はずかしくないウエッジの選び方 1 トッププロから学ぶウエッジセッテイング!

ウエッジってどう組むんですか?
当サイトに、とてもシンプルで素敵な問い合わせをいただきました。

アマゴルファーさんが、はずかしくないウエッジ選びができるように、ウエッジ選び1では、形から入らないツアープロのウエッジセッテイングを見ていきたいと思います。

プロのセッテイングを見てみる

使用頻度も多く、さまざまな弾道を打ち分けるウエッジ。

形から入らないツアープロのウエッジセッテイングはどんな感じなのか?

アイアンからのロフト角のつながりや、ウエッジの本数もチェックポイントです。ウエッジ選びに困ったら、好きなプロと同じ物を選んでみるのも勉強になると思います。

松山英樹 2014~2015年ウエッジ

松山英樹選手の、2014-2015シーズン使用ウエッジです。

48°-8  Cleveland 588 RTX CB satin chrome
54°-10  Cleveland CG-17 prototype M-Sole
60°-8  Cleveland CG-17 prototype M-Sole
シャフト: DG-X100 Tour Issue

2014年後半あたりまで54°と60°はCleveland CG-17

2015年Cleveland 588 RTX2.0プレシジョンフォージド
60°はノーメッキ

ノーメッキとは?
フェース面にメッキ加工が施されていない。

メリット
・太陽光がフェースに反射しづらく光りづらい。
・軟らかい打感の中に、的確な距離感をつかむソリッドさ。
・見た目がカッコイイ。

デメリットとしてはサビやすいが、このサビが風合とスピン効果を高め、見た目がカッコイイにつながる。

2015年松山英樹
ウエッジセッティング
PW-46° SRIXON
Z-945
50°-10° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
56°-12° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
60°-10° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
シャフト シャフト DG-S400 Tour Issue

Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド

・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)

フィル・ミケルソン 2015年ウエッジ


ウエッジの名手といえばフィル・ミケルソン。
Callaway Mack Daddy 2 Sタイプ (スタンダード)を使用。

60°は、Callaway Mack Daddy PM Grind

フィル・ミケルソン(Phil Mickelson)用に作られたモデル。

バックフェース部に4つ穴をあけ重量バランスをとり、フェースを大きく開き、ボールに強烈なスピンをかけて高く打つロブショットを得意とする、フィル・ミケルソン専用の新しいウエッジ。

2015年春に、ロフトバリエーション56°、58°、60°、64°クロームメッキ仕上げで発売予定。

2015年フィル・ミケルソン
ウエッジセッティング
PW-45° Callaway
X-Forged ’13
52°-12°S Callaway
Mack Daddy 2
56°-14°S Callaway
Mack Daddy 2
60°-10° Callaway
Callaway Mack Daddy PM Grind
シャフト KBS Tour-V 125X

Callaway Mack Daddy 2
・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)、M10DB(SR)
※ソールタイプ各種あり

ロリー・マキロイ 2015年ウエッジ


2014年は、Nike VR X3Xを使用し、46°/52°/56°/59°の4本セッテイング。


2015年は、46° 54° 59°の3本。46° 54°はNike VR Forgedに変更。
ロリー・マキロイはPWを入れないセッテイング。

Nike Engage Dual Sole

59°は新製品のNike Engage Dual Soleを使用しています。(画像は60°)

2015年ロリー・マキロイ
ウエッジセッティング
9I-43° Nike
VR Pro Blades
46° Nike
VR Forged
54° Nike
VR Forged
59° Nike
Engage Dual Sole
シャフト Project X 6.5

Nike VR Forged
・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)

リッキー・ファウラー 2015年ウエッジ

リッキー・ファウラーもPWをいれないセッテイングで、ウエッジは4本で組んでいます。

特別な刻印がカッコイイです。

2015年リッキー・ファウラー
ウエッジセッティング
9I-42° Cobra
AMP Cell Pro MB
47°-08° Cobra
Tour Trusty
51° Cobra
Tour Trusty
55°-12° Cobra
Tour Trusty
59°-06° Cobra
Tour Trusty
シャフト DG-S400 Tour Issue

Cobra Tour Trusty
・日本仕様のシャフトはDG-S200 Tour Issue、N.S.PRO 950GH

ジョーダン・スピース 2015年ウエッジ

1f151ecf6addf4db469c3b80a1b2f20e-631x420

2015年3月現在、世界ランク6位ジョーダン・スピース。

ジョーダン・スピースも、PWをいれないウエッジ4本のセッテイングです。

ノーメッキ仕様。

2015年ジョーダン・スピース
ウエッジセッティング
9I-41° Titleist
714 AP2
46°-08° Titleist
Vokey SM5 F GRIND
52°-08° Titleist
Vokey SM5 F GRIND
56°-10° Titleist
Vokey SM5 S GRIND
60°-04° Titleist
Vokey SM5 L GRIND
シャフト Project X 6.5

Titleist Vokey SM5
・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)
※ソールタイプ各種あり

トッププロはショートゲームを大事にしてます

今回は、形から入らない数名のトッププロのウエッジを紹介させていただきました。

世界最高峰のPGAツアーで戦うプロは、強い芝や厳しいコース状況の中でも、多彩なテクニックを使いアプローチでピンに寄せてきます。

最近は、PWを抜いてウエッジの本数を4本でセッテイングしてるプロも多く、同じロフトのPWとアプローチウエッジでは、後者の方がスピンコントロールがしやすく、精度が高いという理由が多いようです。

アマチュアの方が、PWを抜いてウエッジを投入する場合、スピンが増えすぎて飛距離が出づらいこともあるので、この辺は実際に芝の上から試してみて、距離感が合うようでしたら攻めやすくなると思います。

精度をもとめるトッププロは、ウエッジの本数を増やし、いかにショートゲームの距離感を大事にしてるかが分かります。

そして、メッキでキラキラしてる物よりも、太陽のまぶしさをおさえ、サビやすいですが手に伝わるソリッドな感覚やスピン性能が高くなりやすい、ノーメッキにこだわってるところも特徴です。

市販のモデルでも、ノーメッキの製品がたまに発売されていますので、気になる方は使用してみるのもおもしろいと思います。

まずは、最近のトッププロのウエッジセッテイングはどんなものか?を、参考にしていただき、スコアアップを目指すアマゴルファーさんは、ショートゲームに強いウエッジセッテイングを、これから組み立てていきましょう。

次回は、『恥ずかしくないウエッジ選び②いまさら聞けない選び方編』で、どんなウエッジの選び方が良いのか?をお届けします。

      

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?