『G425 MAX』よりも約20ヤードつかまるドロー設計のヘッドです。『G425 MAX』と比較するとつかまるヘッドですがスピン量は少なく、『G425 LST』に近い柔らかくボールをひと押し押し込んでいけるような打感です。『G425 MAX』と『G425 LST』の中間ほどのスピン量で、弾道の高さは出せるけどスライスの多い方におすすめです。ドロー系でぶっ飛びを求める中上級者の方は、硬めのシャフトで組んでみるのもおもしろいと思います。

試打平均数値
H.S 47m/s:トータル飛距離 276y

G425 フェアウェイウッド

3種フェアウェイウッド共通・標準シャフト
・ALTA J CB SLATE
・PING TOUR 173-55
・PING TOUR 173-65
・PING TOUR 173-75
・ALTA DISTANZA
・Speeder EVOLUTION VII
・TENSEI CK Pro Orange
・カスタム対応

『G425 MAX』『G425 LST』『G425 SFT』フェアウェイウッドと、ドライバー同様にブレに強い高MOIのフェアウェイウッドが3種類ラインナップされ、今モデルは2つの新テクノロジーを初搭載し、これまでにない飛びを実現しています。

G425 フェアウェイウッド テクノロジー

フェース・ラップ・テクノロジー

極薄で高強度のマレージングC300フェースの面積をソールとクラウン部分まで拡大し、過去最大のたわみと初速を生み出しています。

前モデル「G410」フェアウェイウッドは、クラウン部に空気抵抗を軽減させるタービュレーターがありましたが、『G425』フェアウェイウッドはタービュレーターがなくなり、過去最大のたわみで初速アップを狙える設計になり、クラウン部もスッキリしたデザインの新アライメントを採用しています。

スピンシステンシー・テクノロジー

新バルジ&ロール設計により、ミスヒット時でも最大のキャリーと飛距離を生み出すテクノロジーが搭載。

フェース下部に当たっても、従来のモデルより約7ヤード距離を伸ばしやすく設計されています。

「フェース・ラップ・テクノロジー」「スピンシステンシー・テクノロジー」の2つの新テクノロジーで、飛距離性能と寛容性を高めたフェアウェイウッドです。

深低重心設計

ソール後方部にウェイトを搭載し、更なる深低重心設計により高MOIヘッドでブレない特徴をもっています。

G425 MAX フェアウェイウッド

G425 MAX フェアウェイウッド
番手
#3
#5
#7
#9
ロフト
14.5°
17.5°
20.5°
23.5°
体積
176cc
167cc
152cc
148cc

弾道が上がりやすく左右のブレが少ない『G425 MAX』フェアウェイウッド。前モデル「G410」フェアウェイウッドより、ヘッド体積が大きくなったことで、より寛容性を高めミスヒットにも強い特徴です。番手も多くUTよりはフェアウェイウッド派で、打点ミスに強いやさしいモデルを探してる方におすすめです。
PING G425 MAX フェアウェイウッド
【GDO 9割保証対象商品】
打って合わなかったら商品金額の9割(税抜)をGDOポイントと交換!くわしくはGDO 9割保証説明ページへ。

G425 LST フェアウェイウッド

G425 LST フェアウェイウッド
番手
#3
ロフト
14.5°
体積
165cc

『G425 MAX』フェアウェイウッドよりも、やや小ぶりで重心が8%フェース側に寄ることで、操作性と低スピン強弾道が特徴の『G425 LST』フェアウェイウッド。前モデル「G410 LST」よりスピン量が約200回転少なく初速を約0.67m/s増加させ、ヘッド体積が159ccから165ccと大きくなったことで、LSTフェアウェイウッドの中でも史上最大のMOIでブレずらさも特徴です。操作性を高めながら飛距離性能もあり、幅広い攻め方をしたいパワー系上級者の方におすすめです。
PING G425 LST フェアウェイウッド

G425 SFT フェアウェイウッド

G425 SFT フェアウェイウッド
番手
#3
#5
#7
ロフト
16°
19°
22°
体積
189cc
178cc
168cc

ヒール寄りの重心設計でつかまえて飛ばす『G425 SFT』フェアウェイウッド。前モデル「G410 SFT」フェアウェイウッドより、上下左右MOIが7%改善され約6ヤードつかまる設計になり、ボール初速を約0.54m/s増加させています。『G425』MAXよりヘッドサイズが大きく、アドレスで安心感を求めボールのつかまりと高弾道を重視したい方におすすめです。
PING G425 SFT フェアウェイウッド

G425 ハイブリッド

ハイブリッドは1モデルラインナップされ、フェアウェイウッドと同じようにフェースの面積をソールとクラウン部分まで拡大し、前モデルよりたわみ効果を向上させています。

G425 ハイブリッド テクノロジー

フェアウェイウッドと同じ「フェース・ラップ・テクノロジー」「スピンシステンシー・テクノロジー」の2つの新テクノロジーで、ピン史上最大の飛距離性能を誇るハイブリッドです。

G425 ハイブリッド

標準シャフト
・ALTA J CB SLATE
・ALTA DISTANZA BLACK 40
・PING TOUR 173-85
・TENSEI CK Pro Orange
・AWT 2.0 LITE
・N.S.PRO 950GH neo
・N.S.PRO MODUS³ TOUR 105
・N.S.PRO MODUS³ HYBRID
・カスタム対応

G425 SFT フェアウェイウッド
番手
#2
#3
#4
#5
#3
#7
ロフト
17°
19°
22°
26°
30°
34°
体積
128cc
127cc
125cc
124cc
120cc
116cc
新たなテクノロジーでピン史上最大の飛距離性能を誇るハイブリッドとなりましたが、やさしさの面でも前モデル「G410」ハイブリッドより、上下左右MOIを約24%向上させ打点ミスにも強くなり、打感も向上した特徴のヘッドです。#2~#7と番手のラインナップが多くなり、上級者の方はロングアイアンの代わりに、初中級者の方はミドルアイアンの代わりをしっかりカバーしてくれます。ヘッドの座りがよくブレずらくやさしく狙えるお助けハイブリッドを探してる方におすすめです。
【GDO 9割保証対象商品】
打って合わなかったら商品金額の9割(税抜)をGDOポイントと交換!くわしくはGDO 9割保証説明ページへ。

『G425 ドライバー』『G425 フェアウェイウッド』『G425 ハイブリッド』アイアンは2020年9月18日に発売。

アイアン『G425 クロスオーバー』『G425 アイアン』2モデルは2020年10月16日に発売。

この記事にガッテンしていただけたでしょうか?
最新情報をお届けします。
注目新製品
スポンサーリンク
amagoruをフォローする
Amagoru
タイトルとURLをコピーしました