極めるパターの選び方!打ち方に合うネックやグリップの重要性!2018-2019モデル編

ゴルフギア選び

シンプルな動作でグリーン上のボールを転がし打つパターは、ドライバーやアイアインよりもルールの規制が少なく、さまざまな種類のパターが発売されています。

構えやすいデザインで選ぶことも重要ですが、よりパット数を少なくしてスコアにつなげたいアマゴルファーさんは、構えやすさプラス自分の打ち方に合うパターを選び、一般アマチュアゴルファーさんとの差をつけたいところです。

今回は、パターの選び方を極めるためにも、自分の「ストロークタイプ」と、最近のパターに多い「グリップ太さの違い」を組み合わせながら、2018-2019モデルからご紹介。

パター選びの基本編はこちらから。

スポンサーリンク
  1. フェースバランスとトゥヒールバランス
    1. フェースバランスのパター
    2. トゥヒールバランスのパター
  2. パッティングスタイルとグリップの太さをチェック!
    1. リストストロークは細グリップ
    2. ショルダーストロークは太グリップ
    3. その日の感覚で打つ方は中グリップ
  3. リストストローク × フェースバランスの方におすすめのパター
    1. プロギア SB CC-03CS
    2. オデッセイ ストローク・ラボ アイ #5
    3. テーラーメイド TPコレクション ブラックカッパー MULLEN2
  4. リストストローク × トゥヒールバランスの方におすすめのパター
    1. オデッセイ オー・ワークス ツアー#2 レッドバージョン
    2. オデッセイ オー・ワークス ツアー DOUBLE WIDE S レッド
    3. オデッセイ エクソー SEVEN S
  5. ショルダーストローク × フェースバランスの方におすすめのパター
    1. テーラーメイド TPコレクション レッドアードモアCS
    2. テーラーメイド スパイダー ツアーブラック ダブルベント
    3. テーラーメイド スパイダー ARC
  6. ショルダーストローク × トゥヒールバランスの方におすすめのパター
    1. テーラーメイド スパイダー ツアーレッド クランクネック
    2. テーラーメイド スパイダー ツアーレッド スモールスラント
    3. テーラーメイド TPコレクション レッドアードモア3
  7. その日の感覚で打つ × フェースバランスの方におすすめのパター
    1. ヨネッックス TP-F1B
    2. オデッセイ オー・ワークス #5
  8. その日の感覚で打つ × トゥヒールバランスの方におすすめのパター
    1. オデッセイ レッド オー・ワークス 2ボール FANG S
    2. スコッティキャメロン 18セレクト スクエアバック
    3. ピン ヴォルト2.0 デールアンサー
    4. スコッティキャメロン 18セレクト ニューポート2
    5. スコッティキャメロン 18セレクト ニューポート3
  9. 復活を遂げたタイガーウッズもパターを変更
    1. テーラーメイド TP ブラックカッパー ARDMORE 3L
    2. テーラーメイド TPコレクション ブラックカッパー JUNO
    3. スコッティキャメロン ニューポート2 GSS プロトタイプ

フェースバランスとトゥヒールバランス

さまざまな種類のパターが発売されていますが、大まかに分類するとまっすぐ引いてまっすぐヘッドを送り出す「フェースバランス」と、イン・トウ・インの軌道でボールをヒットして打つ「トゥヒールバランス」に分かれます。

自分のストロークの好みと、パターの性能を合わせておくのがパター選びの基本です。

パターのフェース面の向きをチェック


ヘッドだけ浮かせてテーブルなどにパターを置いた時、フェース面がどの方向を向いてるか?で、フェースのバランス度合いをチェックできます。

フェースバランスのパター

フェースが真上を向くパターや、ほんの少し斜めになるパターは『フェースバランス』と呼ばれるパター。

フェースバランスのパターは、テークバックからフォローまでフェースの開閉を行わず、ヘッドをまっすぐストロークしたい方に向いています。

※フェースバランスの一例です。

トゥヒールバランスのパター

フェースのトゥ(先端)側が下がり、フェースが斜めを向くパターが『トゥヒールバランス』のパター。

トゥヒールバランスのパターは、テークバックからフォローにかけてフェースの開閉がしやすく、緩やかな弧を描くようなイン・トウ・インの軌道でボールを打ちたい方に向いています。

※トゥヒールバランスの一例です。

まずは、ストレート軌道イン・トウ・イン軌道のどちらが好みかを決めて、その打ち方に合うパターの選択がポイントです。

パッティングスタイルとグリップの太さをチェック!

最近発売されているパターは、細グリップや太グリップなど、太さの違うグリップが多く発売されています。

グリップの太さを好みで選ぶのもアリですが、アマゴルファーさんのパッティング精度をより高めるためにも、打ち方に合うグリップ選びを、参考にしていただければと思います。

リストストロークは細グリップ

リストストローク
パターを握り両手首のVゾーンを意識しながら、グリップエンドがいつも体の中心を指すイメージで、ヘッドを振り子のように動かすタイプの方は、『リストストローク』と呼ばれるパッティングスタイル。

グリップエンドを支点に、ヘッドを積極的に動かすのでヘッドの走りがよく、小さな振り幅でもボールの転がりと伸びがあり、重いグリーンやショートが多い時にも有効です。

『リストストローク』は、手首の動きを使いながらヘッドを先行させるので、ストロークのしやすい『細グリップ』がおすすめです。

ショルダーストロークは太グリップ

ショルダーストローク
両肩、両ヒジ、両手首で作る5角形をキープして、パターと腕の一体感を意識しながら、グリップエンドとヘッドを平行に近いイメージで動かす方は、『ショルダーストローク』

5角形をキープしながらゆっくりストロークすることで、振り幅が大きくてもあまり転がらず、速いグリーンやオーバーが多い時にも有効です。

『ショルダーストローク』は、ヘッドの走りとボールの転がりを抑えるために、手元の動きと体を同調させやすい『太グリップ』がおすすめです。

その日の感覚で打つ方は中グリップ

ボールの転がりの悪い日は「リストストローク」、転がり過ぎている日は「ショルダーストローク」と、状況に応じて打ち方を変える方は『中グリップ』がおすすめです。

リストストローク × フェースバランスの方におすすめのパター

グリップエンドを支点にヘッドを積極的に動かす『リストストローク』で、ストレート軌道が好みの方は、ストロークの幅やリズムを手元で操作しやすい『細グリップ』が使いやすいパターです。

2018年モデルから、『リストストローク』でストレート軌道に打ちやすい細グリップモデルは、ヘッドサイズの違う3モデルがおすすめです。

プロギア SB CC-03CS

平均売価:20,300円(税込み)
2018/9現在の平均売価。

PRGR プロギア SILVER-BLADE CC-03CS
発売日 : 2018/04
ロフト : 3°
長さ : 33/34インチ
重量 : 33/553g 34/558g
定価 : ¥25.000(税別)
球位置 line-hidari センター
軌道 ストレート line-hidari
打感 line-hidari2
弾き 弱い 強い

シャフト軸線上に重心があり、芯でヒットしやすいセンターコンセプト(CC)のシリーズの中で、やさしさを重視したプロギア『SILVER-BLADE CC-03CS』

上から見るとC型形状をしたデザインで、重心点から離れた位置に重量を大きく配分することで、直進性の高さと芯を外してもヘッドがブレにくい構造です。

安心感のあるヘッドサイズと重量感は、真っすぐフォローを出しやすく、手元でストロークのスピードを調整しやすいモデル。

ヘッドサイズの違う「CC-01CS」「CC-04CS」も、発売されています。

こんな方は、SILVER-BLADE CC-03CS
・リストストローク×ストレート軌道で打つ方。
・センターネックを試してみたい方。
・引き締まったカラーが好み。
・スムーズにフォローを出しやすいモデル。
・左へのミスをおさえたい方。

オデッセイ ストローク・ラボ アイ #5

平均売価:23,700円(税込み)
2018/9現在の平均売価。

オデッセイ ストローク・ラボ アイ #5
発売日 : 2018/01
ロフト : 3°
長さ : 33/34インチ
フェース : マイクロヒンジ・インサート
重量 : 34/約531g
定価 : ¥30.000(税別)
球位置 センター
軌道 ストレート
打感
弾き 弱い 強い

安定したテンポでストロークできるように、従来モデルと総重量総重量を変えず、ヘッド、シャフト、グリップの重量配分を見直し設計されたオデッセイ『ストローク・ラボ アイ』

インパクト後、ボールに順回転がかかりやすい「マイクロヒンジ・インサート」が搭載され、別売りのウェイトキットでソールとグリップエンドの重量を替え、好みのバランスにカスタマイズもできるパター。

オデッセイパターの中でも根強い人気のベントネック「#5」は、リストストロークでストレート軌道を打ちやすいモデルです。

こんな方には、ストローク・ラボ アイ #5
・リストストローク×ストレート軌道で打つ方。
・ストロークのテンポが安定しない方。
・大型マレットが苦手な方。
・引き締まったブラックカラーが好み。
・マイクロヒンジ・インサートを試したい方。
・右へのミスをおさえたい方。
オデッセイ ストローク・ラボ アイ #5

テーラーメイド TPコレクション ブラックカッパー MULLEN2

平均売価:21,800円(税込み)
2018/9現在の平均売価。

テーラーメイド TPコレクション ブラックカッパー MULLEN2
発売日 : 2018/04
ロフト : 3.5°
長さ : 33/34インチ
重量 : 34/約525g
定価 : ¥25.000(税別)
球位置