【初心者】ドライバー選びを失敗しないために!最近の傾向に合わせたやさしく飛ばせるドライバー選び!ヘッド編

ゴルフギア選び

初心者の方がある程度ボールを打てるようになってくると、練習場に居る周りの人と自分との違いに気づいてくる方が居ます。

「自分の方が力強く打ってるのに飛んでない」
「隣りの人は軽く振ってる感じなのに飛んでいる」

そんな事に気づき始めた初心者の方は上達への第一歩。「まずはクラブを揃えよう!」と、とりあえず購入してみたけど、自分に合わないクラブを使用してることで上達の妨げになっている可能性も高く、ほとんどの人が経験する「やっちまったクラブ選び」です。

中上級者も合わないクラブを購入した時の「やっちまった感」のダメージは大きいですが、初心者の方はクラブ選びを知らなくて当然なので、次は今の自分に合うドライバーを選べるように、今回は『最近の傾向で選ぶドライバーのヘッド選び』をキーワードに、なるべくやさしくざっくりとお届けします。

スポンサーリンク

なぜか右に飛んでいく?初心者の方はフェースが開きやすい

「ボールを飛ばしたい」「しっかり当てたい」と思う気持ちが強すぎると、体の動かし方をうっかり忘れていたりすることがあります。

ボールが飛ばないことや右に曲がるスライスはクラブだけのせいではなく、スイングを覚え動かす肉体的なバランスも整えながら、自分に合うゴルフクラブを使用することで、よりよい結果につなげなれることもポイントです。

フェースが開くとは?

【初心者に多いスライス】
フェースがオープン(開いて)になりやすい
スライスの原因はいろいろありますが、初心者の方に多いスライスは、ボールを打つ時にフェースが開く「オープンフェース」になりやすく、そのままボールを打つとフェースのヒール側(シャフト側の面)に当たりやすく、ボールにスライス回転がかかり右に曲がりやすくなります。
【基本形】
フェースをスクエア(まっすぐ)に打つ
目標方向に対して、フェースをなるべく直角(スクエア)に近い状態で打つのが理想的で、クラブの動きはフェースを閉じていく「フェースローテーション」の動きが必要になります。

初心者の方やドライバーのスライスに悩む方は、飛ばすことよりもハーフスイングなどで、下半身リードでスイング軌道とフェースをススクエアに戻して打つ、「フェースローテーション」を身につける練習も飛距離アップへの近道。

PHOTO:GDO 松山英樹は全英リンクスの前哨戦

「フェースローテーション」をは、軸をぶらさない体の回転、ボールを打ったあと右手が左手を追い越す腕の動き、下半身リードでボールを打つタイミングなど、さまざまな動きを覚える必要がありますが、ドライバーやアイアンの基本になるクラブの使い方になります。

また、「ヘッドが返りやすいモデル」「ヘッドが返りづらいモデル」など、ヘッドの動きと自分の感覚が合うのが理想的です。

まずはスペックを見てみる

ゴルフを長くやっている先輩方に「どんなクラブがよいのか?」を聞いてみると、「パワーがあるならロフト9.5°」「初心者は10.5°がよい」「大型ヘッドがよい」など、いろいろなアドバイスが返ってくると思います。

形から入る初心者アマゴルファーさんは、この辺をなんとなく深めに知っておかないと、「やっちまったクラブ選び」をまた繰り返してしまいます。

カタログから分かるスペック

ゴルフクラブは「ヘッド」「シャフト」「グリップ」の3つの主要部品で組まれ、ざまざまなニーズに向けた製品が発売されています。

まずは、気になるヘッドがあればスペックを見ておきましょう。

ドライバーヘッド テーラーメイドの一例
ヘッド
M3 440 M3 460 M4 460 GLOIRE
ヘッド体積
440cc
460cc
460cc
460cc
ロフト角

10°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
11.5°
ライ角
58°
58°
58°
58°

各メーカーのカタログ上で得られるヘッドのスペックは、「ヘッド体積」「ロフト角」「ライ角」の、3つのスペックが記載されています。

ヘッド体積の違いとは?

ゴルフクラブは長さや形状などルールで定められ、現在のルールではドライバーのヘッド体積は「460cc」が上限です。多くのトッププロの使用ヘッドを見ても、ルール最大「460cc」ヘッドが現在の主流になっています。エンジンの排気量の違いではありません。

ドライバーヘッド テーラーメイドの一例
ヘッド
M3 440 M3 460 M4 460 GLOIRE
ヘッド体積
440cc
460cc
460cc
460cc
ロフト角

10°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
11.5°
ライ角
58°
58°
58°
58°

製品によっては「440cc」「445cc」など小型ヘッドも発売され、見た目はそんなに変わりませんが、ヘッドの厚さや重心の位置が変わり、「小型ヘッドは操作性重視」「大型ヘッドは直進性重視」の製品が多く、大型ヘッドの方がエネルギー効率が高く飛距離も伸ばしやすくなっています。

ざっくりヘッドサイズの違い
サイズ
メリット デメリット
440cc
・ヘッドが返りやすい。
・操作性に優れている。
・ボールが吹け上がりづらい。
・直進安定性が悪い。
・パワーがないと扱いにくい。
460cc
・スイートスポットが広い。
・直進性に優れている。
・ボールが上がりやすい。
・ヘッドが返りづらい。
・操作性が悪い。
ドライバーもアインもヘッドサイズの特性は同じです。小型ヘッドは操作性が高くなりますが、その分、直進性や弾道高さ、飛距離をロスしやすく、打ちやすさも含めて初心者アマゴルファーさんへの推奨ドライバーヘッドサイズは「460cc」がおすすめです。

同じ「460cc」でも、ツアープロから初心者アマゴルファーさんが打ちやすいヘッドまで、さまざまなニーズに応えるように各メーカーの技術を集めた製品が枝分かれし、「どの460ccヘッドが自分に合うか?」を絞りこんでいきます。

最近のヘッドは「兄弟モデル」が主流

兄弟モデル テーラーメイドの一例
モデル
Mシリーズ
GLOIRE
M3 440 M3 460 M4 460 GLOIRE
ヘッド体積
440cc
460cc
460cc
460cc
ロフト角

10°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
9.5°
10.5°
11.5°
ライ角
58°
58°
58°
58°

ヘッドサイズの主流は「460cc」ですが、各メーカーの主要モデルは「兄弟モデル」で発売されているのが最近の流れです。

兄弟モデルの主な違い
2兄弟 上級パワーヒッター向けの「小型操作性ヘッド」と「大型直進性ヘッド」のように、特性をはっきり分けているメーカーが多い。
3兄弟 2兄弟モデルに加え、寛容性やオートマチック性を高めたモデルがラインナップに加わってるメーカーが多い。
参考例のテーラーメイド「Mシリーズ」は3兄弟モデルになり、操作性を求める小型の「M3 440」、直進性の高い「M3 460」、M3よりもやさしさとオートマチック性を高めた「M4 460」がラインナップされ、それぞれ性格は違いますがアスリート系が好む特性をもっています。

やさしさを求める方は「GLOIRE」のように、もう一つ下のグレードが用意されているメーカーも多く、ひとつのメーカーから性格の異なるラインナップが発売されています。

自分のレベルや求める性能とマッチする、ヘッドの情報を集めておくのもポイントです。

ロフトは何度がよい?を何となく知る

オリジナルロフト(表示ロフト)

ロフト角は、ソールの平行なラインから測るフェース面の傾斜角になり、「9.5°」「10.5°」など、ヘッドのソール側に表記され「オリジナルロフト(表示ロフト)」
とよばれ、ドライバー以外のクラブでも飛距離を決める大事な数値になってきます。

参考までに世界のトッププロが使用している、ドライバーのロフトを知ると最近の流れが分かってきます。

世界上位ランクのプロが使用するヘッドとロフト
順位 名前 使用ヘッド/ロフト
1位 ダスティン・ジョンソン テーラーメイド
M3(440cc)/10.5°
2位 ジョン・ラーム テーラーメイド
M4(460cc)/9.5°
3位 ジャスティン・トーマス タイトリスト
917D2(460cc)/9.5°
4位 ジョーダン・スピース タイトリスト
915D2(460cc)/9.5°
5位 ジャスティン・ローズ テーラーメイド
M3(460cc)/9.5°
6位 松山英樹 キャロウェイ
グレート ビッグバーサ(460cc)/9°
7位 リッキー・ファウラー コブラ
King F8+(460cc)/8°
8位 ジェイソン・デイ テーラーメイド
M3(460cc)/10.5°

※ランクは2018/3/1現在。
※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するセッティングとは異なることがあります。

男子の世界トッププロは、ドライバーのヘッドスピード55m/s前後辺りから300y以上の飛距離を出し、そのヘッドスピードを効率よくボールに伝達させるミート率も高く(最大1.56)、飛距離を出す要素のひとつ「ボール初速」の数値も高くなってきます。

近年はボールの低スピン化に合わせ、適正な「打ち出し角」「スピン量」を確保しないと飛距離は伸びてきません。ヘッドスピードの速い世界の男子トッププロは、打ち方の違いもありますが、ロフト「9.5°」ヘッド体積「460cc」を使用するプロが多く、かなりの高弾道でドライバーを打っています。

ギアの流れは高弾道、低スピン
ヘッドスピード別 スピン量
HS:40m/s 2.300~2.500回転
HS:43m/s 2.100~2.300回転
HS:46m/s 1.900~2.100回転
低スピンで打ち出し角が低いと、ボールに揚力が発生しづらく失速してしまい、同じ低スピンでも打ち出し角が高いと、ボールに伸びがあり飛距離を出しやすくなります。

ヘッドスピードに関係なく、高スピンで打ち出し角が大き過ぎると、ボールに揚力が発生しすぎる「吹け上がり」になり、これもボールが失速してしまいます。

現在のギアの流れは「高弾道/低スピン」ですが、打ち出しを高くするためにロフトを大きくしすぎると、スピン量が多くなってしまいます。「高弾道/低スピン」は、かんたんなようでムズカシイ部分もありますが、弾道イメージのバランスを大事にしながら飛距離を伸ばしたいところです。

「ボール初速(ゴルフボールが打ち出された速度)」に合わない「打ち出し角」と「スピン量」も飛距離を伸ばしづらい面があり、強烈なボール初速で打つトッププロのドライバーロフト「9.5°」を見ると、形から入る初心者アマゴルファーさんの選択ロフトは「10.5°」「11.5°」辺りがおすすめで、ボールとのマッチングもよく飛距離を出しやすい傾向があります。

ライ角とは?を何となく知る

ライ角例:左 M4 58° 右 GLOIRE F 60°

ソールを水平に合わせ、地面とシャフトの中心線が作り出す角度を「ライ角」と呼び、ボールの打ち出し方向に影響を与えるスペックです。
ドライバーヘッド テーラーメイドの一例
ヘッド