【戦う武器】2016年マスターズ!『新・BIG3』のギアチェック!

世界最高峰のゴルフトーナメント『マスターズ2016』が、4月7日(木)~11日(月)に開催されます。

とくに、我々形から入るアマゴルファーは、毎年眠れない夜をすごしている人も多いと思いますが、明日の話題のためにも少し『マスターズ』のことを暗記しておくと、さらに楽しめると思います。

コース予約はGDO

2016年 マスターズ・トーナメント

7050792037_01118ae9ae

主催:オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ
コース:オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ

今年は記念すべき『80回大会』の節目になります。

出場資格は、賞金ランキング上位者やメジャー優勝者など、一定の条件を満たすと、大会主催者から招待状が届きます。

もし、「自分も条件を満たしてるかな?」と、心辺りがある人は、今すぐ郵便ポストを見に行った方がよいでしょう。そして早くコース戦略を考え、本線に挑みましょう。

ガラスのグリーン
マスターズ開催時、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのグリーンの速さは、例年ですと「13~14フィート」と、その速さから「ガラスのグリーン」と呼ばれています。

傾斜が重なり合うとんでもなく速いグリーン上の勝負は、見どころの一つです。

かつて、タイガーウッズが「世界で一番難しく、美しいグリーン」と讃えてます。

アーメン・コーナー
「アーメン・コーナー」と呼ばれる、11番(パー4)、12番(パー3)、13番(パー5)は、「神に祈る」思いでプレーするほど難易度が高いとされています。

アーメンコーナーは風が渦巻き読みが難しく、特に12番155ヤードのパー3は、風を計算しながら、奥行き15ヤードのグリーンの落下地点9ヤードを狙う、精度の高い155ヤードのショットが見どころです。

バーディが欲しい13番(パー5)を、つま先上がりのセカンド地点から、狙うか?刻むか?
毎年、このホールで明暗の分かれる選手も多い難ホールです。

4大メジャー
4月開催「マスターズ」6月開催「全米オープン」7月開催「全英オープン」8月開催「全米プロゴルフ選手権」を、4大メジャー大会と呼びます。
グランドスラム
1年間で4大メジャーを制覇することを「グランドスラム」と呼び、1934年マスターズ開催以降の達成者は居ません。
キャリア・グランドスラム
生涯のうち、4つのメジャーを制覇することを「キャリア・グランドスラム」2回制覇することを「ダブル・グランドスラム」3回制覇することを「トリプル・グランドスラム」と呼び、近年の男子で「トリプル・グランドスラム」達成者は、

ジャック・ニクラス(アメリカ、1966年/1971年/1978年)
タイガー・ウッズ(アメリカ、2000年/2005年/2008年)

ゴルフ界における『新 BIG3』

これまでゴルフ界の「BIG3」と呼ばれていたプロは、ジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤーの3人。

最近のゴルフ界では、ロリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、ジェイソン・デイの3人が『新 BIG3』と呼ばれています。

キャリア・グランドスラムを狙う、ロリー・マキロイ。
マスターズ2連覇を狙うジョーダン・スピース。
直近の大会で2連勝を挙げ、好調のジェイソン・デイ。

『新 BIG3』が、今後のゴルフ界を引っ張って行くような流れになるのか?2016年最初のメジャー『マスターズ』の勝者に注目が集まっています。

マスターズ2016組み合わせ
GDO マスターズ2016組み合わせ

ロリー・マキロイ

ロリー・マキロイ(26)
Rory McIlroy 国籍 北アイルランド
世界ランク 3位
FedExランク 36位
スタッツ
平均ストローク 5位 69.969 平均パット 27位 1.736
平均飛距離 7位 309y FWキープ率 145位 57.79%
2016年度 直近3試合
WGCデルマッチプレー 4位
アーノルド・パーマー招待 27位
WGCキャデラック選手権 3位
過去4年のマスターズ成績 
2012年 40位 2013年 25位
2014年 8位 2015年 4位
これまでのメジャー優勝
2011年 全米オープン 2012/14年 全米プロゴルフ選手権
2014年 全英オープン
『マスターズ』で優勝すれば、史上6人目となる『キャリア・グランドスラム』達成になります。

これまでの2016年シーズンは、WGCデルマッチプレーでは4位に入りましたが、パッティングの調子が悪いようで、マキロイらしくないイージーなミスも多く、マスターズに向けてどこまで修正してくるかが、勝負のポイントになりそうです。

ロリー・マキロイ 2016 セッテイング

Rory McIlroy-2016-dr

ドライバー Nike Vapor Fly Pro (9.5°)
neutral setting
シャフト 三菱レイヨン
Diamana S+ 70X
ココがポイント!

