【気になる!】ぶっ飛び?狙う?業界注目2017年話題のゴルフクラブをまとめてチェック!

ゴルフギア選び

キャロウェイ GBBエピックドライバー、テーラーメイド M1/M2ドライバーを筆頭に、2017発売のゴルフ用品も何かと魅力的なヒット商品が発売され、ギア選びを楽しむアマゴルファーさん方もそれぞれ興味深いアイテムがあったとことと思いますが、今回はゴルフショップさんやゴルフ関係の方が「ちょっと気になるかな?」と言われる、2017年モデルを少しだけご紹介。

スポンサーリンク

ドライバー

テーラーメイド グローレF2 RED VERSION


テーラーメイド グローレF2 RED VERSION
発売日 2017/09/22
ロフト角 9.5
ライ角 60
ヘッド体積 460
長さ 45.75
シャフト Speeder 569 EVOLUTION IV
フレックス S
クラブ重量 296g
バランス D2.5
トルク 4.5

ここがポイント!

2016/10に発売された、白いヘッドのグローレF2の限定モデル「グローレF2 RED VERSION」

女子プロや男子シニアプロで使用する方も多いグローレF2。つかまりのよいヘッドで、ボール初速のある強い高弾道系のボールが打ちやすく、構えやすくフェースに食い付く柔らかい打感と弾き感クラブ全体の仕上など、やさしさと完成度の高さが特徴の弾道調整機能付きのヘッドです。

ミスヒットにも強く、ヘッドスピードの遅い方やスインガー系の方におすすめのヘッドです。

「グローレF2 RED VERSION」は、これまでのグローレF2の性能はそのままに、ヘッドの輪郭を際立たせる赤色の塗装に、シャフトはほどよい弾き感と叩けるSpeeder 569 EVOLUTION IVの、50g台カスタムシャフトが装着された限定発売モデル。

こんな方におすすめ!  
・ドライバーをやさしくしたい。
・つかまりがよく飛距離性能の高いドライバーを探してる。
・構えやすさにこだわりたい。
・50g台のカスタムシャフトを試してみたい。

こんな方は要検討?  
・つかまり過ぎるヘッドは苦手。
・ヘッドスピード45m/s以上。
・50g台のシャフトでは軽すぎる方。

テーラーメイド グローレF2 RED VERSION

ヤマハ RMX118/RMX218


モデル RMX118 RMX218
発売日 2017/10 2017/10
ロフト角 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角 58/59.5 59/60.5
ヘッド体積 445 460
フェース角
重心高さ 30.5mm 31.0mm
重心深度 40.0mm 40.5mm

前モデルも直進性の高い強弾道で人気があったヤマハRMXドライバー。

今回の新製品も前作同様2モデル発売され、ストレート系で飛ばす「RMX118」と、つかまりを重視した「RMX218」が発売されました。

ここがポイント!

RMX118

ヘッドサイズ445ccのやや小ぶりで厚みのあるアスリート向けのヘッド「RMX118」

目標に対してとてもスクエアに構えやすく、ボールが弾き飛ぶ手応えのある打感に響きすぎない澄んだ打音から、勢いよく飛び出す強いストレート系の中弾道(9.5°使用時)が特徴的で、叩いて打つ方と相性のよいヘッド。

スイングも出来上がりフック系を打ちたくない方が、弾道をおさえたストレート系やフェード系で攻めやすく、ボールはやや上がりづらいのでヘッドスピード45m/s以下の方は、ロフト10.5°がおすすめのヒッターモデル。

RMX218

ヘッドサイズ460ccで「RMX118」より、ボールが上がりやすくつかまりもよいアベレージ向けの「RMX218」

アドレスでは「RMX118」よりも、ややフックフェースになり、やさしくボールをつかまえてくれるイメージがだしやすく、スピン量多めのややドロー系の高弾道(9.5°使用時)で、安定感のあるボールが打ちやすいヘッド。

今期のドライバーの中では一番クセがなく素直さがあるドライバーに感じますので、初心者からもう一歩上のレベルに向かう方や、スライスに悩む、初、中級者の方で、ドライバーを良くしてスコアアップを狙いたい方におすすめの、つかまり系ヘッドです。

こんな方におすすめ!  

RMX118
・ヘッドスピードがある方。
・つかまりすぎず、ほどよくつかまるニュートラルなヘッドが好き。
・弾道高さをおさえ、直線的に狙いたい方。

RMX218
・スライスが多い方。
・ヘッドスピード40m/s前後の方。
・扱いやすいヘッドを探してる方。

こんな方は要検討?  

RMX118
・オートマチックに打ちたい方。
・やさしさを求める方。

RMX218
・ハードヒッターの方。
・フック系が強い方。

※「RMX218」「RMX118」は、ヘッドが単品売りされ、カスタムシャフトを組んで販売されます。
RMX118 RMX218ドライバー

キャロウェイ GBB EPIC FORGED ドライバー


キャロウェイ GBB EPIC FORGED ドライバー
発売日 2017/10
ロフト角 9.5/10.5
ライ角 58
ヘッド体積 450
長さ 45.5
シャフト Speeder EVOLUTION for GBB(R,SR,S)
Tour AD IZ-6(S)
Speeder 569 EVOLUTION IV(S)
クラブ重量 約300g前後

ここがポイント!

2017/02に発売された「GBB EPIC STAR ドライバー」と「GBB EPIC Sub Zero ドライバー」は、ボディやクラウンにカーボンを使用し、革新的な「JAILBREAKテクノロジー」を駆使し、飛距離性能を最大の特徴として現在も売れ続けていますが、2017/10に発売されたアジア限定モデル「GBB EPIC FORGED ドライバー」は、カーボンからチタンを採用しフェースも含めた、フルチタン製のヘッドとして発売。

「JAILBREAKテクノロジー」など飛距離性能はそのままに、鍛造(FORGED)製法で成形されたフェースにすることで、より柔らかい「打感」と心地よい「打音」が大きく改良され、飛距離性能だけではなくフィーリングが大きく向上しています。

「GBB EPIC STAR ドライバー」が対抗馬になりますが、ヘッドサイズもやや小ぶりの450ccになったことで、ちょっとシャープなイメージで振りたい方とも相性がよく、サイドスピンがおさえられ安定した球筋と、より高弾道で飛距離を出しやすくなっているのも特徴になっています。

こんな方におすすめ!  
・打感と打音を求めたい方。
・飛距離性能を求めたい方。
・弾道調整機能はいらない方。

こんな方は要検討?  
・弾道をおさえたい方。
・弾道調整機能を使いたい方。

キャロウェイ GBB EPIC FORGED ドライバー

フェアウェイウッド

キャロウェイ STEELHEAD XR フェアウェイウッド

レディスあり  

キャロウェイ STEELHEAD XR フェアウェイウッド
発売日 2017/07/21
番手 3+ 3 Heaven 4+ 5 7 9
ロフト 13.5 15 20.5 16 18 21 24
ライ角 55.0 56.5 57.0 55.0 57.0 57.5 58.0
ヘッド体積 163 171 165 157 160 152 145
長さ 42.5 42.5 42.25 42.0 42.0 41.5 41.0

ここがポイント!

フェアウェイウッドに苦手意識を持つゴルファーのために開発された『キャロウェイ STEELHEAD XR FW』

「XR 16 FW(#3 43インチ)」と比較して『STEELHEAD XR FW(#3 42.5インチ)』は、0.5インチ短く設計され、各番手も一般的なフェアウェイウッドよりも0.25~0.5インチ短くすることで、構えたときの安心感やミート率を向上させています。

「STEELHEAD」は、1998年「BB STEELHEAD」、2001年「BB STEELHEADプラス」などの名器が発売され、当時、採用されていたホークアイ・ソールを進化させて搭載することで、ラフからでも抜群の抜けの良さを発揮させ、今モデルではヘッドも大型になり、やさしく打ちながら飛距離も求められるモデル。

アドレスではややフックフェースになり、ボールがつかまるイメージで構えられ、弾き感の強いフェースから勢いよく飛び出すボールは、初速のある中高弾道と低スピンボールで大きく飛距離を伸ばしやすく、3Wで5Wなみのクラブ長さは振りやすくミート率も上がるので、フェアウェイウッドが苦手な方も自信をもって打っていけるので、ティーショットや長い距離のセカンドなど、これまでと攻め方が広がってくると思います。

ロフトラインナップも多く、とくにシャフト長さが3Wより0.25短く、5Wと7Wの中間になるロフトの「Heaven」は、5Wよりも高い弾道で4Wほどの飛距離がでるので、よりやさしく飛距離をかせぎたい方におすすめのヘッドです。

こんな方におすすめ!  
・FWに自信のない方。
・FWで弾道が低い方。
・飛距離性能を求めたい方。
・弾道調整機能はいらない方。

こんな方は要検討?  
・パワーのあるアスリート系の方。
・弾道をおさえたい方。
・弾道調整機能を使いたい方。

キャロウェイ STEELHEAD XR フェアウェイウッド
※国内純正シャフト
・Speeder EVOLUTION for XR(R,SR,S)
・Speeder EVOLUTION III FW 60(S)

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド

レディスあり  

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド
発売日 2017/03/09
番手 3 5 7
ロフト 15 18 23
ライ角 58 58.5 59
ヘッド体積 175 155 145
長さ ・TM1-217 #3 43.25インチ 
・FUBUKI V60 #3 43インチ

ここがポイント!

国内、海外のテーラーメイドと契約外の多くのプロが、フェアウェイウッドに投入し実績をあげている『テーラーメイド M2 FW』

前モデルも人気がありましたが、2017モデルは156ccから176cc(#3)とヘッドがやや大きくなり、兄弟モデルM1と比較してもヘッドがやや薄くアドレス時の安心感が大幅に向上しています。

性能面では、高弾道を狙える「低重心設計」、飛距離には「反発力」とたわみ効果の「スピードポケット」、芝からの抜けと操作性に「2段ソール」など、外観はやさしさを重視しながら、飛距離性能と操作性を求められるヘッドです。

柔らかい中に適度な弾き感がり、やや低めの響きすぎない打音から、低スピンの中弾道で伸びながら吹け上がらない直進性のあるボールが出やすいぶっ飛びFW。

ボールのつかまりは控えめでボールも上がりづらい面もありますが、ヘッドスピード43m/s以上の方でミート率の高い方でしたらティーショットでも使いやすく、慣れてくるごとに飛距離だけではなく操作性も楽しめると思います。

純正シャフト「TM1-217」は先端が動きやすいので、しっかり打ちこむ方は好みのシャフトでカスタムするのがおすすめです。また、コンパクトなヘッド形状で前方に配置されたウェイトにより操作性がさらに向上した「M2 TOUR」も発売されています。

テーラーメイド M2 フェアウェイウッド