【戦う武器】驚異の430yのビッグドライブ!今季1勝目D.ジョンソン優勝セッテイング!

2018年PGAツアーの初戦「セントリートーナメントofチャンピオンズ」は、今年もハワイにあるプランテーションコースatカパルア(7452yd パー73)で開催されました。

今大会は、優勝賞金126万ドル(約1億4000万円)をかけ、2017年の公式戦優勝者のみが出場するハイレベルな大会で、アップダウンの激しいコースと芝目が強いバミューダ芝、最終日は強風に時おり雨が降りしきる熾烈なコースコンディションの中、戦いが繰り広げられました。

優勝は、現在世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンが、1イーグル7バーディ、1ボギーの「65」で回り、2位のジョン・ラームに8打差をつけ、通算24アンダーで今季初優勝を飾りツアー通算17勝目としました。

日本からは松山英樹選手が出場し、最終日は1イーグル、5バーディ「66」でプレーし、4位タイで2018年初戦を終え、現在世界ランク5位。

今回は、世界ランキング1位のD・Jこと、ダスティン・ジョンソンの「セントリートーナメントofチャンピオンズ」での優勝ギアをご紹介。

圧巻の24アンダーで今季1勝目を挙げたD.ジョンソン

Photo:GDO 今季1勝目を挙げたD.ジョンソン。2位に8打差をつける完勝

ダスティン・ジョンソン(33)
国籍 アメリカ プロ転向 2007年
身長 193.0cm 体重 86.0kg
PGAツアーでも上位にランクする、飛ばし屋のダスティン・ジョンソン。

2008年「ターニングストーン・リゾート選手権」でツアー初優勝を挙げ、その後も毎年優勝を重ね、2011年「全英オープン」、2015年「全米オープン」では惜しくも2位と、メジャー優勝に手が掛かりながらも、出入りの激しいゴルフがネックとされていました。

飛距離も出てショートゲームにも強いプレーヤーですが、ターニングポイントになったのは2016年。戦い方に応じたコースマネジメントを大幅に向上させたことにより、2016年の「全米オープン」では、念願のメジャー初優勝を挙げ世界ランク3位に。勢いそのままに、2017年は世界ランク1位に君臨するトッププレーヤー。

米国 17勝
メジャー 1勝
2018年世界ランク1位
2018年FedEXランク2位

2018/1/10現在

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン優勝セッテイング

D.ジョンソンの契約クラブメーカーはテーラーメイド。ウェアはアディダスゴルフと契約しています。

D.ジョンソン優勝セッテイング
1W テーラーメイド M4(9.5°)
シャフト:フジクラ Speeder 661 Evolution 2.0 Tour Spec-X
3W テーラーメイド M4 3HL(16.5°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X HZRDUS Black 6.5 95X
3I テーラーメイド P-790
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
4I~PW テーラーメイド P-730 DJ Proto
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ウエッジ テーラーメイド Milled Grind(52°/60°)
テーラーメイド Hi-Toe(64°)
シャフト:KBS Tour Black フレックス130X
パター テーラーメイド
Spider Tour Black
(with T-line on the crown)
ボール テーラーメイド TP5X

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用ドライバー


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018ドライバー
1W テーラーメイド M4(9.5°)
シャフト:フジクラ Speeder 661 Evolution 2.0 Tour Spec-X
ここがポイント!
2018/1/16に発売になる、テーラーメイドの新製品「M4」を使用。

今回の新製品では「M3」「M4」が発売され、これまでのM1の後継が「M3(430/460cc)」、M2の後継が「M4(460cc)」になり、トウ側が湾曲してオープンでヒール側がクローズしている「ひねり」のある新しいフェース形状「ツイストフェース」を搭載し、芯を外したショットでもより正確性を向上させています。

2017年のD.ジョンソン使用ドライバーはM1を使用していましたが、2018年は「M3」「M4」をテストした中で、今大会ではやさしさを重視した「M4」で試合に挑み、「M4」がデビュー戦で早くも1勝を挙げました。

強風のフォローという条件もありましたが、最終日は370ヤード越えを連発し、打ち下ろしの12番(パー4/433yd)では、430ydのビックドライブでカップ手前15cmで静止するスーパーイーグルを魅せてくれました。

クラブ契約フリー選手もぞくぞく使用し、ジョンソン、ケプカ、ジェイソン・ダフナー、J・ラーム、が使用している、今年大注目のドライバーです。

テーラーメイド ドライバー
※「M3」「M4」は1/16発売。
M1/M2の価格が下落しています。USモデルはライ角やシャフトなど、国内仕様とスペックが異なります。

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用フェアウェイウッド


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 FW
3W テーラーメイド M4 3HL(16.5°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X HZRDUS Black 6.5 95X
ここがポイント!
今大会ではフェアウェイウッドも、テーラーメイドの新製品「M4」を使用。

進化したスピードポケットに、内部の重量を分割して設計され、前モデルM2 2017より直進性が高く寛容性と打音が向上しています。

2017年のD.ジョンソン使用3Wは、M1 2017 3HL(ロフト15° 国内未発売)を使用。今大会では、フェアウェイウッドをほとんど使用しませんでしたが、テーラーメイドのフェアウェイウッドは、松山英樹選手(M2 2017)をはじめ、多くの契約外プロが使用するフェアウェイウッドです。

2018年シーズン、世界ランク1位のD.ジョンソンが今年最初の試合に選んだフェアウェイウッドは、やさしさと飛距離+直進性が高い「M4」で、形から入るアマゴルファーさんのフェアウェイウッド選びの候補としても、挙げておきたいクラブのひとつです。

テーラーメイド フェアウェイウッド
※「M3」「M4」は1/16発売。
※M1/M2の価格が下落しています。USモデルはライ角やシャフトなど、国内仕様とスペックが異なります。

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用3アイアン


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 #3
3I テーラーメイド P-790
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ここがポイント!
2017年のD.ジョンソン使用のロングアイアンは、テーラーメイド UDi #2でしたが、2017年後半からは「テーラーメイド P-790 #3」を使用し、今期は多くのテーラーメイド契約プロも、使用する予定になっているそうです。

クラシカルなフォルムの「テーラーメイド P-790」は、複合素材を組み合わせた中空構造に、タングステンウェイトを内蔵させ、低重心で高い寛容性を両立させた軟鉄鋳造アイアンです。好みのシャフトとグリップを装着できるカスタム専用モデルで、#3、#4は単品販売されています。

オフセットが少ないストレート形状に、トップラインが厚すぎないヘッドデザインを好む中上級者の方で、ロングアイアンのイメージよりは、弾き感も強いので、高弾道が打ちやすいユーティリティアイアンとして使用したい方におすすめのヘッドです。

テーラーメイド P-790単品

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用4I~PW


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 4I~PW
4I~PW テーラーメイド P-730 DJ Proto
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ここがポイント!
2017年まで、テーラーメイド Tour Preferred(ツアープリファード) MB 14を、長く使用していましたが、2018シーズンからは「テーラーメイド P-730 DJプロト」を使用し、2017年10月に行われた、世界ゴルフ選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」では、ジャスティン・ローズが「P-730 Roseプロト」で優勝しています。

P-730アイアンは、D.ジョンソンやローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズなど、テーラーメイド所属のトッププレーヤーからのフィードバックを再現した、全番手1ピース構造の軟鉄鍛造ブレードアイアンで、国内では2017年11月にカスタムメイドで発売されています。

テーラーメイドはウッド系が得意なイメージのメーカーですが、小ぶりで切れ味のよいP-730アイアンが、今季何勝するのかと業界注目のアイアンです。

テーラーメイド P-730アイアン

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用ウエッジ


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 ウエッジ
ウエッジ テーラーメイド Milled Grind(52°/60°)
テーラーメイド Hi-Toe(64°)
シャフト:KBS Tour Black フレックス130X
ここがポイント!
52°/60°のウエッジは、2017年までと同じテーラーメイド Milled Grind(ミルドグラインド) を使用し、新たに数本テストしていたのが「Hi-Toe ウエッジ」。

「Hi-Toe ウエッジ」は、まだ海外でも発売されてないモデルですが、重心が高くフェースの開きやすと強いスピン性能の高さが特徴とされ、これまでのウエッジでは、スイング時にフェースの操作が必要だったD.ジョンソンのショットが、「Hi-Toe ウエッジ」を使用することで、シンプルにボールが打てスピン性能も高いと評価してるようです。

セントリートーナメントofチャンピオンズ2018
D.ジョンソン使用パター


D.ジョンソン 
セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 パター
パター テーラーメイド
Spider Tour Black
(with T-line on the crown)
ここがポイント!
2017年の使用パターでは、エースパター「SPIDER TOUR BLACK」と「テーラーメイド TP Collection Juno(国内未発売)」を使用していましたが、今大会では、これまでの「SPIDER TOUR BLACK」のクラウンに、白いTアライメントを引いて使用。

さまざまなTアライメントを引いたモデルをテストしながら決定したようですが、パッティング精度も向上し今大会では結果にも現れています。

SPIDERシリーズは、大きな慣性モーメントによる安定感が特徴になり、「SPIDER TOUR」は、ジェイソン・デイが2016年から使用し、世界的に大人気となったパター。どのようなグリーンでも高い直進性を実現する「新ピュアロール」インサートを採用し、しっかりめの打感と打音も特徴です。

D.ジョンソンのスタイルにあわせて開発された、限定仕様の『SPIDER TOUR BLACK』の国内モデルは、ほぼ完売になるほど日本でも人気があり、通常モデルが2トンカラーの「SPIDER TOUR PLATINUM」で発売されています。

ネック形状では、『SPIDER TOUR BLACK』がショートスラントネック、「SPIDER TOUR PLATINUM」がダブルベント仕様。

テーラーメイド SPIDER TOUR

2018年もD.ジョンソンから目が離せない!

D.ジョンソンの魅力は、身長193.0cmの体格から放たれるドライバーショットや、他の選手と1番手も2番手も違うアイアンショットなど、迫力のあるアグレッシブなショットが魅力です。

そして、今大会では飛距離を活かした圧巻の430ydビックドライブで、あわやエースという名シーンが飛び出しました。ほかにも、とんでもないショットを連発するD.ジョンソンと使用するギアに今年も目が離せません。

・セントリートーナメントofチャンピオンズ2018 12番(パー4/433yd)
・USPGAより ※音声が出ますので周りに注意してご試聴して下さい。

GOLF WRX

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?