恥ずかしくないシャフト選び③グラファイトデザイン

我々アマゴルファーの武器はゴルフクラブ。

その性能を最大限に発揮するのは、自信のレベルとシャフトです。あわよくば、自分3、シャフト7の割合で、シャフトにがんばってもらいたいですが、我々アマゴルファーは、まず、形から入ることをモットーにしながら、純正ではなくどのシャフトを選べばカッコよいか?が、大前提です。

そこで、ナメられないシャフトメーカーとして今回チョイスしたのはコチラ。

コース予約はGDO

ナメられないメーカー
GRAPHITE DESIGN社

商号 株式会社グラファイトデザイン
設立 1989年8月1日
本社所在地 〒368-0065 埼玉県秩父市太田2474-1

GRAPHITE DESIGN社は、埼玉に本社がある日本のメーカー。

グラファイトデザインでは、世界のトッププロが使うシャフトも、アマチュア向けに市販される商品も、まったく同じ工程で、同じようにつくっています。これは、「ツアープロが使うシャフトは、アマチュアにとっても武器になる」という哲学によるものです。
GRAPHITE DESIGNより一部抜粋

我々形から入るアマゴルファーさんの、武器になるシャフトを製造してくれる哲学をもつシャフトメーカーさんです。

Tour AD

GRAPHITE DESIGN社のシャフトは、Tour ADブランドで統一され、様々なラインナップがあります。
日本男子ツアー使用率NO.1ならではの品質「グラファイトデザイン Tour AD」

ウッド系 主要シャフトラインナップ

GRAPHITE DESIGN|ゴルフ・シャフト Tour AD
Photo GRAPHITE DESIGN

ナメられないシャフト代表格は、DI/DJ/BB/GT/MT/MJ/GP/TPシリーズ。

グラファイトデザイン主要シャフトのウンチクは、よく使うので暗記が必要です。

しっかり叩ける名シャフト
DI

di_6_s


DI-radar-chart



Tour AD DI-6-S
発売 2009/10
重量 65g
トルク 3.3
調子
Tour AD DI-6-S
di_6_s
【粘り系】中調子
Tour AD DI-6-S 振り感
手元が硬いとされる中調子ですが、手元側のしなりも感じやすく、中間部、先端部へと大きくしなやかにしなる「DI」

シャフト全体は硬めなのでパワー系の方と相性が良いですが、ヘッドスピードよりもミート率の高い方がしっかり叩ければ分厚い弾き感あり、タイミングを合わせやすい粘りと、手応えのある弾きで方向性を狙うバランスのよい名シャフト。

DIシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 方向性が最重要課題の人 飛距離が最重要課題の人
弾道 中/高弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ ゆっくりスイングの人 ガンガン振る人
インパクト しっかり叩きたい 弾き感がほしい
持ち球 フェード・ややドロー ドロー

  • 手元側を意識してしならせ、しっかり叩いていければ高弾道。
  • 先端が暴れないシャフトが好き。
  • ヘッドスピードはなくても、ミート率が安定していれば相性抜群。
  • 松山英樹プロ使用シャフト。

DI装着クラブ

松山英樹選手、ジョーダン・スピース選手の効果か?DIが装着されたドライバーやフェアウェイウッドは人気があります。

先端のしなり感がほしいなら
DJ

DJ-radar-chart



Tour AD DJ-6-S
発売 2010/10
重量 66g
トルク 3.1
調子
Tour AD DJ-6-S
【弾き系】中調子
Tour AD DJ-6-S 振り感
DIと同じ中調子ですが、全体が大きな動きの「DI」と比較して、中間から先端にかけてのしなりを感じやすい「DJ」

DJも手元側のしなりを感じやすく、切り返しでは粘り系のようなシャフトのタメがありますが、先端の動きはDIよりも弾き感が強く、しっかりボールをつかまえ高弾道を狙いやすいシャフト。

トップであまりタメを作らない方や、トップからの切り返しがゆっくりな方で、ボールのつかまりのよい高弾道を狙いたい方におすすめです。

DJシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ ゆっくりスイングの人 ガンガン振る人
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい
持ち球 ドロー フェード

  • DIでは固く感じ、先端のしなり感を好む人はDJ。
  • 球が上がりやすいのでFW系にもオススメ。

DJ装着クラブ

DJが気になる人は中古がねらい目です。発売から時間も経過しているので、コスパのよいシャフト。

つかまり過ぎない強弾道
BB

bb_6_s

bb-radar-chart



Tour AD BB-6-S
発売 2011/11
重量 65g
トルク 3.2
調子
Tour AD BB-6-S
bb_6_s
【粘り系】Tour AD BB-6-S
Tour AD BB-6-S 振り感
トップからの切り返しでは、手元側のしなりを感じやすく、中間部もゆったりとしなる感覚は、中調子よりは中元調子に近い振り感がある「BB」

手元から中間にかけやや大きめにしなり、中間下から先端部は硬めなのでムダなしなりがなく、粘りの中にも弾き感があるシャフト。

トップからの切り返しがゆっくりな方や、タメをあまり作らないヒッター系の方が、叩いてもつかまりすぎず中弾道系のフェードを狙いやすいシャフト。

BBシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 方向性が最重要課題の人 飛距離が最重要課題の人
弾道 中弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ ガンガン振る人 ゆっくりスイングの人
インパクト しっかり叩きたい 弾き感がほしい
持ち球 フェード ドロー

  • DIは固く感じ、DJでは球がバラついた人。
  • つかまりすぎないシャフトを好む人。
  • 左へのミスを少なくしたい。
  • しっかり振り切るスイングタイプの人に推奨。

BB装着クラブ

BBは流通量も多く、中古市場では価格が下落していてお手頃感があります。

安定性と弾き感のバランスのよさ
GT

gt_s

gt-radar-chart


GT-6 S
発売 2012/12
重量 66g
トルク 3.1
調子
Tour AD GT-6-S
gt_s
【弾き系】中調子
Tour AD GT-6-S 振り感
シャフト全体の剛性が高くなり、しなやかな動きよりも、張りがありスピーディーな動きの「GT」

BBよりもやや動きを感じやすい先端で、しっかり叩いても高い剛性が当たり負けせず、ほどよくつかまり高弾道を狙いやすいシャフト。

トップからの切り返しでは、やや柔らかさを感じますが動きは小さめなので、切り返しが速い方や、トップでタメをしっかり作る方におすすめのシャフトです。

GTシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ テンポが速い テンポが遅い
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい
持ち球 ストレート/ドロー フェード

  • DJでは球が暴れ、BBでこすり球が多かった。
  • 適度なしなり感とつかまりを好む。
  • 中高弾道で持ち球がドローの人。

GT装着クラブ

オートマチックなやさしさ
MT

mt_6_s

MT-radar-chart


MT-6 S
発売 2013/12
重量 64g
トルク 3.3
調子
Tour AD MT-6-S
mt_6_s
【弾き系】中調子
Tour AD MT-6-S 振り感
Tour ADの中でも、アベレージプレーヤーが扱いやすい「MT」

シャフト全体にほどよいしなりがあり、スイング中もオートマチックに動くしなり感は、ボールのつかまりがよいシャフト。

トップからの切り返しでは手元側が柔らかく、切り返しがゆっくりな方や、タメをあまり作らない方、スイングのタイミングが一定の方におすすめです。

インパクトで強く叩くタイプの方は、つかまりのよいヘッドで組むと、左に引っかけやすくなる傾向もあります。

MTシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 方向&飛距離 方向性が最重要課題の人
弾道 中/高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ テンポが遅め テンポが速め
インパクト 弾き感がほしい 強く叩きたい
持ち球 ストレート/フェード ドロー

  • オートマチックにしなってくれるシャフト。
  • 吹け上がらないボールを打ちたい。
  • やや、やさしめで、適度な弾き感でしっかり打ちたい。

MT装着クラブ

2014年度は、LPGAツアーでもMTシャフトを使用するプロが多い人気シャフト。
中古市場では最近のヘッドが装着され、ようやく価格も下落してきました。

手元と先端が動くダブルキック系
MJ

mj_6_s

mj-radar-chart


MJ-6 S
発売 2014/12
重量 62g
トルク 3.4
調子
Tour AD MJ-6-S
mj_6_s
【弾き系】中調子
Tour AD MJ-6-S 振り感
「DJ」に似てる動きもありますが、叩きにいっても暴れない「DJ」の進化版「MJ」

手元と先端が素早くしなり戻るダブルキックの弾き系は、ボールのつかまりもよく、高弾道を狙いやすいシャフト。

トップからの切り返しでは、手元側が柔らかめでしなやかにゆったり動き、切り返しがゆっくりな方やタメをあまり作らない方におすすめですが、インパク手前からは、柔らかい中にも先端がシャープに動くので、ドロー系の方はつかまり過ぎないヘッドと相性がよい感じです。

タイミングを覚えると、飛距離も伸びやすく面白味のあるシャフトです。

MJシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 高弾道が好き 中弾道が好き
スイングタイプ ゆっくりスイングの人 ガンガン振る人
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい
持ち球 ストレート 強いドロー

  • DJの進化形シャフトMJ。バラつきが少なくロースピンでランがでる。
  • 大きなしなり感が好き。
  • 打ち込んでも引っかけが出にくく優しく飛ばせるシャフト。

MJ装着クラブ

中古市場の流通量も増え、最近のモデルを探すならMJ。

力強い振り抜きの粘り系
GP

gp-6

GP-radar-chart



GP-6 S
発売 2015/9
重量 66g
トルク 3.1
調子
Tour AD GP-6-S
gp-6
【粘り系】中調子
Tour AD GP-6-S 振り感
DI/BBベースの粘り系シャフト「GP」

シャフト全体の剛性が高く、DI/BBよりも手元がやや硬めになり、ムダのないスピーディーな動きと力強さを感じるシャフト。

トップからの切り返しでは、しっかり力を入れてスイングすると、中間部のしなりがタイミングを合わせやすく、インパクト付近で硬めの先端が力強くシャープにしなり戻る動きはミート率も上がりやすく、切り返しのタイミングが早い方や、タメを作る方におすすめです。

弾道を上げたい方は低重心のヘッドと組み、動きは少ないですが先端のシャープな挙動をつかむと、ほどほどにボールがつかまり、強弾道がでやすい傾向。

GPシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 方向&飛距離  方向性が最重要課題の人
弾道 中弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ ガンガン振る人 ゆっくりスイングの人
インパクト しっかり叩きたい 弾き感がほしい
持ち球 ストレート・ドロー フェード

  • しっかり叩いても吹け上がらないシャフト。
  • ヘッドスピードに自信はないが、インパクトで叩く意識が強ければOK。
  • 低スピンヘッドとの相性は抜群。
  • ややしなり感を求め、インパクトでしっかりパワーをだせる人。

GT装着クラブ

GP装着クラブ

DIの進化形 
適度な弾き感がプラス TP

NEW 2016年10月発売



TP-6 S
発売 2016/10
重量 65g
トルク 3.2
調子
Tour AD TP-6-S
【中間系】
Tour AD TP-6-S 振り感
「DI」に近い特性に、弾き感を加えた「TP」

シャフト全体は硬めですが、切り返し時の手元の感覚は、ややしなる動きは「DI」と同じでタイミングがとりやすく、中間から先端にかけてスピード感がありながらも粘る動きが特徴のTP。

中間部がやや柔らかいGPに対して硬めのTPは、コックのタメが多い方で、中間から先端にかけスピーディーな動きを好む方におすすめのシャフト。

TPシリーズ 相性の良いタイプ 相性の悪いタイプ
方向&飛距離 飛距離が最重要課題の人 方向性が最重要課題の人
弾道 中高弾道が好き 高弾道が好き
スイングタイプ オールラウンダー オールラウンダー
インパクト 弾き感がほしい しっかり叩きたい
持ち球 オールラウンダー

  • しっかり叩いても左に行きづらく適度な弾き感。
  • タイミングの取りやすさと、ほど良いつかまりのシャフトが好き。
  • 低スピンヘッドとの相性は抜群。
  • 左へのミスを警戒している人。

TP装着クラブ

ざっくりタイプを暗記

シャフトタイプ シリーズ
弾き系 DJ/GT/MJ/MT/TP
粘り系 DI/BB/GP
弾き系や粘り系は、しなりの目安になりますが、とくに、手元側のしなりが自分のスイングに合うか?がポイントです。

一般的なスイングの相性では、

手元柔らかめ=トップであまりタメを作らない方や、トップからの切り返しがゆっくりな方。

手元硬め=トップでタメを作る方や、トップから切り返しが早い方。

に、なりますが、今回、ご紹介させていただいたTour ADシリーズは、全体的に硬めの部類になります。それぞれの手元のしなり感も、他社のシャフトを現在ご使用であれば、硬めのイメージで妄想していただければと思います。

ヘッドスピード45m/s以下ならフレックスSRもあり?

ツアー向けアスリート仕様のTour ADシリーズは、フレックス(シャフトの固さ)Sが標準シャフトで多いですが、最高のポテンシャルを発揮できない場合もあります。

目安として60g台6シリーズのヘッドスピード
38~43m/s  フレックスSR、S
44~48m/s  フレックスS
48m/s~    フレックスX 

店舗では40~45m/sだとフレックスSを推奨されますが、その下のフレックスSRもカスタムで発売され、ちょっと替えてみると次元の違う弾道が出始める人も多いです。

GRAPHITE DESIGNのフレックスに関しては、過去に「しなりづらいな?」と、感じた方も多いようで、ヘッドスピード43m/s以下ならフレックスSRを試してみるのもアリかと思います。

ネットでの購入は要注意!

最近のドライバーは、ヘッドとシャフトが簡単に取り外せるスリーブタイプが主流です。

カスタムもしやすいですが、シャフト単品での購入は注意が必要になり、オークションなどで売ってるシャフト単品は、中国製のパチ物も混ざり、出品者の評価が良くても、使用者がパチ物と気づいてないケースが多いようです。

オークション購入時注意ポイント
・シャフト単品売りはなるべく買わない。絶対買わない。
・メーカー純正スリーブ以外の物は買わない。事故のもと。
・メーカー正規品の記載があるか?確認。それでも疑うこと。

信頼性が高いのは、出品者がドライバーを購入して、シャフトだけ売ってるような物ならOKかも?
その際も、ドライバーメーカーの正規品なのかを確認することと、出品者の評価を必ず確認して、過去に一度でも「偽物の疑い」がある出品者との取引はしないことです。

形から入るアマゴルファーとして、パチ物を使用しての事故は何よりカッコ悪いので、気をつけたいところです。

グラファイトデザイン:http://www.gd-inc.co.jp/

他のシャフトメーカーの暗記なら、

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする