はずかしくないキャディバッグ選び①タイプで別れる選び方を購入前に総チェック! 

小物&ファッション

アマゴルファーさんの戦う武器を収納してくれ、ゴルフをする時はいつも横に居てくれじっと見守ってくれる『キャディーバッグ』。もはや相棒と言っても過言ではない存在です。

そんな相棒キャディバッグを選ぶ時、何を基準にを選べばよいのか?。

今回は、周りから「いいね!」と言ってもらえるキャディーバッグの選び方をしていただくためにも、『ここがポイント!キャディバッグ選び』として選び方の基本ポイントをお届けします。

スポンサーリンク
プロゴルファーも愛用者多数!気になる足の匂いを撃退する人気商品「グランズレメディ」!

キャディバッグの種類を知ろう!

キャディバッグの種類は、2本のスタンドでキャディバッグを斜めに立たせる「スタンドタイプ」と、スタンドなしで自立する「カートタイプ」と呼ばれる2つの種類で分類されます。

スタンドタイプ

スタンドタイプの特徴
担いでラウンドすることも想定され、ボールを打つ時にサクッと2本のスタンドでキャディバッグを斜めに立たせ、クラブを取りだしやすく軽量モデルが多いのが特徴です。

重量2.5~3kg前後の商品が多く発売されています。

スタンドタイプがおすすめの方
・担いでプレーする方はマストアイテムです。
・担いでプレーする方は、4点式ショルダーベルトがおすすめです。
・担いでプレーしないが、とにかく軽量にこだわりたい。
・車のトランクをキャディバッグで占領したくない。
・スポーティなイメージが好きな方。
スタンドタイプは1回検討の方
・耐久性を重視したい。
・ポケットの数は多い方がよい。
・衝撃に強い方がよい。
・シューズをキャディバッグに入れておきたい。

スタンドタイプは長いスタンドが装備されているので、大きなポケットは少なくなりますが、とにかく軽さとスポーティーなデザインが好きな方におすすめです。

カートタイプ カジュアルモデル

カートタイプ カジュアルモデルの特徴
スタンドなしで自立できカートに積込みやすく、スタンドタイプよりポケットが多くなっています。商品によっては軽量・コンパクト設計や防水性など、機能性をを高めた商品も多く発売され、カジュアルなデザインからクラシック風、スポーティなデザインまでバリエーションが豊富です。

重量2.7~4.0kg前後の商品が多く発売されています。

カートタイプ カジュアルモデルがおすすめの方
・スタンドは要らない方。
・ポケットの数を優先したい。
・耐久性を重視したい。(合皮モデル)
・車のトランクに積みやすいサイズがよい。
・シューズをキャディバッグに入れておきたい。
カートタイプ カジュアルモデルは1回検討の方
・もう少しポケットの数を増やしたい。
・もう少し頑丈なモデルがよい。
・ツアープロっぽい迫力あるイメージが好み。

カートタイプはスタンドがないことで大きなポケットが装備されます。ゴルフシューズやレインコートも一気に詰め込める収納力や、素材によって超軽量モデルもあるので、はじめてのキャディバッグにもおすすめです。素材と重量を見比べながら豊富なデザインから選べます。

カートタイプ ツアーモデル

カートタイプ ツアーモデルの特徴
各メーカーの最上位モデルになるキャディバッグで、契約プロゴルファーが実際に使用しているモデルも多く発売されています。合成皮革や細部のビス止め、3点式ショルダーなど、耐久性に優れた商品が多いですがサイズが大きく重量は重くなります。

ツアーモデルをベースにしたやや小型のレプリカモデルや、たまに限定モデルも発売されるので、ツアー好きなの方はさらに楽しめるカテゴリーです。

重量3.7~5.5kg前後の商品が多く発売されています。

カートタイプ ツアーモデルがおすすめの方
・スタンドは要らない方。
・迫力のあるデザインが好み。
・ポケットの数を優先したい。
・耐久性を重視したい。
・限定モデルを探したい。
カートタイプ ツアーモデルは1回検討の方
・大きいサイズは必要ない方。
・車のトランクに積みやすいサイズがよい。
・重い物を持つと腰や背中を痛めやすい。

ツアーモデルはサイズが大きく重量もありますが、この辺が大丈夫で気に入ったデザインがあれば、耐久性があり長く使えるキャディバッグです。ゴルフ場まで車で乗せて行ってもらう事が多い方は、さすがに10.5型は大きすぎるので、9型や9.5型を目安に選ぶのがおすすめです。

キャディバッグ選び「口径」を決めよう!

口径
キャディバッグは8.5型や9.5型など、口枠の縦の長さを『口径』と呼びます。

8.5型は長さ8.5インチ(約21cm)、9型は長さ9インチ(約23cm)、9.5型は長さ9.5インチ(約24cm)、10.5型は長さ10.5インチ(約27cm)になり、口径が大きくなるほどクラブの取り出しはしやすいですが重くなります。口径サイズ9~9.5型が定番です。

ウッド系やユーティリティが多い方はヘッドカバーがあるので、小さすぎる口径サイズを選ぶと、かなりぎゅうぎゅう詰めになりやすいので、見た目がカッコ悪く見えます。

キャディバッグ選び「口枠パターン」をチェック!

口径パターン
キャディバッグはクラブを整理して入れられるように、口枠に仕切りが設けられています。

口枠パターンの数が多すぎると、数本のクラブを出し入れする時に時間がかかり、少なすぎるとバックの中でクラブがひっかかりやすいので、色々と工夫しながら収納するのもポイントです。

モデルによって口枠の数は異なりますが、ベーシックなパターンが5~6分割で、仕切りが多いモデルではすべてのクラブを区切る14~15分割まであります。自分の使いやすそうな口枠パターンを選ぶのもポイントです。

キャディバッグ選びの基本ポイント!

・「スタンドタイプ」か「カートタイプ」かを決める。
・コンパクト性や軽量性を重視なら「スタンドタイプ」
・シューズ入れなどポケットのサイズと数をチェック。
・初心者の方はポケット多めの「カートタイプ」がおすすめです。
・クラブの本数と口径サイズのバランスをチェック。
・クラブの出し入れをしやすい好みの口枠パターンをチェック。
・大きさや重量がOKな方は「ツアーモデル」もおすすめです。
・長く使用するなら合成皮革がおすすめです。
・軽量重視ならナイロン素材がおすすめです。

キャディバッグは売り切れるのが早いので、タイプと機能性を絞って気に入ったデザインのキャディバッグがあれば、来年のモデルが自分好みかどうかは分からないので、はやめに購入しておくのがおすすめです。

各メーカーのH.Pでも呼びかけられていますが、オークションサイトを中心にパチ物が多く出回っています。とくにキャディバッグはパチ物が多いので、ネットショップ系の購入がおすすめです。
キャディバッグ スタンドタイプ

キャディバッグ カートタイプ

形から入らないツアープロのキャディバッグを見てみよう!

我々と違い形から入らない本物のプロは、使用する用具やウェアから選んだり、スポンサーさんから提供されるキャディーバッグを使用しています。

初心者アマゴルファーさんはツアー会場やTV中継などで、プロが使用しているギアやキャディバッグをチェックしてみると、これまでとは違った見え方があると思います。

名前を知らないプロも居るかも知れませんが、ツアーで活躍しているプロを数名ですがご紹介。

鈴木 愛 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 鈴木 愛

鈴木 愛

2017年に初の賞金女王に輝き、現在の女子ツアーを引っ張る存在です。鈴木愛選手の使用するギアメーカーは「PING」。同社のツアーモデルのキャディバッグを使用しています。

PING キャディバッグ
ラインナップはそれほど多くありませんが、ロゴが引き立つシンプルなカラーリングが多く、スタンドタイプ/カートタイプ/ツアーモデルが発売されています。

渋野日向子 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 渋野日向子

渋野日向子

2019年海外メジャー初出場(全英女子オープン)で、日本勢42年ぶりとなる2人目のメジャー制覇を達成。1997年~98年生まれの「黄金世代」と呼ばれる女子プロゴルファーの1人で人気の注目選手。渋野日向子の使用するギアメーカーは「PING」。同社のツアーモデルのキャディバッグを使用しています。

原 英莉花 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 原 英莉花

原 英莉花

1997年~98年生まれの「黄金世代」と呼ばれる女子プロゴルファーの1人原 英莉花選手。2015年から男子プロ・尾崎将司の指導を仰ぎ、ツアーでは常に上位で活躍しています。原 英莉花選手の使用クラブは「ミズノ」。キャディバッグは同社のツアーモデルを使用しています。

ミズノ キャディバッグ
ツアーモデルは白/青のカラーリングで、ツアープロが使用するモデルやスタンドタイプ、3点式ショルダーから2点式になったレプリカモデルが発売されています。
一般モデルはラインナップが多く、他社と組んだコラボモデルやミズノ史最軽量1.3kgの「K1-LO」など、話題モデルが発売されています。
ミズノ キャディバッグ

河本 結 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 河本 結

河本 結

2018年にプロ転向し2019年「アクサレディス in MIYAZAKI」でツアー初優勝。その後出場するほとんどの試合で上位をキープし、安定感のあるゴルフなど今後要チェックの逸材です。
河本結選手の使用するクラブは「キャロウェイ」。キャディバッグは同社のツアーモデルを使用しています。

キャロウェイ キャディバッグ
ツアーモデルやツアーレプリカモデルはじめ、一般モデルではスポーティなデザインからクラシック風までバリエーションが豊富でレディースも充実しています。
ウェアや小物も人気があるので、同一メーカーでコーディネートしやすいメーカーです。
キャロウェイ キャディバッグ

宮里美香 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 宮里美香

宮里美香

ジュニア時代からその名を轟かせ、2004年「日本女子アマ選手権」、2006年「世界ジュニア」を制し2008年プロ転向。2009年から主戦場を海外に移し、2012年「セーフウェイクラシック」で待望の米初優勝を遂げています。
宮里美香選手は2019年から日本ツアーに戻り、使用するクラブは以前からテーラーメイドですが、キャディバッグは「BRIEFING」と契約し使用しています。

BRIEFING キャディバッグ
1998年に日本のセルツリミテッドが立ち上げたブランドで、ミル・スペック(米国における軍用品の調達規格)に準拠したミリタリズムと機能美を持つラゲッジレーベル。2017年よりゴルフアパレルに本格参入し、都会的な大人のクリーンで洗練されたスタイルを提案し、BEAMS GOLF別注など人気モデルも発売されています。
BRIEFING キャディバッグ

松山英樹 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO 松山英樹

松山英樹

ジュニア時代から石川遼としのぎを削り、2010年「アジア・アマチュア選手権」で優勝し、2011年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」をアマチュアでツアー優勝。2013年プロ転向しシーズン4勝を挙げ、ツアー初のルーキー賞金王に。2014年から主戦場をアメリカPGAツアーに移し活躍する国内最強プロ。松山英樹選手はダンロップと契約し、スリクソンブランドのアイアンとキャディバッグを使用しています。

スリクソン キャディバッグ
『SRIXON(スリクソン)』のネーミングは社名「Sumitomo Rubber Industries」の略「SRI」に、「ON」はGO ON(進み続ける)の意味を持っています。アスリートブランドらしい、シンプルで機能的なキャディバッグが発売されています。
スリクソン キャディバッグ

ジャスティン・トーマス 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO ジャスティン・トーマス

ジャスティン・トーマス

国籍:アメリカ
2013年プロ転向。2016年「CIMBクラシック」でツアー初優勝し、2017年「全米プロゴルフ選手権」でメジャー初制覇を挙げています。爆発力のあるプレーが魅力で、PGAツアーの世代交代の一角を担う1人。ゴルフクラブは「タイトリスト」を使用し、キャディバッグは同社のツアーモデルを使用しています。

タイトリスト キャディバッグ
1932年にアメリカで創業され、1935年初代タイトリストゴルフボールを発売。現在はゴルフクラブも発売され、世界中の多くのトッププレーヤーが使用しています。キャディバッグはシンプルで機能性の高いカートモデルが多く発売され、エナメル素材やウエッジの「VOKEY」、パター「スコッティキャメロン」の限定キャディバッグが人気です。
タイトリスト キャディバッグ

ダスティン・ジョンソン/ロリー・マキロイ 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO ダスティン・ジョンソン

ダスティン・ジョンソン

国籍:アメリカ
2008年のルーキーイヤーから、12シーズン連続の優勝を挙げ、永久シード獲得の勝利数条件をクリア。ツアー屈指の飛距離と絶妙なアプローチを武器に、賞金ランク上位の常連です。2016年「全米オープン」を優勝したメジャーチャンピオン。テーラーメイドと用具契約しています。

※永久シードは、勝利数20勝とツアー選手として15年以上のキャリアが必要です。

PHOTO:GDO ロリー・マキロイ

ロリー・マキロイ

国籍:北アイルランド
2007年プロ転向後、2009年の「ドバイデザートクラシック」で初優勝。2011年「全米オープン」、2012年/2014年「全米プロ」、2013年「全英オープン」などメジャータイトルを次々と獲得。アグレッシブに攻めるスタイルにスター性と影響力もあり、次世代のゴルフ界を担う1人。テーラーメイドと用具契約しています。

テーラーメイド キャディバッグ
1979年にアメリカで創業されたゴルフ用品メーカーで、世界で活躍する多くのプロがテーラーメイドのクラブを使用しています。日本正規で発売されているキャディバッグはモノトーンでシンプルな商品が多いですが、海外で発売されている商品はバリエーションが多く、人とカブらないキャディバッグを探してる方は、並行輸入などを探してみるのも楽しいと思います。
テーラーメイド キャディバッグ

タイガー・ウッズ 使用キャディバッグ

PHOTO:GDO タイガー・ウッズ

タイガー・ウッズ

国籍:アメリカ
ゴルフをやらない方もタイガー・ウッズの名前は知っている、ゴルフ界のスーパースター。プロ転向は1996年でPGAツアー通算81勝(2019/04現在)など、数々の偉業を達成。2019年マスターズでは、2008年の全米オープン以来11年ぶりとなる、メジャー通算15勝目を挙げています。使用しているゴルフクラブは「テーラーメイド」で、キャディバッグは「VESSEL(ベゼル)」を使用しています。

VESSEL (ベゼル) キャディバッグ
アメリカのバッグブランドで、キャディバッグはカスタムを中心に、PGA、LPGAツアープロの使用率が高いブランドです。シンプルなデザインで使い勝手がよく、高品質の合成皮革を使用しながら意外と価格は安く、あまり人が持っていないブランドです。

バッグが一つ売れるごとに、世界中の恵まれない子供達にスクールバッグを寄付するチャリティ活動も活発なブランドです。

VESSEL(ベゼル) キャディバッグ
タイトルとURLをコピーしました