【戦う武器】悲願のメジャー初制覇!S・ガルシア マスターズ2017優勝セッテイング!

第81回マスターズ2017優勝者は、海外メジャー大会74回目の出場にして"セルヒオ・ガルシア(37)"が、ついに、空前絶後のメジャー初制覇を挙げて大会は幕を閉じました。

セルヒオ・ガルシアの初優勝により、2015年のジョーダン・スピース、2016年ダニー・ウィレットに続き、マスターズは3年続けてメジャー初優勝者が制覇しています。

コース予約はGDO

マスターズ2017優勝者
セルヒオ・ガルシア

Photo:GDO
セルヒオ・ガルシア
生年月日 1980/01/09 出身 スペイン
身長 175.0cm プロ転向 1999年
1999年19歳でプロデビューしたガルシアは、その年の「全米プロ」では2位となり、当時、「神の子」や「タイガーウッズのライバル」と呼ばれ、世界中の注目を浴びました。

これまでの勝利は、米ツアー10勝、欧州ツアー12勝、アジアンツアー5勝と、すでに世界のトッププレーヤーとして有名ですが、何度もメジャータイトルに手が掛かりながらも獲得していなかったガルシア。

実力がありながらもこれまで、過去の問題発言や行動が何かと話題に上がっていましたが、今回のマスターズ優勝のインタビューでは「過去のマスターズで楽しめなかった部分も受け入れられ、周囲からの応援など全て力になった。」と、メンタルでの新しい気づきが、メジャー初制覇のきっかけになったのかもしれません。

山あり谷ありのゴルフ人生でしたが、マスターズ19回目の挑戦にして、ついに手に入れたグリーンジャケット。最後のパットが沈んだ瞬間、グリーン上で膝を曲げ祈る姿は感動的なシーンでした。

今回は、2017年オーガスタにて、"ゴルフを愛しゴルフに愛された男 セルヒオ・ガルシア"の優勝セッテイングをご紹介。

セルヒオ・ガルシア
マスターズ2017使用ドライバー

Photo:WRC



2017年 セルヒオ・ガルシア使用ドライバー
ヘッド M2 2017(9.5°)
シャフト 三菱レイヨン
Kuro Kage Silver Dual Core TiNi 80TX
テーラーメイド M2ドライバー2017

ここがポイント!

今大会では、セルジオ・ガルシアとプレーオフで戦ったジャスティン・ローズでしたが、2人共14本のクラブは契約メーカーであるテーラーメイドを使用しています。

ガルシアは新製品を早めに使用する傾向がありますが、二人ともドライバーは日本市場2017年3月発売の『M2 ドライバー2017』を使用。

MシリーズはM1とM2が発売され、幅広い弾道調整と飛距離性のM1と、寛容性と飛距離性能のM2で分かれ、M2の方がヘッド重量がやや軽めになっています。

2代目になるM2ドライバーは、トウ側とクラウン部を改良し、ルール上限となる460ccのヘッド体積を維持しながらヘッド投影面積2%、フェース面積を7%拡大し、テーラーメイドがこれまで製造したドライバーの中で最も高いミスへの許容性を誇るドライバー。

打感はやや柔らかめで弾き感があり、ストレート系の高い弾道と低スピンで飛距離性能が高く、国内仕様ではアベレージヒッター向けに発売されています。ガルシアは、2017年ドライビングディスタンスでは、平均304.2ヤードを記録しています。

日本仕様標準カスタムシャフト
・FUBUKI V 60

その他のシャフトはメーカーカスタムになります。

テーラーメイド M2ドライバー2017
※2016年モデル、USモデルもございます。

セルヒオ・ガルシア
マスターズ2017使用フェアウェイウッド




2017年 セルヒオ・ガルシア使用フェアウェイウッド
ヘッド M1 2017 (17°/19°)
シャフト 三菱レイヨン
Kuro Kage Silver TiNi 80XTS
テーラーメイド M1フェアウェイウッド2017

ここがポイント!

フェアウェイウッド(3W/5W)は、M1を使用。

テーラーメイド史上最も飛ぶフェアウェイウッドと呼ばれるM1は、弾道調整を可能にするスライディング・ウェイト(25g)を搭載し、操作性と飛距離性能を求められる、話題のぶっ飛びフェアウェイウッド。

日本仕様標準カスタムシャフト
・Speeder 661 EVOLUTION II
・TourAD GP-6

テーラーメイド M1フェアウェイウッド2017
※2016年モデル、USモデルもございます。

セルヒオ・ガルシア
マスターズ2017使用アイアン




2017年 セルヒオ・ガルシア使用アイアン
ヘッド P750 ツアー・プロト・アイアン(3-PW)
シャフト 日本シャフト
N.S. Pro MODUS3 TOUR130X
テーラーメイド P750 TOUR PROTO

ここがポイント!

ガルシアの使用アイアンは、2017年3月発売の「P750 TOUR PROTO」

トッププロたちからのフィードバックを開発段階から大いに生かされているアイアン。通常の3倍の圧力をかけて鍛造されたヘッドは、鍛造後の研磨作業を最小限にとどめ、高い精度の仕上がりにしています。

薄いトップラインと短いブレードで操作性や打感を求められ、安定感と寛容性を向上させたツアープロが好む形状の上級者向け本格アイアン。

シャフトは以前から、日本シャフト社「N.S. Pro MODUS3 TOUR130X」を使用。「MODUS3 TOUR130」は、手元から中間部の剛性が高く、先端部のしなりで高さを出しながら攻められる"Made in Japan"のシャフト。

ガルシアは強い手首のタメがあるスイングなので、「MODUS3 TOUR130」のような、低スピンで高弾道が狙えるシャフトとの相性が良いようです。

※「P750 TOUR PROTO」は、カスタムメイド限定モデルです。

テーラーメイド P750 TOUR PROTO
※USモデル、ヘッドがやや大きめのP770も含まれている場合もあります。
※販売準備の整っていないサイトもございます。

セルヒオ・ガルシア
マスターズ2017使用ウエッジ




2017年 セルヒオ・ガルシア使用ウエッジ
ヘッド ミルド・グラインド・ウェッジ
シャフト 日本シャフト
N.S. Pro Modus3 Tour 130X
ミルド・グラインド・ウェッジ

ここがポイント!

ウエッジは、2017年4月発売予定の「ミルド・グラインド・ウェッジ」、52°-09°と58°-11°のSB(スタンダード・バウンス)を、シンプルな2本でセッテイング。

市販モデルとはバックフェースのデザインやソール部の削りがやや異なりますが、特徴的な部分ではシャフトがヘッドに貫通した「スルーボア構造」を採用することで、重心位置を調整し操作性の高さや打感の向上を実現しています。

テーラーメイド ミルド・グラインド・ウェッジ

セルヒオ・ガルシア
マスターズ2017使用パター


2017年 セルヒオ・ガルシア使用パター
ヘッド Spider Tour Red パター
グリップ SuperStroke
1.0P (プロトタイプ)
Spider Tour Red パター

ここがポイント!

ガルシアがこれまでメジャータイトルを獲得できなかったのは、決め所のショートパットが決まらない事が大きな弱点とされていました。

これまでのパターは、ブレードタイプ「TP Collection Juno」を使用してましたが、2017年3月の試合から「Spider Tour Red」に変更し、マスターズ2017では、全73ホール中3パットは1回、パーオンしたホールの平均パット数が1.65と、パッティングの強さを見せてくれました。

「Spider Tour Red」は、2016年ジェイソン・デイがテーラーメイドに、お気に入りの赤色に塗装してもらい「スパイダーリミテッド・レッド」として、海外で限定発売されていました。ダスティン・ジョンソンも弟から借りた「スパイダーリミテッド・レッド」と相性が良かったようで、現在ツアーでブラックカラーを使用しています。

国内販売は2017年4月発売になり、画像と少しデザインは違いますが「Spider Tour Red」として限定販売されます。

カラーは、ジェイソン・デイ仕様「レッド」に、ダスティン・ジョンソン仕様「ブラック」、シルバーとレッドの「ツアークロームフィニッシュ」バージョンの3色で展開。

ちなみにガルシアの使用ボールは、テーラーメイド『TP5 ボール』になりますので、「Spider Tour Red」と合わせて試して頂けるとおもしろいと思います。

テーラーメイド Spider Tour Red パター
※USモデルも含まれている場合もあります。

マスターズ王者セルヒオ・ガルシア

セルヒオ・ガルシア マスターズ用キャディーバッグ:GDO
1999年
マスターズ初出場 38位タイ ローアマ

1999年~2017年
PGAツアー 313試合出場 10勝

メジャー 74試合出場 1勝

世界ランク 7位
FedEXランク 12位
※2017年4/13現在

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする