恥ずかしくないシャフト選び①アイアン用シャフトの基礎知識

我々形から入るアマゴルファーにとって、いつも頭を悩ませることの一つはクラブ選びです。とくに、アイアンは打つ回数も多く、スイングの土台作りにも欠かせない重要なアイテムです。

好きなメーカーで選ぶもよし。
構えやすさや見た目で選ぶも良し。

選ぶ理由はそれぞれですが、自分に合わない武器で戦いに挑んでも勝負は見えています。

では、何を基準に選んだらよいのか?と、迷走する前に「かっこいいシャフト選びを教えてー!」という問い合わせを受け、我々形から入るアマゴルファーのアイアン選びの基準を、今回は「アイアンシャフト基礎編」からお届けします。

コース予約はGDO

基礎編1
己の武器を知ろう!

まずは、現在使用中のアイアンのシャフトを思い出してください。

dg
ピカピカと銀色に光ってるなら「スチールシャフト」と呼ばれるシャフト。
miyazaki
光沢がなく色がついてるシャフトなら「カーボンシャフト」と呼ばれるシャフト。

それぞれの超カンタンな特徴は、

シャフトの特徴
種類 特徴
スチール 飛距離と弾道が安定しやすく方向性にも優れる。
トゥルーテンパー社 ダイナミックゴールドは、ツアープロの信頼が最も高いシャフト。
カーボン 軽量化しやすく高めの弾道と飛距離に優れ、腕に伝わる衝撃もやわらかい。
各社カーボン加工の技術が高まりスチールシャフトに劣らない商品も多く発売。

基礎編1では、現在使用しているシャフトの「種類」と「特徴」の再確認です。
シャフトの特徴を知るとシャフトでゴルフタイプも変わってきます。

ココがポイント!

・正確で安定した球を打ちたいなら「スチール」
・力が弱い方や腕への負担を少なくしたいなら「カーボン」

自分にはどちらのシャフトが合ってるのか?形から入るアマゴルファーとして自分に合うシャフトを何となく確認し、シャフトの種類が分かったら次は重量チェックです。

重量の合わないシャフトを選ぶと、上手にもなれない形からも入れないと"ないない"づくしで、仲間に「クスッ」っと笑われてしまいます。

基礎編2
重量!ココ最重要ポイント!

カッコよいゴルファーを目指す上で、アイアンのシャフトタイプが決まったなら、そのアイアンの「重さ」が自分にとってどうか?です。

ココがポイント!

・振り切れる範囲で適度に重さを感じてるか?
・若干重いかな?くらいがベスト。

クラブにスイングを合わせず、「自分のスイングにクラブを合わせる」ことが重要ポイントで、重さを感じないでビュンビュン振り回したり、重すぎるクラブでスイングをクラブに合わせてしまうのは体にも負担が掛かり、この先の上達が遅くなるだけです。

クラブを速く振る事よりもゆっくりでもよいので、やや重さを感じながら振り切れるくらいが「スイングバランス」「スイングリズム」「軌道」の安定度が高まり、結果ミート率の高いよい弾道が生まれやすくなります。

この辺は、現状のミスの症状を見るのもひとつの手です。

合わないシャフトの症状
種類 特徴 球の方向 球の高さ
シャフトが軽い トップ 左に行きやすい 上がり過ぎ
シャフトが重い ダフリ 右に行きやすい 上がらない

これで何となく分かれば今日はOKです。

打ち方の違いもありますが、今回は、現在使用してるアイアンのシャフト重量が合ってるかどうか?の、再確認です。

基礎編としてのチェックポイント

・アイアンのシャフトはスチールが良いのか?カーボンが良いのか?
・適度な重さのアイアンを使ってるか?

我々形から入るアマゴルファーは恥ずかしくないシャフト選びをして、最終的にはかっこいいクラブセッティング+スコアアップを目標にしたいところです。

当サイト『Amagoru』は、必要な情報をざっくりと重点におき、細かいスイングの"アレコレ"はありません。

自分に合うアイアンシャフトのさらに細かい「種類」を絞りたい方は、

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする