【売り切れ終了】迷ってる時間はない!3月のナメられないゴルフ用品激安情報!

フェイスブックよりお便りを頂きました。

おかげさまで、タイトリスト「SM5」を安く購入できました。
またお買い得なネタがあったら発信してください。Amagoru

読者の方が、タイトリストのウエッジ「SM5」を、お得に購入できたようで何よりです。

当サイトの仲間では、これから「SM5」が安くなる情報を持ちながら、「後で買おう」と1~2週間ほど放置して、いざメーカーに注文しようと問い合わせをしたら「在庫なし」の返答を受け、色々なネットショップを見ても「売り切れ」の状況に凹んでる人も居ました。

今後も「お買い得なネタ」を、提供できればと思いますが何よりも「鮮度」が命です。

コース予約はGDO

形から入るゴルフギア「お買い得ネタ」

人によって「お買い得なネタ」の基準は異なりますが、当サイト『アマゴル』の「形から入るナメられないゴルフギア」の基準と、読者の方の目線が合えばありがたいです。

では、2016年3月は何が「お買い得なネタ」なのか?

ドライバー
本間 TW717 455

TW717-455-01
TW717-455-02
本間 TW717 455
発売日 2013/02
定価 ¥86,400(税込)
後継モデル「TW727 455」が、2014/12に発売されています。

ヘッド素材/製法は変わらず、フェース素材がTW717 455が「VLチタン」、後継機種TW727 455が「ELFチタン」を採用し、スイートエリアが拡大。

スペックの比較では、TW717より低・浅重、低スピン弾道になり、14gの荷重体の理想的な配置で、操作性の高いヘッドとなりました。

ですが、TW717 455も負けず劣らずの低スピン高弾道のボールで、ゴルフダイジェスト社の「HOT LIST JAPAN 2013 SILVER」を受賞しています。

外観の美しさや質感など、今回の「お買い得価格」なら、コストパフォーマンスはかなりよい、お買い得ドライバーです。

シャフト
【弾き系】TA65
ロフト フレックス 重量 バランス 調子
9.5 S 316g D2
10.5 S 316g D2
10.5 SR 316g D2
【弾き系】TA75
10.5 SR 323g D2
【粘り系】TZ65
10.5 S 316g D2 手元
10.5 SR 314g D2 手元
【粘り系】TZ75
10.5 S 323g D2 手元
本間のドライバーは純正シャフトの中から選びます。

ココがポイント!

品質も良く、ツアープロも純正シャフトを使用していますが、剛性がしっかりしているので、一般的な「S」よりも硬く、ヘッドスピード45m/s以上を目安としてシャフトを選択するのがオススメです。

売り切れ終了
本間 TW717 455シリーズ

ヘッドタイプ
・つかまりが良く強弾道の「TW717 455」
・つかまり過ぎないヘッドの「TW717 455S」
・つかまりを重視し、扱いやすい「TW717 460」

¥86,400(税込)が、¥29,000前後(税込)になっています。
2016/3 現在。

ユーティリティ
キャロウェイ XR

XR-UT
XR-UT-02
キャロウェイ XR ユーティリティ
発売日 2015/02
定価 ¥30,240(税込)
後継モデル「XR OS」が、2016/2に発売されています。

ヒットモデル「X2HOT」の後継モデル「XR」は、X2 HOTより約46%低重心になり、ロースピン強弾道の直進性の高いボールが特徴。

「XR」は低・浅重心設計が特徴でしたが、新製品「XR OS」では、さらにフェースが薄くなりボール初速をアップしています。

「XR」「XR OS」ともに、高弾道・ドローバイアス設計は変わらず、より楽にボールを飛ばせるユーティリティです。

XRユーティリティ
番手 3H 4H 5H
ロフト 19° 22° 25°
シャフト
XR(S/SR/R)
シャフト
N.S.950GH(S)
バランス XR:D1
N.S.PRO 950 GH : D2
総重量
(3H)
XR-S:約351g/SR:約349g/R:約348g
N.S.PRO950GH(S):379g
調子
ココがポイント!

キャロウェイの”ぶっ飛びユーティリティXR”

「やさしさ」「打感」「直進性」「弾道高さ」「操作性」など、全てにおいて優れたユーティリティです。ロースピンで飛距離も出るので、グリーンを狙うよりは、PAR5などの2打目なので、3打目地点に、やさしくボールを運びたい人と相性が良いようです。

売り切れ終了
キャロウェイ XR ユーティリティ

¥30,240(税込)が、¥12,000前後(税込)になっています。
サイトによっては、選べるシャフトやロフトが少なくなってきています。
2016/3 現在。

アイアン
タイトリスト 714MB

714MB-01
714MB-02
タイトリスト 714MB
発売日 2013/11
定価 ¥103,950(税込)
ヘッド素材 軟鉄
ヘッド製法 鍛造
後継モデル「716 MB」が、2015/11に発売されています。

アイアンの完成度では言うことなしの「714 MB」714シリーズは「714 AP2」が名器として有名ですが、その上を行く抜けの良さと操作性を求めるなら「714 MB」

マッスルバックはムズカシイと思う人も多いと思いますが、最近のマッスルバックはかなり打ちやすく、ダンブローで打ち込める人なら、キャビティよりも抜けがよく感じ、何よりも打感は別物です。

小ぶりなヘッドなので慣れも必要ですが、アイアンショットとは何か?と、アイアンの本質を知る上でも色々勉強になるので、上昇志向の強い人や、ショットに悩む人は、この機会に一度使用してみるのも良いと思います。

タイトリスト 714MB
セット 5I~PW
シャフト ダイナミックゴールド(S200)
5I重量 428g
バランス D2
調子
ココがポイント!

ボールを操ることを楽しめる「714 MB」

「打感」「抜けの良さ」「操作性」そして、美しいデザインなど、完成度の高さはトップクラス。

上級者だけではなく、初心者の人でも「714 MB」のような、ミスショットが分かるクラブでしっかり練習すると、上達レベルが一気にあがり、ゴルフの楽しさも倍増します。

さらに練習好きな人は、フェースのメッキがボールの打痕で剥げるくらい練習すると、それ以上のカッコ良さはありません。

売り切れ終了
タイトリスト 714 MB

¥103,950(税込)が、¥45,000(税込)~2016/3現在。

・国内純正シャフトは「ダイナミックゴールド(S200)」
・Amazonは新品売り切れです。

ウエッジ
フォーティーン RM21 ウェッジ

RM-21TOP
RM-21-02
フォーティーン RM21
発売日 2014/09
定価 ¥21,600(税込)
ヘッド素材 ニッケルクロムモリブデン鋼
ヘッド製法 鍛造
後継モデル「RM22」が、2016/4に発売されます。

新製品「RM22」は、まだ実物を見ていないので何とも言えませんが、カタログを見る限りでは、デザインや素材、製法は「RM21」と変わらず、ソールのデザインが少し変わった感じのようです。

フォーティーンは定価も高く、通常の販売時期では、売価が荒れることは少ないですが、新製品の発売が決まると一気に下落します。
現在の価格がまさに「買い時」で、店頭ではどこもほぼ売り切れ状態の人気のウエッジです。

スクエアシェイプ
RM-21スクエア
スクエアに構えて打ちやすい。
・スクエアに打つアプローチ向き。

テーパシェイプ
RM-21テーパ
スクエア、オープンに構えやすい。
・多彩なアプローチが可能。

ワイドソール
RM-21ワイド
ワイドソール
・多彩なアプローチが可能。
・バンカーや深いラフ。

フォーティーン RM-21
42-06 スクエアシェイプ
45-07 スクエアシェイプ
48-08 テーパシェイプ
50-10 テーパシェイプ
52-10 テーパシェイプ
54-10 テーパシェイプ
56-08 ワイドソール
56-12 テーパシェイプ
58-08 ワイドソール
58-12 テーパシェイプ
60-08 ワイドソール
バランス DG-WEDGE(S300相当)
42~48° D1.5
50~54° D2
56~60° D3
ココがポイント!

ロフトが42°から設定されているので、アイアンからのバランスが合えば、PWを抜いてウエッジを入れやすいセッテイングが組めます。

素材「ニッケルクロムモリブデン鋼」製法「鍛造」のRM21は、柔らかい中にややソリッドな打感で、距離感を出しやすくスピン性能に関しては申し分ない「激スピン」のウエッジ。

フェースも開きやすいく打ちやすいので、低い弾道や高い弾道など、バリエーションの多いボールを打ちたい人にオススメです。

カラーバリエーション

RM-21TOP

ニッケルクロムメッキ・パールサテン仕上げ
※サテン仕上げなので、太陽の反射はさほど気になりません。

RM-21-B

ノーメッキ黒染め仕上げ
※激シブですがサビやすいので、日頃の手入れが必要です。

売り切れ終了
フォーティーン RM-21

¥21,600(税込)が、¥10,000(税込)~2016/3現在。

日本仕様標準シャフト
・DG-WEDGE(S300相当)
・N.S. PRO 950GH (S)

スパイク
アディダス TOUR360 X Boa

ツアー360 X-01
tour360 X BOA
アディダス TOUR360 X Boa
発売日 2014/11
定価 ¥19,980(税込)
タイプ ダイヤルタイプ(BOA IP1)
素材 甲:人工皮革、合成樹脂
底:合成樹脂、ラバー
重さ 380g(25.5cm)
サイズ 24.5-28cm、29cm、30cm
後継モデル「TOUR360 Boa BOOST」が、2016/2に発売されています。

ココがポイント!

「TOUR360 X Boa」は、TOUR360歴代モデルの中で、初めて400gを切る軽量化が特徴の「380g(25.5cm)」ですが、後継モデル「TOUR360 Boa BOOST」は「460g(25.5cm)」と、『80g』重くなりました。

各メーカー、上位グレードのスパイクは重量があるモデルが多いので、「TOUR360 X Boa」のような、上位グレードで『軽量型』のスパイクは珍しいので、しっかりした作りのスパイクで、なるべく軽いスパイクを選びたい人は「TOUR360 X Boa」がオススメです。

売り切れ終了
アディダス TOUR360 X Boa

¥19,980(税込)が、¥10,778(税込)~2016/3現在。

・カラー、サイズともに売り切れが続出しています。

スパイク
アシックス TGN910

TGN910-01
TGN910-02
アシックス TGN910
発売日 2015/3
定価 ¥20,520(税込)
タイプ ダイヤルタイプ(BOA L4)
素材 アッパー:人工皮革
アウターソール:ゴム底
重さ 約480g(片足26.5cm)
サイズ 24.5-29cm
後継モデル「TGN916」が、2016/3に発売されています。

ココがポイント!

大きな違いはダイヤル部が「TGN910 BOA L4」から、後継「TGN916 BOA L5」になり、「BOA L5」の方が薄くコンパクトになり、左右に回しながら、締める・緩めるの微調整ができるようになり、かかと部のクッションに使用する「ジェル素材」が変更になっています。

昨年からツアープロの人達も『アシックス』のスパイクを履く人が多くなり、気になっている人も多いと思いますが、「日本の足を知り尽くしたアシックス」だからでしょう?とにかくフィット感は申し分なく、決して軽量ではありませんが疲れづらく、海外メーカーとは全く違う履き心地を感じられます。

旧型、新型の、ダイヤル部の違いにこだわらない人で、快適性と安定性を求めるなら「TGN910」を履いてみるのをオススメします。

売り切れ終了
アシックス TGN910

¥20,520(税込)が、¥12,800(税込)~2016/3現在。

・カラー、サイズともに売り切れが続出しています。

3月のお買い得は狙い目!

2月~3月は新製品が多く、モデルチェンジにあたる現行品が安くなる時期。

我々形から入るアマゴルファーは、「恥ずかしくないギア選び」をしたいので、慎重に選んだ中から良い物を安く購入したい所です。

まずは、この3月が良い商品をお得に購入できる時期なので、ご紹介させて頂いたギア以外にも、お目当ての物が安くなっていれば迷ってる時間はありません。

3月の格言
いざ購入。その時すでに物はなし。

くれぐれも、ニセサイトやオークションの「パチ物」には充分注意してください。

この記事に「ガッテン!」
して頂けたでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする