10年113億円!!ロリー・マキロイがテーラーメイドと用具契約を発表!!

メジャー通算4勝を挙げ、現在、世界ランク2位のロリー・マキロイ(28)が、2017年5月10日にテーラーメイドゴルフと用具使用契約を結びました。

契約期間は10年の長期契約になり、契約金額では英国メディアのガーディアン、テレグラフ(いずれも電子版)では、10年1億ドル(約113億円:推定)と報じています。

コース予約はGDO

いよいよ本格始動のロリー・マキロイ

マキロイとの契約内容では、全14本のゴルフクラブとボールになり、ウェアは継続してナイキを着用し、パターは現在使用中のオデッセイを使用。201年05月11日~14日にフロリダで行われる「ザ・プレーヤーズ選手権」から新しいギアで本格始動するようです。

ロリー・マキロイ 2017年セッテイング
ドライバー M2 2017(8.25°)
3W M2 Tour 2017(13.5°)
3W M2 2017(15°)
5W M2 Tour 2017(19°)
1I Tour Preferred UDI
3~4I P750 Tour Proto
5~9I Rors Proto
ウエッジ Milled Grind
48°-09°:スタンダードバウンス
54°-11°:スタンダードバウンス
60°-09°:ローバウンス
※未発売のモデルもあり、市販のスペックとは異なる場合があります。
プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するセッティングとは異なることがあります。

パターは、マキロイと共に理想的なパターを作り出す作業を進めていく予定のようです。

ロリー・マキロイ
2017年クラブセッテイング

ドライバー


ドライバー M2 2017(8.25°)
シャフト 三菱ケミカル
Kuro Kage Silver 70 XTS
ドライバーは契約前にも試合で使用したことのある「2017 M2」を使用。

マキロイが、2017 M2ドライバーを使用しての平均飛距離は「トータル 338.5 ヤード」のぶっ飛びぶりです。

マキロイのコメント テーラメイドゴルフ公式より
安定してより良いショットを打てるようになりました。このM2こそ、これまでに使った中で最も優れたパフォーマンスを発揮してくれるドライバーです。この武器をバッグに収められることに興奮しています。

フェアウェイウッド


3W M2 Tour 2017(13.5°)
シャフト 三菱ケミカル
Tensei CK Pro White 80TX
3W M2 2017(15°)
シャフト 三菱ケミカル
Tensei CK Pro White 80TX
5W M2 Tour 2017(19°)
シャフト フジクラ
Rombax P95X
ドライバーやフェアウェイウッドでは、重量やシャフトが異なるさまざまなモデルをテストし、パー5の2打目でも望んだ通りのショットが打てるクラブであることを重要視しているようです。マスターズ2017では2本の新M2ツアーフェアウェイウッドを使用していました。

これからの実戦では、どのクラブを使用するかは分かりませんが、M2FWの芝からの抜け具合に感銘を受けていたようです。マキロイが使用するM2Tour「19°」は、現在、国内未発売になります。

マキロイのコメント テーラメイドゴルフ公式より
今年のオーガスタ(マスターズ)ではテーラーメイドのM2ツアーフェアウェイウッドを使いましたが、以前使っていたクラブからの変更は難しくありませんでした。これまでのクラブでは決して得られないようなパフォーマンスを与えてくれたフェアウェイウッドと言えます。

アイアン


1I Tour Preferred UDI
シャフト プロジェクトX
HZRDUS Black 105X (6.5)
3~4I P750 Tour Proto
シャフト プロジェクトX
7.0
5~9I Rors Proto
シャフト プロジェクトX
7.0
ドライビングアイアンには、2014年発売の「Tour Preferred UDI #1(国内未発売)」に、3~4Iは、国内カスタムで販売されている「P750 Tour Proto」を使用し、飛距離を武器にするマキロイらしいセッテイング。とくに、注目されてるアイアンでは5~9Iの「Rors Proto」になります。

RORS(ロールズ)はマキロイの愛称で、マッスルバックアイアンを使用してきたマキロイが、テーラーメイド本社の R&D 部門と共に開発作業に取り組んだ製品で、今のところ発売予定は聞いておりませんが、マキロイが望んだパフォーマンスや外観は、かなりのこだわりアイアンのようです。

グリップは「New Decade 58R」を使用。

マキロイのコメント テーラメイドゴルフ公式より
この“RORSプロト”アイアンは、これまでに見た中で最も美しいアイアンです。

ウエッジ


ウエッジ Milled Grind
シャフト プロジェクトX
6.5
2017年4月発売予定の「Milled Grind」

理想的なソールを均一に製造するため、CADデータに基づくCNC旋盤加工を施されて生まれた、スルーボア(貫通型)構造のウェッジ。飛距離の出るマキロイは2打目でウエッジを使用することが多く、マキロイが好むソールデザインを機械加工で作り上げたようです。

公式の発表では、48°/54°/60°の3本を使用するようですが、さまざまなロフトもテストしてるようです。

マキロイのコメント テーラメイドゴルフ公式より
さまざまなウェッジを試しましたが、機械加工されたソールを持つこのミルドグラインドウェッジは、最も安定したパフォーマンスを発揮してくれました。

ボール

Photo:WRX

ボール TP5x
2017年話題の5層構造ツアーボール「TP5x」

シリーズでは、ソフトな打感で中高弾道の「TP5」と、マキロイが使用する、ややソフトで高弾道の「TP5x」が発売され、飛距離性能の高さで評判のボールです。

初めてテーラーメイドの「TP5x」を試したマキロイはすぐに、特に風がある状況下でアイアンショットの弾道が改善され、安定したアイアンのパフォーマンスを得られることに気づき、「TP5x」ボールを使用することを決断したようです。

テーラメイド TP5/TP5X

ロリー・マキロイの新たな武器
テーラメイドゴルフ

マキロイの契約により、現在世界ランク1位のD.ジョンソン、2位R.マキロイ、3位J.デイと、トップ3がテーラメイドのクラブを使用し、トップ10内でも6位のS.ガルシア、8位J.ローズなど、世界トップレベルの選手たちが顔をそろえています。

マキロイの新たな武器を使用しての優勝が気になるところですが、今週行われる「ザ・プレーヤーズ選手権(2017.05/11~05/14)」にマキロイは出場しますので、どんな戦い方をするのか?気になる方は是非チェックしてみてください。

ザ・プレーヤーズ選手権(2017.05/11~05/14)

ライブスコア(GDO)

民放TV放送
NHKBS1(BS)
1日目 5/12(金)5:00~6:49 6:49~8:00
2日目 5/13(土)5:00~6:49 6:49~8:00
3日目 5/14(日)5:00~8:00
最終日 5/15(月)5:00~6:49 6:49~8:00

ローリー・マキロイ新たな相棒は、テーラーメイド。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする