恥ずかしくないゴルフシューズ選び①色々な選び方2015年編

我々形から入るAmagoruファーは「ちょっとこだわってみたい」と、好奇心が強いゴルファーです。今回は”ゴルフシューズの選び方”について、ちょっとこだわってみます。

アマチュアゴルファーが、ゴルフシューズ選びで優先していることは「デザイン」と「重量」。もちろん大事なことですが、”あなた”も「軽さ」だけで選ぼうとしていませんか?

我々形から入るAmagoruファーは、プラスα、もう少し幅広い視点から選べるように、4つのポイントにこだわってみました。

コース予約はGDO

ゴルフシューズこだわり①
重量にこだわってみる。

最近は「重量選び」で、とくに軽い方に目が向いてしまいますが、メーカーは「軽量モデル」と「重量モデル」を発売しています。
それぞれメリットとデメリットがあります。

代表的な「軽量モデル」と「重量モデル」

重量は自分のスイングタイプに合わせてみる”こだわり”。

軽量モデル

0000450856_p01_01

ミズノ
NEXLITE001Boa
重量 285g
0000469552_003_p01_01
アディダス
アディゼロプライムBoa
重量 300g
軽量モデルに合うスイングタイプ
・右足を強く蹴り、フットワークを意識するスイングタイプの人。

軽量モデルのメリット
・疲れにくい。

軽量モデルのデメリット
・皮や靴底が薄いので雨の日に弱い。
・パワーのある人は、靴底がねじれやすく安定性が悪い。

重量モデル

0000474166_004_p01_01

フットジョイ
アイコン ブラック Boa
重量 490g
0000476585_001_p01_01
アシックス
GEL-ACE TOUR Boa
重量 480g
重量モデルに合うスイングタイプ
・インパクト時、下半身をしっかり安定させて体重をのせて打ち込むタイプの人。

重量モデルのメリット
・耐久性に優れている。

重量モデルのデメリット
・筋力が少ない人はラウンド後半疲れる。
・カジュアルなデザインが少ない。

スイングは日々変化します。どちらにも偏らない重量を選びたい人は”300g後半~400g前半台”を選ぶ方が無難です。

夏場は皮が薄い「軽量」で、冬場は厚めの「重量」と使い分けるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズこだわり②
グリップ力にこだわる。

スイングタイプや体力で「重量」がぼんやりと絞れてきたら、次はグリップです。

練習場とは違い、平坦な場所がない、芝の上のゴルフ場で求めらるものは「踏ん張り」が効くかどうかです。グリップ力が高いと、体重をしっかり支えられ飛距離もアップします。

グリップ力が評判のゴルフシューズ。

スパイクレスとソフトスパイクで比較してみます。

スパイクレス

0000479198_p01_01

アディダス
climachill tour
重量 260g

高通気メッシュアッパーの軽量モデル。23個のクリーツ形状「グリップモア」を配した独自のアウトソールが高いグリップ力を実現。

0000474894_p01_01
ブリヂストン
ゼロ・スパイク バイターSHG550
重量 380g

モトクロスタイヤのブロック形状と、ブリヂストンのタイヤテクノロジーを応用した、スパイクレスとは思えないグリップ力はツアープロも絶賛。

スパイクレスのメリット
・靴底が柔らかめで軽量の物が多く、右足を蹴る力が弱い人でもパワーがだしやすい。

スパイクレスのデメリット
・雨の日にすべりやすい。

ソフトスパイク

0000469554_001_p01_01

アディダス
TOUR360 X Boa
重量 380g

かかとからつま先にかけて剛性を高め、最適なスパイク配置がグリップ力と安定性を高めています。アディダスのスパイク技術が熟成された人気モデル。

0000487421_p01_01
フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 約480g

ワイドに張り出したソールが、広い接地面を確保し、優れた接地性と安定感を生みます。これぞスパイクと呼ぶのにふさわしい強力なグリップ力。

ソフトスパイクのメリット
・靴底が固めになってる物が多く、強いフットワークでもしっかりと体重を支えてくれる。

ソフトスパイクのデメリット
・練習場で履くとスパイクの減りが早い。

スパイクレスはゴム底なので、”タイヤメーカー”の方がグリップが良い。という都市伝説もありますが、最近のモデルは、天候の悪い日以外は、スパイクに負けず劣らずの実力をもつモデルが多くなりました。

グリップ力は、しっかりと芝を噛むソフトスパイクの方が「踏ん張り」が強くパワーもだせます。どうしても、スパイクの”ゴツゴツ感”が気になる人は、スパイクレスの選択を考慮し、天候やその日の体調で、スパイクレスとソフトスパイクを履き分けるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズこだわり③
かかとにこだわる。

「重量」はスイングタイプを考慮して、柔らかめや硬めなど、どの「グリップ力」が自分に合うかを検討しながら、次にこだわるのは「履き心地」です。

かかとにこだわる代表的な商品。

ジェルタイプ

0000473510_p01_01

アシックス
TGN907
重量 400g
elm4
アシックスは、かかと部に搭載したGELが、歩行時やスイング時のクッション性を高め、かかとを高くすることで、足の負担を軽減させてます。
※TGN907は、T-GELを使用。

ジェル+かかとのズレ軽減

0000487421_006_p01_01

フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 480g
81wC0EjI6AL._UL1500_
フットジョイ 16XPS1は、足首周りにジェルを配合し最適なフィット感と、かかとのズレを軽減する滑りにくい素材を配置しています。

ミズノウェーブ

0000472583_002_p01_02

ミズノ
ジェネム005 Boa
重量 430g
ttl_01
ミズノは、スイング時や歩行時、足にかかる衝撃をやわらげ、クッション性が評判の「ミズノウェーブ」は柔らかい履き心地です。

ナイキのクッションモデル

0000470297_005_p01_01

ナイキ
ルナ コントロール 3
重量 380g
image
ロリーマキロイ監修のルナ コントロール 3。足裏全体を包み込む柔らかい素材を使用し、ナイキゴルフの中でもクッショニングはNO1のモデル。

長時間履くゴルフシューズは、各社「履き心地」には力が入っています。かかと内部の柔らかめが好みでしたら「アシックス」ホールド性なら「フットジョイ」クッション性なら「ミズノ」「ナイキ」など、他にもバリエーションが豊富にあります。

ゴルフシューズこだわり④
構えやすさにこだわる。

構えた時の安心感は「広め」

張りが強めモデル

0000487421_001_p01_02

フットジョイ
16 XPS1 Boa
重量 約480g
0000471084_005_p01_04
プーマ
TITAN TOUR WD Boa
重量 450g
張りが強めのモデルは?
しっかりとした安定性と抜群のグリップ力があります。パッティングなど両足を近づけて構えた時に、張りが気になる人はNG。目立たないように、クリアー素材を使用しているモデルも多いです。

やや幅広いモデル

81JdvT3mG6L._UL1500_

ナイキ
ルナ コマンド Boa
重量 約385g
81czlB8irOL._UL1500_
アディダス
power boost Boa(スパイクレス)
重量 約480g
やや幅広いモデルは?
張りが強めのモデルと同様、幅広いデザインの物は構えた時に、見た目の安心感があります。張りが強めのモデルはゴツいかな?と感じた人は、やや幅広いモデルがオススメです。

足元が気にならない「シンプルモデル」

シンプルモデル

41Er0y9SsnL

キャロウェイ
Urban Style LS 15 JM
重量 約390g
0000461066_003_p01_03
フットジョイ
D.N.A. Boa
重量 約425g

モダンデザインモデル

41GBoqldN1L._SX466_

キャロウェイ
ツアースタイル サドル LS 15 JM
重量 約410g
719kepnPR9L._UL1500_
フットジョイ
アイコンブラックBoa
重量 約490g
シンプル&モダンモデルは?
ツアープロや上級者に多いこだわりは、構えた時、ボールに集中でき、足元が気にならないシンプルなデザインのゴルフシューズです。

構えた時をイメージして、足元の視界を考慮してみるのも”こだわり”です。

ゴルフシューズ選び4つのこだわり
①重さはスイングタイプで選んでみる。
②自分に合いそうなグリップ力を選ぶ。
③自分に合いそうな、かかとにこだわる。
④デザインは構えやすさも考えてみる。

体が重い日は、
軽量ソフトスパイク。

せっかくのゴルフなのに、いつもより体が重い日やキレの悪い日は「軽量ソフトスパイク」を履くと気分も変わります。

ミズノ
NEXLITE001Boa

0000450856_p01_01
軽量モデル
レディスあり

ミズノ
NEXLITE001Boa
タイプ ダイヤルタイプ
素材 人工皮革(クラリーノソフリナSK)
重さ 約285g(片足25cm)
サイズ 24.5-27cm、28cm、29cm
EEE
カラー 4色
徹底的な軽量化にこだわった「ネクスライト001ボア」とにかく軽くコスパもよいので、サブシューズとして用意しておくと便利です。
NEXLITE 001 Boa
※新製品 NEXLITE 003 Boa発売中。

アシックス
GEL-ACE PRO LIGHT (TGN909)

0000473511_p01_01
軽量モデル
かかとGEL

アシックス
GEL-ACE PRO LIGHT (TGN909)
タイプ 紐タイプ
素材 アッパー:人工皮革製
ソール:合成底+ゴム底
重さ 約305g(片足26.5cm)
サイズ 24.5-29cm
EEE
カラー 3色
アシックスの軽量モデルは、スイング時の右足の蹴り出しをスムーズにし、ジェルを配合し衝撃をやわらげるなど、パワーとクッション性にこだわっています。
GEL-ACE PRO LIGHT (TGN909)

フットワークを軽くしたいなら、
グリップ力のあるスパイクレス。

下半身を積極的に動かすタイプや、脚力に自信がない人、スパイクのゴツゴツ感が苦手な人は「スパイクレス」。スニーカーのような履き心地で動きやすいのが特徴。

ブリヂストン
ゼロ・スパイク バイターSHG550

0000474894_p01_01
やや軽量モデル
グリップ力
スパイクレス
レディスありSHG510

ブリヂストン
ゼロ・スパイク バイターSHG550
タイプ ダイヤルタイプ
素材 甲材:人工皮革
底材:合成底(合成樹脂、合成ゴム)
重さ 約380g(片足25cm)
サイズ 24.5-27.5cm
EEE
カラー 4色
スパイクレスですが、強烈なグリップ力が特徴のツアープロ使用モデルです。
ゼロ・スパイク バイターSHG550

アディダス
アディパワーブーストボア

0000469549_p01_01
やや重量モデル
ホールド性
スパイクレス

アディダス
アディパワーブーストボア
タイプ ダイヤルタイプ
素材 甲材:人工皮革
底材:合成樹脂
重さ 400g(25.5cm)
サイズ 24.5-28cm
EEE
カラー 5色
足元の安定性を重視する”やや重め”のスパイクレス。歩行時のクッション性とかかと部分のホールド性を高めたアスリートモデル。
アディパワーブーストボア

グリップ力、ホールド性、履き心地、
各メーカーいち押しのモデル。

ゴルフシューズに求められる性能を追及した、各メーカーの主力モデル。履き心地やホールド性は、軽量モデルとは違うよさがあります。足先のデザインもシンプルで構えやすく、最近は価格も手ごろな商品が多いのも特徴。

アシックス
GEL-ACE PRO FG (TGN907)

0000473510_p01_01
やや重量モデル
かかとジェル&ホールド性

アシックス
GEL-ACE PRO FG (TGN907)
タイプ 紐タイプ
素材 アッパー:人工皮革製
アウターソール:合成底
重さ 約400g(片足26.5cm)
サイズ 24.5-29cm
EEE (TGN907はEEモデル)
カラー 3色
靴底は傾斜からのグリップ力やスムーズな歩行を重視し、内部はジェル配合でやわらかく、かかと周りのホールド性もしっかりしたツアーモデル。
GEL-ACE PRO FG (TGN907)

アディダス
TOUR360 X BOA


0000469554_001_p01_01
やや軽量モデル
成型クッション&ホールド性

アディダス
TOUR360 X BOA
タイプ ダイヤルタイプ
素材 甲:人工皮革、合成樹脂
底:合成樹脂、ラバー
重さ 380g(25.5cm)
サイズ 24.5-28cm、29cm、30cm
EEE
カラー 5色
ゴルフシューズ全体の中でも人気の高いモデル。歴代シリーズの中で一番軽量になり、計算された9つのスパイク配置はグリップ力が高く、成型クッションが足裏のフィット感を安定させます。
TOUR360 X BOA

ナイキ
TW '15

0000470300_001_p01_01
やや軽量モデル
柔軟性&ホールド性

ナイキ
TW '15
タイプ 紐タイプ
素材 合成樹脂、合成繊維
重さ 約390g(片足28cm)
サイズ 25-29cm
EEE
カラー 3色
動きやすさと安定性を両立させたタイガー・ウッズモデル。スイング時、裸足の動きを忠実に再現する自然な柔軟性と、ナイキの最新技術を惜しみなくつぎ込んだ人気モデル。
TW '15

ナイキ
ルナ コントロール 3

0000470297_005_p01_01
やや軽量モデル
クッション性&ホールド性

ナイキ
ルナ コントロール 3
タイプ 紐タイプ
素材 アッパー:人工皮革+合成繊維+合成樹脂
ミッドソール:合成樹脂/アウトソール:合成底
重さ 約370g(片足27cm)
サイズ 25-29cm
EEE
カラー 6色
タイガーモデルTW’15が「やわらかさとパワー」を重視なら、こちらは「クッション性とグリップ」を重視したロリー・マキロイモデル。
ルナ コントロール 3
※ルナ コントロール 4

キャロウェイ
Tour Style Saddle LS 15 JM

51cz4dHCHyL
やや重量モデル
ホールド性&構えやすさ
レディスありSHG510

キャロウェイ
Tour Style Saddle LS 15 JM
タイプ ダイヤルタイプ
素材 アッパー:人工皮革
ミドルソール:EVA
アウトソール:TPU
重さ 約410g(26.5cm)
サイズ 24.5-28cm
カラー 3色
細身のモダンなデザインは、足元が気にならず構えやすいと好評のモデル。デザインだけではなく、9つのスパイクのグリップ力と、足裏やかかとのフィット感を高めたツアーモデル。
Tour Style Saddle LS 15 JM

キャロウェイ
Urban Style LS 15 JM

0000468811_p01_01
やや軽量モデル
ホールド性&構えやすさ
レディスありSHG510

キャロウェイ
Urban Style LS 15 JM
タイプ ダイヤルタイプ
素材 アッパー:人工皮革
ミドルソール:EVA
アウトソール:TPU、合成ゴム
重さ 約320g(25.0cm)
サイズ 24.5-28cm
カラー 4色
2015年石川遼プロ使用の人気モデル。重量も軽めで靴底がやわらかいので、フットワークの軽いスイングタイプの人におすすめ。価格も1万をきるハイコスパモデル。
Urban Style LS 15 JM

ミズノ
ジェネム 005 BOA

0000472583_p01_01
やや重量モデル
クッション性&ホールド性

ミズノ
ジェネム 005 BOA
タイプ ダイヤルタイプ
素材 甲:人工皮革(クラリーノソフリナSK)
底:樹脂
重さ 約430g(25.0cm)
サイズ 24-28cm、29cm
EEE (EEモデルあり)
カラー 2色
履き心地を追求した「ジェネム」蹴り出しの不快な振動軽減や衝撃をやわらげるクッション性、16時間経過しても内部に水の浸入がない防水性など、日本メーカーのハイテクゴルフシューズ。
ジェネム 005 BOA
※デザイン違いは004になります。
※2016年モデルは006になります。

フットジョイ
D.N.A. Boa

0000461066_p01_01
やや重量モデル
フィット感&構えやすさ
レディスあり

フットジョイ
D.N.A. Boa
タイプ ダイヤルタイプ(ヒモタイプあり)
素材 人工防水皮革
重さ 約425g(片足26.5cm)
サイズ 24.5-28cm
E=M 2E=W 3E=XW
カラー 7色
安定性とフィット感に優れ、”かつてない履き心地”と好評のD.N.A. Boa。スマートでシャープなデザインや防水性など、トータルバランスが優れたモデル。
D.N.A. Boa
※2016年モデル発売中。

フットジョイ
16 XPS1 Boa

0000487421_p01_01
重量モデル
グリップ力&ホールド性

フットジョイ
16 XPS1 Boa
タイプ ダイヤルタイプ(ヒモタイプあり)
素材 人工防水皮革
重さ 約480g(片足26.5cm)
サイズ 24.5-27.5cm
E=M 2E=W 3E=XW
カラー 6色
PGAツアー使用率で、55年以上もトップに君臨する「フットジョイ」16XPS1は、ソールがアッパーよりも外側に大きく広がった特殊形状で、グリップ力と左右のブレをしっかりガードします。
16 XPS1 Boa

ゴルフは足元から!に、こだわってみる

いろいろなタイプのゴルファーに向けて、各メーカーさまざまな最新技術を駆使し開発しています。

選ぶ基準はさまざまですが、今まで「軽量モデル」にこだわってた人は、「重量モデル」の履き心地などを比較してみると、また違った”こだわり”が発見できます。

あまり買い替えることが少ないゴルフシューズなので、選ぶ時に色んな角度から「ちょっとこだわってみる」のも楽しいとおもいます。

ゴルフシューズを替えると、スイングが良くなる人も多いので、ごだわった結果がでることを期待しています♪

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする