これでもう絞れる!タイプで選ぶGPSゴルフウオッチ2016。

ショットに求められるもので大事なのは”精度”です。

ゴルフは飛距離だけ伸ばしても方向性の精度が悪いとスコアはまとまらず、飛距離と方向性の精度が高くても”正確な距離”を打てなければ結果にコミットしません。

飛距離や方向性は自分に合うギアと練習で磨き、距離感は技術と感性が大事になりますが、正確な残り距離を把握することでさらにショット精度を高めたいところです。

今回は正確な残り距離を知るために、一度は試してもらいたい「ゴルフ用GPS」です。

コース予約はGDO

ゴルフ用GPS

ゴルフ用GPSには種類があり、一般的には”ハンディタイプ”とマーカーほどの大きさの”ボイスタイプ”、腕時計型の”ウォッチタイプ”に分かれます。

どのタイプも特徴がありますが、我々形から入るアマゴルファーは”実戦で使いやすいモデル”を選びたいところです。

ゴルフ用GPSのタイプ
タイプ 特徴
ハンディタイプ スマートフォンほどのサイズで、画面の大きさを活かしたコースレイアウトなど多くの情報が見やすいのが特徴。

サイズが大きいのでポケットに入れておくと邪魔になりやすいのがデメリットになります。

ボイスタイプ 帽子に取り付けられるほど小型軽量タイプ。音声ガイドで残り距離などをお知らせしてくれるので、画面操作が苦手な人には便利。

ゴルフ場の環境によっては音声が聞き取りづらいこともあります。

ウォッチタイプ ハンディタイプのようにサイズやショットごとに取り出すデメリットはありませんが、画面が小さくなるので表示の見やすさや操作性が重要になります。

画面サイズが大きいハンディタイプですが持ち運びやポケットからの出し入れが面倒です。クラブを持ったりボールを探したりと、我々は何かと忙しいので余計なアクションは極力控えたいところ。

”実戦で使いやすいモデル”では、ウォッチタイプがスマートで実用的。何より”置き忘れ”の心配がないので忘れ物が多いゴルファーにも最適です。

何かと気になるウォッチタイプの中から、”見やすさや操作性”を重視した4モデルを比較してみました。

2016年GPSゴルフウオッチ

メーカー ユピテル 朝日ゴルフ用品 ショットナビ MASA
YG-WatchF-150 EV-616-150 W1-FW-150 GO11-C-150
製品名 YG-WatchF イーグルビジョン watch3 W1-FW ザ・ゴルフウォッチ プレミアム
対応コース 国内99% 国内約2500コース 国内100% 国内99%
充電時間 約3時間 約4時間 約4時間 約3時間
使用時間 約10時間 約8時間 約8時間 約16時間
表示部 ドット液晶 モノクロ液晶 モノクロ液晶 カラーメモリー液晶
防水 IPX7 IPX7 5気圧防水 5気圧防水
重量 63g 48g 75g 53g
時計 あり あり あり あり
※防水
5気圧防水:雨などはまず大丈夫ですが水に浸るのはNG。
IPX7:水深1mのところに30分ほど浸してもOKな基準。
あくまでも目安になります。雨天時に長時間の使用をしないことをおすすめします。

まずは、4モデルのスペックではコース数や充電時間に大差はありませんが、電池の持ち時間では”ザ・ゴルフウォッチ プレミアム”が断トツのようです。

電池の持ち時間などのスペックで選ぶのもアリですが、我々形から入るアマゴルファーは忙しいプレー中でも”サクッ”とスムーズに使用できるか?実際のコースでの使い勝手はどのような感じになるのか?自分の使い勝手と合わせながらこの辺が気になるところです。

まずは、コースの選択や次のホールへの移動時の選択方法。

コース準備編

メーカー ユピテル 朝日ゴルフ用品 ショットナビ MASA
YG-WatchF-150 EV-616-150 W1-FW-150 GO11-C-150
製品名 YG-WatchF イーグルビジョン watch3 W1-FW ザ・ゴルフウォッチ プレミアム
コース選択 自動/手動 自動/手動 自動/手動 自動/手動
ホール移動 自動/手動 自動/手動 自動/手動 自動/手動
※GPSでコースを受信する場合、クラブハウスなど屋内に居る時はうまく受信できません。

コースやホールへの準備段階は、すべてGPSによる「自動選択」が搭載されています。

たまに違うホールを認識することもあるので「手動」も全て対応。

「操作性」や「残り距離表示」は各社違いがでてきますので、機種別に特徴をご紹介。

ユピテル YG-WatchF

操作ボタン


YG-WatchF-gamen
①電源/地点登録/決定

②タッチパネル


業界最薄の11mmは、普段時計を使用しない人でも違和感がありません。

直感的に操作できるタッチパネルが大きな特徴で、最低限の機能と操作性を重視する人にオススメのモデル。

基本操作 地点登録


YG WatchF-touroku
ショットする位置で①ボタンを短押しすると地点登録が行われます。

基本操作 飛距離


YG WatchF-kyori
ボールの落下地点で①ボタンを短押しすると次の地点登録が行われ、表示部をタッチすると下段に飛距離が表示されます。

グリーン表示


YG WatchF-green
グリーンまでの距離は、センターとフロントエッジが表示。

2グリーンにも対応しています。

実戦で使える機能 ハザードモード


YG-WatchF-hazard
画面左下の←ボタンをタッチするとグリーンモードとハザードモードの切り替えができます。

ハザードモード時、画面を上下にフリックすると表示されるハザードを切り替えできます。

タッチパネルのシンプル操作でコースを攻めるなら!
ユピテル YG-WatchF

ボタン操作が少なく主な機能もグリーンモードとハザードモードのみなので、とにかく操作性の良さを求めたい人にオススメのモデル。

カラー:ブラックのみ

朝日ゴルフ イーグルビジョン watch3

操作ボタン


watch3-gamen
①電源/戻る

②アップ/上スクロール
・短押しでホール切替

③決定/地点登録
・短押しで時計/ナビモード切替

④ダウン/下スクロール
・短押しで設定切り替え。

⑤液晶


48gの軽量薄型ボディのイーグルビジョン watch3。

スタイリッシュな形状は女性ゴルファーも合わせやすいデザイン。オートマチックに使いやすいシンプルウオッチ。

カンタンらくらくスタート


EAGLEVISION-start
①ボタンを長押しで電源オン。

あとは、ゴルフ場・コース・ホールが自動で検索され、ティーインググラウンドへ移動すると着いた時点でプレイホールができる『カンタンらくらくスタート』を採用。
※手動切り替えもできます。

基本操作 地点登録 


manual.pdf
ティーグランドで③ボタンを押すと打数確認画面になり、もう一度③ボタンを押すと地点登録が行われます。

基本操作 飛距離をみる


manual2.pdf
打ったボールの位置に移動すると、Dstに飛距離とグリーンまでの距離C(センター)とF(フロントエッジ)が表示され、再度、③ボタンを押し地点登録をすると、Dstの飛距離表示が0になります。

グリーン表示


EAGLEVISION-green
グリーンまでの距離C(センター)とF(フロントエッジ)が表示。

2グリーンにも対応しています。

実戦で使える機能 ハザードモード


EAGLEVISION-hazado
グリーン画面から④ボタンを押すとハザード画面に切り替わります。

ハザード情報のスクロールも可能。

実戦で使える機能 高低差


EAGLEVISION-koutei
ハザード画面から④ボタンを押すと高低差画面に切り替わります。

ティーグランドからグリーンの高低差になり、1696コースでカバー率は70%(2016/3現在)

シンプル操作と数字の見やすさでコースを攻めるなら!
朝日ゴルフ イーグルビジョン watch3

主な操作は時計右側の3つのボタンを使います。

真ん中の③ボタンで”地点登録”をして、上②下④ボタンで”グリーン画面””ハザード画面””高低差画面”の切り替えをするシンプルなボタン操作と、大きな数字で見やすさも重視したい人にオススメのモデル。

カラー:ブラック/ホワイトの2色。

Shot Navi W1-FW

操作ボタン


w1-gamen
①バックライト、電源

②メニュー/戻る、モード変更

③上、スコアカウントアップ

④FWナビ・決定、地点登録

⑤下、スコア確認・編集
⑥液晶


W1-FWは、各ボタン短押しと長押しで使う機能を選択していきます。

表示は数字が大きくシンプルさが特徴で、モノクロの反転表示もできるので好みで選べます。

ボタンが多く短押しと長押しの操作になるので、機能はシンプルですが操作を覚える必要があります。

基本操作


W1-FW-kyori
ティーグラウンドで④ボタンを長押しで地点登録をします。ボール落下地点で再度”地点登録”をするとグリーンまでの距離が表示され、スコアも1打加算されます。左上に飛距離とスコアが表示されます。
※③ボタン長押しでスコア編集できます。

グリーン表示


simple_b
③ボタンを短押しで、左右グリーン、F(フロントエッジ)、C(センター)、B(バックエッジ)の切り替えができます。

実戦で使える機能 ハザードモード


W1-FW-hazards
②ボタン長押しでハザードモードに切り替わります。
⑤ボタン短押しで各ハザードの切り替えができ、一番下が最初のハザードまでの距離になります。

2グリーンの表示もでき⑤ボタンで下にスクロールするとハザード表示できます。

実戦で使える機能 FWナビ機能


W1-FW-fw
林の中などトラブルショットの時は④ボタンを短押しでFWナビ機能が使えます。

時計を出したい方向に向けるとフェアウェイ中心までの距離と、その先のグリーンまでの距離を表示してくれます。
※フェアウェイがない場合やグリーン近くでは表示しません。

ハザードやトラブルショットに強い!
Shot Navi W1-FW

基本操作は、右側真ん中の④ボタン長押しで地点登録と、左下の②ボタンでハザードモードの切り替えができます。

このモデルだけに搭載する”FWナビ機能”は、林の中からフェアウェイまでの測定や、池越え先のフェアウェイまでの距離などハザード越えにも役に立つので、トラブルを避ける距離をしっかり確認しておきたい安全派の人にオススメです。

カラー3色:ブラック/ホワイト/ネイビー

MASA ザ・ゴルフウォッチ プレミアム

操作ボタン


g011-gamen
①電源キー/メニューキー/戻るボタン

②ページキー
次ページへの表示やGPSキャディー画面切替え

③プラスキー
ショット位置の登録やスコアの増やすなど。

④マイナスキー
スコアを減らす

⑤OKキー
⑥カラーメモリー液晶


ザ・ゴルフウォッチ プレミアムは、各ボタンに使う機能が分かりやすく振り分けてあるベーシックな配置。

基本操作


g011-sousa
ティーショットの位置で③ボタンを押し”地点登録”をします。

テーショットを打ちおえてボールの落下地点に移動すると、画面下部にある「SD(ショットディスタンス)」の値が変わって飛距離を表示します。

ショット地点毎に③ボタンを押せば新たに飛距離計測ができるので、番手ごとの飛距離がわかります。同じ③ボタンで打数の加算と④ボタンで減算もできます。

グリーン表示


g011-green
グリーンまでの表示は、C(センター)/F(フロントエッジ)に設定できます。

たとえば、メイン表示をC(センター)に設定し⑤ボタンを押すと、サブ情報のSD表示がF(フロントエッジ)までの距離を表示してくれます。

さらに⑤ボタンを押すとB(バックエッジ)までの表示もしてくれます。

2グリーンのコースにも対応。

実戦で使える機能 コースレイアウト表示


g011-corse
グリーン距離画面から②ボタンを押すと、コースレイアウト画面が表示され、ホールレイアウト上に、現在位置とそこから100ヤード毎に同心円が表示されます。

※グリーンセンターまでの距離は、表示/非表示が可能です。
※カラーモデルのみ。

実戦で使える機能 高低差画面

g011-kouteisa

コースレイアウト画面の時に、目の高さでグリーンのピンにグラス上面が重なるよう合わせて⑤ボタンを押すと、グリーン高低差測定画面に切り替わり、角度(°)、傾斜距離(yd)、高低差(yd)が表示され、打ち上げ・打ち下ろし、距離調整に大いに役立ちます。
再び、⑤ボタンを押すとコースレイアウト画面に戻ります。

※カラーモデルのみ。
※コンパス機能はルール不適合になります。公式競技ではご利用できません。

実戦で使える機能 ハザード距離表示


g011-banker
現在置から、バンカーや池、木などのハザードまでの距離を各ホール8個まで表示します。

実戦で使える機能 グリーンアタック機能


g011-attac
ハザード距離表示画面で②ボタンを押すと、グリーンの形状及やグリーン手前のガードバンカー形状、グリーンアタック画面上に自分の向いている方向(ウォッチの12時の方向)をラインで表示します。

コースを知りつくすなら!
MASA ザ・ゴルフウォッチ プレミアム

コースのあらゆる情報をしっかり確認できて、さらに、スタンスチェック機能まで搭載してるので”完璧派”の人にオススメのモデル。

コースレイアウト表示や傾斜距離を教えてくれる高低差画面など、どこに何ヤード打てば良いのか?をより正確に教えてくれるハンディタイプに劣らない機能はゴルフウオッチ最上位。

カラー2色:ブラック×レッド/ホワイト×グリーン(数量限定)
※カラーモデルとモノクロモデルが発売されてますが、ご紹介した機種はカラーモデルです。

主な機能性の比較

メーカー ユピテル 朝日ゴルフ用品 ショットナビ MASA
YG-WatchF-150 EV-616-150 W1-FW-150 GO11-C-150
製品名 YG-WatchF イーグルビジョン watch3 W1-FW ザ・ゴルフウォッチ プレミアム
地点登録
飛距離測定 あり あり あり あり
2グリーン 対応 対応 対応 対応
ハザード 対応 対応 対応 対応
コース表示 なし なし なし あり
高低差 なし 対応※1 なし 対応
データ更新※2 対応 対応 対応 対応
※1、ティーグランドからグリーンの高低差。
※2、データ更新にはパソコンが必要になります。

飛距離測定でレベルアップを狙う!

アマゴルファーさんの中には電子機器を使わず「自分の感覚で距離を測りたい」人や、大会でも傾斜測定やコンパス機能の使用は認められず失格になるので(ローカルルールもありますので各大会にお問い合わせください。)使用を控える人も居ると思いますが、プライベートなラウンドでは電子機器を”レベルアップ”に使用するとたいへん便利です。

残り距離などは経験である程度分かりますが、自分が何ヤード打ったのかは以外と分からないので、ゴルフウオッチで一番役に立つ機能は”飛距離測定”です。

ドライバーもアイアンも何ヤード打ったのかを測定して、その番手で打った距離をスコア表の余白にメモをしながらラウンドを重ね、自分の飛距離表を作っておくと、練習場とコースの飛距離差やラフからどれくらい飛んだか?など、自分の飛距離を明確にしやすいので、今後のラウンドもクラブ選択に役立ち自信がもてるようになります。

さらに、ゴルフ用GPSを使いこなすことで得られる特典は「みんなのキャディさん役」です。みんなの面倒までみれない人は”ひっそり”使ってみてください。

ゴルフ用GPS売れ筋ランキング

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする