恥ずかしくないウエッジ選び②いまさら聞けない選び方編

恥ずかしくないウエッジ選び①トッププロのお手本編」では、形から入らない本物のトッププロのウエッジセッテイングを見ていただきました。

それぞれ随所にこだわりがあり、トッププロの方々がショートゲームをいかに大事にしてるかが分かります。

では、我々形から入るアマゴルファーは何を基準に選べばよいのか?以前、だれかにウエッジ選びの話を聞いたような聞かない人も、復習をかねて今回もむずかしい話はぬきでウエッジという事もふくめザックリと。

コース予約はGDO

正解はここにある。

「ウエッジ選び」とネットで検索すると約 757,000 件。どの情報が正しいのか見極めもむずかしいところ。

「ギアの正解はメーカーとプロにあり」が、アマゴルのポリシーです。

正解はここにあります。

使用率NO1タイトリストと売り上げNO1クリーブランド

ウエッジを選ぶうえで、見た目だけがよくても本物のアマゴルファーとはいえません。

形から入る裏付けとして、当サイトではウエッジ選びの基準をツアー使用率NO1タイトリストと、売り上げNO1クリーブランドをチョイスしました。

タイトリストツアー使用率NO1。

Titleist

2016:世界ツアー

Photo タイトリスト

クリーブランドウエッジ売り上げシェアNO1。

DUNLOP GOLFING WORLD
Photo DUNLOP

この2社は、ウエッジ選びをカンタンに紹介しています。

ステップ1 まずはモデルの選択

タイトリスト
Titleist 2
クリーブランド
DUNLOP2

モデルはストレートタイプとしよう!

ステップ1では、2社とも「モデルの選択を先に決めよう!」と言っています。

タイトリストがわかりやすく説明してるように、モデルは「ストレートタイプ」と「グースネックタイプ」に分かれます。

ウエッジはバンカーやロブショット、フェードボールでスピンを強くするなど、フェースを開閉しさまざまなボールを打つクラブです。

グースネックタイプは開きづらいことと、左への引っかけのイメージが強い傾向にあり、我々形から入るアマゴルファーのモデル選択は、全てのウエッジを「ストレートタイプにそろえる」とします。

初心者の人も上達を早めるには「ストレートタイプ」を推奨します。

ステップ2 PWのロフトからセッテイングを決める

タイトリスト
Titleist3

PWとSWのロフト差が仮に10°違えば、フルショットで約30ヤードの違いがあるので、PWのロフト角から4°~6°刻みでセッテイングするのがよろしいらしい。

クリーブランド
DUNLOP3

ウエッジの番手間の距離を12~16ヤードにするのが基本。PWのロフト角から4°~6°刻みでセッテイングすれば飛距離コントロールもよろしくなるらしい。

ピッチは4°~6°刻み、
ウエッジ3~4本投入で決定

両社とも若干の表現の違いはありますが、PWのロフト角から4°~6°刻みを推奨。

おおまかに4°変われば約10ヤードの違いですが、ピッタリと4°刻みで「50°/54°/58°」にこだわる必要はなく、「50°/56°/60°」のように、自分のPWの距離からどの番手で何ヤード打ちたいか?を計算しながら、ウエッジセッテイングをしていくとカンタンです。

PWの角度が分からない人は、GDO ギアカタログから調べらます。
※一部、スペックが記載されてないクラブもあります。

ステップ3 バウンス角を決める

タイトリスト
Titleist 4バウンス小さめ
・スイングタイプ
 レベルブロー
 シャロー
・薄い芝、硬い地面に向いている。  
バウンス角大きめ 
・スイングタイプ
 ダウンブロー
・バンカーと柔らかい地面に向いている。
クリーブランド
DUNLOP 5バウンス小さめ
・スイングタイプ
 レベルブロー
・硬めの地面やバンカー
バウンスふつう
・スイングタイプ
 ややダウンブロー
・やや柔らかめの地面やバンカー
バウンス大きめ
・スイングタイプ
 ダウンブロー
・柔らかめの地面やバンカー

バウンス角は打ち方で決める

両社ともバウンス角は自分の打ち方で決めることを推奨。
・払い打ちタイプの人はバウンス小さめ。
・打ち込むタイプの人はバウンス大きめ。

バウンス角をどれ位にするか?に悩む人は多いようです。

ココがポイント!

タイトリストの説明では、

ダフリやすい人はバウンスを大きく

step1
ダウンブローに進入してきたヘッド。
step2
インパクト時、ボールに当たる瞬間、同時にソールも地面に接地。
step3
インパクト時に地面に触れたソールが、バウンス効果でヘッドを下に潜らせず、ヘッドが前進。

バウンスが大きいと、インパクト時にヘッドが地面にもぐらず、ヘッドを前に進ませる効果があるので、バウンスが大きい方がダフリづらくなります。

step3_img2-4

ウエッジを使えてるかどうかは、ソールのキズの位置を見れば分かります。

バウンス小さめは、地面とリーディングエッジの角度が小さくなり、ボール手前の芝に引っかかりやすく、ザックリのミスが出やすいので、パターで打つように、キレイに払い打つイメージの人におすすめです。

バウンスが大きいと、リーディングエッジが地面から浮くので、トップしやすいイメージもありますが、地面に引っかかりにくく、少しでも打ち込めれば、ソールが滑りやすく、ダフリづらいメリットがあります。

そこで、当サイト推奨のアプローチウエッジのオススメは、キレイに払い打つ事もできて、ダウンブローで打ち込む事もできる人は「バウンス小さめ 8~10°」

「ザックリコワイな~」と思う人や、スピンを強くかけたい人は「バウンスふつう~やや大きめ 10~13°」がオススメです。

10~30ヤードのアプローチも、軽くターフをとれるようなダウンブローで打つ練習をすることで、アイアンの上達にもつながります。

バンカー用のウエッジではバウンス角「大きめ」にして、ヘッドが砂にもぐりにくく、エクスプローションを簡単にする、バウンス10°以上が使いやすいでしょう。

恥ずかしくないウエッジ選び
いまさら聞けない選び方

ポイント1 モデルはストレートタイプにそろえる。
ポイント2 PWのロフト角から4°~6°刻み。
ポイント3 バウンス角はアプローチの打ち方で決める。バンカー用10°以上。

・ウエッジ2本でさまざまな距離を打つより、3~4本に増やし同じ打ち方でロフトによる距離の違いを打ち分けます。

・PWの距離感がバラつく人や、精度を高めたい人は、PWを抜きウエッジに入れ替えるのが流行り。

セッテイングの組み方とシャフト

参考までに、タイトリスト契約プロのジョーダン・スピース選手とクリーブランド契約プロ松山英樹選手のセッテイングを見てみます。

ロフト角はもちろんですが、最後に注目するポイントはシャフトです。両者ともバランスを崩さない意味でも、アイアンと同じシャフトを入れています。

タイトリスト
4本セッテイングのジョーダン・スピース

2015年ジョーダン・スピース
ウエッジセッティング
9I-41° Titleist
714 AP2
シャフト Project X 6.0
46°-08° Titleist
Vokey SM5 F GRIND
シャフト Project X 6.0
52°-08° Titleist
Vokey SM5 F GRIND
シャフト Project X 6.0
56°-10° Titleist
Vokey SM5 S GRIND
シャフト Project X 6.0
60°-04° Titleist
Vokey SM5 L GRIND
シャフト Project X 6.0
PWの距離をさらにウエッジで精度を高めたい人。
最近のツアープロに多い、PWを抜きウエッジ4本のセッテイング。
PWからウエッジに替えるメリットは、操作性が高く球がバラつきにくいことと、コントロールしやすいので、フェースを開いて高い弾道で攻めたり、スピンもかかりやすく止まりやすいボールを打てることが挙げらます。
PWの距離が残りやすい人は、ウエッジに替えさまざまな弾道でピンを狙ってみるのも楽しいです。
Titleist Vokey SM5
・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)
※SM5は生産完了。現行品SM6。
※ソールタイプ各種あり

クリーブランド
3本セッテイングの松山英樹

2015年松山英樹
ウエッジセッティング
PW-46° SRIXON
Z-945
シャフト DG-S400 Tour Issue
50°-10° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
シャフト DG-S400 Tour Issue
56°-12° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
シャフト DG-S400 Tour Issue
60°-10° Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド
シャフト DG-S400 Tour Issue
3本ウエッジ。アイアンからのつながりを重視。
PWの距離が安定していて、アイアンからの正確な距離感の流れを出したいタイプの人におすすめ。

Cleveland
588 RTX2.0プレシジョンフォージド

・日本仕様のシャフトはDG-S200、N.S.PRO 950GH(S)

ツアープロのセッテイングは、バンカー用のウエッジに56°を多用します。

現在は、60°を入れるプロが多く、フェースを開いて高さをだすロブショットや、閉じて20ヤード位の距離を低めの強いスピンボールで打ったり、バンカーも砂の固さや距離に応じて使用しています。

60°があるとバリエーションがひろがりますが、ラフでは打ち込むと、芝の下にフェースがくぐるので、払うように打つのがポイントです。

タイトリスト
クリーブランド

ウエッジ選びでお悩みですか?
恥ずかしくないウエッジ選び①トッププロのお手本編
恥ずかしくないウエッジ選び③2015年主要メーカー対抗ウエッジ合戦
はずかしくないウエッジ選び④ソール幅?バウンス?ウエッジ選び2017

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする