2019年のドライバーは飛距離系ヒット商品が大豊作!レベルに合う選び方がポイント!

ゴルフギア選び

ここ数年、ドライバーの進化はめざましく「低スピン化」「たわみ効果」「フェース設計」などなど、各社、前作を上回る商品開発に取り組まれています。

2019年モデルはこれまでの技術に加え、フェースの反発力を上げボール初速アップを狙いながら、レベルに合う適正スピン量を確保することで、飛距離と安定性を向上させやすい製品が多く発売されています。

今回は、話題の2019年ドライバーの中から、主力となるモデルをご紹介。

スポンサーリンク

ざっくりドライバーのスペック

これまでは、低スピンで飛距離を伸ばす傾向がドライバーの流行りでしたが、かなりむずかしモデルも多く、ヘッドスピードの遅い方やミート率の低い方は、ボールが上がりきらず扱いづらい面もありました。

2019年モデルは、低スピン系の流れの中、打ちやすさとミスヒットに強いやさしが加わり、自分のスイングやヘッドスピードに合う「つかまり」を選べれば、進化したヘッドの性能を体感しやすいモデルが多くあります。

より「自分に合うドライバー」を見つけるためにも、ざっくり重心特性を知っておくと選びやすくなります。

ざっくり重心深度

重心深度のイメージ図

重心深度:打ち出し角とスピン量に影響
・重心から引いた垂線とフェースのリーディングエッジまでの距離。
重心が前にある重心深度浅めは、インパクトでロフトが立ちやすく、低い打ち出しで低スピンになりやすいスペック。
【やや深い38mm~40mm】
【深い40mm~】

重心が後ろにある重心深度深めは、インパクトでヘッドが後ろに押されづらく、ロフトも安定しやすいので、打ち出し角とスピン量を確保しやすいスペック。
今回ご紹介するドライバーは、全体に的に重心深度が深い製品が多く、同じシリーズの過去モデルと比較しても、弾道が上がりやすい傾向です。

ざっくり重心距離

重心距離のイメージ図

重心距離:シャフトの軸線からフェイス面の重心までの距離。
・ヘッドの返りやスイングに影響。
重心距離が短いモデルはヘッドがターンしやすい特徴があります。ヘッドの返りがよいのでスライスを防ぎやすいですが、素早いリストワークでヘッドを返しボールを操作したい方に向いています。
【38mm~40mmやや長い】
【40mm~長い】

重心距離が長いモデルはヘッドがゆっくり大きくターンする特徴があります。ボディーターンでヘッドのエネルギーをしっかりボールに伝えると飛距離を伸ばしやすいスペック。
ヘッドの大型化に伴い、重心距離の長いヘッドが多いのが最近の傾向です。その中にも、モデルごとに重心位置が微妙に異なることで、ヘッドの動き方も変わってきます。

ヘッドの返り
・ここではカンタンに、自分のスイングに合うヘッドの返りやすさを、イメージしていただければと思います。
比較的ヘッドが返りやすいモデルは、自分でフェースをターンさせながらボールをつかまえて打つ方におすすめです。
比較的ヘッドが直線的な動きのモデルは、フェースの動きをおさえてボディーターンで打つ方におすすめです。

他にもさまざまなスペックがありますが、実際にスイングした時の「振り感」も含めて、当サイトで感じたモデルごとの「おすすめ分布図」なども見ていただきながら、2019年ドライバー選びの参考にしていただければと思います。

本間ゴルフ 2019年『TW747』ドライバー

本間ゴルフからは、4代目となる『TWシリーズ』が発売。

これまで上級者イメージの強かった『TOUR WORLD』は、今作からやさしさと飛距離が加わり、これまでのイメージを払拭させる2モデルがラインナップされています。

今期から、2018年FedExカップチャンピオンのジャスティン・ローズと複数年契約を交わし、「TOUR WORLD」から『T//WORLD』のロゴ変更や、アクセントカラーをレッドからオレンジに変え新しい時代を予兆させています。

『TW747』
最新テクノロジーと山形県にある酒田工場で生産されるJapanクオリティを融合させ、優れたクラブを持つ愉しみと飛距離アップの両立を実現するために、NEWコンセプト「REAL DISTANCE(ゴルファーの本当の飛距離を明らかにする、実現する。)」を掲げ『TOUR WORLD TW747』が開発。

P-SAT


「P-SAT(Precision Spine Alignment Technology)」は、本間が誇る精密スパイン管理の呼び方。

スパインとは?
カーボンシャフトの製造過程において、巻きつけ工程で部分的に重なり合う部分が、背骨と呼ばれる「スパイン」です。

本間は背骨の位置がシャフトの挙動に影響を与えることにフォーカスを当て、「スパイン」の位置を6時方向に設定させることで、クラブセット全体の統一化を図っています。

1本1本職人の目と専用機器でチェックされ、100%検品され出荷されています。

進化した3つのテクノロジー

リブ付きカーボンクラウン
・TW747では軽量で強度がある「東レET40カーボン」を使用。クラウンが軽量になったことで余剰重量を低重心化させ、カーボン素材を使用することで、スピン量減少に効果をだしやすくなっています。
「4ファング・テクノロジー」
・フェース内部には4つのリブを配置させ、フェース周りの剛性を上げています。
「ノン・ローテーティング・システム」


シャフトを脱着、回転することなく、ライ角(最大+2°)、ロフト角(最大±1°)、F.A(最大±1.5°)の無段階調整が可能。ヘッドを調整する時にシャフトを回転させる必要がないので、スパインのズレがない本間独自の優れた調角機能です。

TW747-455

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2018/11
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
455cc
59.5°
9.5/10.5
あり
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:VIZARD for TW747 50-S
長さ
総重量
45.25
D2.0/308.5g
契約プロ使用モデル:藤本 佳則

外観
投影面積が少ない455ccの洋なし形状で、上級者好みの引き締まった本間らしい完成度の高い顔つきです。ソール部にあるウエィトは、シャフト部からいちばん遠い所に配置され、ヘッドの返りを安定させる特性があります。

アドレスでは、ややオープンフェースになり、小ぶりでつかまり過ぎないイメージで構えられ、ヘッドを操作しやすいモデルです。

打感&打音
食いつきのある柔らかい感触から、手応えのある引き締まった強めの弾き感。打音は響きすぎず、音切れの良い澄んだクリア系な音。
弾道
HS40~42m/s辺りでは、ボール初速の速い強弾道で飛び出し、低スピンで伸びのある中弾道。ミート率の高い方におすすめです。

HS46m/s辺りでは、しっかり叩くことで中高弾道に上がり、パワーフェードで攻めやすいヘッドです。ラクに弾道を上げたい方は、ロフト調整やロフト10.5°の選択がおすすめです。

つかまりが悪いようでしたら、無段階調整機能でフェース角やライ角をセッティングしながら、安定感を高めていけます。

TW747-460

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2018/11
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
460cc
60.0°
9.5/10.5
あり
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:VIZARD For TW747 50-S
長さ
総重量
45.25
D2.0/308.5g
契約プロ使用モデル:ジャスティン ローズ/谷原 秀人

外観
460ccの丸型形状で、投影面積はかなり大きいシャローバックな形状で、460も本間らしいキレイな顔つきが特徴的です。ソール部にあるウエィトは、フェース側とバックフェース側に2つあり、ヘッドがブレずらく直線的な高弾道を打ちやすい特性があり、このウエィトを前後入れ替えることで、重心の深さを変更できます。

アドレスでは、445と同じようにオープンフェースになり、460もつかまり過ぎないイメージで構えられます。

打感&打音
食いつきのある柔らかい感触で、455の弾き感よりもピントが甘めです。打音は455よりもやや大きく、残響音が残る感じのクリア系の音。
弾道
HS40~42m/s辺りでは、低スピンのストレート系中高弾道で、ラクに飛距離性能を求めやすいモデルです。

HS46m/s辺りでは、速いボール初速で安定感のあるストレート~ややドロー系で、中高弾道の飛距離性能モデル。

TW747-455/460のおすすめ分布図

※当サイトの試打イメージです。

TW747-455
455は洋なし型の上級者向けヘッド。叩きにいく方はつかまり過ぎず、フェードの方も安心して左に振り抜けるので、低スピンを活かした飛距離性能と、持ち球の安定性を重視したい方におすすめです。
TW747-460
460は投影面積も大きく安心感がありますが、スピン量は少ないので打点の安定しない方は扱いづらい面もあります。中級者以上でやさしさと、直進性/飛距離性能を求める方は大注目のドライバーです。

TW747は進化した3つのシャフトにも注目です!

今回のTW747ドライバーには、カスタムシャフトも用意されていますが、自社工場で生産される「オリジナルシャフト」にも、注目が集まっています。

VIZARD For TW747 【弾き系:中調子】


重量:フレックス
50g台:R/SR/S

先端部/手元部と比較して、中央部をしっかりさせたダブルキックの動きがあります。「つかまりの良さ」「高打ち出し」の特徴に、切り返しでは柔らかく、強い切り返しにもねじれない強さを持つシャフト。

推奨H.S:36m/s~42m/s

おすすめタイプ
・シャフトのしなりを感じたい方。
・先端の弾き感とつかまりを重視したい方。
・455と組むと左を抑えながら安定性重視の仕様。
・460と組むとつかまり重視の仕様。

VIZARD FD【弾き系:先中調子】


重量:フレックス
50g台:R/SR/S
60g台:SR/S/X
70g台:S/X
80g台:S/X

先端が走る弾き系。切り返しでは手元側がやや硬い中に、タイミングを取りやすい粘りがあり、先端に形状記憶合金Ni-Ti合金を積層させたことで、インパクト付近では先端の走りがよく、ボールもほどよくつかまります。

推奨H.S:38m/s~

おすすめタイプ
・弾き系シャフトで手元が硬いと感じてた方。
・先端に重みを感じ弾きを感じたい方。
・自分でタメを作るリストターンの方。
・455と組むとつかまり過ぎない高弾道仕様。
・460と組むと高弾道の飛距離重視仕様。

VIZARD FP 【粘り系:手元調子】


重量:フレックス
50g台:R/SR/S
60g台:SR/S/X
70g台:S/X
80g台:S/X

粘り系に多いつかまらない特徴を、超高強度高弾性トレカT1100Gを各パーツへ積層させ、しなり戻りの早さで払拭させてます。切り返しのタイミングがゆっくりの方はタイミングがとりやすく、素直な挙動でしっかり叩いていけます。

推奨H.S:38m/s~

おすすめタイプ
・粘り系シャフトでボールをつかまえたい方。
・中間と手元に重みを感じたい方。
・シャフトでタメを作るボディターンの方。
・455と組むと弾道を上げながら操作性重視仕様。
・460と組むとつかまり過ぎない低スピン仕様。

本間ゴルフ TW747ドライバー

テーラーメイド 2019年『M5/M6』ドライバー

テーラーメイドからは、4代目となる『Mシリーズ』が発売。イメージカラーがオレンジに変更され、モデルナンバーが奇数のM5は調整機能が豊富で、偶数のM6はソールの調整機能が省かれています。

世界中のトーナメントで戦うツアープロから高い評価を受け、契約外選手の使用率も高く、勝利実績などを見ても、ツアー最強ドライバーとして君臨。テーラーメイドは今年で40周年になります。

「誰をも速くする」をコンセプトに、これまでのテクノロジーに加え、ヘッドの反発力をルール上最大限にチューニングする新テクノロジー「スピードインジェクション」を搭載させ、テーラーメイド史上最も遠くへ飛ぶドライバーが完成。

スピードインジェクション


ツアー支給品のヘッドよりも、市販モデルはヘッドの個体差が多く、初速が速いヘッドもあれば遅いヘッドもあります。

『M5/M6 ドライバー』では、製造工程でルールを超えた反発力の高いヘッドを作り、その後、フェース面に開けた2つのポートから、ヘッド内部にレジン素材を注入させ、フェース各部分の反発係数を、ルール上最大限にチューニングする新テクノロジーが「スピードインジェクション」です。

『M5/M6 ドライバー』はひとつずつ全数検査を行い、ツアー支給品のヘッドよりさらに高い反発を持つヘッドに仕上げ、ボール初速アップと飛距離性能向上を実現しています。

ツイストフェース


ゴルファーの打点傾向から生み出された「ツイストフェース」は、前モデル「M3/M4ドライバー」の最大の特徴でしたが、『M5/M6 ドライバー』では、前モデルより20%薄くなったフェース構造になり、より飛んで曲がらないフェースに進化。

また、スイートエリアも約66%アップしやさしさも向上しています。

M5 ドライバー

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
460cc
58.0°
9.0/10.5
あり
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:Tour AD VR-6-S
長さ
総重量
45.25
D3.0/313g
契約プロ使用モデル:タイガー・ウッズ/ロリー・マキロイ/ダスティン・ジョンソン/ジョン・ラーム

外観
前モデル(M3)の後継になる『M5』ドライバー。

前モデルと同じブラック/シルバーのツートンカラーですが、ブラックのカーボン部分がマッド(つや消し)になり、シルバー部がシャープなデザインに変更され、アドレス時は自然とシルバー部分に集中できます。全体的にスッキリしたやや洋なし形状で、ヘッドの座りも良くなり、ターゲットに対してより構えやすく仕上がってます。

ヘッドの重量感もあり、ややオープンフェースでしっかり叩けるイメージで、M3よりもアスリートテイストが強くなっています。

ソール部は、2つの可変式ウェートが装備され、M3と比較して重心位置の移動距離が20%拡大しています。

打感&打音
M3よりも、フェースに食い付く柔らかい打感で、落ち着いたやや低めの打音。
弾道
HS40~43m/s辺りでは、速いボール初速と低スピン中弾道で、飛距離性能の高さがうかがえます。ミート率が高く持ち球で飛距離を伸ばしたい方と相性が良いですが、ロフト9.0°はかなりがんばって打たないと、球が上がりきらない面もありますが鋭く振り抜けるヘッドです。

HS45m/s辺りでしっかり叩いて打つと、弾道に安定感がでてミスヒットしても曲がり幅も少なく、球筋の打ち分けもしやすくなります。超低スピンなので、いづれにしても、ロフト10.5のが良いかな?といった印象があります。

M6 ドライバー

レディースあり

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
460cc
58.0°
9.0/10.5
あり
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:Tour AD VR-6-S
長さ
総重量
45.25
D1.5/311g
契約プロ使用モデル:ジェイソン・デイ

外観
前モデルM4の後継になる『M6』ドライバー。

M4と比べると、ややシャープになった印象があり、兄弟モデルM5と比較すると、投影面積が大きく全体的に丸く、ややオープンフェースですが、アドレスではやさしく構えられる形状です。

ソールには、46gの大きなウェイトが配置されたことで、低・深重心設計になり、やさしさと安定性を高めています。

ヘッド重量も、数値的にはM5よりも約2gほど軽いですが、スイングした感覚では数値以上に軽さを感じる軽快感があります。

打感&打音
M5よりも、柔らかさの中に弾き感があるバランスの良い打感で、打音は落ち着いたやや低めの音。
弾道
M6もスピンの少なさが特徴的ですが、HS40~43m/s辺りで打つと、M5に比べラクにボールが上がります。ボール初速もあり、直進性/飛距離性能が高く、オートマチックにヘッドが動きボールをつかまえてくれるので、アベレージの方も扱いやすいヘッドです。

HS45m/s辺りでしっかり叩いても吹け上がらず、前モデルM4よりも、かなりやさしいヘッドに仕上がってます。ドライバーのミスを軽減したい中上級者の方も、自分に合うカスタムシャフトを組んで、直進安定性と飛距離を高めやすいモデルです。

M5/M6ドライバーのおすすめ分布図

※当サイトの試打イメージです。

M5ドライバー
M5は超低スピンな為、ヘッドスピードとミート率の高い、中上級者の方におすすめです。極端につかまりが悪いヘッドではないので、弾道調整機能を使いながら自分好みに仕上げ、従来モデルより扱いやすいモデルです。
M6ドライバー
M6も低スピンですが、打感やボールのつかまりはM5とは異なりやさしさが特徴のヘッド。スライスが多い方も、ヘッドのターンする感覚が身に付けば、高弾道で大きな飛距離を期待できるモデルです。

435ccの『M5ツアー ドライバー』も発売されています。

M5/M6は選べるカスタムシャフトが充実

M5/M6ドライバーでは、グラファイトデザイン、フジクラ、三菱ケミカルの最新シャフトが、標準カスタムで用意されています。

グラファイトデザイン VR-6-S

【弾き系】
高初速化を狙うテクノロジー性能を、最大限に活かすコンセプトに開発された『Tour AD VR』

手元側の剛性が高く、中間部のキックポイントを感じながら素早くしなり戻り、つかまり過ぎないシャフトです。マイルドでクセのない動きで、しっかりコックをキープしながらタメを作る方や、切り返しの速い方と相性が良く、タミングが合わせやすいのも特徴です。

つかまりの良いM6ヘッドと、つかまり過ぎないVRで組んで、絶妙なバランスから飛距離性能を活かしてみるのも、おもしろいと思います。

フジクラ Speeder661 EVOLUTION 5-S

【弾き系】
初代エボリューション(青エボ)の後継モデルになる『エボ5』

動きのムダをなくした素直で張りのあるしなり戻りが特徴で、手元側が硬く切り返しでは中間部が小さくしなり、先端が少し走りながらボールをつかまえてくれます。

先端の動きもタイミングが合わせやすく、弾き感でボールをつかまえ高弾道のドロー系が打ちやすいシャフトで、叩くイメージに合う『M5/M6』とも相性が良いシャフトです。

三菱ケミカル Diamana DF60-S

【粘り系】
「飛んで曲がらない」を、幅広いゴルファーへ向けた『Diamana DF』

手元側がややしなり、ダウンスイングにかけて、シャフト全体がスピーディーにしなり戻ります。ほどよい粘り感もありタイミングが取りやすく、クセのない振り抜きの良さが特徴です。

先端剛性は高いので、つかまりを重視するよりは、左へのミスを警戒するフェード系の方と相性が良いシャフトです。

ロフト選択とシャフトの特性を見極めながら、自分に合うぶっ飛びを試してみてください。

テーラーメイド Mドライバー
・US仕様も発売されています。

キャロウェイ 2019年エピック・フラッシュ『スター/サブゼロ』

2017年「GBB EPIC」シリーズに続き、EPICの名を持つ2代目『EPIC FLASH』

今回の新製品では、『エピック フラッシュ ドライバー』『エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー』「エピック フラッシュ ドライバー(数量限定)」の3機種が発売されています。

直近のPGAツアーでは、2019/03/07に開催された「アーノルド・パーマー招待」において、フランチェスコ・モリナリが、『エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー』で優勝。国内女子ツアー第3戦「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」では、上田桃子が『エピック フラッシュ スター ドライバー』、第4戦「アクサレディス」では、黄金世代の河本結が『エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー』で優勝を挙げています。

「AI生まれのフェースで、飛びの新時代へ」のキャッチコピーを掲げ、ゴルフクラブとして初めて、AI(人工知能)とスーパーコンピュータを導入し開発されています。ボール初速の最大化と耐久性の確保も達成し、独特な形状の「FLASH フェース」を生み出しました。

AIが生み出した飛びの「FLASHフェース」


AI(人工知能)とスーパーコンピュータを駆使しながら、「ボール初速を上げる」「耐久性を確保すること」「ルールに適合していること」の、3つの条件をAIが自己学習を繰り返し、1万5000回もの設計・修正を実行させ、従来であれば34年もの長い期間を必要とする回数を、4週間で完成させた未来のフェースです。

裏面に左右非対称で波打つ独特な凹凸を持つ「FLASH フェース」は、ボール初速の最大化と耐久性の確保を達成しています。

2代にわたって培ってきた「JAILBREAK テクノロジー」


フェース裏側にある2本の柱で、驚異のボール初速をもたらしてきた、キャロウェイドライバーの特徴でもある「JAILBREAK」も搭載。

「FLASH フェース」「JAILBREAKテクノロジー」の、2つの革新的なテクノロジーの相乗効果が、人間の常識と想像を超えたかつてない飛びを生み出します。

最適な弾道を実現する「ペリメーター・ウェイティング」


「グレート ビッグバーサ」ドライバーに搭載されていた、「ペリメーター・ウェイティング」が搭載。

約12gのウェイトをレールに沿ってスライドさせることで、ドローやフェードなど自分好みの弾道に調整できます。

エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
460cc
56.0°
9.0/10.5
あり
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:Tour AD VR-6-S
長さ
総重量
45.25
D4.0/321g
契約プロ使用モデル:フィル・ミケルソン/セルヒオ・ガルシア/ザンダー・シャウフェレ/ケビン・キスナー /石川 遼/テレサ・ルー/三浦桃香

外観
前モデル(エピック サブゼロ)の後継になる『エピック フラッシュ サブゼロ』

前モデルより少し丸みをだしながらも、ヘッド後方はふくらみを抑えスッキリさせています。アドレスするとオープンフェースの度合いが強いので、しっかり叩いて打つイメージがでやすく、ヒッター系の上級者が好む形状で、フェース側にある白いラインがアライメントの役割に使え、素直に構えられる形状とデザインです。

ソール部は、フェース側にウエィトが装備されることで浅重心になり、インパクトでロフトが立ちやすく、低スピンの強い弾道がでやすい特徴があります。

約12gの「ペリメーター・ウェイティング」を移動させることで、ドローやフェードなど自分好みの弾道に調整することが可能です。

打感&打音
やや硬めのしっかりした打感から強い弾き感があり、クリア系のやや響く打音です。
弾道
HS40~43m/s辺りでしっかり叩いて打てば、速いボール初速と低スピンの中弾道ストレート系がでやすく、トータル距離250ヤード弱辺りはラクに飛ばせ、飛距離性能の高さがあります。

HS45m/s辺りでしっかり叩いても、左につかまり過ぎることがなく、力強い低スピン中高弾道のフェード系で攻めやすく、ダントツのボール初速の速さに加え、振った分だけ飛距離性能が上がるモデルです。

前モデル(GBB エピック サブゼロ)と比べると、ボールのつかまりが格段に良くなり、スピン量がかなり少ない特徴があります。

ロフト選びを検討しながら、ドライバーが得意な中上級者の方で、飛距離性能を伸ばしたい方におすすめです。

もう少しやさしさを重視する方は、比較検討モデルとして「ROGUE SUB ZERO」ドライバーも発売され、FLASHフェースではありませんが、ボールのつかまりがよいモデルもあります。

エピック フラッシュ スター ドライバー

レディースあり

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
460cc
59.5°
9.5/10.5
なし
参考スペック ロフト9.5°
シャフト:Speeder EVOLUTION V 569(S)
長さ
総重量
45.75
D2.0/301g
契約プロ使用モデル:上田桃子/柏原明日架

外観
前モデル(エピック スター)の後継になる『エピック フラッシュ スター』

前モデルより、ヘッド後方がややスッキリした感じはありますが、「エピック フラッシュ サブゼロ」よりも投影面積が大きく見える形状です。アドレスすると、フェース角もほぼスクエアで、安心感のある構えやすさがあります。

ソール部はウエィトが無くなり、深い重心深度でボールをつかまえながら、低スピンの高弾道がでやすい特徴があり、ネックの調整機能は搭載されていません。

約12gの「ペリメーター・ウェイティング」で、ドローやフェードなど、自分好みの弾道に調整することが可能です。

打感&打音
「FLASHフェース」の効果なのか?芯でとらえると食い付く柔らかさがあり、ヒール寄りで打つとやや硬めの打感で、当たり所が分かりやすく、弾き感も加わり力強いインパクトを、ヘッドがセミオートマに仕事してくれます。打音はクリア系でやや響き「EPIC FLASH SUB ZERO」に近いですが音量はやや大きめ。
弾道
HS40~43m/s辺りでは、低スピンの中高弾道ストレート~軽いドロー系で、トータル距離240ヤード辺りに飛び、ミスヒットしても直進安定性の高さがあります。

HS45m/s辺りでしっかり叩いて打つと、左につかまり過ぎる面もありますが、ヘッドの動きに合わせてシンプルに振れば、速いボール初速と低スピンの高弾道で、ガッツリ飛距離性能を高めやすいモデルです。

エピック フラッシュ サブゼロ/スター おすすめ分布図

※当サイトの試打イメージです。

サブゼロ ドライバー
エピック フラッシュ サブゼロは、弾道イメージができてる方で、ミート率が高くつかまり過ぎを警戒する上級者の方におすすめです。しっかり叩いて振り抜きながら、力強いフェード~ストレート系を狙いやすいヘッドです。
スター ドライバー
エピック フラッシュ スターも低スピンですが、ヘッドがオートマチックにターンしてくれるので、ボールのつかまりも良く弾道も上がりやすいので、サブゼロとは外観も含め対照的なやさしさがあります。軽く振り抜きながらインパクトでフェースが開かない練習をすれば、脱初心者の方も充分扱えるモデルです。

サブゼロとスターの中間に位置する、『エピック フラッシュ(限定発売)』も発売されています。

エピック フラッシュ ドライバー

ピン 2019年G410『PLUS/SFT』ドライバー

2017~2018年モデル「G400」シリーズに続き、早くも10代目となるGシリーズ『G410』

今回の新製品では、ソール部に弾道調整機能が搭載された『G410 PLUS』と、ヒール寄りの重視設計でドロータイプ『G410 SFT』の2機種が発売。

直近のPGAツアーでは、契約選手のドライビングディスタンスが高く、バッバ・ワトソンが『G410 PLUS』で318.5yをマークし1位に、続く2位タイには、『G410 PLUS』を使用するキャメロン・チャンプと、ルイ・ウェストヘーゼンが316.3yをマークし、トップ3を『G410 PLUS』ドライバーが独占。

2019年の国内女子ツアーでは、第1戦「第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」で比嘉真美子選手が『G410 PLUS』、第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」では、鈴木愛選手が『G410 PLUS』で優勝を挙げています。

「直球勝負」をコンセプトに、「ブレなさ、速さ、曲がり幅、飛びが全てプラスへ」のキャッチコピーのもと、直進性能と飛距離性能を高めています。初速アップはPING独自のフォージドフェースに振り抜きの良い空力設計、深低重心構造でブレないヘッドなど、前作以上にさらなる飛びを進化させています。

速く振れてブレないヘッド

G410 PLUS

クラウン部に搭載された6本のタービュレーターが、スイング中の空気抵抗を抑制。深低重心構造のヘッドで、ブレづらい特性を活かしながら、PING独自のフォージドフェースで、最大初速を上げています。

スリーブ調整は、これまで5ポジションの調整でしたが、『G410』シリーズでは8ポジションに変更されています。

『G410』スリーブ調整機能
G25、G30、G、G400と、これまで採用されてきたスリーブと、『G410』のスリーブは互換性がありません。
旧モデルのスリーブは、『G410』には装着できないのでご注意ください。

2モデルとも直進性が特徴


弾道調整機能が搭載された『G410 PLUS』は、取り外しできる16gのウエイトを各ポジションに取りつけることで左右10ヤードの方向性を調整できます。

『G410 SFT』は、あらかじめドローポジションにウエィト(弾道調整はきません)が埋められ、つかまりを重視したヘッドになっています。

2モデルとも、ミスを最大限に減らし直進性を重視した特徴のヘッドです。

G410 PLUS ドライバー

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
455cc
59.5°
9.0/10.5/12
あり
参考スペック ロフト9.0°
シャフト:TENSEI CK Pro Orange(60S)
長さ
総重量
45.25
D2.0/310g
契約プロ使用モデル:バッバ・ワトソン/トニー・フィナウ/ルイ・ウェストヘーゼン/鈴木愛/比嘉真美子/上原彩子/前田陽子

外観
2017/09に発売された「G400 ドライバー(445cc)」の後継になる『G410 PLUS(455cc)』

外観は、2018に発売された「G400MAX(460cc)」に近い形状で、クラウン部にある6本のタービュレーターに立体感がでています。アメコミのバットマンをイメージさせるような、引き締まったマッドブラックグレーの力強い外観です。

前モデルよりヘッドの座りが良くなり、約-3.2°のオープンフェースでつかまり過ぎる感じをださないアドレス感です。重心距離が長いので、ヘッドがゆっくりターンする特徴と、大きい重心角でほどよくボールがつかまる傾向がみられます。

また、ヘッド後方が低いシャローバック形状にすることで、ボールが上がりやすくヘッド重量はやや重めです。

ヘッドターンのタイミングや動きを、後方にある16gのウエィトで調整でき、想像以上に利くウエィトです。

打感&打音
インパクト直後は、やや食い付く柔らかさを感じますが、そのあと手ごたえのある弾き感があります。今モデルでは打音も改良され、やや締まった金属的な音になっています。
弾道
HS40~43m/s辺りでは、ほどよくスピンのかかった高弾道ストレート~ややドロー系で、トータル距離240ヤード辺りに。ミスヒットに強く安定感があります。

HS45m/s辺りでしっかり叩いて打っても、フェースターンがゆるやかなので左につかまり過ぎず、ある程度ヘッドの操作性も確保され振り抜きも良いので、しっかり振りきって打てば速いボール初速で直進性が高く、フェード系のパワーヒッターの方も安心して振っていけるモデルです。

G410 PLUS ドライバー

※スペックは当サイト調べ。

発売日:2019/03
ヘッド体積
ライ角
ロフト
弾道調整
455cc
59.5°
10.5
あり
参考スペック ロフト10.5°
シャフト:TENSEI CK Pro Orange(60S)
長さ
総重量
45.25
D0/307g
外観
2017/09に発売された「G400 SFTECドライバー(445cc)」の後継になる『G410 SFT(455cc)』

アドレス時は、フックフェースと大きく見えるフェース面、やや丸みのある輪郭に投影面積も大きいので、ボールがつかまるやさしいイメージを満載にした外観です。

固定式のウエィトがドローポジションに装備され、「G410 PLUS」よりも短い重心距離で、ほどよくボールをつかまえる操作性をだし、「G410 PLUS」よりもやや軽いヘッドです。

打感&打音
「G410 PLUS」とほとんど変わらず、弾き感もあり打ち応えはあります。
弾道
HS40~43m/s辺りで打つと、「G410 PLUS」よりもつかまりが良く、速いボール初速のハイドローで、安定感の高さはダントツです。

HS45m/s辺りでは、打ち出しの高いややドロー系で260ヤード辺り。つかまりが良いので、左を警戒する方は「G410 PLUS」の方がおすすめです。

G410 PLUS/SFT おすすめ分布図

※当サイトの試打イメージです。

G410 PLUS
ヘッドの重量感を感じながらスイングをしたい方と相性がよく、ほど良いつかまりとスピン量で、ストレート系の安定感を求める中上級者の方におすすめです。パワーヒッターの方も、シャフトとウエィト調整で、飛び系仕様にやさしくカスタムしやすいヘッド。
G410 SFT
さらに、やさしさをイメージしやすい構えやすさと、つかまりを重視したヘッドは、スライサーやプッシュアウトの多い初中級者の方におすすめです。しっかりミートする感覚が身につけば、飛距離も伸びやすく結果も出やすいヘッドです。

注目シャフト「TENSEI CK Pro Orange」がラインナップ


「G410 PLUS」「G410 SFT」では、さまざまなタイプの方に向けた純正シャフトや、カスタムシャフトがラインナップされています。

中でも、三菱ケミカル社『TENSEI CK Pro Orange』が標準カスタム(60S/70S)で用意され、ヘッドと共に注目を集めています。

【粘り系】TENSEI CK Pro Orange
2017-18シーズンの海外メジャー競技で、最も多くのプレーヤーが手にした『TENSEI CK Pro Orange』。手元に重心があるカウンターバランスの元調子シャフトで、重いヘッドを入れてもスイングウエィトが約2ポイント軽くなるので、スイングスピードを落とさず振り抜きやすい特徴があります。

手元側のなめらかなしなりと、センターから先端の硬さでしっかり叩けるシャフトで、スピン量を抑えた弾道がでやすく、タイミングが合わせやすい適度な粘りと弾き感で、素直で軽快に振りやすく扱いやすいシャフトです。

『TENSEI CK Pro Orange』と「TENSEI CK Orange」

TENSEI CK Pro Orange

現在、国内で販売されているシャフトは『TENSEI CK Pro Orange』で、カーボン素材や手元の重量配分など、同じコスメで特性が異なる「TENSEI CK Orange (国内未発売)」も発売されています。
PING以外の商品でも、カスタムで組む場合やUS仕様の商品を購入する時は、注意が必要です。『TENSEI CK Pro Orange』は、手元部に「W」のマークがあります。

ピン G410ドライバー

2019年モデルはやさしさが大きく進化

自分のスイングやレベルに合うクラブ選びはいつの時代も変わりませんが、2018~2019年モデルは、各メーカーから飛距離とやさしさのバランスよい製品が多く発売されれいます。タイミング的にご紹介できなかったモデルでは、やさしいストレート系のコブラ「KING F9」、やさしさと操作性のミズノ「Mizuno Pro Model-E」など、近年ではめずらしいドライバー大豊作の年です。

全体的に重心距離が長いモデルが多くヘッドターンがしづらいので、インパクトでスクエアに近い状態に戻せないと、右方向へ飛ぶプッシュアウトのミスがでやすい面もあります。

重心距離の長いモデルで右方向のミスが出やすい方は、少しはやめにフェースをスクエアに戻す動きをしてみるのもおすすめです。

ここ数年ドライバーを替えてなかった方、ドライバーの調子が今ひとつの方は、そろそろ新しいドライバーを収穫して、今年はおいしいドライバーのキレ味を、楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

2019年ドライバー新着

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました