【戦う武器】ロリー・マキロイ アーノルド・パーマー招待2018優勝クラブセッテイング!

アメリカPGAツアー2017~18シーズン19戦目。

2016年まで故アーノルド・パーマー氏がホストを務めていた『アーノルド・パーマー招待byマスターカード』で、2016年9月のツアー選手権byコカ・コーラ以来、ロリー・マキロイが2季ぶりの優勝を挙げました。

今大会は、アメリカフロリダ州オーランドにあるベイヒルクラブ&ロッジ(7419yd パー72)で行われ、池が巧みにレイアウトされたコースを舞台に、前週2位になり今大会も過去8回優勝しているタイガーウッズ、ケガから復帰し1ッヶ月半ぶりの参戦になる松山英樹、ジャスティン・ローズ、ヘンリック・ステンソンなどメジャー優勝者はじめ、実力者が上位を占める混戦模様で最終日を迎えました。

2季ぶりの優勝を挙げたロリー・マキロイ

Photo:GDO 2季ぶりの優勝を遂げたロリー・マキロイ

ロリー・マキロイ(28)
国籍 北アイルランド プロ転向 2007年
身長 175.0cm 体重 73.0kg
2007年から欧州PGAツアーに参戦。2009年欧州PGAツアー「ドバイデザートクラシック」で初優勝を飾り、2010年米PGAツアー「クエイルホロー選手権」で初優勝、2011年「全米オープン」では2位に8打差をつける通算16アンダー(大会史上最少スコア268)でメジャー初制覇を達成。

2012年/2014年「全米プロゴルフ選手権」、2014年「全英オープン」優勝と、25歳でメジャー3勝を挙げ残す4大メジャータイトルは「マスターズ」のみ。キャリアグランドスラムの期待がかかり、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイと共に新BIG3と呼ばれ、スター性や影響力など次世代を担う注目選手です。

米国 14勝
メジャー 4勝
2018年世界ランク13位
2018年FedEXランク24位

2018/3/現在

2打差の3位でスタートしたマキロイは、後半バックナインに入り上がり6ホールで5バーディなど、持ち前の爆発力でノーボギー8バーディ64をマークし、通算18アンダーで逆転優勝。

昨シーズンはケガの影響もあり勝利を挙げられなかったマキロイですが、前週のバルスパー選手権で予選落ちをし、今大会ではクラブセッティングを大きく変更して出場し、テーラーメイドと2017/5に契約してから初めての勝利になります。

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ

ロリー・マキロイは2016-17シーズンから、テーラーメイドと10年1億ドル(約113億円)の大型契約(金額は推定)をした事が話題になりました。ウェアはナイキゴルフと契約しています。

ロリー・マキロイ優勝セッテイング
1W テーラーメイド M3 460(8.5°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei Orange 70TX
3W テーラーメイド M3(15°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Pro White 80TX
5W テーラーメイド M3(19°)
シャフト:フジクラ Rombax P95X
4I テーラーメイド P-750
シャフト:トゥルーテンパー Project X 7.0
5I~9I テーラーメイド P-730(Rors Proto)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 7.0
ウエッジ テーラーメイド Milled Grind(48°/52°/58°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 6.5
テーラーメイド Hi-Toe(60°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 6.5
パター テーラーメイド
TP Collection Black Copper Soto(Prototype)
ボール テーラーメイド TP5x

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ使用ドライバー


1W テーラーメイド M3 460(8.5°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei Orange 70TX
ここがポイント!

2017年のテーラーメイドM2 2017から、2018年は「M3 460」に変更。

寛容性を重視したM2の後継ヘッドがM4になりますが、今期のマキロイは飛距離と直進性を重視したM1の後継モデルM3を使用し、今大会ではドライバー平均飛距離は316.7ヤード、最大飛距離373ヤードを記録しています。

ミスヒットに強く曲がりづらい「ツイストフェース(M3/M4)」、重心深度の移動距離を変えられる「Yトラック・システム(M3)」を使用するマキロイは、ロフト角の少ない8.5°にYトラックは打ち出しを低くする設定にしています。

同じ「M3 460」を使用するタイガー・ウッズは、前週の試合で2位に、ジェイソン・デイは、ツアー12戦目のファーマーズ・インシュランス・オープンで優勝を飾り、M3、M4含め「ツイストフェース」搭載の新Mシリーズは早くも6勝を挙げています。

マキロイのシャフトはこれまで7年使用していた、US三菱ケミカル「Kuro Kage Silver 70 XTS」から、今大会では、スイングスピードアップと安定性から、低スピン中弾道で攻める中調子、US三菱ケミカル「テンセイ オレンジ 70TX(国内未発売)」に変更。

TENSEIは仏教用語「転生(てんせい, てんしょう)」からとった言葉とされ、今大会では大きく転生したマキロイが随所に見られました。

テーラーメイド M3ドライバー

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ使用フェアウェイウッド


3W テーラーメイド M3(15°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Pro White 80TX
5W テーラーメイド M3(19°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Pro White 80TX
ここがポイント!

3Wと5Wは、2017年のテーラーメイドM2 Tourから、2018年は「M3」に変更しています。

M3フェアウェイウッドは、前モデルM1フェアウェイウッドより、ソール後方にもグラファイト・コンポジットを採用し、スライディング・ウェイトの重量も約4gアップさせることで低重心化を実現。

M1フェアウェイウッドと比較して打感と打音が向上し、弾道イメージをだしやすい構えやすさ、パワーのある方も吹け上がりづらい低スピンなど、上級者が好む高い完成度に仕上がってるヘッドです。ロフト角調整機能付きスリーブ搭載。

シャフトはテンセイ オレンジよりも低弾道で攻める中元調子、US三菱ケミカル「テンセイ ホワイト80TX(国内未発売)」を使用。

テーラーメイド M3フェアウェイウッド

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ使用アイアン


4I テーラーメイド P-750
シャフト:トゥルーテンパー Project X 7.0
5I~9I テーラーメイド P-730(Rors Proto)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 7.0
ここがポイント!

2018年シーズン始めは、ドライビングアイアン「P-790 UDI (2I)」に、「P-750 (3I,4I)」「P-730(Rors Proto 5I~9I)」のセッテイングでしたが、今大会では2Iを抜いて3Iのみ「P-750」、4I~9Iが「P-730(Rors Proto)」と、アイアンのセッテイングが変更になりました。

マキロイのP-730は、マキロイの愛称「RORS(ロールズ)」が刻印されたマキロイ仕様の専用アイアンで、市販モデルは若干デザインが異なりますが、全番手1ピース構造の軟鉄鍛造ブレードアイアンになり、ヘッドとシャフトが単品売りされたカスタムメイドクラブになります。

ウッド系のイメージが強いテーラーメイドですが、市販モデルP-730はツアープレーヤーからのフィードバックを忠実に再現したモデルで、中上級者が求める寛容性、操作性に応えてくれるアイアンです。

マキロイのシャフトは、重量のある元調子「トゥルーテンパー Project X 7.0」を使用し、ダイナミックゴールドのような粘り感はないですが、その分シャフトが余計な動きをしないので、上級パワーヒッターの方が自分のスイング通りに狙う、ハードさとシャープな動きをしてくれるパワー系シャフト。

テーラーメイド P-730アイアン

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ使用ウエッジ


ウエッジ テーラーメイド Milled Grind(48°/52°/58°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 6.5
テーラーメイド Hi-Toe(60°)
シャフト:トゥルーテンパー Project X 6.5
ここがポイント!

今大会、マキロイのウエッジセッテイングは48°/52°/58°を、国内2017/04発売の「MILLED GRIND」と、60°に国内未発売「MILLED GRIND Hi-Toe」の4本を使用。

MILLED GRINDウエッジは、ツアープロからのリクエストに基づき、素材、ヘッド形状、溝など細部まで研究とテストを重ね、テーラーメイド史上最高レベルのスピン性能と打感を実現したモデル。

マキロイの他にも、テーラーメイド契約選手が使用し、今期の勝利数を見てもその性能の高さは折り紙つきで、軟鉄鋳造ですが鍛造モデル並みの柔らかい打感とスピン性能に、フェースの開きやすさと弾道の高低を打ち分けるコントロール性能も高く、打ちやすさと距離感の合わせやすが特徴です。

打ちこむ方はスタンダードバウンス(SB)と、レベルブローの方はローバウンス(LB 56°/58°)の、2種類のバウンスタイプが用意されています。

テーラーメイド P-730ウエッジ

アーノルド・パーマー招待2018
ロリー・マキロイ使用パター


パター テーラーメイド
TP Collection Black Copper Soto(Prototype)
ここがポイント!

マキロイのパターはシーズン始め、テーラーメイド「TP Collection Mullen(Prototype)」でしたが、新たなパターとしてテーラーメイド「TP Collection Black Copper Soto(Prototype)」で今大会優勝しました。

TP Collectionシリーズは、国内で2017/4にマレットタイプの「Mullen(ミューレン)」「Berwick(バーウィック)」に、ブレードタイプ「Soto(ソト)」が発売され、303ステンレススチールに精密なミルド加工を施し、ボールに順回転を与えやすくするPURE ROLLインサートと融合したクラシカルな形状のパターで、マキロイ使用のパターはインサート部を柔らかい素材に変更して戦いに挑んでいるそうです。

今大会は、随所にマキロイのパッティング精度の高さがうかがえましたが、TP Collectionは意外と値段も安いので、柔らかさの中に芯のある打感と、しっかりとボールの転がりを求める方に試していただき、距離感が合えばコスパの高いパターになると思います。

現在、国内で発売されているモデルはシルバー色になりますが、マキロイが使用する「TP Collection Black Copper Soto」は、表面をCopper(カッパー、銅)で仕上げられたモデルで、2018/4に海外での発売が予定されていますが、国内では今のところ未発表になっています。(2018/3/21現在)

テーラーメイド TP Collectionパター

キャリアグランドスラムがかかるマスターズ

Photo:GDO 最終18番で8つ目のバーディを奪って勝利を決めた。アーノルド・パーマー招待2018

今大会では、平均飛距離/アプローチ/パッティング部門で1位の成績を残したマキロイは、キャリアグランドスラムがかかるマスターズに向けて大きな期待がかかっています。

また、マキロイの勝利に立ちはだかるのは、ケガから復帰した松山英樹、5年ぶりの優勝をあげたミケルソン、好調をキープしている復活したタイガーなど、今年で82回目を迎えるゴルフ界最高の祭典「マスターズゴルフ2018」は、とくに目が離せない激戦が予想されます。

「マスターズゴルフ2018」2018年4月5日〜8日(現地時間)開催。

PHOTO:WRX

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?