【気になる!】激スピン!キャロウェイMACK DADDYがラインナップを増やして新発売!

2015年9月18日に、キャロウェイより新しいウエッジ「MACK DADDY 3」が発売されます。MACK DADDYシリーズはこれまで、MACK DADDY、MACK DADDY2が発売され、柔らかい打感と強烈なスピン性能が話題になり、現在も売り切れ続出の人気ウエッジ。

もう少しラインナップが多ければなぁ?と言う声も多く、MACK DADDY2の追加ラインナップとして発売されるのかと思いきや、MACK DADDY 3の発売で細かいラインナップが充実しました。

コース予約はGDO

MACK DADDY 3 3種類のソールが選べる

MACK DADDY 3 -1
MACK DADDY 3は「S-GRIND」「C-GRIND」「W-GRIND」と、自分の打ち方により3種類のソールが選べます。

MACK DADDY 3 ソール種類
S-GRIND スクエアに構えてオートマチックにアプローチしたい人向け。
C-GRIND フェースを開いたりコントロールショットを駆使したい人向け。
W-GRIND やさしくアプローチ、ダフリのミスにも寛容、バンカーからも楽に脱出したい人向け。

MACK DADDY 3 3種類の溝の深さ

MACK DADDY 3 -2

MACK DADDY 3 溝の種類
アプローチ
46°~52°
緩やかなエッジの溝で、フルショット時の距離を安定。
46°/48°バウンス08° S-GRINDのみ
50°/52°バウンス10° S-GRINDのみ
サンド
54°~56°
適度なエッジの溝で、スピンのきいたショットを可能。
54°バウンス10° S-GRIND
54°バウンス12° W-GRIND
56°バウンス10° S-GRIND
56°バウンス10° C-GRIND
56°バウンス12° W-GRIND
ロブ
58°~60°
鋭角なエッジの溝で、グリーン周りから最大限のスピン性能を発揮。
58°バウンス09° S-GRIND
58°バウンス08° C-GRIND
58°バウンス11° W-GRIND
60°バウンス09° S-GRIND
60°バウンス08° C-GRIND
60°バウンス11° W-GRIND
ロフト角に応じて溝の形状が変わり、理想的なスピン量で打てるようです。今後は各社、このようなウエッジが増えてくると予想されます。

MACK DADDY 3 どこかで見たことあるような?

MACK DADDY 3 -3MACK DADDY 3 あれ?どこかで見たことあるバックフェース。

MACK DADDY 3 -PMフィル・ミケルソン監修、限定発売のMACK DADDY P.Mに似てますね。

どちらも4ホールバックフェース。
4つの穴がやや高めの重心を生み出し 、バックスピン性能を向上。特に深いラフからのショットで威力を発揮。

MACK DADDY 3 -4MACK DADDY 3
MACK DADDY 3 -PM2MACK DADDY P.M
フェースの違い。PMはトウ端ギリギリまでスコアラインを配置。ボールとフェースの接地時間が長くなりバックスピン、コントロール性を最大限高めています。

MACK DADDY P.Mはサンドとロブウエッジのみ。バリエーションは少ないですが、フィル・ミケルソンと限定発売の効果か?販売は好調のようです。
ちなみにP.Mのスペックは、

MACK DADDY P.M
ロフト/バウンス バランス
56°-13° D5
58°-10° D5
60°-10° D5
・ヘッド素材
・仕上げ
軟鉄
クロムメッキ
日本仕様シャフト Dynamic Gold Tour Issue S200 星条旗バージョン

MACK DADDY 3 セッテイング例①

バリエーションが豊富になって選びやすくなったMACK DADDY 3。種類が多くなるとセッテイングに悩むところ。この辺を最近流行のセッテイングで組んでみるとこんな感じです。

MACK DADDY 3
PWを抜き4本セッテイング
46°S-08° フルショットを想定。
PWよりも精度を高める46°を入れます。
52°S-10° 100yをきっちり打つロフトを入れたいです。
56°W-12° おもにバンカー用
60°C-08° ロブショット系
PWの精度を高めたい人は、流行りのウエッジ4本セッテイングで。100yを打つロフトは50°や52°を自分に合うロフトでセッテイング。

MACK DADDY 3 セッテイング例②

セッテイング例①は最近ではフツーな感じです。我々形から入るAmagoruファーは、さらにセッテイングに周りと差をつけるために、

MACK DADDY 3とP.Mのコラボ
46°S-08°
バランスD3
フルショットを想定。
PWよりも精度を高める46°を入れます。
52°S-10°
バランスD3
100yをきっちり打つロフトを入れたいです。
56°-13°
バランスD5
スピン性能の高いP.Mを入れます。
60°-10°
バランスD5
スピン性能の高いP.Mを入れます。
ロフト角のある56°/60°はさらにスピン性能の高いP.Mを投入。PMのシャフトはDynamic Gold Tour Issue S200しか選べませんので、MACK DADDY 3のシャフトはDynamic Gold S-200をチョイスしてください。

激スピンMACK DADDY!

これまでのMACK DADDY/MACK DADDY2は強烈な激スピンが特徴。MACK DADDY 3では、特徴的なバックフェースの4つの穴が、さらにスピンがかかりラフからの抜けの良さも向上したようです。

ここ最近のウエッジでは、一番進化が感じられるウエッジかな?という印象が強く、「優しさと激スピン」を求める人には、アプローチが楽しくなるウエッジです。

YouTube:MD3 MILLED ウェッジ プロダクトビデオ

MACK DADDY
MACK DADDY/MACK DADDY2の価格が下落してます。旧モデルを探してた方は在庫がなくなる前にチェック。
MACK DADDY 3は2015年9月18日発売。
・ヘッド仕上げ
 クロムメッキ / マットブラック仕上げ
・日本仕様のシャフト
 Dynamic Gold S-200
 N.S. PRO MODUS3 TOUR 120 (S)
 N.S. PRO 950GH (S)

公式サイト:キャロウェイ

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする