ゴルフ用レーザー式距離計の王道ブッシュネル!定番人気モデル7機種を徹底比較!

小物&ファッション

セルフプレーが多いアマゴルファーさんにとって、スコアアップに必要なアイテム距離測定器。

最近はGPSナビが装備されたゴルフカートも多くなり、ゴルフ場のおかげで大変ラウンドしやすくなりましたが、カートから離れいざボールに近づいてみると、意外と距離が残っていたり100ヤード以内の残り距離がビミョーだったりと、不安を残しながらショットを打つシーンも多々あります。

打てる打てないは別として、残り距離をしっかり把握して自信をもってショットするためにも、今回は正確な残り距離を計測できるレーザー式距離測定器の中から、高性能で世界的シェアの高い『ブッシュネルゴルフ』をご紹介。

スポンサーリンク

ブッシュネルとは?

ブッシュネルは1948年、David P.Bushnellにより創業された、アメリカで70年以上にわたり、光学機器史を牽引してきたトップシェアメーカーです。

長い年月から蓄積された技術を活かし誕生したブッシュネルゴルフのレーザー測定器は、ゴルフ距離計界に革新をもたらしています。

日本国内の正規輸入代理店は阪神交易さんになります。

海外の権威あるスポーツ調査機関からは、2019年全英オープンでツアープレーヤーの98.7%、ツアーキャディーの98.6%がブッシュネルを使用(試合では使用不可)しているデータが報告され、過去の大会も同様の高い使用率です。

精度の高い計測とスピーディーで使い勝手の良い最新鋭の機能を搭載し、国内外のツアープロ選手の使用者が多く、信頼度の高いブランドとして定着しているメーカーです。リッキー・ファウラー選手の広告でもおなじみです。

ブッシュネル レーザー距離計の機能

ピンシーカー機能

※モデルにより表示は異なります。

ピンシーカー機能は、ピンと背景物がカブって測定しづらい時に、複数のレーザー反射情報から最も近くの目標物情報を優先的に処理するモードです。ピン周りをゆっくり計測すると、ピンがとらえやすくなります。

ジョルト(振動)機能

ジョルト機能は、ピンシーカー機能が作動した時に測定完了の合図を振動でお知らせしてくれます。
・今回ご紹介するモデルは、全て「ピンシーカーモード」「ジョルト機能」が搭載されています。

ビジュアルジョルト機能

ビジュアルジョルト機能が搭載されたモデルは、ピンなどの細い目標物を測定時、測定完了の合図を振動に加え画面外周が赤く発光してお知らせしてくれます。

搭載モデル:プロXEジョルト

E・S・P2技術

E・S・P2(エクストリーム・スピード・プレシジョン2)を搭載しているモデルは、測定ボタンを押してからの高速測定と、5~125ヤード測定時には±0.5ヤードの精度で、0.1ヤードの表示単位を実現し測定速度も向上しています。

搭載モデル:スロープツアーZ6ジョルト/プロX2ジョルト/スロープL7ジョルト

スロープモード(高低差)機能

スロープ(高低差)機能が搭載されたモデルは、±20°の勾配を自動測定し、打ち上げ打ち下ろしなど高低差を加味した「打つべき推奨距離」を表示してくれます。

搭載モデル:スロープツアーZ6ジョルト/スロープツアーV4ジョルト/プロX2ジョルト/スロープL7ジョルト/ツアーV4シフトジョルト/プロXEジョルト

エレメント機能

エレメント機能が搭載されたモデルは、スロープ機能に加え「気温・高度(気圧)」を加味して「打つべき推奨距離」を表示してくれます。

搭載モデル:プロXEジョルト

スロープスイッチ機能

スロープスイッチ機能が搭載されたモデルは、切り替えスイッチでスロープ(高低差)機能を瞬時にOFFにすることができます。

搭載モデル:スロープツアーZ6ジョルト/スロープツアーV4ジョルト/プロX2ジョルト/スロープL7ジョルト/ツアーV4シフトジョルト/プロXEジョルト

ビビットディスプレイ技術

ビビットディスプレイ技術を搭載しているモデルは、周囲の明るさや天候に合わせ明度を4段階の調整ができる、認識性の高い赤色ハイコントラストのディスプレイで表示してくれます。
・ビビットディスプレイ非搭載のモデルは文字色が黒色になり、黒色赤色に対応している「デュアルディスプレイ機能」搭載モデルもあります。

搭載モデル:スロープツアーZ6ジョルト/プロX2ジョルト/スロープL7ジョルト/プロXEジョルト

モデルにより搭載している機能や性能が違うので、ラウンドするに辺り「どの機能が自分にとって使いやすそうか?」を、商品の特徴やデザインと一緒に選んでみると、選びやすくなると思います。

※ディスプレイイメージは、モデルにより異なります。
※搭載モデルは、2014年7月以降に発売された主要モデルです。

ブッシュネル レーザー距離計の違い

モデル
スロープツアーZ6ジョルト
スロープツアーV4ジョルト
 ツアーV4ジョルト 
 プロX2ジョルト 
スロープL7ジョルト
ツアーV4シフトジョルト
 プロXEジョルト 
発売日
2014/4
2016/10
2016/11
2017/4
2018/10
2019/7
2019/8
最大測定距離
5~1,300y
5~1,000y
5~1,000y
5~1,300y
5~1,300y
5~1,000y
5~1,300y
測定誤差
±1y以内
±1y以内
±1y以内
±1y以内
±1y以内
±1y以内
±1y以内
倍率
6倍
5倍
5倍
6倍
6倍
5倍
7倍
手ブレ補正
非搭載
文字色
赤⇔黒
ジョルト(振動)
ビジュアルジョルト
×
×
×
×
×
×
スロープモード(高低差)
×
スロープモードOFF
×
E・S・P2
×
×
×
×
アイレリーフ
16mm
17mm
17mm
16mm
16mm
17mm
17mm
防水
IPX7
防滴構造
防滴構造
IPX7
IPX7
IPX4
IPX7
重量
227g
159g
159g
227g
227g
162g
315g
サイズ
102x74x33mm
104x79x41mm
104x79x41mm
102x74x33mm
102x74x33mm
104x76x46mm
114x84x44mm
オートパワーオフ
7秒
10秒
10秒
7秒
7秒
10秒
10秒

今回ご紹介させていただくモデルは、2014年7月以降に発売された主要モデル。生産が完了しているモデルもありますが、ネットではまだ購入できますのでご参考になればと思います。

スロープツアーZ6ジョルト

平均売価:46,800円(税込み)
2020/5現在の平均売価。
発売日:2014年4月

最大測定距離5~1,300y、測定精度±0.5y(5~125y)/±1y(125y~1,300y)の『スロープツアーZ6ジョルト』。

外観はコンパクトサイズの完全防水(IPX7)仕様で、ラバー外装と高品位メタルボディのタフな剛性に、天候の悪い日にも強い完全防水(IPX7)と撥水コートレンズが特徴です。

少し前のモデルになりますが、E.S.P2搭載で測定スピードも速くコスパの高いモデルです。

左側面の「B」ボタンを押すと、スロープモード(高低差)/直線距離モードの選択ができます。

専用ケース付
・ベルトループ対応
・カナビラフック

・倍率:6倍率。
・レンズ:多層膜コート/撥水コート。
・画面:赤文字 ビビットディスプレイ。
・スロープモード(高低差):ON/OFF可。
・ピンをとらえた時:ジョルト(振動)/125y以内は±0.5yの精度。
・防水:IPX7 雨天使用可能。
ブッシュネル スロープツアーZ6ジョルト

スロープツアーV4ジョルト

平均売価:57,900円(税込み)
2020/5現在の平均売価。
発売日:2016年10月

最大測定距離5~1,000y、測定精度±1yの『スロープツアーV4ジョルト』。

表示文字は黒色で、ピンシーカー&ジョルト(ピンモード/振動)とスロープ(高低差)機能を搭載。

5倍望遠に視界が明るいマルチコートレンズなど、プライベートなラウンドで使い勝手の良い機能を搭載させた軽量モデルです。

スピーディなピント調整を実現したクイックフォーカスシステム採用。

左側面の「B」ボタンを押すと、スロープモード(高低差)/直線距離モードの選択ができます。

専用ケース付
・ベルトループ対応
・カナビラフック

・倍率:5倍率。
・レンズ:多層膜コート。
・画面:黒文字。
・スロープモード(高低差):ON/OFF可。
・ピンをとらえた時:ジョルト(振動)。
・防水:防滴構造。
ブッシュネル スロープツアーV4ジョルト
※生産完了の為、在庫状況は変動しています。

ツアーV4ジョルト

平均売価:52,880円(税込み)
2020/5現在の平均売価。
発売日:2016年11月

スペックはスロープツアーV4ジョルトと変わりませんが、ピンシーカー&ジョルト機能(ピンモード/振動)だけを搭載した直線距離専用のモデルです。

スピーディなピント調整を実現したクイックフォーカスシステム採用。

専用ケース付
・ベルトループ対応
・カナビラフック

・倍率:5倍率。
・レンズ:多層膜コート。
・画面:黒文字。
・スロープモード(高低差):非搭載
・ピンをとらえた時:ジョルト(振動)。
・防水:防滴構造。
ブッシュネル ツアーV4ジョルト
※生産完了の為、在庫状況は変動しています。

プロX2ジョルト

平均売価:72,800円(税込み)
2020/5現在の平均売価。
発売日:2017年4月

最大測定距離5~1,300y、測定精度±0.5y(5~125y)/±1y(125y~1,300y)の『プロX2ジョルト』。

天候や背景など、状況に応じて赤文字のビビットディスプレイ(4段階明度調整)と、黒文字に切り替えられるデュアルディスプレイが搭載され、6倍望遠に視界が明るい