【戦う武器】松山振り切りメジャー初制覇!J・トーマス全米プロゴルフ選手権優勝セッテイング!

2017年の海外メジャー第4戦「第99回全米プロゴルフ選手権(ノースカロライナ州/クエイルホロークラブ 7600ydパー71」では、首位に2打差の4位タイから出たジャスティン・トーマスが6バーディ、3ボギーの「68」をマークし通算8アンダーでメジャー初優勝を飾り、同組でプレーした松山英樹は5バーディ、6ボギー「72」として通算5アンダーの5位タイで終えました。

コース予約はGDO

メジャー初制覇ジャスティン・トーマス

Photo:GDOジャスティン・トーマスがメジャー初制覇を遂げた

ジャスティン・トーマス(23)
国籍 アメリカ プロ転向 2013年
身長 178.0cm 体重 66.0kg
アメリカ人選手の中でメジャー初優勝に一番近い選手と注目を浴び、今回の全米プロゴルフ選手権2017の優勝により悲願の初メジャーを制覇。米国ツアー5勝 (メジャー1勝)

PGAツアー選手の中でも圧倒的な飛距離と繊細なショートゲームを得意とし、ショットが噛み合うとビッグスコアを生み出す爆発力が持ち味。14歳の時からの親友でありライバルである、同級生のジョーダン・スピースらとともに世代交代の一角を担う若手大注目選手の一人。

平均飛距離 310.5ヤード 7位
平均パット数 1.696 1位
2017/8/14現在

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス優勝セッテイング

J・トーマスの契約クラブメーカーはタイトリストで、ウェアはラルフローレンと契約しています。

J・トーマス優勝セッテイング
1W タイトリスト 917 D2(8.5°)
シャフト:三菱ケミカル ディアマナ BF 60 フレックスTX
3W タイトリスト 917F2(15°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Blue 80 フレックスTX
5W タイトリスト 915Fd(18°)
シャフト:フジクラ Motore Speeder VC9.2 Tour Spec フレックスX
4I タイトリスト 716CB
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
5I~9I タイトリスト 718MB
シャフト:トゥルーテンパーDynamic Gold Tour Issue X100
ウエッジ タイトリスト Vokey SM5
(52-12F/56-14F)
タイトリスト Vokey SM6
(46-10F/60K)
シャフト:Dynamic Gold Tour Issue S400
パター スコッティキャメロン
X5 Flow Neck Prototype
グリップ:SuperStroke Pistol GT Tour
ボール タイトリスト Pro V1x

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用ドライバー


J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用ドライバー
1W タイトリスト 917 D2(8.5°)
シャフト:三菱ケミカル ディアマナ BF 60 フレックスTX
ここがポイント!

平均飛距離 310.5ヤード 7位(2017/8/14)

ドライバーの飛距離を武器にするJ・トーマスの使用ドライバーはタイトリスト 917 D2(8.5°)

2017年モデル917シリーズは、ヘッド体積460ccの操作性が高くキャリーで飛距離をかせぐ「D2」と、ヘッド体積440ccの飛距離・許容性・直進性を重視した中弾道ドロー系が打ちやすい「D3」が発売され、2017年前半のJ・トーマスは「D3」を使用していましたが、中盤から「D2」に変更しています。

917Dから新たに搭載された「SURE FIT®CG」を、ドロー・フェード ウェイトに入れ替えるだけで、ヘッドの重心をトウ・ヒール方向に移動できる革新的なシステムが特徴で、より自分のスイングに合うヘッドに調整できます。

歴代タイトリストのドライバーでも、一番やさしさを感じるヘッドで弾き打つ打感と心地よく響く打音、高打ち出しと低スピンのビックキャリーで飛距離を伸ばしやすいぶっ飛びヘッド。


タイトリスト 917
※国内純正カスタムシャフト
・Diamana BF50/60/70
・Speeder EVOLUTION Ⅲ569/661/757
・Tour AD TP 5/6/7
・ATTAS PUNCH 5/6/

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用フェアウェイウッド


J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用フェアウェイウッド
3W タイトリスト 917F2(15°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Blue 80 フレックスTX
ここがポイント!

フェアウェイウッドも2モデル発売され、あらゆるライから高弾道の大きな飛びを実現する「F2」と、操作性を誇りやや低めでロースピンの強弾道で攻める「F3」があり、ドライバー同様「SURE FIT®CG」で、ドロー・フェードとウェイトを入れ替えるだけで、ヘッドの重心をトウ・ヒール方向に移動できます。

2017年前半のJ・トーマスは「F3」を使用していましたが、中盤から「F2」に変更し、ドライバーと3Wはどちらもやさしめのクラブを使用。

917F2の特徴では、かなり打ち出しの高い高弾道に上がり、安定したスピン量で飛距離のバラつきが少なく、とくに、3Wで弾道が上がりづらかった方にオススメのフェアウェイウッド。


タイトリスト 917フェアウェイウッド
※国内純正カスタムシャフト
・Diamana BF50/60/70
・Speeder EVOLUTION Ⅲ569/661/757
・Tour AD TP 5/6/7
・ATTAS PUNCH 5/6/

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用フェアウェイウッド


J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用フェアウェイウッド
5W タイトリスト 917F2(15°)
シャフト:三菱ケミカル Tensei CK Blue 80 フレックスTX
ここがポイント!

これまでは、タイトリスト「718 T-MB 2I」を使用していましたが、今大会では2014年発売「915Fd 5W」に入れ替えています。

兄弟モデル「915F」が発売され、やさしさを重視する方は「915F」ですが、ヘッドがコンパクトになった「915Fd」は、力強いストレート強弾道で 飛距離とすぐれた操作性を追求したアスリートモデル。


タイトリスト 915フェアウェイウッド
※2014年発売のため中古になります。

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用アイアン


J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用フェアウェイウッド
アイアン タイトリスト 716CB 4I
タイトリスト 718MB 5I~9I
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ここがポイント!

2017年前半では、4I~9Iまでタイトリストのマッスルバックアイアン「716MB」を使用していましたが、中盤より4Iのみキャビティ「716CB」に、5I~9Iは2017年秋発売予定の『918シリーズ』のマッスルバック「718MB」に変更。

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用ウエッジ

タイトリスト Vokey SM5

タイトリスト Vokey SM6

J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用ウエッジ
ウエッジ タイトリスト Vokey SM5
(52-12F/56-14F)
タイトリスト Vokey SM6
(46-10F/60K)
シャフト:トゥルーテンパー Dynamic Gold Tour Issue X100
ここがポイント!

52°と56°のウエッジは2014年発売のVokey SM5に、46°と60°はSM5の後継モデル2016年発売のVokey SM6を使用。

60°以外は、バウンスが大きくソール幅ふつうの「Fグラインド」を使用し、グラインドが少ないフラットソールモデルの「Fグラインド」は、バウンス効果を発揮しやすく、開くことでリーディングエッジが浮き、バウンス効果をさらに上げられるモデル。

60°に使用する「Kグラインド」は、ソール幅が広くフェースを開かなくてもバウンス効果を発揮できるので、ボーケイウエッジを使いたいアマチュアの方で、バンカーが苦手な方は「Kグラインド」がオススメです。


タイトリスト ボーケイウエッジ

全米プロゴルフ選手権2017
J・トーマス使用パター


J・トーマス 全米プロゴルフ選手権2017使用パター
パター スコッティキャメロン
X5 Flow Neck Prototype
グリップ:SuperStroke Pistol GT Tour
34インチ
ここがポイント!

全米プロゴルフ選手権でも、絶妙なパッティングをしていたJ・トーマスの使用するパターは、スコッティキャメロン「X5 Flow Neck Prototype」

グリップには、ジョーダンスピースの使用する直径:約27mmの「Flatso 1.0」に比べ、クラシカルなピストル形状でやや細めの直径:約25mm「Pistol GT Tour」 を使用しています。

同じパターは市販されていませんが、市販モデルでは「Futura(フューチュラ)X5」になり、鋭角的な形状でスクエアなセットアップをしやすく、直進性を求める上級者にオススメのパターです。


スコッティキャメロン Futura X5

※オークションでのタイトリストのクラブ、グッズ、キャメロンパターの購入は非推奨です。

圧倒的な飛距離が武器 ジャスティン・トーマス


※音量に気をつけてください。25秒

タイトリストのドライバー917をJ・トーマスが語ります。圧倒的な飛距離を生みだすスイングは必見です。

Photo:WRX

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする