恥ずかしくないシャフト選び7ヘッドとシャフトの組み合わせ2016

ゴルフギア選び

良い結果には良い原因。悪い結果には悪い原因。と、世の中全ての動きは、原因と結果の連続した関係性『因果(いんが)』の中で動いているとも言えます。

ティーショットの良い結果も、ボールが左右に散っても飛距離がでた方が「良い結果」と考える人もいれば、飛ばなくても安定してフェアウェイにボールをキープする事が「良い結果」と考える人などそれぞれですが、自分が思う「良い結果」に対して「良い原因」を作る事が重要になり、「結果良ければ全てよし」それもアリですが、『原因がよかったから結果全てよし』と、良い原因を沢山作りことで、次につながる良い結果でスコアアップにつなげたいところです。

スポンサーリンク

ティーショットで良い原因を作る

PrecisionRory-McIlroy-
ティーショットで良い原因を作るには、アドレスの方向、ボールの高さや状況、スイングなど様々な要素が必要になります。

当サイトは「スイングについてアレコレ言わない」事をフォースに誓ってるので、”そっち”はありませんが、スイングに影響を与える原因の一つ「ゴルフクラブ」については、ザックリですがマニアック風に「ライトセーバー」のような、切れ味バツグンのギアはないか?を、日々、模索中です。

「ヘッド」「シャフト」「グリップ」の、3つのパーツを組み合わせて出来上がるゴルフクラブですが、自分が良い結果をだせる「ヘッドとシャフトの組み合わせ」を見つけ、ドライバー選びに悩むアマゴルファーさんに、ティーショットでの良い結果に、少しでもつながってくれたらと思います。

シャフトの『弾き系』『粘り系』を探ってみる

シャフトのキックポイントを、分類すると「手元調子」「中調子」「先調子」に分かれ、カタログに表記されているシャフトのキックポイント(中調子や元調子など)で、そのシャフトのしなりやすいポイントが分かります。

『弾き系』『粘り系』は、しなったシャフトの「しなり戻り」の速さを表現し、スイングする人の感覚も違う為、これが正解という基準はありませんが、一般的なシャフトの『弾き系』『粘り系』の特性はこんな感じになります。

キックポイントタイプの分類
先調子

手元:硬い
先端:柔らかい

弾き系:先調子
粘り系:先調子
中調子

手元:硬い
先端:硬い

元調子

手元:柔らかい
先端:硬い

弾き系:元調子
粘り系:元調子
ダブルキック

手元:柔らかい
先端:柔らかい

弾き系「中調子」と表現されることもあります。

※全てのシャフトの動きではありません。

シャフトのしなりやすい「キックポイント(調子)」と、しなり戻りの速さで表現すると分類しやすく、中間部が硬いシャフトは「しなり戻り」の速い『弾き系』が多く中間部が柔らかいシャフトは「しなり戻り」が遅い『粘り系』という表現が一般的です。

また、全体的にしなるシャフトもあり、このような動きのシャフトもあります。

全体的に「硬め」「柔らかめ」
硬め
柔らかめ
こうなりますと、何がどうなってるのか分かりませんが、シャフト全体が硬いシャフトは中間部が硬いので「弾き系」になり、全柔のシャフトは中間部が柔らかい「粘り系」のシャフトと、大きく動く中にもしなり戻りの特徴があります。

硬さを表す「フレックス」も、メーカーやモデルによってしなり方が異るので、シャフト選びのむずかしさはありますが「どれが自分に合うか?」と、選ぶ時間もゴルフの楽しさの一つです。

スイングに合う『弾き系』『粘り系』をみてみる

しなったシャフトがインパクトに向けて最大限に「しなり戻る」力を、『弾き系』と『粘り系』のシャフトで、どちらが自分に合うか?の見極めが重要になってきますが、選ぶポイントは「切り返しのタイミング」と「手元の硬さ」です。

弾き系シャフトと合うスイング
弾き系シャフトの特徴
・中間部が硬めで、手元と先端側の動きを好みで。
・飛距離を出せるシャフトが多い。
・パワーヒッターの方に好まれる。

弾き系 : 先調子(手元硬め)

手元が硬めの弾き系:先調子は、トップでタメを作り、ダウンスイングに入る切り返しの間が少ない方と相性が良く、タメが大きいのでリストターンも大きくなり、手元のしなりが大きすぎるシャフトでは、振り遅れのミスが出やすくなります。

リストターンを意識しながら打つパワーヒッターの方で、ボールのつかまりを求めたい方におすすめです。

弾き系:元調子(手元柔らかめ)

手元が柔らかめの弾き系:元調子は、トップでタメをあまり作らす、ダウンスイングに入る切り返しの間が多い方と相性が良く、タメが小さくなるので手元が柔らかいシャフトで、しなりが作りやすくなります。

ボディーターンを意識しながら打つパワーヒッターの方で、ボールのつかまりをおさえたい方におすすめです。

粘り系シャフトと合うスイング
粘り系シャフトの特徴
・中間部が柔らかめで、手元と先端側の動きをスイングに合う好みで。
・しなり戻るスピードが遅いシャフト。
・方向性を出せるシャフトが多い。

粘り系:先調子(手元硬め)

手元が硬めの粘り系:先調子は、トップでタメを作りダウンスイング以降、テンポが速めか加速する方は、しなり戻るスピードが遅いシャフトがしっかりパワーを溜めてくれます。

アベレージプレーヤーの方で、弾道を高くしたい方やスライスが多い方におすすめの、つかまりの良いシャフト。

粘り系:元調子(手元柔らかめ)

手元が柔らかめの粘り系:元調子は、トップからダウンスイング以降タメの少ない方で、あまりしならせる動きをしない方が、ボディーターンでタイミングを合わせやすいシャフト。

アベレージプレーヤーの方で、弾道の高さや引っかけをおさえたい方におすすめの、つかまり過ぎないシャフト。

あくまでも傾向になりますが、自分のスイングの「クセ」を知って、「手元の硬さ」を感じながら、どちらのタイプが良い原因を作りやすいか?から、シャフトを探してみる方法もあります。

また、中間部が柔らかい「粘り系:中調子」は安定性を重視し、手元と先端が柔らかく中間部が硬い「ダブルキック」は、タメが少ない方が飛距離を求めやすいシャフトですが、パワーヒッターの方はつかまり過ぎる傾向があります。

各メーカーが2016年主力にしている推しシャフトとヘッドの組み合わせで、どんな結果が出やすいかを見てみましょう。

【弾き系】 藤倉ゴム工業 Speeder 661 EVOLUTION

Speeder EVOLUTION

Speeder EVOLUTION-radar-chart

【弾き系】
Speeder 661 EVOLUTION(S)
調子 先中 トルク 3.7
シャフトしなりポイント
手元側が硬く、中間部から先端にかけてスピーディーな動きを感じる強い弾き感が特徴のシャフト。先端の速いしなり戻りを利用しながら、インパクトで叩いて打つと、飛距離を伸ばしやすいシャフトです。

つかまる飛距離系ヘッド

キャロウェイ
XR
0000470935_p01_01
タイプ 初・中級者
ボールのつかまりがよく、飛距離と高弾道でやさしく飛ばせるヘッド。
Speeder 661 EVOLUTION(S)
バランス D1
総重量 310g
ボールのつかまりとミート率が悪い人は、シャフトとヘッドがカバーしてくれるので、ドライバーで自信をつけたい人や、優しさを重視したい人におすすめです。

飛距離と操作性ヘッド

タイトリスト
915D3
915 D3
タイプ 中・上級者
中弾道とロースピン。飛距離を伸ばしながら操作性も重視できるヘッド。
Speeder 661 EVOLUTION(S)
バランス D3.5
総重量 318g
ヘッドはつかまり重視ではありませんが、つかまりの良いシャフトと440ccの小ぶりなヘッドで、弾きながら操作性を重視したい人におすすめの組み合わせです。
Speeder 661 EVOLUTION

【弾き系】 藤倉ゴム工業 Speeder 661 EVOLUTION2

Speeder EVOLUTION Ⅱ   フジクラシャフト   ゴルフシャフト・リシャフトのフジクラ

Speeder EVOLUTIONⅡ-radar-chart

【弾き系】
Speeder 661 EVOLUTION2(S)
調子 トルク 3.8
シャフトしなりポイント
Speeder EVOLUTION II-ga
EVOLUTIONの後継EVOLUTION2。シャフトの剛性が強くなり、弾き感と球筋の安定性や方向性を重視したい人におすすめです。

つかまる飛距離系ヘッド

キャロウェイ
グレートビッグバーサ
グレートビッグバーサ
タイプ 中級者
構えやすくつかまりのよい、飛距離と高弾道を狙う打ちやすさ重視のヘッド。
Speeder 661 EVOLUTION2(S)
バランス D2
総重量 319g
方向性のよいシャフトと飛距離系のヘッドで、ドライバーのレベルアップや安定性を求るアベレージヒッターの中級者におすすめです。

直進性の高い低スピン

テーラーメイド
M1 460
M1 460-1
タイプ 中・上級者
中弾道とロースピン。カラーリングの割に構えやすいですが、優しめではありません。
Speeder 661 EVOLUTION(S)
バランス D4.5
総重量 317g
しっかりと叩いていけるシャフトとロースピンのヘッドは、ややパワーのある弾き系の人で、吹け上がりを少なく直進性を求めたい人におすすめです。
Speeder 661 EVOLUTION 2

【弾き系】 三菱レイヨン ディアマナR