はずかしくないゴルフシューズ選び1特徴をおさえた色々な選び方2015年編

小物&ファッション

ゴルフが大好きなアマゴルファーさんは、「ちょっとこだわってみたい」と好奇心が強いゴルファーが多く、そのこだわりはギアにとどまりません。

今回は、自分のスイングを支えてくれゴルフをするのに欠かせないアイテム、「ゴルフシューズの選び方」についてちょっとこだわってみます。

アマチュアゴルファーの多くが、ゴルフシューズ選びで優先していることは「デザイン」と「重量」。それも大事なことですが、まわりのゴルファーとこだわりの差をつける事が、私たちのミッションでもあります。

ゴルフシューズ選びを、もう少し幅広い視点から選べるように、4つのポイントで見てみましょう。

スポンサーリンク
  1. ゴルフシューズこだわり1 重量にこだわってみる
    1. 代表的な「軽量モデル」と「重量モデル」
  2. 軽量モデル
  3. 重量モデル
  4. ゴルフシューズこだわり2 グリップ力にこだわる。
    1. グリップ力が評判のゴルフシューズ
  5. スパイクレス
  6. ソフトスパイク
  7. ゴルフシューズこだわり3 履き心地にこだわる
    1. かかとにこだわる代表的な商品
  8. ジェルタイプ
  9. ジェル+かかとのズレ軽減
  10. ミズノウェーブ
  11. ナイキのクッションモデル
  12. ゴルフシューズこだわり④ 構えやすさにこだわる
    1. 構えた時の安心感は「広め」
  13. 張りが強めモデル
  14. やや幅広いモデル
    1. 足元が気にならない「シンプルモデル」
  15. シンプルモデル
  16. モダンデザインモデル
  17. 体が重い日は、 軽量ソフトスパイク。
    1. ミズノ NEXLITE001Boa
    2. アシックス GEL-ACE PRO LIGHT (TGN909)
  18. フットワークを軽くしたいなら、 グリップ力のあるスパイクレス。
    1. ブリヂストン ゼロ・スパイク バイターSHG550
    2. アディダス アディパワーブーストボア
  19. グリップ力、ホールド性、履き心地、 各メーカーいち押しのモデル。
    1. アシックス GEL-ACE PRO FG (TGN907)
    2. アディダス TOUR360 X BOA
    3. ナイキ TW ’15
    4. ナイキ ルナ コントロール 3
    5. キャロウェイ Tour Style Saddle LS 15 JM
    6. キャロウェイ Urban Style LS 15 JM
    7. ミズノ ジェネム 005 BOA
    8. フットジョイ D.N.A. Boa
    9. フットジョイ 16 XPS1 Boa
  20. ゴルフは足元から!に、こだわってみる

ゴルフシューズこだわり1 重量にこだわってみる

ゴルフシューズの「重量選び」は、軽い方に目が向いてしまいますが、メーカーは「軽量モデル」と「重量モデル」がラインナップされ、それぞれメリットとデメリットがあります。

代表的な「軽量モデル」と「重量モデル」

CHECK1

重量は自分のスイングタイプに合わせてみる”こだわり”。

軽量モデル

0000450856_p01_01

ミズノ
NEXLITE001Boa
重量 285g
0000469552_003_p01_01
アディダス
アディゼロプライムBoa
重量 300g
軽量モデルに合うスイングタイプ
・右足を強く蹴り、フットワークを意識するスイングタイプの人。

軽量モデルのメリット
・疲れにくい。

軽量モデルのデメリット
・皮や靴底が薄いので雨の日に弱い。
・パワーのある人は、靴底がねじれやすく安定性が悪い。

重量モデル

0000474166_004_p01_01

フットジョイ
アイコン ブラック Boa
重量 490g
0000476585_001_p01_01
アシックス
GEL-ACE TOUR Boa
重量 480g
重量モデルに合うスイングタイプ
・インパクト時、下半身をしっかり安定させて体重をのせて打ち込むタイプの人。

重量モデルのメリット
・耐久性に優れている。

重量モデルのデメリット
・筋力が少ない人はラウンド後半疲れる。
・カジュアルなデザインが少ない。

重量のポイント!

スイングや体力は日々変化します。なるべく偏らない重量を選びたい方は、「350g~400g前半」を選ぶ方が安定感もでて無難です。パワーのない方や女性の方は、あまり重いと疲れてしまうので、「300g以下」が履きやすいと思います。

夏場は皮が薄い「軽量」で、冬場は厚めの「重量」と使い分けるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズこだわり2 グリップ力にこだわる。

スイングタイプや体力で、「重量」がぼんやりと絞れてきたら、次はグリップです。

CHECK2

練習場とは違い、平坦な場所がない芝の上のゴルフ場で求めらるものは、「踏ん張り」が効くかどうかです。グリップ力が高いと、体重をしっかり支えられ飛距離もアップします。

重量もチェックしながら、グリップ選びにこだわりましょう。

グリップ力が評判のゴルフシューズ

今回は、スパイクレスとソフトスパイクで比較してみます。

スパイクレス

0000479198_p01_01

アディダス
climachill tour
重量 260g

高通気メッシュアッパーの軽量モデル。23個のクリーツ形状「グリップモア」を配した独自のアウトソールが高いグリップ力を実現。

0000474894_p01_01
 
ブリヂストン
ゼロ・スパイク バイターSHG550
重量 380g

モトクロスタイヤのブロック形状と、ブリヂストンのタイヤテクノロジーを応用した、スパイクレスとは思えないグリップ力はツアープロも絶賛。

スパイクレスのメリット
・靴底が柔らかめで軽量の物が多く、右足を蹴る力が弱い人でもパワーがだしやすい。

スパイクレスのデメリット
・雨の日にすべりやすい。

ソフトスパイク

0000469554_001_p01_01

アディダス
TOUR360 X Boa
重量 380g

かかとからつま先にかけて剛性を高め、最適なスパイク配置がグリップ力と安定性を高めています。アディダスのスパイク技術が熟成された人気モデル。

0000487421_p01_01
フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 約480g

ワイドに張り出したソールが、広い接地面を確保し、優れた接地性と安定感を生みます。これぞスパイクと呼ぶのにふさわしい強力なグリップ力。

ソフトスパイクのメリット
・靴底が固めになってる物が多く、強いフットワークでもしっかりと体重を支えてくれる。

ソフトスパイクのデメリット
・練習場で履くとスパイクの減りが早い。

スパイクレスはゴム底なので、”タイヤメーカー”の方がグリップが良い。という都市伝説もありますが、最近のモデルは、天候の悪い日以外は、スパイクに負けず劣らずの実力をもつモデルが多くなりました。

グリップのポイント!

グリップ力は、しっかりと芝を噛むソフトスパイクの方が「踏ん張り」が強くパワーもだせます。どうしても、スパイクの”ゴツゴツ感”が気になる方は、スパイクレスの選択を考慮し、天候やその日の体調で、スパイクレスとソフトスパイクを履き分けるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズこだわり3 履き心地にこだわる

「重量」はスイングタイプを考慮して、柔らかめや硬めなど、どの「グリップ力」が自分に合うかを検討しながら、次にこだわるのは「履き心地」です。

CHECK3

スイング時の衝撃をやわらげるために、ジェルを配置したモデルや、ホールド感を高めたモデルなど、ソール内部やかかとなど、各メーカーのテクノロジーが詰まっています。

かかとにこだわる代表的な商品

ジェルタイプ

0000473510_p01_01

アシックス
TGN907
重量 400g
elm4
アシックスは、かかと部に搭載したGELが、歩行時やスイング時のクッション性を高め、かかとを高くすることで、足の負担を軽減させてます。
※TGN907は、T-GELを使用。

ジェル+かかとのズレ軽減

0000487421_006_p01_01

フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 480g
81wC0EjI6AL._UL1500_
フットジョイ 16XPS1は、足首周りにジェルを配合し最適なフィット感と、かかとのズレを軽減する滑りにくい素材を配置しています。

ミズノウェーブ

0000472583_002_p01_02

ミズノ
ジェネム005 Boa
重量 430g
ttl_01
ミズノは、スイング時や歩行時、足にかかる衝撃をやわらげ、クッション性が評判の「ミズノウェーブ」は柔らかい履き心地です。

ナイキのクッションモデル

0000470297_005_p01_01

ナイキ
ルナ コントロール 3
重量 380g
image
ロリーマキロイ監修のルナ コントロール 3。足裏全体を包み込む柔らかい素材を使用し、ナイキゴルフの中でもクッショニングはNO1のモデル。
履き心地のポイント!

長時間履くゴルフシューズは、各社「履き心地」には力が入っています。かかと内部の柔らかめが好みでしたら「アシックス」ホールド性なら「フットジョイ」クッション性なら「ミズノ」「ナイキ」など、他にもバリエーションが豊富にあります。

ゴルフシューズこだわり④ 構えやすさにこだわる

CHECK4

パターやアプローチなど、両足のスタンス幅が狭い時、気になる人は気になってしまうのがシューズの形状です。ゴルフシューズは甲側のデザインが、シンプルなものが多く、ちょっとした違いを、自分好みの構えやすで選んでみるのもアリかと思います。

構えた時の安心感は「広め」

張りが強めモデル

0000487421_001_p01_02

フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 約480g
0000471084_005_p01_04
プーマ
TITAN TOUR WD Boa
重量 450g
張りが強めのモデルは?
しっかりとした安定性と抜群のグリップ力があります。パッティングなど両足を近づけて構えた時に、張りが気になる人はNG。目立たないように、クリアー素材を使用しているモデルも多いです。

やや幅広いモデル

81JdvT3mG6L._UL1500_

ナイキ
ルナ コマンド Boa
重量 約385g
81czlB8irOL._UL1500_
アディダス
power boost Boa(スパイクレス)
重量 約480g
やや幅広いモデルは?
張りが強めのモデルと同様、幅広いデザインの物は構えた時に、見た目の安心感があります。張りが強めのモデルはゴツいかな?と感じた人は、やや幅広いモデルがオススメです。

足元が気にならない「シンプルモデル」

シンプルモデル

41Er0y9SsnL

キャロウェイ
Urban Style LS 15 JM
重量 約390g
0000461066_003_p01_03
フットジョイ
D.N.A. Boa
重量 約425g

モダンデザインモデル

41GBoqldN1L._SX466_

キャロウェイ
ツアースタイル サドル LS 15 JM
重量 約410g
719kepnPR9L._UL1500_
フットジョイ
アイコンブラックBoa
重量 約490g
構えやすさのポイント!

シンプル&モダンモデル
ツアープロや上級者に多いこだわりは、構えた時、ボールに集中でき、足元が気にならないシンプルなデザインのゴルフシューズです。構えた時をイメージして、足元の視界を考慮してみるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズ選び4つのこだわり
1、重さはスイングタイプで選んでみる。
2、自分に合いそうなグリップ力を選ぶ。
3、自分に合いそうな、かかとにこだわる。
4、デザインは構えやすさも考えてみる。
あわせて読みたい!