2016/02発売の「ヴェイパーフライ・プロ」を使用。

ボールはつかまり過ぎず、高弾道と操作性を重視したドライバーです。気持ち良い打音も特徴で、TV越しからマキロイが打つ「音」を聞いてみてください。

シャフトはディアマナSを使用。(国内未発売)

ヴェイパーフライ・プロ 国内仕様シャフト
KUROKAGE XM60
GP-6
ATTAS G7 6
Speeder 661 Evolution 2

※ヴェイパーは、フライとフライ・プロが発売されてます。
 現在マキロイの使用モデルは『フライ・プロ』

Rory McIlroy-2016-3w

3W Nike Vapor Speed (15°)
neutral setting
シャフト フジクラ
Rombax Pro 95-X
ココがポイント!

前モデル、2015/02発売の「ヴェイパー スピード」を使用。

ボールはつかまえやすいですが左に行きづらく、高弾道と直進性の高いフェアウェイウッドです。スイートスポットはあまり広くはありませんが、しっかりミートできる人でしたら、手応えのある打感が伝わります。

シャフトはランバックス Pro 95-X(国内未発売)重量級シャフトを使用。

ヴェイパー スピードFW 国内仕様シャフト
Diamana R60
MJ-6
ATTAS 6☆ 6
Speeder 661 Evolution

※価格も底値。新品が若干ございます。

Rory McIlroy-2016-iron

アイアン Nike Vapor Fly Pro(2I)
Nike VR Pro Blades(4-9)
シャフト トゥルーテンパー
Project X 7.0
ココがポイント!

4-9Iは、2010/11発売の「VR PRO ブレードアイアン」を長年使用しています。

外観の美しさはまさにイケメンアイアン。打ちこなすにはパワーも必要ですが、操作性と打感はアイアンの中でもトップクラスの名器。

VR PRO ブレードアイアン
※新品の在庫はございません。
 中古の流通は常に変動しています。
 流通量少ないですが、3万円前後~

Rory McIlroy-2016-46
Rory McIlroy-2016-52
Rory McIlroy-2016-56
Rory McIlroy-2016-58

ウエッジ Nike Engage
(46/52/56/59°)
シャフト トゥルーテンパー
Project X 6.5
ココがポイント!

ウエッジは、2015/7発売の「エンゲージ ウェッジ」を使用。

近未来的なデザインで、ナイキアスリートの約98%が使用のノンメッキフィニッシュ仕上げ。サビやすく手入れも必要ですが、光の反射を防ぎ、サビがスピン性能を向上させるメリットもあります。

エンゲージ ウェッジ 国内仕様シャフト
DG-S200
N.S. PRO 950GH

※ソールの種類が3種類
・スクエアソール
・トゥスウィープソール
・デュアルソール

※2016/4現在、1万円を切るショップも多く発売後最安。

Rory McIlroy-2016-Putter

パター Nike Method Origin B201
(プロトタイプ)
ココがポイント!

パターは、現在アメリカ市場で発売されたばかりの新製品「Method Origin B201」を使用。

「打感が柔らかく、ボールの転がりも良い」と、マキロイの評価も高く、今後、日本市場で発売された時には”要チェック”のパターです。

ジョーダン・スピース

ジョーダン・スピース(22)
Jordan Spieth 国籍 アメリカ合衆国
世界ランク 2位
FedExランク 13位
スタッツ
平均ストローク 10位 70.055 平均パット 1位 1.674
平均飛距離 71位 294.4y FWキープ率 79位 60.09%
2016年度 直近3試合
シェルヒューストンオープン 13位
WGCデルマッチプレー 9位
バルスパー選手権 18位
過去4年のマスターズ成績 
2012年 出場なし 2013年 出場なし
2014年 2位 2015年 優勝
これまでのメジャー優勝
2015年 マスターズ 2015年 全米オープン
2015年マスターズ優勝者で、2連覇を狙います。

2016年シーズンは、ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズで優勝もして、各試合上位に食い込んでいますが、ショットの精度と、ショートパットの精度が悪いようです。

1mから入る確率 
2014-15 99.7% 33位
2015-16 99.5% 119位

1m~2.5m入る確率
2014-15 68.3% 114位
2015-16 62.9% 176位         

パットの上手さが特徴のジョーダン・スピースが、今年も「ガラスのグリーン」を攻略できるのか?要チェックです。

JordanSpieth-2016-Dr-680

ドライバー タイトリスト 915D2 (9.5°)
シャフト アルディラ
Rogue Limited Edition Black 60TX
ココがポイント!

2014/11発売の「915D2」を使用。

スピースのドライバーは、ミート率がよく高弾道系のやさしい460ccヘッドの「915D2」です。

シャフトは国内未発売ですが、剛性と操作性が高い、アルディラのプレミアムシャフトです。

915D2 国内仕様シャフト
ツアーAD MJ
ツアーAD GP
ディアマナ R
クロカゲ XM
アッタス 6☆
アッタス G7
スピーダーエボリューション
スピーダーエボリューション2

JordanSpieth-206-3w-680

3W タイトリスト 915F (15°)
シャフト グラファイトデザイン
Tour AD-DI 7X
ココがポイント!

2014/11発売の「915F」を使用。

3Wもドライバー同様大きめのヘッドを使用。飛距離、直進性、許容性が特徴の「915F」

シャフトTour AD-DI 7X装着クラブは、国内未発売ですが、タイトリストのクラブはシャフトバリエーションが豊富で選びやすくなっています。

915F 国内仕様シャフト
ツアーAD MJ
ツアーAD GP
ディアマナ R
クロカゲ XM
アッタス 6☆
アッタス G7
スピーダーエボリューション
スピーダーエボリューション2

JordanSpieth-2016-ut

UT タイトリスト 712U (3I/21°)
シャフト グラファイトデザイン
Tour AD-DI 105X
ココがポイント!

UTは、2013/06発売の「712U」を使用。

2015年はウッド型のUTでしたが、2016年シーズンはアイアン型UTを使用。

1025鍛鉄鋳造ボディーで中空タイプ。外観はブレードアイアンですが、やや厚みがあり優しさを合わせもつユーティリティアイアン。
高弾道、低弾道と狙い通りに飛ばすならコレ!

712U ユーティリティアイアン
※新品の在庫はございません。
 中古の流通は常に変動しています。
 流通量少ないですが、1.5万円前後~

JordanSpieth-2016-iron

アイアン タイトリスト 714 AP2(4~9)
シャフト トゥルーテンパー
Project X 6.0
ココがポイント!

2013/11発売の「714 AP2」を使用。

新製品716 AP2が発売されていますが、スピースは「714の方が見た目が構えやすい」理由から、今の所、2016シーズンも「714 AP2」を継続して使用しています。

ブレードアイアンに近いキャビティ。ここ数年、アイアン全体の中でも名器中の名器。

714 AP2 国内仕様シャフト
DG-S200
N.S.PRO 950GH
※新品の在庫はございません。
 流通量は非常に少なく、中古市場でも激レア。
 中古の流通は常に変動しています。

JordanSpieth-2016-46
JordanSpieth-2016-52
JordanSpieth-2016-56
JordanSpieth-2016-60

ウエッジ タイトリスト Vokey SM6
(46/52/56/60°)
シャフト トゥルーテンパー
Project X 6.0
ココがポイント!

ウエッジは、2015年の「SM5」から、2016/3発売の「SM6ノーメッキ」に変更しています。
各グラインドは、

46-08 F
52-08 F
56-10 S
60-04 L

新製品の「Vokey SM6」何かと気になる人も多いと思いますが、ここは『マスターズ』で、スピースのショートゲームの精度を見ながら楽しんでください。

Vokey SM6 国内仕様シャフト
DG-S200
N.S.PRO 950GH
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120

Jordan Spieth-2016-Putter
Jordan Spieth-2016-grip

パター Scotty Cameron 009
(プロトタイプ)
グリップ SuperStroke
Flatso 1.0 (Black/White)
ココがポイント!

スピースと言えば「パターの名手」
10代の頃から愛用しているキャメロンの009に、グリップはやや太目のSuperStroke Flatso 1.0を使用。2016シーズンは、パッティングの調子が悪いようですが、2015年マスターズのようなパッティングを期待したい所です。

ジェイソン・デイ

ジェイソン・デイ(28)
Jason Day 国籍 オーストラリア
世界ランク 1位
FedExランク 2位
スタッツ
平均ストローク 35位 70.567 平均パット 12位 1.715
平均飛距離 21位 304.1y FWキープ率 164位 56.47%
2016年度 直近3試合
WGCデルマッチプレー 優勝
アーノルド・パーマー招待 優勝
WGCキャデラック選手権 23位
過去4年のマスターズ成績 
2012年 棄権 2013年 3位
2014年 21位 2015年 28位
これまでのメジャー優勝
2015年 全米プロゴルフ選手権
試合を重ねるごとに実力をつけ、2015年は初のメジャータイトル「全米プロゴルフ選手権」で優勝し、直近2試合で連続優勝を果たし、賞金ランク1位で2016マスターズに乗り込んできます。

勝負所の強さ、ショットだけではなくパッティングの精度など、好調をキープできていれば、現在、賞金ランク1位の実力は見ものです。

Jason-Day-2016-dr

ドライバー テーラーメイド M1 460 (10.5°)
シャフト 三菱レイヨン
KuroKage S TiNi 70X
ココがポイント!

2015/12発売の「M1 460」を使用。

ソリッドな打感と飛距離を追求した「M1 460」をデイは気に入ってるようです。二つの弾道調整機能も特徴ですが、デイはニュートラルポジションにしています。

KuroKage S TiNi 70Xで振る、力強いぶっ飛びドライバーショットは見ものです。

M1 460 国内仕様シャフト
ツアーAD GP6
クロカゲ XM60
アッタス G7 6
スピーダー661エボリューション2

Jason Day’s-2016-3w

3W テーラーメイド エアロバーナー (14.5°)
シャフト 三菱レイヨン
KuroKage S TiNi 80X
ココがポイント!

2015/03発売の「エアロバーナー フェアウェイウッド」を使用。

2016年シーズン、3Wと5Wを投入してる事が多いようでしたが、『マスターズ』では、飛距離性能と寛容性を追求した「M2 フェアウェイウッド」を投入してくる可能性もあるようです。

Jason Day’s-2016-2i
Jason Day’s-2016-iron

2I テーラーメイド RSi 2
4-PW テーラーメイド RSi TP
シャフト トゥルーテンパー
Dynamic Gold X7
ココがポイント!

2アイアンは、2014/12発売の「RSi 2」
4~PWは、2015/3発売の「RSi TP」を使用。

ミスヒット時の飛距離のバラつきを軽減した「RSi TP」シャープな顔つきですが、やさしく打ちやすいアイアンを使用しています。

現在、好調をキープしているデイ。ピンに突っ込んでくる精度の高い攻撃的なアイアンショットは迫力満点です。

RSi TP 国内仕様シャフト
・DG-S200
・KBS Tour C-Taper95

ウエッジ テーラーメイド Tour Preferred EF
(47/52/58°)
シャフト トゥルーテンパー
Dynamic Gold Tour Issue S400
ココがポイント!

2016/4発売の「ツアープリファード EF ウェッジ」を使用。

47/52° Tour Grind
58° ATV Grind

3本セッテイングで使用していますが、マスターズでセッテイングを替えてくるのか?前評判の高いウエッジです。

ツアープリファード EF ウェッジ
軟鉄[S25C](鋳造)/ニッケルコバルト合金
クロムサテン/スモーク仕上げ
・DG-S200
・N.S.PRO 950GH

Jason Day-2016-putter

パター テーラーメイド Ghost Spider IB Black
(プロトタイプ)
ココがポイント!
ジェイソン デイが使うパターは市販されていません。

迫力のあるショットが注目されるデイですが、パターの精度も高く、特にロングパットは絶妙なタッチで寄せてきます。

マスターズ初優勝に向けて、どこまでパッティングを仕上げてくるか?楽しみな所です。

マスターズ2016

『新・BIG3』が、それぞれの思いを抱きながらどんなゴルフするのか?

オーガスタの美しさや難易度など、プレーヤーやコースなど見どころは盛りだくさんで、TVでご覧になる人も多いと思いますが、当サイトおすすめの見どころは「音」と、選手の「パター」です。

「音」はTVの音声では伝わりづらいですが、マスターズはTV中継の中でも、打つ時の「音」が分かりやすいので、形から入らない本物のトッププロが打つボールの「音」を覚えておくと、自分の練習の時に役立ちます。

グリーン上は、選手の「パター」がアップでよく映ります。
普段、PGAツアーなど海外の試合を見る機会が少ない人は、選ばれたトッププロが使用する、ギアやパターは必見です。

今年は記念すべき『80回大会』の節目。

何かと節目の年には、何かが起こる??可能性もありますので、当サイトは『新・BIG3』を打ち破る「松山英樹」選手を優勝候補NO.1として、毎晩応援させていただきながら楽しみたいと思います。

マスターズ2016組み合わせ
GDO マスターズ2016組み合わせ

TV中継 TBS
4月8日(金) 23:55-1:25 4:00-8:17 初日
4月9日(土) 0:35-1:35 4:00-8:00 2日目
4月10日(日)0:15-1:15 4:30-8:30 3日目
4月11日(月)0:15-8:22 最終日

BS-TBS
4月7日 (木) 7:00-8:00 Par3コンテスト
4月8日 (金) 6:30-9:20 初日
4月9日 (土) 8:00-11:00 2日目
4月10日 (日)8:30-11:30 3日目
4月11日 (月)5:30-9:30 最終日

TBS:マスターズ
参照:golfwrx

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする